ピンク の 電話 現在。 ピンク電話についておしえて!

電話の3桁番号サービス

ピンク の 電話 現在

ピンクの電話とは、新種のスマホでも艶っぽいサービスでもなく、レジェンドお笑いコンビのことである。 1980年代から90年代にかけて、爆発的な面白さを誇った「 ものまね王座決定戦」で確かな存在感を放っていた2人はいまどこで何をしているのだろうか? 調べてみたところ、大変ヤヴァイことになっていたのでご報告したい。 ・レジェンド女芸人コンビ 1986年に、竹内都子(たけうち みやこ)さんと清水よし子さんで結成されたピンクの電話。 いわゆる「デブとやせ」の凸凹コンビで人気を博したお二人だが、日本中にその名をとどろかせたのは、やはり「ものまね王座決定戦」であろう。 記者の記憶が確かならば、歌手以外……というより、 人間以外のモノマネを同番組で披露したのは2人が初めてのハズだ。 あれから約30年。 竹内都子さんの方は旅番組やミステリードラマでたまに見かけるが、 2人揃ってテレビに映ることはほとんどない。 現在、竹内さんは57歳、清水さんは61歳だというが、果たして2人はどうなってしまっているのか? 清水さんのインスタグラムを覗いてみると……! ピ、ピンクの電話だ! 全然変わってねぇぇぇええええええ!! もちろん30年の月日が流れているので当時と全く同じとは言わないが、2人で並んでいるその姿は 紛れもなく『ピンクの電話』である。 な、なんなんだ、この感情……? なんかとても安心したというか、素直に嬉しいです……! ちなみにピンクの電話は解散したワケではなく、しばらくの間はソロ活動を中心にしているようだ。 それにしても……! おひとりおひとりでも竹内さんであり清水さんであるが、 2人揃ったときのぜいたく感と言ったら……!! 失礼ながら、ピンクの電話にここまで胸が熱くなるとは思わなかった。 とにもかくにも、SNSを拝見する限り、おふたりはご健勝かつ仲たがいしているワケでもないようだ。 いつかとは言わず近い将来、2人が並んでいる姿をまたテレビで観たいものである。 サンジュン.

次の

【衝撃】ピンクの電話(61歳と57歳)の現在がヤヴァイ

ピンク の 電話 現在

来歴・人物 [ ] 共に「」の一期生。 主宰のに薦められてお笑いの道に進む。 結成当初は「大阪シスターズ」という三人組であったが、一人が脱退したため「ピンクの電話」に改名(名付け親は)。 「デブと痩せの凸凹コンビ」として人気を得る。 特に清水の非常に甲高い独特の声のインパクトは、お茶の間に広く浸透した。 その後コンビは解消していないがともに結婚し、清水が母親であることもあり現在は個別活動をメインとしている。 長らくテレビでコントを披露することは無かったが, 放送回の『』内の1コーナー「」()に出演しコントを披露。 その後しばらく間があきに『』に登場し、久しぶりに二人揃ってコントを披露した。 で芸歴を積んできたこともあり、二人共に出身であるにもかかわらず、全国ネットの放送ではで話すことが多い。 ただし、関西芸人と共演するときや関西ローカルの番組に出演するときなどには、稀にを使う。 に、コンビ揃って「」に出演. 10年ぶりの競演となった。 には、コンビ結成30周年を迎えた。 その記念の節目によりにて久々にコントを披露した。 メンバー [ ]• 元メンバー [ ]• テレビ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (系)共に声の出演• (フジテレビ) 「笑わず嫌い王決定戦」のコーナー• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 温泉芸者 役• (テレビ東京)- 不定期出演• 日本テレビ• (フジテレビ)• (日本テレビ)• 中部地区ローカル• カイベールC• ビューティクリニック• 「」 1993年• だれとでも定額 2013年• 黒酢生姜 2014年 DVD [ ]• 昭和達人芸大全〜笑芸・喜芸・すっとこ芸〜三日目 () 2003年• ピンクの電話 2007年 CD [ ]• 血液ガッタガタPartII/( VDRS-1172, 1989年9月21日) 「血液ガッタガタPartII」は「」の歌詞違いのカバー。 「アタックNo. 1の歌」は・らのカバー。 同ジャケットデザイン・同内容の非売品アナログレコードが存在する(品番:SEP-55)。

次の

公衆電話料金

ピンク の 電話 現在

来歴・人物 [ ] 共に「」の一期生。 主宰のに薦められてお笑いの道に進む。 結成当初は「大阪シスターズ」という三人組であったが、一人が脱退したため「ピンクの電話」に改名(名付け親は)。 「デブと痩せの凸凹コンビ」として人気を得る。 特に清水の非常に甲高い独特の声のインパクトは、お茶の間に広く浸透した。 その後コンビは解消していないがともに結婚し、清水が母親であることもあり現在は個別活動をメインとしている。 長らくテレビでコントを披露することは無かったが, 放送回の『』内の1コーナー「」()に出演しコントを披露。 その後しばらく間があきに『』に登場し、久しぶりに二人揃ってコントを披露した。 で芸歴を積んできたこともあり、二人共に出身であるにもかかわらず、全国ネットの放送ではで話すことが多い。 ただし、関西芸人と共演するときや関西ローカルの番組に出演するときなどには、稀にを使う。 に、コンビ揃って「」に出演. 10年ぶりの競演となった。 には、コンビ結成30周年を迎えた。 その記念の節目によりにて久々にコントを披露した。 メンバー [ ]• 元メンバー [ ]• テレビ番組 [ ]• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (系)共に声の出演• (フジテレビ) 「笑わず嫌い王決定戦」のコーナー• (フジテレビ)• (フジテレビ)• (フジテレビ) - 温泉芸者 役• (テレビ東京)- 不定期出演• 日本テレビ• (フジテレビ)• (日本テレビ)• 中部地区ローカル• カイベールC• ビューティクリニック• 「」 1993年• だれとでも定額 2013年• 黒酢生姜 2014年 DVD [ ]• 昭和達人芸大全〜笑芸・喜芸・すっとこ芸〜三日目 () 2003年• ピンクの電話 2007年 CD [ ]• 血液ガッタガタPartII/( VDRS-1172, 1989年9月21日) 「血液ガッタガタPartII」は「」の歌詞違いのカバー。 「アタックNo. 1の歌」は・らのカバー。 同ジャケットデザイン・同内容の非売品アナログレコードが存在する(品番:SEP-55)。

次の