な かゆく い 市場 おんな の 駅。 おんなの駅なかゆくい市場へ 沖縄県恩納村の旅行レポート

【おんなの駅 なかゆくい市場】西海岸・東海岸・その他軽食・グルメ

な かゆく い 市場 おんな の 駅

アイスマウンテン トロピカルフルーツ 写真はアイスマウンテン トロピカルフルーツ(1,000円)です。 なんと夏場は行列ができるほど人気のかき氷屋さんなのです。 ボリュームも美味しさも大満足のアイスマウンテン トロピカルフルーツは絶品グルメの一品です。 てっぺんにはアイスクリームも乗っかっていて、マンゴー、パッションフルーツ、パインといった南国フルーツがたっぷり盛られています! いちごとパッションフルーツを重点的に味わいたい方におすすめなのが、いちごミルク&パッションフルーツです。 練乳と苺の組み合わせを堪能しつつ、パッションフルーツ甘さと種のカリカリ感を楽しめます。 その他、じーまみ&きなこ、マンゴーとパッションフルーツのかき氷、種類も豊富にありすぎて迷ってしまいます。 ぜんざいもありますが温かいぜんざいではなく、冷たいかき氷ぜんざいです。 黒糖ミルクぜんざいの絶妙な甘さが美味しいとも評判んです。 沖縄の暑い夏もこれを食べれば、体も一気に涼しくリフレッシュできる強い味方です。 おんなの駅に立ち寄ったら、アイスマウンテン トロピカルフルーツはお勧めしたい絶品グルメの一品です。 恩納村水産物直売所 恩納村水産物直売所 恩納村水産物直売所「浜の家」は新鮮な水産物が直売される、おんなの駅 なかゆくい市場で海の幸を贅沢に堪能できます。 ロブスターウニソース焼き(1500円)やムール貝のウニソース焼き(120円)とホタテのうにソース焼き(220円)が目に付きます。 お勧めなのが濃厚な香りがたまらないムール貝うにソース焼きとホタテのうにソース焼きです。 恩納村水産物直売所「浜の家」に来たらぜひ食べておきたい絶品グルメの一品です。 その他に新鮮な魚や海ぶどうが数多く販売されています。 海鮮丼やお刺身なども売っていました!沖縄料理もありますので興味ある方はお召し上がりください。 恩菜食房「ぴぱら」 おんなの駅 なかゆくい市場でも沖縄そばが堪能できます。 それが恩菜食房「ぴぱら」です。 そばの出汁はやさしい味付けで、アーサーも入って、もずくまで付いてきます。 お腹が空いている方には嬉しい、安い価格とボリュームがあるお店です。 沖縄そばのほかにも石垣牛コロッケ(300円)もおすすめです。 豚三郎.

次の

沖縄中部・おんなの駅「なかゆくい市場」で喜ばれるお土産3選!|OKINAWA CONCIERGE沖縄の旅行情報サイト

な かゆく い 市場 おんな の 駅

沖縄県第1号店、沖縄自動車道許田インターが最寄となる道の駅許田には多くの人が訪れます。 駐車場にはレンタカーやドライブを楽しむ地元ナンバー車、社用車などが置かれ、たくさんの人々がいろんな目的で利用していることがわかります。 施設内では、ここでしか手に入らないやんばるの特産品や泡盛などが並んだ北部12市町村特産品コーナーをはじめとしたショップ。 フードコート、パーラーなどちょっとした食べ歩き気分を楽しめるグルメスポット。 さらには観光施設のチケットや宝くじなども取り扱っています。 また、8時30分からオープンしているので、朝食と一緒に観光施設の割引チケットを買うこともできます。 そして北部観光を楽しんだ帰りは、ゆっくり買い物を楽しんだり、道路情報ターミナルで仮眠をとることもできます。 小腹が空いたら、地元の人にも人気のできたてアチコーコー(熱々)天ぷらがおすすめ。 衣がふわふわした沖縄風天ぷらはお菓子感覚で味わえ、全品1個60円というナイスプライス!太もずくの歯ごたえが美味しいもずくの天ぷらは人気ナンバーワンで、他にもイカ、魚、紅ショウガなど沖縄ならではの具材の天ぷらがあります。 天ぷら屋をはじめ、ほとんどのお店は売り切れ次第終了となるので、ゲットするならお早めに。 また、特産品コーナーでは旬の果物を買うことができるので、全国発送サービスを活用して沖縄の味覚を自宅で堪能してみてはいかがでしょうか。 安全ドライブの心強い味方としてさまざまなサービスを提供している道の駅許田。 季節や行事に応じたイベントも開催しており、訪れる度に違った活用ができる魅力的なスポットです。 ユニークなヤンバルクイナのオブジェがお出迎えしてくれる、道の駅ゆいゆい国頭。 四方がやんばるの自然に囲まれ、沖縄一高い山「与那覇岳」の山の連なりをイメージした外観と、高い天井とガラス張りの壁で囲まれた店内が、訪れる人をあたたかく迎えてくれます。 施設内は周辺の道路情報や、国頭村、東村、大宜味村の情報が得られるやんばる3村観光案内所、やんばるの自然や民族文化の展示コーナーなどがあります。 特にお土産コーナーやフードコートは充実しており、村の特産品を使った商品やメニューが盛りだくさん!特に、人気のクニガミドーナツはアレルギーなどがあるお子さまでも安心して味わえるよう地元のケーキ屋さんが開発したもので、午後には売り切れになることも。 10時か11時頃から販売されるとのことなので、気になる方はお早めにチェックしてください。 また台風で倒れた木や廃材を使用した「やんばるクラフト」も人気商品。 もちろん、やんばるクイナのグッズも豊富に取り揃えています。 ほかにも、すべり台やブランコなどの遊具やキッズコーナー、自転車レンタルサービスがあり、お子さま連れでもゆっくり休憩やお買い物を楽しめます。 自転車をレンタルするなら、オクマビーチや比地大滝までぜひ足を伸ばしてみて。 ドライブでは味わえない自然との出会いを満喫できます。 嘉手納空軍基地と隣接し、基地が見える道の駅としては国内でもここだけ。 基地が一望できる4階展望フロア、パネルとモニターを使って地域の歴史を学ぶことができる3階学習展示室(入場無料)があり、全国から平和学習として多くの修学旅行生や観光客が訪れます。 また、認定ガイドによるツアー(有料)もあるので興味がある方はぜひ体験を。 嘉手納町は中国から沖縄にサツマイモの苗を持込んだ野國總管の出身地であることから、1階の特産品展示場では野国いもを使った特産品をはじめ、道の駅かでなオリジナルグッズや米軍関連の商品も販売されています。 数量限定、嘉手納町優良特産品として認定され、野国いもの甘みをいかしたジプシーコーヒーの「野国いもラテ」や、第2・第4土曜日のみ営業する74CURRYが手がけた本格派カレーである「野国いもカレー」など、他では見られない美味との出会いも楽しめます。 毎月第二、第四週に週末市を開催。 ライブやその日だけの食べ物や雑貨が並びます。 生産が少ない農作物が手に入る貴重な機会となっており、旬な果物をその場で食べることも出来ます。 ミニライブやワークショップも開催され、地元の人と観光客が一緒になって盛り上がるイベントとして根強い人気があります。 国内最南端の道の駅いとまんは、敷地内に物産センター、ファーマーズマーケット、糸満漁協直売店、レストランがあり、駐車場はなんと390台収容!とっても広い空間でゆっくりショッピングやグルメを楽しめます。 地元の人にも人気の「うまんちゅ市場」は、農産物の生産量県内ナンバーワンの糸満にあるだけあって、野菜の種類や量はファーマーズマーケットの中では県内一の品揃え!糸満漁港直営店の「お魚センター」では南国のお魚ミーバイやイラブチャーはもちろん、その場で食べられるよう調理されたエビや牡蠣なども店頭に並んでいます。 物産センター「遊食来」では工芸品やお菓子、加工品が販売されています。 最近発売されたばかりで、かまぼこを使ったノンフライのおせんべい「かまぺた」は、魚の旨みがギュッとつまった海人のまちならではのお土産で、人気商品間違いナシ!今のうちにおさえておきたい逸品です。 また、糸満市観光協会の情報カウンターもあり、さまざまな文化体験を案内しています。 週末はファミリーで訪れる人も多く、買ったばかりのグルメを味わえる休憩スペースもあるので敷地内は活気にあふれています。 催し物も盛んで、毎月2回開催される民謡ライブも賑やかさに華を添えます。 国道58号線を那覇から北上しながら都会の喧騒から抜け出すと、目の前に飛び込んでくる青い海!リゾートエリアである恩納村の入口にあるのが、おんなの駅なかゆくい市場です。 一歩敷地内に入ると、元気の良いスタッフが笑顔で出迎えてくれます。 沖縄県産の野菜や果物を扱う販売所には、旬の新鮮野菜や果物が所狭しと並びます。 島野菜にはスタッフによる手書きPOPがついており、価格もお手頃なので気がついたら買い物かごの中がいっぱい!ということも。 また、隠れたおすすめ商品として、恩納村産レタスもチェックしてほしいとのこと。 毎月、収穫祭も開催され、その時期の旬野菜を格安で購入できると地元の人にも人気のイベントです。 他にも敷地内にはパーラーやパン屋、沖縄そば屋、水産物販売店、泡盛ショップなどが立ち並び、多種多様なおいしさを堪能できます。 沖縄らしいグルメを気軽に楽しみたいなら、鮮魚を加工して練りこんだ手作りかまぼこの中にジューシー(沖縄風炊き込みご飯)が入った「ジューシーばくだん」がおすすめ。 かまぼこが揚げたてプリプリで食べ応えもあって、小腹が空いたときにピッタリです。 休憩がてら、ファミリーや気の会う仲間とのんびり食べ歩きを楽しんでみてください。

次の

おんなの駅 なかゆくい市場

な かゆく い 市場 おんな の 駅

島野菜やアグー豚など、沖縄食材を使った定食や沖縄そばをはじめ、県産フルーツを使ったスムージーやかき氷、サーターアンダギーなどのスイーツまで 10店舗の個性豊かなお店が並び、目移りしてしまいます。 こちらは「包(パオ)」のパッションフルーツとさんぴん茶のドリンク(左)とスイカのスムージー(右)。 甘さ控えめでごくごくいけちゃいます。 「かなちゃんパーラー」の昔なつかしのカレーライス(左)はほっとする味です。 水産物販売直売店「浜の家」ではもずくや魚の天ぷら(中央)やムール貝やほたてのウニソース焼き(右)など様々なメニューを楽しめます。 ウニソースはソース単品で売っているほど人気の商品で、持ち帰る人も多いんだとか。 濃厚な味わいは病みつきになりますよ。 いつも揚げたてのサーターアンダギーが並ぶ「三矢本舗」では紅芋やバナナなど 8種類のサーターアンダギーともちもちの食感が楽しい琉球三矢ボールを食べられます。 甘く香ばしい匂いについついつられてしまいますね。 お腹を満たしたらいよいよ市場の中へ!恩納村をはじめとした沖縄県産の新鮮な野菜やフルーツが並ぶ様子には圧倒されます。 野菜だけではなく、お菓子などのお土産も豊富に揃っています。

次の