ケンタッキー フライド チキン の 作り方。 再現レシピ おうちでケンタッキーフライドチキンの作り方

【再現レシピ】「ケンタッキー」風のフライドチキンを自分で作ってみた

ケンタッキー フライド チキン の 作り方

欧米諸国からすると謎らしいが、日本のクリスマスとケンタッキーフライドチキンは切っても切れない関係にある。 本格的なローストチキンもいいが、 聖夜に食べるケンタッキーはまた格別! 誰に何を言われようと、ウマいものはウマいのだ。 だがしかし……。 おそらく多くの人がケンタッキーフライドチキンの真のウマさを、隠されたその実力を知らずに損しているに違いない。 実はケンタッキーのフライドチキンは、肉もウマいが 骨も激ウマなのだ。 今回はケンタッキーフライドチキンを骨の髄まで味わう最強レシピをご紹介したい。 ・ダシが絶品 言うまでもないが、鶏からは旨味が凝縮された濃厚なダシが取れる。 ラーメン屋などでは鶏ガラを使うし、鶏白湯(とりぱいたん)スープなども有名だ。 ましてやケンタッキーでは 国産ハーブ鶏を使用しているから、そのダシがウマくないわけがない。 今回ご紹介するレシピでは、フライドチキンの肉も使用したが、あくまでメインはダシである。 なので、肉だけ食べて骨でスープを取り、ラーメンやうどんを煮込んでもOK。 簡単なのに 驚くほど濃厚な鶏スープが楽しめるぞ。 それではレシピを大公開だ! ・ケンタッキー鍋のレシピ 【材料(1人前)】 ケンタッキーフライドチキン:2個 水:400~500ミリリットル 白菜:適量 もやし:適量 【作り方】 1: フライドチキンを、肉と骨にわける。 野菜は適当な大きさに切っておく。 2: 骨を鍋に入れ火にかける。 沸騰したら弱火にし、アクを取りながら15分ほど煮こむ。 3: 骨を取り出し、塩コショウでスープに味付けをする。 4: 野菜を入れて煮立てたら、フライドチキンの肉を入れて温める。 以上である! 見た目はフライドチキンなので白湯にはならないが、味は濃厚な鶏の旨味が凝縮した絶品スープだ。 例えるなら韓国料理の 参鶏湯(サムゲタン)のような濃厚さで、「ケンタッキーでこんなダシが取れるなんて……!」と驚くに違いない。 ・〆には「焼きおにぎり」を投入 もちろん鍋には豆腐やキノコを入れてもOK。 濃厚なスープを具材が吸いまくって激ウマになるぞ。 一つ注意したいのは、味付けの際、 塩コショウは控えめにするということ。 特にチキンの肉を入れると味が濃くなるから、食べるときに塩コショウを足して調整するといいだろう。 鍋の〆には、ケンタッキーで売っている「 焼きおにぎり」を投入すると、これまた美味。 米と濃厚ダシの相性は抜群で、しかも焼きおにぎりの香ばしさが食欲をかき立てるから、最後まで箸が止まらないに違いない。 このレシピを試したら、もうチキンの骨をそのまま捨ててしまうことは無くなるハズだ。 なんなら、 骨目当てにフライドチキンを購入したいレベルである! クリスマスにケンタッキーを楽しんだら、骨は捨てずに絶品濃厚ダシまで味わってみよう。 Report: Photo:RocketNews24. だが今回の主役は骨だ。 キノコや豆腐を入れてもOK。 なんなら鍋にせずに、ラーメンやうどんを煮てもいい。 アクは丁寧に取ろう。 骨様、ご苦労様でした。 この時点でもうウマい。

次の

【再現レシピ】「ケンタッキー」風のフライドチキンを自分で作ってみた

ケンタッキー フライド チキン の 作り方

沸騰して10分経ったら火を止め、蓋をして、そのまま冷めるまで置いておく。 本家のように圧力釜でチキンを揚げる代わりに、あらかじめ鶏肉を茹でてから揚げることで、鶏皮の甘味やとろりとした食感、肉質の柔らかさが再現できる。 揚げ油はケチらず、肉がどっぷり浸かる量できつね色になるまで揚げる フライドチキンの大定番を自宅で作れる! サクサクの衣に、噛んだ瞬間にあふれる肉汁。 フライドチキンといえばケンタッキーなのだが、自宅でこんなに本格的なフライドチキンを作れるとは……! 鶏肉を揚げる前に茹でるというひと手間が再現ポイントとして大事なところ。 ぜひプロセスを守って実践してみて。 監修=ヤナイユキコ フードライター。 料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。 数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。 現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。 こちらから購入できます(毎月24日発売)• 374• 154• 392• 100• 134• 706• 306• 107• 435• 103• 139• 115•

次の

カリっとジューシー、KFC風フライドチキンの作り方

ケンタッキー フライド チキン の 作り方

欧米諸国からすると謎らしいが、日本のクリスマスとケンタッキーフライドチキンは切っても切れない関係にある。 本格的なローストチキンもいいが、 聖夜に食べるケンタッキーはまた格別! 誰に何を言われようと、ウマいものはウマいのだ。 だがしかし……。 おそらく多くの人がケンタッキーフライドチキンの真のウマさを、隠されたその実力を知らずに損しているに違いない。 実はケンタッキーのフライドチキンは、肉もウマいが 骨も激ウマなのだ。 今回はケンタッキーフライドチキンを骨の髄まで味わう最強レシピをご紹介したい。 ・ダシが絶品 言うまでもないが、鶏からは旨味が凝縮された濃厚なダシが取れる。 ラーメン屋などでは鶏ガラを使うし、鶏白湯(とりぱいたん)スープなども有名だ。 ましてやケンタッキーでは 国産ハーブ鶏を使用しているから、そのダシがウマくないわけがない。 今回ご紹介するレシピでは、フライドチキンの肉も使用したが、あくまでメインはダシである。 なので、肉だけ食べて骨でスープを取り、ラーメンやうどんを煮込んでもOK。 簡単なのに 驚くほど濃厚な鶏スープが楽しめるぞ。 それではレシピを大公開だ! ・ケンタッキー鍋のレシピ 【材料(1人前)】 ケンタッキーフライドチキン:2個 水:400~500ミリリットル 白菜:適量 もやし:適量 【作り方】 1: フライドチキンを、肉と骨にわける。 野菜は適当な大きさに切っておく。 2: 骨を鍋に入れ火にかける。 沸騰したら弱火にし、アクを取りながら15分ほど煮こむ。 3: 骨を取り出し、塩コショウでスープに味付けをする。 4: 野菜を入れて煮立てたら、フライドチキンの肉を入れて温める。 以上である! 見た目はフライドチキンなので白湯にはならないが、味は濃厚な鶏の旨味が凝縮した絶品スープだ。 例えるなら韓国料理の 参鶏湯(サムゲタン)のような濃厚さで、「ケンタッキーでこんなダシが取れるなんて……!」と驚くに違いない。 ・〆には「焼きおにぎり」を投入 もちろん鍋には豆腐やキノコを入れてもOK。 濃厚なスープを具材が吸いまくって激ウマになるぞ。 一つ注意したいのは、味付けの際、 塩コショウは控えめにするということ。 特にチキンの肉を入れると味が濃くなるから、食べるときに塩コショウを足して調整するといいだろう。 鍋の〆には、ケンタッキーで売っている「 焼きおにぎり」を投入すると、これまた美味。 米と濃厚ダシの相性は抜群で、しかも焼きおにぎりの香ばしさが食欲をかき立てるから、最後まで箸が止まらないに違いない。 このレシピを試したら、もうチキンの骨をそのまま捨ててしまうことは無くなるハズだ。 なんなら、 骨目当てにフライドチキンを購入したいレベルである! クリスマスにケンタッキーを楽しんだら、骨は捨てずに絶品濃厚ダシまで味わってみよう。 Report: Photo:RocketNews24. だが今回の主役は骨だ。 キノコや豆腐を入れてもOK。 なんなら鍋にせずに、ラーメンやうどんを煮てもいい。 アクは丁寧に取ろう。 骨様、ご苦労様でした。 この時点でもうウマい。

次の