封筒 宛名 書き方。 「御中」と「様」の違い・使い分け方法・書き方|封筒/履歴書

宛名の書き方!返信用封筒に書くのは「行?」「宛?」返信時の宛名マナー紹介!

封筒 宛名 書き方

メールや手紙を送る際に気を付けたいのが、「様」「御中」「行」「宛」「各位」「殿」など宛名の敬称の使い方。 特に、ビジネスシーンでは使い方を間違えると「社会人としての基本が身に付いていない」と、相手に良くない印象を与えてしまいます。 ここでは、知っておくと役に立つ敬称の正しい使い方を参考例と共に解説。 また、転職活動や就職活動でよく使う宛名の敬称や、注意するポイント、敬称を間違えてメールを送ってしまった場合のお詫び例文などを併せて紹介します。 <INDEX>• /////• ビジネスシーンでよく使う宛名の敬称と使い方 ビジネスシーンでメールや手紙を送る際に使う宛名の敬称には、さまざまな種類があります。 それぞれの違いや正しい使い方を見ていきましょう。 「様」の使い方 プライベートで手紙を送る場合はもちろん、ビジネスシーンでも頻繁に使われる宛名の敬称の一つが「様」。 「様」は、個人を宛先として送る場合に使用します。 相手が目上、目下にかかわらず、個人であればどんな人に対しても使うことができます。 ビジネスシーンの宛名で「様」を使う場合には、漢字で「様」と表記するのが一般的。 「さま」や「サマ」などひらがなやカタカナの表記でも問題はありませんが、少し砕けた印象になるため、友人や親しい間柄でのやりとりを除いては避けたほうが無難でしょう。 <「様」の使い方例>• <「御中」の使い方例>• 組織や団体の場合は「御中」を使います 組織や団体と個人名両方の場合• 郵便物を送った相手から何らかの返信が欲しい場合や、書類送付を依頼する場合、同封する返信用封筒やハガキの宛先として企業や部署などの団体名と「行」を記載します。 それによって、返信する相手が送り先を書く手間が省けます。 「行」を消す際、縦書きの場合は縦の二重線、横書きの場合は横の二重線で消します。 ただし、二重線が見えづらそうな時には斜めの二重線で消しても問題ありません。 二重線で「行」を消したら、縦書きの場合は下か左側に、横書きの場合は右側に、「御中」もしくは「様」と記入します。 また、返信用封筒の宛先に企業名や団体名に加えて個人名の印鑑が押してある場合があります。 その際は、印鑑の名前はそのままにして「様」を付け加えて送るのが良いでしょう。 一般的に印鑑を二重線で消すのは失礼にあたると言われていますので、印鑑を消して新たに名前を書き直す必要はありません。 「宛」の使い方 「宛」は「行」と同様、返信用の宛先として使われる敬称で、返信してほしい宛先が個人の場合に使用します。 自分が受け取った返信用の封筒やハガキに「宛」と記載されている場合には、「宛」を消して「様」と記載しましょう。 「各位」の使い方 「各位」は複数の人に対して敬意を表す場合に使う敬称で、「皆さま」や「皆さま方」という意味があります。 相手が目上の人でも目下の人でも使うことができます。 <「各位」の使い方例>• 正:取引先各位• 誤:取引先各位 様 「各位」には「様」という意味が含まれるため併用はできません• 正:お客様各位• 正:お得意様各位• 誤:お客各位 「お客様」や「お得意様」などの場合のみ、「様」と「各位」の併用ができます• 正:株主各位• 誤:株主様各位• 現在は堅苦しいイメージに捉えられてしまうこともあり、ビジネスシーンで使われる頻度は少なくなっているようです。 もし「殿」を使う理由がなければ、「様」で代替するのが良いでしょう。 <「殿」の使い方例>• 正:営業部 営業部長 鈴木太郎 殿• 誤:営業部 殿 組織名や団体名に「殿」は使用しません 敬称の併用はNG これまで紹介した敬称を使うにあたり、すべてに共通するルールは敬称の併用は原則してはいけないということです。 企業名と個人名どちらにも敬称を付けたほうが丁寧だと感じるかもしれませんが、それをすると「ビジネスマナーがなっていない人」と思われてしまうでしょう。 組織や団体宛の場合は「御中」のみ、個人宛の場合は「様」のみと、敬称を適切に使い分けましょう。 ただし、先に紹介した「各位」を使うケースなどで、お客様やお得意様といった「様」を取ってしまうと不自然になる宛名の場合に限り、「お客様各位」などと敬称の併用ができます。 転職活動・就職活動でよく使う敬称は「御中」と「様」 ビジネスシーンで使われる敬称を紹介してきましたが、この中で転職活動・就職活動でよく使う敬称は「御中」や「様」です。 例えば、履歴書を郵送する場合や、面接の日程調整を行うために企業の採用担当者とメールで連絡を取る場合など、ほとんどの場合「御中」か「様」を宛名の敬称に使うことになります。 郵送、メールにかかわらず、基本的には企業や人事部などの部署宛に送る場合は「御中」、採用担当者個人宛に送る場合は「様」を使います。 採用担当者宛に送りたいものの、個人名が分からない場合は、「採用ご担当者様」としても問題ありません。 すでに採用担当者とやりとりや面識があるにもかかわらず、担当者個人ではなく企業や部署宛に「御中」で送ることは失礼だと捉える人もいます。 担当者が分かっている場合は、担当者の個人名を記載して送るのが良いでしょう。 <転職活動・就職活動でよく使う敬称の例>• 採用ご担当者様• 鈴木太郎 様 宛名や敬称を間違えてしまったら? 【お詫びメール例文あり】 履歴書やメールを送る際に、宛先・宛名や敬称を間違えてしまったらどうするのが良いでしょうか。 提出前に履歴書の封筒に書く宛名や敬称を間違えたことに気付いた場合は、修正液や取り消し線で直さず新しい封筒に初めから書き直しましょう。 また、メールを送った後に宛名や敬称を間違えたことに気付いた場合は、追ってお詫びメールを送ります。 担当者の名前に敬称を付けるのを忘れてしまった場合や名前の漢字を間違えてしまった場合も同様です。 間違えてしまった旨を伝え、謝罪します。 苗字 名前 と申します。 先程のメールにて、宛名を間違えてお送りしてしまいました。 大変申し訳ございません。 今後はこのような不手際がないよう、重々注意いたします。 メールにて恐れ入りますが、 お詫びを申し上げます。 また、「敬称を付け『忘れた』」という表現はあまり印象が良くないため、使わないほうがベターです。 郵便物もメールも、一度送ってしまうと取り消しができません。 送る前に相手の名前や敬称の間違い、本文含め誤字脱字がないかなど、しっかり確認することが大切です。 まとめ ビジネスシーンで一般的に使われる宛名の敬称、それぞれの使い方や気を付けるポイント、転職活動・就職活動でよく使われる敬称などを紹介してきました。 これらは基本的なビジネスマナーで、社会人であれば正しく使えて当たり前とされる内容です。 転職・就職活動では、企業(団体・学校など)や部署宛の敬称は「御中」、採用担当者個人宛の場合は「様」を使用します。 「御中」や「様」などの敬称は併用しない、などポイントを押さえ、間違った使い方をしないよう気を付けましょう。 マイナビ転職 編集部 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の

A4封筒の宛名などの書き方(横書きも)A4封筒の情報まとめ

封筒 宛名 書き方

封筒印刷(宛名) 無料テンプレート 本テンプレートは、長形3号というビジネスで使用されることが多い封筒の表面(宛名書き)の部分を、手書きではなくプリンタで印刷できるようにワードを使用してテンプレート化したものです。 縦書きで郵便番号の入力欄もあります。 ビジネスの用紙サイズの標準はA4サイズですが、長形3号ですと、3つ折りにして封筒の中に入れることができます。 なお、封筒サイズ一覧については、次のサイトのページを参照してください。 ワードには、宛名を作成するための専用機能があります。 差し込み印刷とか、宛名ラベル作成とかいった機能がそれです。 しかし、実際にこれらの機能を使って、ワードで封筒の宛名を縦書きで印刷しようとすると、意外と面倒です。 結局、専用ソフトを使用したほうが便利だと思うのですが、単発で封筒の宛名をパソコンから印字させたい場合にはちょっと大げさになります。 そこで、宛名書き専用の文書テンプレートとして作成したのが本テンプレートです。 入力や調整がしやすいよう、テキストボックスなども使用していない、ごくごくシンプルな仕様です。 結構役立ちます。 特に繰り返し使用する宛名については、ひとつひとつ個別に保存しておくと便利です。 郵便制度はすばらしい通信制度だと思います。 電気や水道などのように、あって当たり前のような存在になっていますが、文書等を手渡すために自分が現実に移動しなくても、所定の手続きさえ踏めば、相手方に送ることができるのです。 少し大げさかもしれませんが、郵便制度のおかげで、空間の問題を克服でき、移動にかかる時間・労力を大幅に減らすことが可能になるのです。 インターネットが普及した現代においても、文書の電子化が100%達成されない限り、「郵便」は必要です。 しかし、それでも郵便事務に係る手間は結構かかり、面倒です。 そこで、郵便作業はできるだけ「システム」化しておきます。 たとえば、切手や封筒等はまとめ買いしておいて在庫を切らさないようにして整理整頓をし、すぐに取り出せる体制にしておくことなどはその第一歩です。 そして、その一環として宛名書きの作業のシステム化があります。 本テンプレートでは、宛名のほか発信者についても封筒の表面に記載するスタイルにしました。 そのほうが印刷が簡単だからです。 なお、発信者については、一般的には封筒の裏面に記載することが多いかと思いますが、表面に記載してもまったく問題ありません。 封筒の書き方については次のサイトのページもあわせて参考にしてください。 ここで、本テンプレートを使用して、実際に縦書で宛名書き印刷をする際の注意事項についてまとめておきます。 まず、宛先の郵便番号ですが、これはヘッダー部に入力するかたちにしています。 したがって、郵便番号を入力する際は、ヘッダー部を編集できる状態にしたうえ、半角で入力してください。 次に、差出人の郵便番号や住所に使用する数字と「-」(ハイフン)についてです。 これらの入力には若干工夫が必要となります。 数字については、テンプレートにサンプルとして記載してある数字の部分を1文字ずつ削除したうえ、半角で入力してください。 また、「-」(ハイフン)についても半角で入力します。 全角ハイフンでは縦書きにできないからです。 すると、90度傾いた表示となりますが、当該数字を選択したうえ、ワードの拡張書式の「縦中横」というコマンドを実行すれば、縦書にすることができます。 この「縦中横」というコマンドがある位置は、ワードのバージョンにより異なります。 たとえば、ワード2013では、リボンの「ホーム」タブの「段落」の部分にあります。 場所がわかりづらいかもしれませんが、ネットでたとえば「ワード 縦中横」などで検索すると、すぐに調べることができます。 これで、テンプレートの表記どおりの郵便番号を表示することができます。 最初は少し戸惑うかもしれませんが、慣れたらたいしたことはありません。 なお、宛名の郵便番号を手書きで行う場合には、該当部を削除してご使用ください。 宛名先の住所と氏名、発信者のフォントサイズ等はお好みに応じて変更してください。 また、レイアウトも空白文字(スペース)や改行(空白行数や空白行段落のフォントサイズ等)、そして、ページ設定でのページ余白などでお好みに調整してください。 特に空白行の段落のフォントサイズをもっと小さくして、代わりに空白行を増やせば、それだけレイアウトの微調整が可能となります。 そうすれば、会社の特定の人を宛名にする場合や「在中」がある場合なども柔軟に対応できます。 ちなみに、そうしたレイアウトもまた別個のテンプレートとして別名で保存しておくと、また便利です。 ハガキや封筒の宛名のテンプレートでは、一般的にはテキストボックスを使用する方法がとられているようですが、こうした通常の文書を作成する場合と同じような方法で宛名も作成したほうが、実際には使用しやすいのではないかと思います。 そして、印刷をする際は、ご使用になるプリンタの取扱説明書で、プリンタへの封筒のセットの仕方、すなわち、封筒の面(宛名を印刷する面)を表にするのか裏にするのか、封筒の向きは封筒の底(フラップ(ふた)のない側)を上にするのか下にするのか等を確認してください。 一度、自分の好みのスタイルに調整しておけば、あとはそれを自分専用の雛形テンプレートとしてそのまま使用することができます。 なお、前述したように、繰り返し使用する宛名については、それ専用に別名で保存しておくと便利です。 自分にあった手順さえ確立しておけば、郵便事務をスムーズに行うことができる(心理的負担も少なくなる)ようにできます。 では、封筒のオモテ面に書く宛名の書き方の見本・サンプル・雛形・たたき台としてご利用・ご参考にしてください。

次の

封筒の書き方!裏に自分の住所はこう書きますよ!具体例紹介

封筒 宛名 書き方

「御中」は会社や団体などで直接誰に出すのかわからないときに付けるもので「その中のどなたか」宛という意味です。 封筒の「御中」と「様」の書き方は以下のとおりとなります。 これは部署名の一部なので「御中」を使用します。 敬称(役職など)を後ろにつける場合、「様」はつけません。 これは部署名の一部なので「御中」を付け加えるのが正解となります。 「御中」の書き方例は以下のとおりです。 【御中】 (書き方例) 1~係 御中 2~プロジェクト 御中 3~チーム 御中 (間違った書き方例) 1~係 様 2~プロジェクト 様 3~チーム 様 履歴書は主に部署宛に送るので、「御中」を使用するのがよいでしょう。 また、宛先が人事担当者宛に送る場合も多いので、その際は「ご担当者様」を使用します。 「ご担当者様」の書き方例は以下のとおりです。 手紙の「御中」と「様」の書き方は以下のとおりとなります。 敬称(役職など)を後ろにつける場合、「様」はつけません。 書き方は以下のとおりです。 「御中」の使い方は以下のとおりです。 個人名がわかっている人宛の場合のみに使用します。 敬称(役職など)を使用する場合、「様」はつかないので注意しましょう。 使い方は以下のとおりです。 書き方は以下のとおりです。 気を付けないといけないのが、「様」と「先生」は併記できないことです。 「先生」を付けるのか「様」を付けるかどちらかになります。 両方使用すると「様様」となってしまいますので注意しましょう。 どちらか一方を使用しましょう。 書き方は以下のとおりです。

次の