デジモン バタフライ 歌詞。 「デジモンtri.」最終章主題歌は歴代歌手やメインキャラ共演の「Butter

和田光司 Butter

デジモン バタフライ 歌詞

この記事はデジモン映画2020主題歌&挿入歌の曲名や歌手は?歌詞や歌動画も紹介!と題してお送りしていきます。 デジモンシリーズ20周年記念作品としてデジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆が公開されます。 そしてオープニング曲には99年のデジモンアニメ1作目から多くの人に愛され続けている「Butter-Fly」がアレンジを加えることなく、当時の音源のままで使用されることが決定しました。 当時からデジモンを知っている方にとっては、とても嬉しいニュースですよね。 デジモンシリーズの主題歌は名曲ばかりと言われていますし、バタフライ以外の曲も大変気になります。 そこで今回はデジモン映画2020の主題歌&挿入歌の曲名や歌手を調べてみました。 歌詞や歌動画付きで紹介しますので、気になる方は是非楽しんでいってください。 デジモン映画2020主題歌&挿入歌の曲名や歌手は? 予告観て、あぁ大人になるってそういうことなのか…と切なくなった。 デジモンを子供時代にリアルで観てきた人全員に見て欲しい — 満散 ミチル まりも snowflower203 今回のデジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION 絆の主題歌や挿入歌は歴代のデジモンシリーズの曲を数多く担当してきたメンバーに決まりました。 ツイッターでも「当時の主題歌や挿入歌が大好きだったから嬉しい」といった声が多く挙がっています。 デジモン映画最新作ではどんな曲に仕上がっているのでしょうか? さっそくデジモン映画の劇中で使われる曲についてみていきましょう。 デジモン映画2020のオープニング曲は? デジモンアドベンチャーLAST EVOLUTION絆のオープニング曲は冒頭でも説明させていただきましたが、みなさんが大好きなあの曲です。 和田光司さんのButter-Fly Butter-Flyは1999年3月に放送されていたテレビアニメの初代デジモンでオープニング曲として使われていた曲で、デジモンシリーズでナンバー1のヒットソングとなっています。 カラオケのアニソンランキングでは常に上位に入っていますし、デジモンを知らなくても誰もがカラオケで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 デジモン主題歌を語るうえではかかすことのできない1曲です。 この曲を歌う和田光司さんは2016年4月に上咽頭がんのため亡くなられています。 非常に残念ではありますが、和田光司さんの歌う曲はこれからも多くの方に愛され続けていくことでしょう。 デジモン映画2020の挿入歌は? 挿入歌はデジモンアドベンチャーの挿入歌「brave heart」をはじめ多くのデジモン楽曲を歌い続けてきた 宮崎歩さんに決まりました。 東映アニメーションの木下陽介プロデューサーによると「デジモンは進化していくところに良さがあるので、新しい曲を歌って欲しい」と宮崎歩さんに頼んだそうです。 曲名は「その先へ」 「その先へ」は絵コンテを書いた監督も一緒に打ち合わせに参加して、楽曲のイメージを作り上げていき完成した曲となっています。 また劇中のあるシーンで使うために作ったと言っていましたので、どんなシーンで使われるのか非常に楽しみですね。 デジモン映画2020のエンディング曲は? エンディング曲にはデジモンアドベンチャーのエンディング曲「I wish」などデジモンシリーズで多くのエンディング曲を担当してきた AiMさんが担当します。 曲名は「離れていても」 作詞・作曲は岡本真夜さんが担当していて、「大人になる」「別れ」という映画のテーマと「LAST EVOLUTION 絆」というタイトルをストレートに表現した楽曲になっているそうです。 またAiMさんは「デジモンソングを20年間歌ってきて、いろんなことを思い出すような詞となっています」と語っていて、この歌の発売イベントでは感極まって涙を流していました。 デジモンシリーズを観てきた人たちなら感動すること間違いなしの1曲であることは間違いありません。 OP曲:和田光司さん「Butter-Fly」。 挿入歌:宮﨑歩さん「brave heart~LAST EVOLUTION Version~」「その先へ 新曲 」。 ED曲:AiMさん「離れていても 新曲 」。 やっぱデジモンの曲はこの御三方じゃなくっちゃね。 net Butter-Flyはやっぱり「無限大な夢のあとの~」の部分から始まるサビに躍動感があってサイコーですよね。 カラオケで歌うと一気にテンションがあがりますし、非常に歌いやすいのも魅力の一つだと思います。 「その先へ」の歌詞を一部ご紹介! 「その先へ」の発売日は2020年2月19日発売ですので、それ以降にお届けしていきたいと思います。 「離れていても」の歌詞を一部ご紹介 「離れていても」の発売日は2020年2月19日発売ですので、それ以降にお届けしていきたいと思います。 デジモンシリーズ20周年を飾る今作で、主題歌はこの曲以外考えられませんよね。 また挿入歌とエンディング曲も歴代のデジモン主題歌に負けない素晴らしい楽曲になっていると思います。 劇中で流れたら涙腺が崩壊してしまうかもしれませんよ。 デジモン映画2020主題歌&挿入歌の曲名や歌手は?歌詞や歌動画も紹介!でした。

次の

デジモンのオープニングButterflyの歌詞の意味を教えてください。特にサビの部分...

デジモン バタフライ 歌詞

「」とは異なります。 身長175cm。 血液型はB型。 病気の療養による2度の活動休止を経て歌手復帰を果たす姿から、デビュー曲にかけて 不死蝶のアニソンシンガーと呼ばれていた。 来歴 [ ] 1999年4月、テレビアニメ『』(系)の主題歌「」で。 同曲は47位にランクイン し、自身の代表作となった。 これがきっかけででは『』(2002年)まで4年連続で主題歌を歌唱し、以降のシリーズにも継続して参加していた。 2000年にはテレビアニメ『』で主題歌「」を担当。 2001年12月、ファーストアルバム「」をリリース。 2003年、がんを患っていることが発覚。 2005年、療養から復帰。 手術や放射線治療により一時は声を失った が、声が出るようになったため、ライブなどの活動を再開した。 2006年11月、テレビアニメ『』の主題歌「」でメジャー復帰を果たす。 2007年からはブラジルを中心に海外のアニメ関係のライブイベントへの参加を始めた。 同年2月にはベストセレクションアルバム「」をリリース。 2009年、メジャーデビュー10周年を記念して「」をリリース。 翌年にはテレビアニメ『』の挿入歌を担当した。 2011年、癌の再発が発覚したため同年10月に再び治療専念を理由に活動休止を発表。 2013年10月3日、2年振りに活動を再開することをブログ・Twitter にて報告。 後日、YouTubeにメッセージ動画を公開。 11月のソロライブで復帰を果たした。 2014年1月付でに移籍。 2015年3月、ミニアルバム「」をリリース。 7月にはソロライブが予定されていたが、6月に体調不良となり、以降のライブやイベントへの出演が取り止めとなった。 11月上映のOVA作品『』では主題歌「」を担当。 この曲が最後のレコーディング曲となった。 2016年4月3日早朝、上咽頭がんにより死去。 42歳没。 葬儀は近親者による。 同月26日にはにて「和田光司 お別れの会」が執り行われた。 やAiMらが出演。 人物 [ ] を購入して歌い始めた頃は、専らを歌っており、「Butter-Fly」はほぼ初めて歌うであった。 デジモンアニメシリーズではすべての作品に楽曲歌唱で参加しており、「仕事の8割はデジモン絡み」 「デジモンシンガー」とも言われている。 独特の掠れた歌声を持つ。 治療で喉を痛めたことにより復帰後は歌声が変わったという指摘もあったが、本人は「 復帰後の ちょっとがらっとした声の方が、自分が好きな声に近づいている」「僕としては、自分にとって理想の声を得られたという思いがあります」と語っている。 2度目の休養の際は、医師から完治と通告された直後の再発であったためにショックは大きかったという。 「このまま引退してもいい」というほど歌う気力を失っていたが、知り合いに「使命感で歌い続けるのではなく、歌える時に歌って、歌えなくなったらまた休めばいいじゃない」と言われたことにより考えを改め、再び歌手活動を行う事を決意した。 ディスコグラフィ [ ] シングル [ ] 発売日 タイトル 規格品番 販売形態 最高位 備考 1st 1999年4月23日 Butter-Fly NEDA-10001 CD 8cm 47位 2004年8月1日 NECM-10014 再発盤 CD 2nd 2000年4月26日 NEDA-10021 CD 8cm 35位 2004年8月1日 NECM-10018 再発盤 CD 3rd 2000年5月24日 炎のオーバードライブ~カーロボットサイバトロン~ NEDA-10014 CD 8cm 4th 2001年4月25日 NEDA-10027 CD 8cm 59位 2001年5月2日 NECM-12005 通常盤 CD 2001年7月4日 NECM-12013 期間生産限定盤1 2002年3月6日 NECM-12026 期間生産限定盤2 5th 2001年11月7日 NECM-12019 CD 6th 2002年4月24日 NECM-12028 CD 75位 2002年7月24日 NECM-12034 期間生産限定盤 7th 2002年5月22日 NECM-12029 CD コラボ 2002年11月22日 NECM-12038 CD 和田光司&AiM 名義 コラボ 2003年2月5日 NECM-12041 CD Spirit of Adventure 名義の Indies 2006年9月 WD16-KJ009 CD - 8th 2006年12月21日 ヒラリ NECM-12138 CD 79位 9th 2009年4月22日 Butter-Fly ~Strong Version~ NECM-12161 CD 143位 コラボ 2009年8月1日 未来への扉~あの夏の日から~ NECM-12163 CD 175位 和田光司,AiM,Hassy,,, 名義 Indies 2010年8月21日 ONE STEP!! COCC-16418 CD 127位 11th 2010年12月1日 空舞う勇者! ver. Version~ NECM-10231 CD 37位 13th 2016年3月30日 NECM-10236 CD 29位 コラボ 2018年5月2日 Butter-Fly~tri. Version~ NECM-16004 初回限定盤 CD 49位 選ばれし子どもたち、デジモンシンカーズ、宮﨑歩、AiM with 和田光司 名義 NECM-10257 通常盤 アルバム [ ] フルアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考 1st 2001年12月5日 all of my mind NECA-30052 2nd 2009年10月5日 SAUL-1006 ミニアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考 1st 2008年8月1日 NECA-20062 2nd 2015年3月25日 re-fly LACA-15485 154位 ベストアルバム [ ] 発売日 タイトル 規格品番 最高位 備考 1st 2002年8月7日 デジモンオープニングベストスピリット NECA-30071 2008年8月1日 NECA-23013 廉価盤 2nd 2007年2月28日 The Best Selection~Welcome Back! NECA-30181 限定 2016年7月31日 FEME-3 - DIGIMON ADVENTURE FES. 2016 会場限定販売 3rd 2017年1月25日 -sketch1- NECA-30335 35位 2017年9月1日までの期間限定生産 KOJI WADA DIGIMON MEMORIAL BEST-sketch2- NECA-30336 66位 限定 2017年7月30日 Butter-Fly Music Library FEME-5 - DIGIMON ADVENTURE FES. :「君と星空を」作曲 タイアップ [ ] 楽曲 タイアップ 時期 Butter-Fly テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』オープニングテーマ・挿入歌 1999年 Seven テレビアニメ『デジモンアドベンチャー』挿入歌 Seven アコースティックバージョン 2000年 Butter-Fly ピアノバージョン 炎のオーバードライブ~カーロボットサイバトロン~ テレビアニメ『トランスフォーマー カーロボット』オープニングテーマ ターゲット~赤い衝撃~ テレビアニメ『』オープニングテーマ・挿入歌 僕は僕だって テレビアニメ『デジモンアドベンチャー02』挿入歌 みんなのクリスマス 僕らのデジタルワールド 2001年 Starting Over 系『ピンパパ』エンディングテーマ The Biggest Dreamer テレビアニメ『』オープニングテーマ・挿入歌 風 テレビアニメ『デジモンテイマーズ』挿入歌 Starting Point 2002年 FIRE!! テレビアニメ『デジモンフロンティア』オープニングテーマ With the Will テレビアニメ『デジモンフロンティア』挿入歌 イノセント~無邪気なままで~ テレビアニメ『デジモンフロンティア』前期エンディングテーマ Daybreak ラジオ『サンガ大好き』、KBS京都テレビ『』テーマソング Miracle Maker 用ソフト『』主題歌 an Endless tale テレビアニメ『デジモンフロンティア』後期エンディングテーマ・挿入歌 遥かな贈りもの テレビアニメ『デジモンフロンティア』挿入歌 2003年 ヒラリ テレビアニメ『デジモンセイバーズ』後期オープニングテーマ・挿入歌 2006年 Pierce 系『』エンディングテーマ 2007年 WE ARE クロスハート! テレビアニメ『デジモンクロスウォーズ』挿入歌 2010年 空舞う勇者! KIRIHA WE ARE クロスハート! ver. Version~ OVA『デジモンアドベンチャー tri. 』主題歌 Seven~tri. Version~ OVA『デジモンアドベンチャー tri. 』第2章エンディングテーマ 2016年 Butter-Fly~tri. Version~ OVA『デジモンアドベンチャー tri. 』第6章エンディングテーマ 2018年 Butter-Fly 劇場版『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』主題歌 2020年 脚注 [ ] 注釈 [ ]• 読売新聞(オンライン版). 2014年8月1日閲覧。 ,ORICON STYLE,2016年4月8日• 光司広場III• 2010年8月20日時点の [ ]よりアーカイブ。 2014年8月1日閲覧。 (インターネットアーカイブより)• 毎日新聞デジタル. 2010年7月6日. の2011年10月28日時点におけるアーカイブ。 2014年8月1日閲覧。 (インターネットアーカイブより)• 鈴木美潮 2014年7月11日. 読売新聞(オンライン版). 2014年8月1日閲覧。 鈴木美潮 2014年7月12日. 読売新聞(オンライン版). 2014年8月1日閲覧。 エキサイトアニメ. 2014年2月17日. 2014年8月1日閲覧。 外部リンク [ ]• - オフィシャルサイト• - 旧オフィシャルブログ• - 旧オフィシャルブログ• - 所属レーベルの作品紹介• - チャンネル•

次の

Butter

デジモン バタフライ 歌詞

BUMP OF CHICKENがおよそ2年ぶりのリリースする8枚のオリジナルアルバム「Butterflies」。 スポンサーリンク 今回はその表題曲である「Butterfly」の歌詞を見ていこうと思う。 で、先に書いてしまうと、この唄は天体観測やプラネタリウム、あるいは宇宙飛行士からの手紙と同じように、僕 あるいはネガティヴな感情 ともうひとりの僕 あるいはポジティブな感情や衝動 という、本来であればもっとも近いはずの両者の距離の「遠さ」を歌った唄だと思うのだ。 どういうことか。 みていこう。 Aメロ~Bメロについて 基本的に藤原基央は内面とか心の世界を意識させる。 冒頭、今回は「内側」という言葉を使っている。 この言葉によって、きっとこの歌は人の心とか内面について歌う唄なのだろうと想像させるわけだ。 その後のフレーズでは「自分は他人の痛みに積極的に気付くような人ではないが、そんな自分も人から気づかれない痛みをもっていること」を伝える。 これも結局、先ほどの内面の話と噛み合っていて、傍目からみると元気そうに見える人も、内側をみたら色々と悩みを抱えているんだよ、と言っているわけである。 次の「いつか知った何かの言葉~動きを鈍くした」というフレーズは、ネットやSNSが発達した今の世代はついつい情報ばかりを頭に詰め込み、頭でっかちになって動けなくなってしまうことが多く、このお店はダメだとか、この仕事をしたら苦労するぞ、とかそんな批判の言葉をすぐに見つけてしまう現状を例えているのである。 情報収集すること=重い鎧 というわけだ。 批判が目に付くものはどうしても避けたくなってしまう。 結局、情報収集に徹してしまい、理屈をつけて行動に移さない人がとても多くなってしまうわけだ。 そんな現代人を揶揄するような言葉がここで紡がれているわけである。 みんな、頭でっかちになってしまっているよ、と言いたいわけだ。 そして、このフレーズがこの唄のポイントだったりする。 というのも、今回の比喩のイメージは、最終的に蝶々の成長の過程に繋がるように巧みに作られてるのである。 だから、ここでは蝶々になる前の「サナギ」をイメージを想起させる言葉を使っているのである。 次のフレーズをみてみよう。 「光らなくなった~決めている」のフレーズについてであるが、「光らなくなった靴の事」というフレーズは「昔はキラキラした夢に向かっていたが、今は歩くことを止めてしまった僕」を指して書かれている。 忘れてしまった唄のこと、とは夢をみていたときに大好きだった唄のことを指しているのだろう。 大人になるということは大切にしていた夢を諦め、何事も受けれていくことなのだろう。 そういう気持ちを失くさないで運ぶ、そんなやり方はないのだ、と一番のフレーズは諦めきってしまっている。 次のフレーズをみてみよう。 「誰にも聞こえない~誰だろう」の部分である。 藤くんの歌詞はセカイ系とも通じるところがあり、必ず歌詞はふたつの方向に向かう。 ひとつは壮大な宇宙、そしてもうひとつは僕と君というとても小さな距離。 とても大きなことを歌っているように見せかけて、とても小さなこと、繊細なものを歌うわけだ。 今回の歌詞ではまだ「君」は出てこないが、「誰だろう」というフレーズを使うことで、もうひとり、ここに誰かがいることを予感させる。 内面世界にいる君とは一体何者なのか。 歌詞の続きをみてみよう。 サビについて 自分というのは簡単に変わるものじゃないけど、心を変えて見方さえ変えれば世界自体は意外と簡単に変わるのだ、とここで指摘する。 ポイントなのは、ここまでこの歌詞は一切外側の話はしないで、自分の内側の話に終始していることである。 先ほども書いたが、それはまさしく蝶々が羽化する前、サナギになってじっとしている光景に似ている。 内面世界=サナギの中という方式を徹底しているわけだ。 ところで、気になるのが量産型という言葉である。 この言葉は何を指しているのだろうか。 それについては後述するので、先の2番の歌詞をみていこう。 スポンサーリンク 2番の歌詞 Aメロ~Bメロについて 最初のフレーズは歌詞の意味を読み取ること自体はそこまで難しくはないと思われるが、ここは一番と違って内面世界からは少し離れた記述をしているように見える。 「旗」という言葉や「歩く」という言葉がそう感じさせるのだろう。 ここでは、夢とか想いという言葉の比喩に「旗」という言葉を使用しているわけだが、なぜ、この言葉をチョイスしたのだろうか。 今まで流れからみると、「旗」という言葉は少しだけ浮いているような印象がある。 まあ、藤くんは旗という言葉が好きだからぽろっと使っただけなのかもしれない。 fire signやsailing dayなんかでもこのモチーフは登場させているわけだし。 この段階では理由はわからないので、次のフレーズをみてみよう。 「光らなくなった~上手に出来ている」の部分である。 似たようなフレーズを使い、一番と二番の対比を明確にしたうえで、1番では絶望や失望を歌い、2番では勇気や希望を歌うのは、藤くんのお家芸のひとつであるが、このワードをこういうふうに輝かせるのはさすがである。 同じ言葉を付け足しただけなのに、そこに与える意味がまったくもって違うわけだ。 失くさないで運んでいく、という作業を「やり方」という言葉で表現しているのはとっても独特である。 これはひとつのポイントで、後半のフレーズに結びつく。 2番~3番のサビについて ここで具体的に「君」が登場する。 この「君」って誰だろうか。 この唄は内面を歌った唄であり、他人である可能性は低い。 そこで量産型=僕=君ではないかと想像するわけだ。 もちろん、涙の羽を与えるのだから、この君という人物は只者ではない。 しかも、君がみたものから心が生まれると書いているから、この君の凄さは相当なものである。 冒頭のフレーズで僕は悲鳴をあげたと書いているが、その悲鳴を聞いて、ため息を胸に手を当てさせた張本人は君だろう。 この君とは、キラキラしたもうひとりの僕、という言い方もできるが、もつひとりの僕、というよりは僕の中にある別の感情という方がしっくりくるかもしれない。 自分の中に眠っていたキラキラとした感情、とでも言おうか。 要は自分の心の中に光を宿してくれる「何か」を指して、藤くんは「君」と呼んでいるのである。 だから、この君というのは、厳密な意味で正体はないのかもしれない。 誰?というのは野暮な言い方なのだ。 だって、これは内面の話なのだから。 サビをみていくと「飛んだ」という言葉が使われているが、これはまさしくサナギが羽化すれば綺麗な蝶々になって飛んでいくサマを想像させる描き方である。 そして、サナギのときは、それこそ量産型のように見た目に違いなんてほとんどない。 だけど、蝶々になったとき、それぞれの蝶々は羽に綺麗で個性的な模様を付けて、空を飛ぶわけだ。 量産型だった僕は、新しく生まれ変わる瞬間である。 でも、その羽は簡単に生えてくるものじゃない。 流した涙の分だけ、それが自分の「羽」となって、より高く自由に飛べるわけだ。 ここでいう涙とは悲しい過去や苦労や苦しみを引っくるめて指しているのだろうが、自分のキラキラした感情に触れることでそれは「羽」になると言っている。 飛ぶのあとに「踊る」と表現したのは、その飛び方がいかに自由なものであるのかを表現するためだろう。 涙が羽をもらって喜んで飛んだ踊った、というモチーフは、実はRAYにも見受けられる。 それがこの部分。 「あまり泣かなくなっても ごまかして笑っていくよ 大丈夫だ あの痛みは 忘れたって消えやしない」 誰だって痛みがあることは当たり前だけど、その痛みこそが君を形付くる大切なものだと藤くんは言うわけだ。 流した涙や消えない痛みがあるからこそ、より僕たちは「キラキラした未来」を生きていける、と言ってるわけだ。 だから、その痛みや悲しみを悲観する必要なんてない。 これは幸せの序章なんだよ!受け入れてあげよう、といっているわけだ。 この唄の僕がネガティヴな僕なら、この唄の君はキラキラした僕なのである。 やはり、僕=君なのだ。 さらに言えば、僕も君も感情のことを指しており、感情というものは量産されるから、この唄は僕も君も量産型だといっているのだ。 負の感情は愛されなかった量産型かもしれないが、この感情のおかげで飛んで踊れるように羽ばたけるのだ。 ジャケットを思い出してもらえば、バタフライの周りを色んな色が埋め尽くされていることがわかる。 喜怒哀楽という言葉だけでは言い切れないほど、人の内面には色んな感情が渦巻いている。 それを示したのがあのジャケットであり、そんな内側の感情の変化を、僕と君、あるいはサナギや蝶々というモチーフを使うことで、丁寧に表現したのがこの唄なのである。 この唄は、君の中の感情同士の話だから、外側のことはあえて一切語らない。 そして、だからこそ、最後にこう問い掛けてこの唄は終わるのだ。 本当はもっと知っている ずっと、と。 君の内側の感情は今、君に何を語りかけているだろうか。 関連記事: スポンサーリンク.

次の