アレクサ 会話継続モード。 Alexa新機能「会話継続モード」はとても便利でRemoとの相性抜群! — Nature

AIスピーカーの「オーケー、グーグル」「アレクサ」がめんどくさいなら、ボタン・会話継続モード・スマホ。

アレクサ 会話継続モード

AIスピーカーの「オーケー、グーグル」「アレクサ」 現在、主な AI スピーカーは Google(Home)、 Amazon(Echo) 、LINE(Clova) が出しています。 AIスピーカーは、声で操作できるスピーカー。 音楽を流すほか、電気のオンオフ、メモ、経理などもできます。 声で操作しますので、操作開始のときは、その合図が必要です。 そうしないと通常の会話でも認識してしまいます。 以前テレビでガンダムを見ていたら、「アレックス君」というセリフに AmazonのAIスピーカーEchoが反応していました。 まこのアレックス君でどのガンダムが分かるかとはかなりいい人です その合図は、AIスピーカーに特定のキーワードで呼びかけるものです。 ウェイクワードともいわれています。 それぞれウェイクワードは次のようなものです。 3種類の AI スピーカーのウェイクワードを比べたとき、「アレクサ」「クローバ」は短いのがメリットです。 ただ、私は Google Home でしかできないこと(Evernote連携、Googleスプレッドシート連携)やメインのスマホがGoogleのPixel 3であることから、GoogleのAIスピーカー、GoogleHomeを使うことが最も多くなっています。 なお LINE のClova(クローバ)はあまり目立たないのですが、性能的には優れているスピーカーです。 音声認識の精度も高く、さすが LINE 無料通話で音声データを集めてるだけあります。 バッテリーで動きますし、キャラクターの見た目も面白いです(Lineキャラ、ドラえもん、ミニオンズなど)。 「降水確率は?」といって的確に答えてくれるのはクローバだけです。 LINEMusicに登録(有料)してなくても、音楽をプレビューで少しだけ流してくれます。 ミニオンモデルは、「ミニオン呼んで」でミニオンと話せるのも楽しいです。 もしウェイクワードを変更できるなら、いいやすいもの、短いものにできます。 ただ、Google Home はウェイクワードを変更することは現状できません。 Amazon Echo はウェイクワードを変更できますが アレクサ が一番言いやすい気がします。 LINE Clovaは呼び名を変更ということでいろいろ変えることができますが、「クローバ」よりは長くなってしまいます これらのウェイクワードを言わずにすむ方法もあります。 このボタンを押すとウェイクワードを言わなくてすむのです。 Google Home の本体の上を触ると音声を受け付けるモードになります。 ただしこれは大きい方の Google Home しかなく、小さい Google Home mini にはこの機能はありません。 Amazon Echo は、小さいAmazon Echo Dotにもボタンがあり、ボタンを押すと同じように音声を受け付けるモードになります。 ただ、スクリーン付きの Amazon Echo SPOT、 Amazon Echo SHOW にはボタンがありません。 画面をタッチすると認識するような感じですができませんでした。 LINE Clovaには、ボタンらしきものは見当たりません。 実はこの ミニオンモデルだと、右目の部分を押すと音声認識モードになりますま。 AI スピーカーを手元やPCのそばに置いて、ボタンを押すというのも1つの手でしょう。 また Amazon Echo には会話継続モードというものがあります。 Amazon Alexa のスマホアプリの設定で、会話継続モードをオンにすると、ウェイクワード「アレクサ」は最初だけで、そのあとの一定時間は、「アレクサ」を言わずに連続して操作することもできるのです。 例えば 「アレクサ、 今日の天気は?」と言った後に、「今、何時?」と聞いて、「お化けなんてないさ流して」と言ったりもできます。 会話継続モードじゃないと、「アレクサ、 今日の天気は?」「アレクサ、今、何時?」「アレクサ、お化けなんてないさ流して」と毎回、アレクサと言わなければいけません。 会話継続モード、おすすめです。 この機能、 Google Home では「続けて会話」というモードがあるのですが現状は英語のみしか対応していません。 そのうち対応するでしょう。 Clovaにはこういった機能が見当たりません。 GoogleのPixel 3のActiveEdgeなら握るだけ スマホで AI スピーカーを操作することもできます。 私が使っているのは Google アシスタント。 GoogleHome(Home Mini)はGoogleアシスタントの機能を使ったAIスピーカーと考えられます。 Googleアシスタント自体の機能は、スマホでもTVでも使えるわけです。 iPhone の場合は、 Google アシスタントアプリを入れて、ウィジェット(ホーム画面を左にスワイプした画面)に Google アシスタントを入れておくと、 ・ホーム画面から左にスワイプ ・マイクボタンをタップ すれば、 Google アシスタントつまり Google Home を使うことができます。 例えば Google Home とリビングの照明を連動させていれば、 iPhone を手にして左にスワイプしてマイクボタンをタップして「リビング消して」と言えば、リビングの照明が消えるわけです。 そんなことしなくても AI スピーカー Google Home があれば、その場で「オーケー、グーグル、リビングけして」といえば照明は消えます。 その 「オッケー、グーグル」の手間・めんどくささをどう考えるかです。 iPhone にも Siri という音声認識機能がありますが、Googleや Amazon に比べるとその精度は劣ると感じています。 反応も鈍いですし、私は iPhone時代にも使っていませんでした。 Apple Watch だと、余計に反応が鈍い気がします。 今は Google のスマホ Pixel 3を使っていますので、Google アシスタントが楽です。 「オッケー、グーグル」を言わなくてすみます。 ActiveEdgeという機能があり、スマホをぎゅっと握ると Google アシスタントつまり AI スピーカー機能が使えるのです。 ウェイクワード がめんどくさい方は Pixel 3を選ぶのも手です。 これがあるので、私は最近メモをとるときや経理をするときに AI スピーカー Google Home を使うのではなくPixel 3でやっています。 特にメモや経理のときは、スマホに口を近づけて話した方が精度は高くなるのです。 AI スピーカーを使ってみたけど、ウェイクワードがめんどくさいと感じる方は、今日の方法を試してみていただければと思います。 井ノ上 陽一(いのうえ よういち) 「ひとりしごと」=雇われない雇わない生き方を、時間・お金の両面でサポート。 ・株式会社タイムコンサルティング ひとり社長 ・ひとり税理士 ・アイアンマン スイム3. 8km、バイク180. 2km、ラン42. 日課は1日1新、ブログ。 2007年7月9日以来、日毎日更新中。 1972年12月18日 大阪生まれ。 宮崎育ち東京在住。 娘3歳3ヶ月。

次の

Echoデバイスで「会話継続モード」を有効化して、「Alexa」を省略してスキルを使用する

アレクサ 会話継続モード

スマスピ観点で見たFire HD 8 Plusのメリット 実際に利用してみて、Echo Showと比較したときの、Fire HD 8 Plusの良い点は以下のとおりです。 ここでは、アレクサ利用を前提としたメリットとしています。 取り外しができる 何よりも良いのはこれ!Fireタブレットと比較して取り外しができることです。 これにより、音声操作で利用する場合のコンテンツが一気に豊富になります。 例えばで言うと、個人的に嬉しいのは「Abema TVアプリ」をアレクサ経由で再生出来る点ですね。 Showモードと違い、Fireタブレットは第9世代からピクチャーインピクチャーに対応したことで、プライムビデオを再生しながらアレクサで調べ物、ってのもそこそこ便利です。 (これもEcho Showでは不可) 細かい点では、プライムビデオのレンタル課金もできますね。 このように、同じようにアレクサを使う場合でも、ベースがタブレットなため Echo Showよりも見られるコンテンツが多い、というのが嬉しい点です。 ビデオ通話がしやすくなった これは、Echo Showではなく、旧Fire HD 8との比較です。 旧型とは、内蔵カメラの場所が変わっています。 Showモードで利用する場合必ず横向きになるので、そこから利用するとなると、ビデオ通話がしにくかったんですよね。 (うちのコダックとスライムが失礼します) Echo Show用途でビデオ通話は、かなり人気の使い方のひとつなので、これに合うようになったのは嬉しいポイントですね。 ただ、タブレットとして利用するときは、縦持ちが若干しにくくなりました。 上がFire HD 8。 上記変更により、横幅が広くなっている。 ワイヤレス充電でストレスなくEcho Show化できる Fire HD 8 Plusの何より大きな特徴は、 ワイヤレス充電ができることです。 ワイヤレス充電できるタブレットってありそうでなかったので、これを安いFire HDタブレットが搭載してきたのにはけっこうビックリ。 折りたたみはできません。 ほとんど変わりはありません。 ワイヤレス充電台に置いておけば、近づいたら自動的にディスプレイがつくのも隠れたメリット。 Echo Showってアレクサしなくとも、画面でニュースや天気などをスライド表示してくれるので、デジタルサイネージ的な利用もできるのがいいんですよね。 Fire HD 8 Plus+ワイヤレス充電台は、それをそのまま再現できます。 Fireタブレットのスリープまでにかかる時間は30分が限界ですが、「開発者オプション」で充電中はスリープしない設定をすることもできます。 さて、これまでのFire HDタブレットでも、アレクサを利用することはできました。 そのため、Echo Showのように利用する場合、常に充電した方が良いのですが、基本タブレットとして利用するので、いちいちケーブル接続するのはめんどいです。 (コードが横から出るので見栄えも悪いです。。。 ) このストレスは、Fire HD 8 Plusのワイヤレス充電の対応によって相当に軽減されました。 Echo Showと比較して微妙に使い勝手が悪い部分 あくまで、スマートスピーカーとして「Echo Showのように」利用する場合の、Fire HD 8 Plusの使い勝手が悪い部分については、以下の通りです。 スキルとアプリが混在する 上記メリットの章では、Fireタブレットのアプリも呼び出せると言いましたが、その裏返しとして、スキルを呼び出そうとしても、アプリを開いてしまうことがあります。 ただ、音声操作のメリットって、話しかけてサクッと呼び出せる点が何より嬉しいところ。 この一手間や、別のものが開いたりするのが、けっこうストレスです。。。 このように、音声操作専用でないがゆえの欠点というのは存在します。 一部便利な設定が利用できない Echoシリーズと比較したときに、Fire HD 8 Plusは一部Echoで利用できる機能を使うことができません。 ウエイクワードが「アレクサ」「アマゾン」のみ• 会話継続モードが利用できない 個人的には、2回目以降アレクサと言わずに連続で命令できる「会話継続モード」は重宝しているので、これが利用できないのはちょっと苦しいところ。 ただ、設定面はこれくらいの違いのもので、音楽・天気を聴くやらスマートホームなど、 アレクサの主要機能は全て使えます。 なので、実際の利用では、そこまで問題とはならないです。 端末そのものの性能・機能の差 やっぱりスマートスピーカー的な使い方だと、Echo Showの方が勝る部分が多いです。 (専用機なので当然ですが) まず最も大きな違いは、すぐにわかりますが、 スピーカーの差。 Fire HD 8 Plusは、映像向けではドルビーアトモスにも対応し、安いタブレットとしては十分頑張っていると思いますが、スピーカーサイズの違いから、その音質の差は歴然です。 これは、別途Bluetoothスピーカーをお持ちの方は、それに接続すれば対策できる部分ではあります。 あとは、本体のボタンです。 最近在宅勤務の流れでオンライン会議中はよく切っているのでこれ重要… マイク性能もEchoの方が良いですね。 普通に使う分にはどちらもほぼ変わらないですが、 雑音環境下だとその違いがわかります。 Echoの反応率の方が圧倒的に良かった。 専用デバイスではないというのは当然ですが、こういった違いはあります。 Echo Showだと音楽再生やビデオ通話が人気の使い方なので、このスピーカー・マイクあたりにこだわる方はEcho Showの方がコスパが良いです。 ただ、基本的な操作は十分できること、何より取り外してタブレットとして使えるのが嬉しいポイントので、まぁ一長一短と思います。 おわりに Fire HD 8 Plusは、その製品の作りから、よりアレクサ利用向けとして「Echo Showのようにも使える」という点が大きな特徴だと感じたため、あえてEcho Showとの比較評価をしてみました。 デメリットの部分は、製品仕様に関わる部分を除くと、細かいレベルの違いです。 それが気にならなければ、Echo買わずに Fire HD 8 Plusを手に取ってアレクサするというのも、十分アリだと思います。 アレクサ的な使い方.

次の

Alexaに毎回「アレクサ!」と呼びかけるのが面倒なら会話継続モードが便利です

アレクサ 会話継続モード

軽暖の候, 寒さもやっと少しはゆるんできたようで、いかがお過ごしでしょうか、せーのです。 今日はAlexaの新機能である「Follow-Up Mode」についてご紹介します。 Follow-Up Modeとは 日本語では「会話継続モード」と呼ばれます。 ざっくり言うと「 ウェイクワードを言わなくても会話が出来る機能」です。 通常、Alexaのセッションが切れるとEchoデバイスは「待ち」の状態になり、ユーザーからのウェイクワード Alexa、という呼びかけ によって起動状態になります。 ですがこのモードがオンになっていると、セッションが切れた後も5秒間だけウェイクワード無しに起動できる状態になります。 待っている間は青のリングが光っています。 この機能によって、会話が終了しても一回一回「Alexa」と呼ばずに済むようになり、より自然な会話が継続できます。 この時Alexaは自分に向けて話しているのか、ただの雑音かを聞き分け、話しかけられた時だけ対応します。 現在この機能は英語言語のみのリリースになっています。 使い所 ではこの機能はどんなことに役立つのでしょうか。 ズバリ「複数スキルのつなぎが自然になる」というメリットがあります。 基本的に2つのスキルをまたいだ会話をする場合、スキルごとにセッションは終了するので、都度ウェイクワードで起こす必要があります。 U 「Alexa, スキルAでXXXを教えて」 A 「スキルAです。 ここでFollow-Up Modeをオンにすると U 「Alexa, スキルAでXXXを教えて」 A 「スキルAです。 だいぶ自然になりますね。 さらにこれがビルトインスキルやスマートホームスキルと掛け合わせると、より自然になります。 U 「Alexa, 星座占いで射手座の運勢を教えて」 A 「星座占いです。 今日の射手座は外を散歩するといい事がありますよ」 U 「今日の気温は? 」 A 「最高気温10度、最低気温1度、現在は4度です」 U 「エアコンを25度に設定して」 A 「わかりました」 どうでしょう。 まるで一つのスキルで全て完結しているような自然な会話ですが、気温を聞いている部分はビルトインスキルの天気予報、エアコンを設定しているのはスマートホームスキルです。 カスタムスキルを作っていると、ビルトインスキルの機能を取り入れたいと思うことも結構あるのですが、この機能をうまく活用することで、自分のスキルにビルトインスキルの機能があたかも入っているようなスキル構築ができます。 やってみた では早速やってみましょう。 今回は「Live Finder」という架空のスキルを作ってみました。 これはアーティストの名前によって、近々のライブスケジュールを教えてくれる、というものです。 これとビルトインスキルの天気予報の機能をFollow-Up Modeで組み合わせてみたいと思います。 天気予報は何も設定しなくても使えるのでFollow-Up Modeの設定のみ行います。 現在Follow-Up Modeが設定できるのは全てのEchoデバイスとAVSでも使用できます。 今回はEcho Spotで試してみます。 [設定]からFollow-Up Modeを設定するデバイスを選択して[会話継続モード]をオンにします。 なんと、たったこれだけです。 では、試してみましょう。 U "Alexa, open live finder. " Alexa,ライブファインダーを開いて A "Welcome to live finder. Whose schedules do you want to find? " ライブファインダーへようこそ。 誰のスケジュールを検索しますか? U "Polca dot stingray. " ポルカドットスティングレイ A "The live of polca dot stingray will be in this Saturday 6pm. " 土曜の天気はどう? A "On Saturday, March 17, it'll be part of sunny weather with a high of 3 degrees and low of -4 degrees. " ありがとう) A "You're welcome. "(どういたしまして カスタムスキルと天気予報が綺麗につながりました。 成功です。 注意点 Follow-Up Modeは以下の注意点があります。 音楽再生中や電話中は使えません• まだ日本語環境には入ってきていませんが、これをうまく使うと色々な広がり方ができそうですね! 是非今のうちにマスターしておきましょう。 参考リンク•

次の