鯛 の あら 炊き 大根。 鯛のお吸い物(うしお汁・あら汁)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鯛のあら煮はコツさえつかめば簡単に作れます~激安レシピ

鯛 の あら 炊き 大根

鯛のうろこ取りと霜降り 今回は鯛の頭1尾分350gほどのものを使いました。 家庭で割る場合でも、包丁の入れ方などの専門的な知識も必要なので、 専門書や詳しいサイトなどを見ながらお試しください。 この料理の下ごしらえでいちばん大切なことは 『うろこを丁寧に取ること』です。 取りやすいところはもちろん、腹びれの裏側や鯛のほほの部分など、うろこ取りや包丁を使ってうろこを丁寧に取り除きましょう。 うろこを取った後は、霜降りをして水を差し、ため水の中で残ったうろこや血合いなどをきれいに洗い落します。 あとは生姜を薄切りにしておき、仕上がりをきれいにする場合だけ、 腹びれを短く斜めに切り落としておきます(これは必須ではないのでお好みで)。 もしちょうどよい鍋がなければ小さめのフライパンでもOKです。 生姜の薄切りと酒100ml、水150〜200mlを入れて中火にかけ、沸いてきたらまずアクをすくい取ります。 鯛の高さの半分ほど煮汁が入ればOKです。 落し蓋をすればそのくらいでも煮汁がまわり、きちんと火が通ります。 アクを除いたら火を少しだけ弱め、落し蓋をします。 煮汁が鍋肌からぶくぶくと煮立つ火加減を保って10分ほど煮ます。 10分たったころには鯛の目玉も白くなって、ある程度火が通っています。 ここでAの調味料をすべて加えます。 火加減はそのまま、 10〜15分ほどぐつぐつ煮詰めていきます。 煮汁が少なくなってきたらスプーンやお玉を使って、煮汁を鯛に何度も回しかけていきます。 煮汁に軽くとろみが出てくるくらいまで煮詰めれば完成。 好みで針しょうがや木の芽などを一緒に盛っても香りよくいただけます。

次の

鯛のかぶと煮(あら炊き)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鯛 の あら 炊き 大根

大1匹分 ・大根...................... 350cc ・酒........................ 大さじ4 ・みりん.................... 大さじ5 ・砂糖...................... 大さじ1 ・しょう油.................. 大根は1. 5センチくらいの輪切りにし、皮をむき、半分に切って面取りし、たっぷりの水で、(煮立ってから)10分間ほどゆでる。 鯛アラは、うろこを取って切る。 大根を取り出した湯を沸騰させ、アラをくぐらせて水にとり、頭やカマ等うろこが付いてる部分は水の中で指先でなぞって、残ったうろこを取る。 鍋に水と調味料と、はさみで5ミリほどに切った昆布を入れて煮立て、アラと大根を入れ、アルミホイルの真ん中に穴をあけたものを落し蓋にして、中火で煮る。 時々、大根の上下を入れ替えながら20分位煮て、大根が軟らかくなって味が染み込み、煮汁が少なくなってとろみが出たら出来上がり。 器に盛り付け、煮汁をかけて、木の芽(又は針生姜、白髪ネギ、千切り青ジソ等)をのせる。

次の

鯛のかぶと煮(あら炊き)のレシピ/作り方:白ごはん.com

鯛 の あら 炊き 大根

「鯛のあら」って何? 「鯛のあら」の賞味期限や保存方法、「鯛のあら」を使った代表的な料理 「あら」とは、「粗(あら)」のことであり、魚の下ろし身(お刺身など)を除去したあとの、頭の部分(かぶと)、骨、エラ、ヒレや、それらにくっついている魚肉を指します。 一般的には「魚のあら」と呼ばれることが多いです。 サメのヒレは高級食材「ふかひれ」として中華料理などで使用されますので、「あら」とは呼びません。 鰤(ぶり)のえらの下の胸びれがついている部分のぶりかまは、脂肪が含まれており美味しいので、定食屋や居酒屋などでぶりかま料理に使われ、人気です。 また、まぐろの解体ショーなどで、かまの身の部分だけをスプーンでこそげとって、お客さんにふるまっている寿司店の映像もよく見ますよね。 そこだけを軍艦巻きにして食べさせてくれるお店もあります。 「鯛のあら」って何? 前述した通り、 「鯛のあら」も他の魚と同じく、魚の下ろし身(お刺身など)を除去したあとの、頭の部分(かぶと)、骨、エラ、ヒレや、それらにくっついている魚肉のことです。 まぐろのかま部分が生で食べられるのだから、鯛のあらも買ってきて、かまの部分だけ選別すれば生で食べられるかもなどと思ってはいけません。 寿司店では衛生上の管理が万全であり、魚の鮮度も良く、保存方法も適切だからこその、あのワザがあるのです。 鯛のあらには、血合いの部分や、外皮(鱗含む)や頭などがごちゃまぜに混ざって売られています。 雑菌が増殖しやすいのが魚の血液を含む血合い部分であり、鱗(うろこ)にもたくさんの雑菌が付着しています。 加熱処理せずに食べるのは大変危険です。 「鯛のあら」の賞味期限や保存方法 鯛は、さばやイワシなどと比べれば日持ちする魚です。 鯛のあらを買って来て「冷凍保存」する場合、鯛のエラ、うろこ、内臓をとり、血をよく洗い流してから水気を丁寧に拭き取ります。 うろこや内臓を取り、血を洗い流せば、臭みや雑菌を減らすことができます。 ラップでしっかりと包んでから冷凍します。 2~3週間以内なら美味しく食べられると言われていますが、冷凍ヤケやドリップの流出(冷凍したときに細胞が壊れ、その中身が漏れ出すこと)などは、-20度で起きてきます。 冷凍すれば長期保存できるイメージはありますが、ご家庭では冷凍庫の扉をしょっちゅう開け閉めすることで庫内の温度が上がるため、腐敗がどんどん進んでしまいます。 何も手を加えていない生ものですので、早く食べ切ることをお勧めします。 様子がおかしければ、賞味期限内であっても口にするのはやめましょう。 スポンサードリンク 代表的な料理 鯛のあらを使った料理で代表的なものといえば、「あら汁」です。 出汁を活かし、ネギや豆腐を入れてシンプルに塩味で味付けたものや、合わせ味噌を使って薫り高く仕上げても美味しいです。 鯛の旨味がぎゅっと濃縮された「あら汁」は栄養価も高く、食欲の無い時にもお勧めですし、二日酔いの朝にも抵抗なく飲めそうです。 まとめ 安価で美味しく、手に入りやすい「鯛のあら」。 「あら汁」の他にも、「あら煮」や「あら炊き」など、活用できるレシピはたくさんありますね。

次の