二重まぶた 整形 化粧。 埋没法の後に化粧を開始できるまでの経過と注意点

二重まぶた・埋没法 : 二重瞼・目もと(目元): 美容整形の高須クリニック

二重まぶた 整形 化粧

質問に対しての回答になりませんが、私は元々一重で、小学生時代に少し二重の時もありました。 中一の頃また少し二重になりかけて、その時二重になるのが嫌で、一重にしてセロテープで止めて寝たりしました。 それからずっと一重でしたが、18になった頃自然と片方ずつ二重になっていきました。 初めの頃は、何故か一重に戻ったりする日も時々ありましたが、19ぐらいからは両目とも二重が定着しました。 テレビで見た事があるのですが、子供の頃一重でも、大人になってから二重になる人がいるそうです。 あと、歳をとっていくと顔って結構変わります。 私はその人の精神とかで少しは、なりたい顔になっていくのではないかと思ったりします。 回答にならなくて済みません。 目元の皮膚は薄いのでセロハンテープを張るのはやめたほうがいいと思います。 かぶれてしまうかもしれないですよ。 二重になりたいならばアイプチなどで二重にして、 寝るときなどもずっと付け続けると二重になることがあります。 まぶたの脂肪が少なめの一重でないと難しいようですが・・・。 アイプチももし皮膚の弱い方でしたらやらないほうがいいです。 赤く腫れてきたりしてしまうことがあります。 アイプチは水に弱いと思うので、もしお風呂に入るときも ずっと二重で固定しておきたいのならば セロハンテープでなくバンドエイドを使うといいと思います。 セロハンテープに比べると肌に優しく衛生的で、 しかも水などにもセロハンテープよりは強いですし。 また900さんがおっしゃっているように二重の遺伝子の発現時期は人によって違うそうで、 生まれつき以外では20歳過ぎに現れることが多いそうです。 特に、自分で指で触るなどして二重が作れる人はその可能性が高いそうです。

次の

■おすすめ美容整形外科:【二重まぶた自力対策】アイプチで、化粧品で、アイリッドフォールドで

二重まぶた 整形 化粧

気軽に二重(ふたえ)まぶたを手に入れられることで多くの人から支持されている整形術が「埋没法」です。 埋没法はわずか15分程度の施術時間で理想的な二重まぶたになることからプチ整形を代表するものと言えます。 しかし、プチ整形とは言え、瞼に針と糸を通す作業が必要になり、どうしても多少の傷や腫れなどが生じてしまうことも事実です。 これらの症状は早ければ3日程度で回復するとされていますが、日常生活への影響が皆無とは言い切れません。 とくに女性にとって化粧に制限がかかることは大きな影響かもしれません。 そこで今回は、二重整形の埋没法を受けた後に化粧を再開できるまでの流れや、化粧をする際の注意点などについて解説します。 また、合わせて埋没法の特徴についても理解するようにしましょう。 二重まぶた整形の埋没法とは? 二重整形の埋没法とは、瞼と結膜や筋肉を糸で固定して二重のラインを作り出す方法です。 あらかじめカウンセリングの段階で決めておいた二重のラインに沿うようにして固定するため、自分好みの二重を作れることが魅力とされています。 アイプチなどのメイクによって作った二重まぶたとは異なり、 ま ぶたの内側から、生まれつきの二重まぶたと近い構造を疑似的に作る事ができるため、 二重まぶたの形状がより自然で、ばれにくいというのも大きなメリット。 また毎日のメイク時間が短縮できるなどのメリットもあります。 埋没法の手術には医療用の極細針と医療用の糸が使用され、とくに近年ではこれらの医療器材の進化によって傷跡や腫れ、赤みなどの影響が最小限に抑えられるように工夫されています。 また、大手医療機関を中心にして独自の埋没法が開発され、 術後の影響を減らしながらも二重まぶたがより確実に長期間持続するように進化しています。 埋没法は 時間や料金の面でも手軽でありながら、 効果の持続期間も長く、 なによりも目元の印象を大きく変えられることからプチ整形のなかでも最も人気がある施術法と言えるでしょう。 埋没法による術後の主な影響 手軽で人気がある埋没法ですが、 医師による施術が必要な医療行為であることには違いありません。 埋没法ではメスを使わないことが売りとされていますが、実際には糸の結び目を固定するためにまぶたの皮膚や毛細血管に傷がつくため、 どんなに上手に手術が行われたとしても、腫れなど以下のような生活への支障が発生する事は避けられません。 腫れや浮腫み• 内出血• 傷口の炎症• 化粧の制限• 運動の制限• 飲酒や刺激物の制限など いくら手軽なプチ整形と言えども、これらの 諸症状や制限が解消されるまでは 日常生活へ支障があることを理解しておく必要があります。 医師によっては過度な制限は不要とすることもありますが、これらの症状などには個人差があるため一概には言い切れません。 埋没法後にする化粧での注意点 埋没法による術後の影響のなかでも、 最も大きな影響を与えるとされるのが化粧の制限です。 とくに仕事をしている女性にとっては影響が大きくなりがちで、化粧が制限されることによって恥ずかしさや、周囲にバレたりする心配や不安などの精神的なストレスに繋がることもあります。 多くの医療機関では 埋没法を受けた翌日から化粧は可能としていますが 、衛生面や結膜炎などを誘発する恐れを考慮すると現実的ではありません。 ひとつの目安として、 傷口にしっかりした「かさぶた」のような膜が出来る1週間を基準にすると良いでしょう。 ほとんどの医療機関では整形術への抵抗感を減らすために、日常生活への影響がほぼないとして宣伝していますが、医療的観点での腫れの度合いと、治療を受けた本人が感じる腫れのトラブル度合いにも差があり、実際に手術を受けたら思っていたよりも大きく腫れたという口コミも多くありますので、注意が必要です。 化粧を控えるべき理由 埋没法を受けた後に化粧を控える理由は大きく分けてふたつあります。 ひとつは 炎症を回避する目的、そしてもうひとつは 色素沈着を防ぐことです。 埋没法では極細の針を使用しますが、術後数日は目には見えない程度の針穴が残ります。 針穴は術後24時間程度で塞がるものの、針穴の周辺組織は傷を負った状態です。 そのような状況で化粧をすると、化粧品に含まれる化学成分によって炎症を起こしたり、細菌が混入して炎症を発症する可能性が高まります。 酷い場合は結膜炎を発症して、瞼周辺が腫れ上がることもあります。 炎症がおきてしまうと、一度埋没法によって埋め込んだ糸を除去しなくてはならないなどの状況になる事もあります。 また、 炎症までには至らなくても、傷口が癒えていない間に化粧をすると化粧品の色素や刺激物によって 傷口周辺が色素沈着を起こす場合 があります。 術後、まぶたの細胞がダメージを受けている状態で刺激を与えると、体は肌のそれ以上のダメージを防ごうとしてメラニンを過剰に分泌し、いわゆるシミ(色素沈着)になる可能性があります。 このことから術後はあらゆる刺激を避けることが肝心です。 ほとんどの医療機関では、 埋没法後の化粧は控えることを推奨していますが、なかには傷口さえ避ければ施術当日であっても化粧をしても構わないとすることもあります。 ただし、クレンジングの際に過度な刺激を生む可能性があるため、術後の化粧は極力控えた方が無難です。 化粧を控える期間 埋没法の後に化粧を控えるべき日数の目安は医療機関によって異なりますが、 アイメイク(アイシャドウ、マスカラ、アイライン)に関しては、可能ならば術後1週間程度は控えることをおすすめします。 傷が癒えていない状態でのアイメイクは炎症や痒みを誘発し、最悪の場合では結膜炎を引き起こします。 一般的に 結膜炎は完治するまで平均して7日から14日ほどかかるとされていますので、このような事態を回避するためにも術後1週間を目安にしてアイメイクは控えるようにしましょう。 また、アイメイクの中でも特にまぶたに対して負担がかかりやすいまつ毛エクステやつけまつげなどは、除去する際の強い負担などによって埋没法の糸が外れたり緩んだりしてしまう原因にもなりますので、極力使わないようにするか、 まぶたの状態が完全に落ち着いてから行うようにしたほうがいいでしょう。 埋没法の術後経過としては、平均的に術後3日程度で痛みや熱を伴う大きな腫れが収まり、1週間程度で見た目にすぐわかるような腫れが収まり、その後1か月程度をかけて腫れがほぼ落ち着き、手術によって作った二重まぶたのラインが安定してきます。 以上の事から、直接目に刺激が加わらないようなメイクは2~3日程度経過してからはじめ、落とすときも含め軽く負担がかかる程度のアイメイクなら1週間後から。 ウォータープルーフなど、強めの負担がかかるアイメイクは2~3週間過ぎてから行うようにしたほうが良いでしょう。 埋没法後、腫れが特に大きい1週間以内での主なNG行為 埋没法を受けた後、特に最初の内出血がおさまるまでの一週間程度については、以下の行為は原則としてNGとされていますので注意しましょう。 事 前にこうした状況がない事を確認して、手術を受けるようにスケジュールを調整する事が大切です。 アイメイク全般• 患部を触る行為• 患部への摩擦• 過度な喫煙や飲酒• 汗をかくような激しい運動やサウナの利用• 長時間、目を酷使する作業• 摩擦を生むような洗顔やクレンジング• 10時間を超える連続睡眠• 就寝前の大量の水分や塩分摂取• うつ伏せ寝• 泣くこと これらのNG行為に 共通すること は 摩擦や刺激を避けること、 過度な血行促進、 血流の悪化、 不衛生な状態を避けることですので、術後の生活で気をつけるようにしましょう。 埋没法後の化粧のコツ 埋没法を受けた場合、 なるべく1週間程度はアイメイクを避ける方が無難です。 しかし、ファンデーションや口紅などのアイメイクとは関係がない部分においては手術当日からでも可能とする医療機関もあります。 埋没法を受けてから日が浅い間に化粧をする際、主に以下のようなことに注意して化粧をするようにしてください。 濃いアイメイクは控える• ウォータープルーフは使用しない• コンシーラーの多用は控える• クレンジングの際に軽く落とせる程度に留める これらに 共通することは「傷口を刺激しない」ということです。 術後は 化粧だけでなく、 メイクオフ(クレンジング)や洗顔にも気を配る必要があるため、徹底して刺激を避ける工夫が求められます。 埋没法後に取り組みたいこと 埋没法は手術そのものは手軽ではあるものの、 人 によっては 1週間以上の腫れや痛み、赤み、内出血などを伴う場合があります。 腫れや痛みがある時の化粧はあまり良くないので、必然的に化粧を再開できるまでの時間は長引きます。 そんな状況を避けるためにも、術後に取り組みたい過ごし方がありますので参考にしてください。 冷却(アイシング) 術後に腫れを伴う場合は冷却が効果的です。 アイスパックや氷を清潔なガーゼや ハンカチでくるむようにして、瞼に優しく添えるようにしましょう。 1日に複数回、1回5分から10分程度で済ませるようにして、 冷やしすぎないことがポイントです。 注意点として、張り付けるタイプの冷却剤は皮膚への負担になる場合があるので、使用しない方が良いでしょう。 冷却は初期の大きな腫れが引くまでの間続け、 3日程度経過して熱が引いたら、今度は細胞の代謝を高めるためにもあまり冷やさないようにしましょう。 睡眠時の姿勢 術後は 患部に血が行き過ぎないように枕を高くして眠ることも効果的とされています。 また、就寝時はできるだけうつ伏せや横向きの姿勢を避けて、患部と寝具が接地しないようにすることも大切です。 徹底安静 最も理想的な術後の過ごし方が徹底安静です。 術後2~3日は化粧をせずなるべく外出も控え、術後4日目以降から徐々に元の生活に戻るようにすると良いでしょう。 そのためには、埋没法を受ける事前段階から休暇を取得したり、連休を利用するなどの日程調整の工夫が必要です。 眼鏡の着用 普段コンタクトや裸眼で生活している人も 、埋没法を受けた後は一定期間、眼鏡を着用すると良いでしょう。 目に刺激が加わる事を防止し、また 眼鏡を着用する事でまぶたの腫れをごまかしやすくなります。 急に眼鏡をかけだすと周囲に違和感を持たれやすくなるため、埋没法を受けるちょっと前から眼鏡をかけ始めるようにすると、周囲からばれにくくなります。 まとめ 二重まぶた整形の埋没法は手軽なプチ整形のひとつではありますが、 術後3日から7日程度は日常生活に制限がかかると考えるようにしましょう。 なかでも、化粧は実質的に制限がかかるため、影響が大きくなるといえます。 このような点をあらかじめ理解したうえで埋没法を検討してください。 あわせて読みたい.

次の

埋没法の後に化粧を開始できるまでの経過と注意点

二重まぶた 整形 化粧

二重まぶたの整形手術は、女性はもちろんのこと、男性にもかなり一般的に行われています。 そのため、男性が手術をする場合はどのくらいの変化がでるのか、希望通りの二重にしてもらうことは可能か、周囲の人にはバレないのかなど、男性の二重整形に関する情報をお探しの方も多いでしょう。 特に最近は、メンズ専門クリニックもあるので、どのクリニックでどのドクターに手術を依頼するべきなのか、お悩みの方もいると思います。 また、男性の場合は女性と違い、お化粧で腫れや内出血や傷跡をごまかすことができません。 そのため、手術後のケアや注意点が重要になってきます。 そこで今回は、二重まぶたの整形手術をする際に知っておくべき情報をすべてお教えいたします。 手術を受けてから後悔することがないように、まずはこのページを読んで、正しい知識を持ったうえで美容クリニックでのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。 2-3.仕上がりに関する注意点 男性では普段お化粧をせず、アイプチやアイテープを使用している方も女性に比べ少ないです。 ですので、手術前と手術後の差が激しく感じてしまう場合があり得ます。 事実、当院ではあまり広い二重を好まれる方は少なく、奥二重や末広型と言われる二重まぶたを希望される男性が多いです。 もちろん希望の幅で手術を行う事が一番ですので、手術前に医師としっかりカウンセリングを行って幅を決めましょう。 また、自分でシミュレーションする方法もあります。 写真のように少し曲がっているとちょうどいいです。 基本的には片目だけ閉じて行いましょう。 これで二重になっているはずです。 広すぎる場合はまぶたの抑える位置をまつ毛よりに、もっと広くする場合は眉毛よりを抑える事でラインを変える事が出来ます。 3-1.手術後のケア 男性の中にはめんどくさがりな方もいます。 手術後にケアを怠り、腫れや内出血がひどくなってしまうと、ごまかすのも難しくなります。 出来るだけきちんとしたケアを行い、腫れや内出血の程度を低く抑えましょう。 ・手術後は軽く冷やす(1-2日) 手術後1-2日は軽く冷やした方が腫れや内出血が抑えられます。 帰宅した後も、アイスノンをハンカチなどで包み、まぶたを冷やしましょう。 *キンキンに冷やし過ぎると逆に腫れる事もあるので、ハンカチなどで包んでから冷やすのがポイントです。 ・出来るだけ横にならず顔を上げておく(1-2日) 横になっていると顔やまぶたがむくんで腫れてきます。 帰宅後は出来るだけ椅子に座って休むようにしましょう。 お休みになる時も高めの枕を使いましょう。 ・入浴で温まり過ぎない(1-2日)、お酒は控える(出来れば1週間) 身体を温めると循環が良くなり腫れも大きくなります。 お酒も腫れを大きくします。 特に手術後1週間はお酒をたくさん飲むと腫れが出やすくなります。 3-3.二重のラインや手術方法で選択する 二重のラインを決める時は希望のラインで行うのが一番ですが、迷っている場合やバレにくいラインを求めている場合は以下を参考にして下さい。 ・幅が狭いラインの方が腫れは出にくく、ばれにくい 狭いラインの方が手術後に腫れは出にくいです。 また、腫れが落ち着いてからも幅が狭い方が整形したと分りにくくなります。 ・結び目がまぶたの裏側になる方法を選ぶ 男性はお化粧しないので、まぶたから糸が透けて見える場合でもごまかすのが難しくなります。 皮膚から透けて見えるのは糸の結び目なのですが、この結び目を皮膚側ではなく、まぶたの裏側に持ってくる方法もあります。 この場合は、結び目が透けて見える事はありません。 バレにくい方法で行った状態です。 目を閉じてもほとんど分りません。 右目(向かって左)のみ手術しています。 *手術後はメイク等をした状態です.

次の