ペコ ちゃん 男の子。 不二家ペコちゃんは八雲町出身!? 八雲に伝わる「ペコちゃん伝説」

「ポコちゃん都市伝説」帽子を被る悲しすぎる理由

ペコ ちゃん 男の子

ここがポイント!• 恐怖!ポコちゃんが帽子をかぶる都市伝説的な理由 まず ポコちゃんだが、ペコちゃんと違って商品パッケージにデザインされることが少ない。 そのため、意外と多くの人が名前を知らなかったりする。 しかしまぎれもなく不二家公式のキャラクターだ。 「 帽子を被った男の子」といえばピンと来ないだろうか? Sponsored Link ところでこのポコちゃん。 基本的には常に 青い帽子を付けている。 トレードマークなので当たり前だが、ここに都市伝説の一つが隠されている。 その都市伝説ではこう語られている。 「ポコちゃんはむき出しになった 脳みそを隠している」 …想像するとかなりグロい。 耐性のない人は出来るだけイマジネーションを働かせない方がいい。 とにかく、そんなキツい理由で帽子を被るのだと都市伝説は言う。 この原因については諸説ある。 1つは 親から虐待されていたというもの。 ある時いつもよりひどい暴力を受け、そのため頭が割れてしまったというのだ。 またポコちゃんが工事現場の近くを歩いていた際に、頭上から レンガが落ちて来たためとも…だが、最も有力視されるのが「 ペコちゃん犯人説」だ。 これはペコちゃんが「母親を食べ殺した」という別の都市伝説にも関係した話である。 どうやらペコちゃんは母親だけでは足りず、近所に住んでいた ポコちゃんも襲ったという。 とにかくそうして頭部にケガを負ったため、隠しているのだ。 また、ポコちゃんはペコちゃんに襲われたときあまりの苦痛から 舌を噛み切って自殺 した。 そのためポコちゃんは舌を出していない… 都市伝説はこのように締めくくられている。 あまりにも荒唐無稽というか、ぶっ飛んだ話ではあるが。 だが、これにはちょっとした信ぴょう性がある。 ポコちゃんはナゼ「永遠の7才」なのか? ペコちゃんやポコちゃんの設定を調べると、このような情報が出てくる。 アニメでもサザエさんやちびまる子ちゃんなど、 ループものの世界ではよくある設定だからだ。 これだけ見れば別におかしいところはない。 だが2人の設定には、まだ続きが存在する。 ペコちゃんとポコちゃんはともに 1950年生まれと 1951年生まれ。 なんと、生まれた年がハッキリしていたのだ。 50年代生まれといえば、もうとっくにシニア世代。 しかし、2人は永遠に歳を取らない存在なのだ。 これがこの都市伝説最大の証拠となる。 だが「ループ設定」には、 生まれた年を明らかにしてはいけないという暗黙のルールが存在する。 Sponsored Link なぜなら、生年月日から今の年齢が逆算できてしまうからだ。 このことから考えるに、彼らは歳を取らないのではなく、 取れないのではないか? つまり彼らは… 既に亡くなっている。 亡くなってしまえば歳を取ることもない。 ポコちゃんたちは幽霊となって、今もこの世のどこかをさまよっている。 それは都市伝説で語られるような悲劇があったから… 都市伝説ではなく公式設定…ポコちゃんは幽霊に襲われた!? 先ほどの説明に違和感を覚えた人はいないだろうか。 何も感じなかった人のために、ここでポコちゃんたちの 公式プロフィールを整理したい。 ペコちゃん:永遠の6才・ 1950年 生まれ ポコちゃん:永遠の7才・ 1951年 生まれ お気づきになっただろうか?そう。 ポコちゃんの方が 後に生まれて年上という矛盾! はじめこの数字は誤植やタイプミスではないかと疑った。 しかし調べてみると、どこもこの数字で統一されている。 どうやら間違いではなさそうだ…とすると、これは一体どういうことか? 先ほどの「幽霊は歳を取らない」説で考えてみよう。 つまりペコちゃんのほうが先に亡くなっており、しかも都市伝説の通りだとすると… ペコちゃんは 幽霊になった後、ポコちゃんを襲った!?なんだかとんでもない事実を発見した気がする。 まさか一つの都市伝説に、ここまでのストーリーが隠されていようとは。 幽霊になってまで 人食いを続けるペコちゃん… くわばらくわばら。 ペコちゃんとポコちゃん…2人の本当の関係とは さて、猟奇じみたスペクタクルな都市伝説とはおさらばして…ネット上ではペコちゃんとポコちゃんの関係について、様々な憶測が飛びかっている。 たとえば 2人は双子で、ポコちゃんの方が弟だとか。 あるいは「妹だ」という意見すらある。 パッと見だとポコちゃんはボーイッシュなので、筆者は勝手に男の子だと思っていた。 しかし宝塚よろしく、女の子が男装しているのではとイメージする人も多い。 だが残念なことに、公式には「 ボーイフレンド」とハッキリ書かれてあった。 新たな都市伝説の予感がしていただけに、本当に残念である。 ただし台湾など、一部の国や地域では実際に「 兄妹」として紹介されている所もある。 さてそんなポコちゃんだが、実は「Dog」という名前の犬を飼っている。 ところが。 都市伝説によるとペコちゃんの飼っている犬の名前も同じ「 Dog」なのである。 この世界では、猫に「Cat」とか牛に「Cow」と名付けるのが当たり前なのだろうか?むしろ都市伝説的に考えれば、Dogは同一の存在だろう。 とすると…おやおや。 ポコちゃんたちはかなーり良い仲なのかもしれない。 まあ、別の都市伝説では 襲い襲われの関係なのだが…ともあれ、そのうちシルバニアファミリー化するのも面白いかもしれない。 ちなみにポコちゃんの名前の由来は「 おぼこ」から来ているとする都市伝説がある。 これは昔の日本語で「幼児」を意味する言葉だ。 可愛らしさを演出するためにBOKOからPOKOになったという話だ。

次の

ライセンシング ジャパン<キャラクター&ブランド ライセンス展>

ペコ ちゃん 男の子

ここがポイント!• 恐怖!ポコちゃんが帽子をかぶる都市伝説的な理由 まず ポコちゃんだが、ペコちゃんと違って商品パッケージにデザインされることが少ない。 そのため、意外と多くの人が名前を知らなかったりする。 しかしまぎれもなく不二家公式のキャラクターだ。 「 帽子を被った男の子」といえばピンと来ないだろうか? Sponsored Link ところでこのポコちゃん。 基本的には常に 青い帽子を付けている。 トレードマークなので当たり前だが、ここに都市伝説の一つが隠されている。 その都市伝説ではこう語られている。 「ポコちゃんはむき出しになった 脳みそを隠している」 …想像するとかなりグロい。 耐性のない人は出来るだけイマジネーションを働かせない方がいい。 とにかく、そんなキツい理由で帽子を被るのだと都市伝説は言う。 この原因については諸説ある。 1つは 親から虐待されていたというもの。 ある時いつもよりひどい暴力を受け、そのため頭が割れてしまったというのだ。 またポコちゃんが工事現場の近くを歩いていた際に、頭上から レンガが落ちて来たためとも…だが、最も有力視されるのが「 ペコちゃん犯人説」だ。 これはペコちゃんが「母親を食べ殺した」という別の都市伝説にも関係した話である。 どうやらペコちゃんは母親だけでは足りず、近所に住んでいた ポコちゃんも襲ったという。 とにかくそうして頭部にケガを負ったため、隠しているのだ。 また、ポコちゃんはペコちゃんに襲われたときあまりの苦痛から 舌を噛み切って自殺 した。 そのためポコちゃんは舌を出していない… 都市伝説はこのように締めくくられている。 あまりにも荒唐無稽というか、ぶっ飛んだ話ではあるが。 だが、これにはちょっとした信ぴょう性がある。 ポコちゃんはナゼ「永遠の7才」なのか? ペコちゃんやポコちゃんの設定を調べると、このような情報が出てくる。 アニメでもサザエさんやちびまる子ちゃんなど、 ループものの世界ではよくある設定だからだ。 これだけ見れば別におかしいところはない。 だが2人の設定には、まだ続きが存在する。 ペコちゃんとポコちゃんはともに 1950年生まれと 1951年生まれ。 なんと、生まれた年がハッキリしていたのだ。 50年代生まれといえば、もうとっくにシニア世代。 しかし、2人は永遠に歳を取らない存在なのだ。 これがこの都市伝説最大の証拠となる。 だが「ループ設定」には、 生まれた年を明らかにしてはいけないという暗黙のルールが存在する。 Sponsored Link なぜなら、生年月日から今の年齢が逆算できてしまうからだ。 このことから考えるに、彼らは歳を取らないのではなく、 取れないのではないか? つまり彼らは… 既に亡くなっている。 亡くなってしまえば歳を取ることもない。 ポコちゃんたちは幽霊となって、今もこの世のどこかをさまよっている。 それは都市伝説で語られるような悲劇があったから… 都市伝説ではなく公式設定…ポコちゃんは幽霊に襲われた!? 先ほどの説明に違和感を覚えた人はいないだろうか。 何も感じなかった人のために、ここでポコちゃんたちの 公式プロフィールを整理したい。 ペコちゃん:永遠の6才・ 1950年 生まれ ポコちゃん:永遠の7才・ 1951年 生まれ お気づきになっただろうか?そう。 ポコちゃんの方が 後に生まれて年上という矛盾! はじめこの数字は誤植やタイプミスではないかと疑った。 しかし調べてみると、どこもこの数字で統一されている。 どうやら間違いではなさそうだ…とすると、これは一体どういうことか? 先ほどの「幽霊は歳を取らない」説で考えてみよう。 つまりペコちゃんのほうが先に亡くなっており、しかも都市伝説の通りだとすると… ペコちゃんは 幽霊になった後、ポコちゃんを襲った!?なんだかとんでもない事実を発見した気がする。 まさか一つの都市伝説に、ここまでのストーリーが隠されていようとは。 幽霊になってまで 人食いを続けるペコちゃん… くわばらくわばら。 ペコちゃんとポコちゃん…2人の本当の関係とは さて、猟奇じみたスペクタクルな都市伝説とはおさらばして…ネット上ではペコちゃんとポコちゃんの関係について、様々な憶測が飛びかっている。 たとえば 2人は双子で、ポコちゃんの方が弟だとか。 あるいは「妹だ」という意見すらある。 パッと見だとポコちゃんはボーイッシュなので、筆者は勝手に男の子だと思っていた。 しかし宝塚よろしく、女の子が男装しているのではとイメージする人も多い。 だが残念なことに、公式には「 ボーイフレンド」とハッキリ書かれてあった。 新たな都市伝説の予感がしていただけに、本当に残念である。 ただし台湾など、一部の国や地域では実際に「 兄妹」として紹介されている所もある。 さてそんなポコちゃんだが、実は「Dog」という名前の犬を飼っている。 ところが。 都市伝説によるとペコちゃんの飼っている犬の名前も同じ「 Dog」なのである。 この世界では、猫に「Cat」とか牛に「Cow」と名付けるのが当たり前なのだろうか?むしろ都市伝説的に考えれば、Dogは同一の存在だろう。 とすると…おやおや。 ポコちゃんたちはかなーり良い仲なのかもしれない。 まあ、別の都市伝説では 襲い襲われの関係なのだが…ともあれ、そのうちシルバニアファミリー化するのも面白いかもしれない。 ちなみにポコちゃんの名前の由来は「 おぼこ」から来ているとする都市伝説がある。 これは昔の日本語で「幼児」を意味する言葉だ。 可愛らしさを演出するためにBOKOからPOKOになったという話だ。

次の

不二家ペコちゃんは八雲町出身!? 八雲に伝わる「ペコちゃん伝説」

ペコ ちゃん 男の子

概要 [ ] 不二家の各店舗には「ペコちゃん人形」が置かれるなど、同社を代表するキャラクターとなっている。 また商品づくりの精神や企業理念を表した、前文および8章からなる「ペコちゃん憲章」 (2010年11月現在、不二家公式サイト内には同憲章の記述は見られない)が制定されており、は俗に「 ペコちゃん食堂」と呼ばれている。 「ペコちゃん人形」はに第1号として特許庁より認められている。 ペコちゃんのプロフィールは次のようになっている。 出身:地球上のどこかにある夢の国• 名前の由来:仔を表す東北「ベコ」から。 舌なめずりをしているところから、「腹ペコ」から由来したという説は誤り。 年齢:永遠の6歳 - 1950年(昭和25年)生まれ。 性別:女の子• 身長:100cm• 体重:15kg• 体形:バスト58cm、ウエスト55cm、ヒップ63cm• 好きな遊び:野球、• 好きな動物:子犬 一方、ポコちゃんのプロフィールは次のようになっている。 年齢:永遠の7歳 - (昭和26年)生まれ、発売と同時に。 名前の由来:幼児を表す室町時代の古語「ぼこ」を西洋風に• 性別:男の子• 身長:100cm ペコちゃんが舌を出しているのに対してポコちゃんは出していない。 また2人の共通の友達として、Dog(ドッグ)という名の(オス)がいる。 ドッグもペコちゃん同様に舌を出している。 向きはポーズにより異なる。 キャラクターの誕生はとペコちゃん・ポコちゃんに比べて遅い。 また、ポコちゃんを兄と解釈し、二人で 牛奶兄妹と呼ばれることもある。 2009年現在のペコちゃん人形は高さ110、重さ11、時価4万円相当 で、不二家から各店舗に1体ずつ貸与されていて 、年に数件程度の盗難被害に遭うこともある。 店舗によっては、の像のように、季節によって衣替えをするフィギュアもある。 衣替えは基本的に年8回で、衣装を担当するのは。 世相を反映したファッションをすることもある。 ペコちゃんのは「 ペコ」で、不二家の店内に置いてあるペコちゃん人形に触れると喋る。 歴史 [ ] 不二家創業者の藤井林右衛門と息子の誠司は「ミルキー」発売に際して、母親や子どもたちに親しみやすい可愛いキャラクターをと考え、女の子のキャラクターを使うことを思い付く。 同社は戦前から出していた「フランスキャラメル」のパッケージにリアルな外国の少女のキャラクターを使用していたが、「ミルキー」は「フランスキャラメル」よりも対象年齢を低く設定していたため、単純で分かりやすいデザインを志向した結果生まれたのがペコちゃんだった。 一方でペコちゃんよりも先に存在していた、アメリカの社のオレンジジュース「 ()」のキャラクター「メリーちゃん」(Merry)とデザインが酷似していることも知られている。 誕生当時の1950年には名前がなかった。 また年齢は1958年12月12日の懸賞公募キャンペーン「ペコちゃんいくつ?」で決定された。 なおこの時の1等賞品はだった。 ペコちゃん人形が不二家の店頭に置かれるようになったのは1950年前後からで、第1号の人形は、の大道具スタッフの手によって作られた。 当時はで作られており、ポコちゃんの人形も見受けられた。 1960年頃からプラスチック製の人形が置かれるようになった。 当初はを穿いていなかったが、スカート姿の路上ドールが子供からたびたびスカートをめくられるため、のちにパンツを穿くようになったと言われている。 雑誌『ペコちゃん』()が発刊されたり、とともにへ行ったりしたこともあった。 デザインも時代により変化しており 、赤のが1970年代になるとややスリムになった。 その後1990年代にピンクのスカートにいったん変更され、2007年に再びオーバーオールに戻った。 ペコちゃんの舌の向きは当初は複数のイラストレーターが描いていたために一定していなかったが、頃から左に揃えられた。 また「ミルキー」ブランドのペコちゃんは1970年代まではデザインに差異があったが、1980年代に入ると「ペコマニュアル」が作成され、「ミルキーペコ」は青いオーバーオールとリボンに黄色いシャツ、胸から上のみなどと定型化され 、それ以外のペコちゃんのデザインにも一定の指針が設けられた。 2015年7月11日から9月13日までの期間、平塚市美術館で「ペコちゃん展」が開催される。 ペコちゃん焼 [ ] 発売当初は全国10店舗以上で販売されていたものの、やがて取り扱う店舗が減少し、2010年現在はの不二家神楽坂店でのみ売られている。 ペコちゃんの顔をした焼き菓子の一種で、食感はよりもに近い。 2005年以降はポコちゃん焼も登場している。 独特な形状をしておりまた黒目がないことから「ホラー」と形容されることもある 一方で、形状を模したも発売されている。 2007年に不二家がを起こした際にはペコちゃん焼は同店独自で調達した材料のみを使用して製造していたことから他の菓子類とは異なり販売を継続していた。 しかし1月15日に行われた社長会見の内容が神楽坂店店主の満足の行く内容ではなかったため、同店は同日よりペコちゃん焼の販売を自粛した。 その後販売再開の要望が寄せられたことや不二家改革に向けて一定の見通しが立ったことなどから3月5日に販売を再開した。 サブカルチャーとの関連 [ ] 系の不二家枠で、1965年8月 - 1969年3月の間、テレビアニメ『』、『』、『』のオープニング・エンディングにおいて、それぞれの主人公キャラクターと共演している。 特に『パーマン』のエンディングでは、ペコちゃんがパーマン1号と主題歌をデュエットしていた。 またにクリスマスケーキの販売促進用として製作された、不二家の非売品『ホームスィートクリスマス』には、(声優:)と(声優:)とペコちゃん(声優:斉藤尚子)が歌う『』が収録されている。 なお現在『怪物くん』は、にビーム・エンタテインメントから発売された「東京ムービー アニメ主題歌大全集」(LD・VHS)と、にから発売されたに、OP・EDでの怪物くんとの共演シーンが見られ、『パーマン』も「〜大全集」にはEDでの共演シーン(OPは当該部分をカット)が、発売のDVD-BOXにはOP・EDの共演シーンが収録された が、『オバQ』は「〜大全集」には共演場面を削った16mmフィルム版が収録され、これ以外のビデオソフトも発売されていないため、現在共演場面は見られない。 にかつてあった車両で、その形状から「ペコちゃん」との愛称で呼ばれた。 「ペコちゃんの歌」(作詞:・作曲・編曲:・歌:) 、不二家の創業100周年記念ソングとして発表された。 同社の企業イメージCMで放送されている他、全国の店舗にてが発売されている。 折田先生像はの風物詩の一つ。 2月下旬、ポコちゃんの像が何者かによって設置された。 ペコちゃんとのに参加した。 自らのキャラクター「」は、とペコちゃんのコラボレーション。 2011年10月、の記者会見で新たなコラボレーション人形を披露。 脚注 [ ] []• 不二家FC 黒磯店. 2010年11月25日閲覧。 2010年11月25日閲覧。 2010年11月25日閲覧。 安藤龍朗; 藤顕一郎 2009年9月2日. 日本語. 毎日jp. 2010年11月25日閲覧。 スポーツ報知. 2009年9月3日• 『』平成19年2月8日号、。 2011年1月30日放送. COMZINE. NTTコムウェア 2010年8月. 2010年11月25日閲覧。 町田忍『路上ポップ・ドールのひみつ』、1998年5月(日本語)。 FASHION PRESS. 2015年5月29日. 2015年6月3日閲覧。 2006年11月10日• 東京特派員ブログ. 2009年4月17日. 2010年11月25日閲覧。 あいべや 2009年12月10日. POP UP. 2010年11月25日閲覧。 市ケ谷経済新聞 2010年11月15日. 2010年11月25日閲覧。 不二家飯田橋神楽坂店ブログ. 2010年11月25日閲覧。 シネマトゥデイ. 2014年10月17日. NEWSNJOY. 2011年10月14日. 2015年12月6日閲覧。 2011年10月15日. 2015年12月6日閲覧。 東スポWeb 2013年2月21日. 東京スポーツ新聞社. 2013年12月18日閲覧。 BARKS音楽ニュース BARKS. 2013年9月3日. 2015年4月4日閲覧。 AAA(トリプル・エー)OFFICIAL WEBSITE. エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ. 2015年4月4日閲覧。 編集部 2013年9月3日. モデルプレス. 2015年10月22日閲覧。 GirlsNews. 2013年9月4日. 2015年10月22日閲覧。 外部リンク [ ]• 不二家• モッテコ書店 この項目は、に関連した です。 などしてくださる。

次の