夫婦ブログ 40代。 ラブラブ夫婦 人気ブログランキングとブログ検索

40代夫婦生活の回数とそれにかける時間は夫婦仲と比例する

夫婦ブログ 40代

多くの熟年世代が性愛を謳歌し、人生をより豊かにしている一方、40代、50代の中高年夫婦のセックスレスは、ここ10年余りで約2倍に増加しています。 その原因は?セックスレスじゃ、ダメなの? 今回、田園調布学園大学名誉教授で日本性科学会・セクシュアリティ研究会代表の荒木乳根子先生に中高年夫婦の性のリアルな実態についてお話を伺いました。 今回は2012年の有配偶者のデータを中心に見ていきましょう。 有効回答1162人(有配偶者……男性404人・女性459人 合計863人。 単身者……男性92人、女性207人 合計299人) まずセックスレスの定義をおさらいすると、「カップルの性交が月一回未満の場合」とあります。 つまり、あくまでもカップル間の話で、個人の状態を指しているわけではありません。 有配偶者のセックスレスは、2000年と2012年のデータを比較すると、男女ともに増加しています。 特に40代~50代では男性2. 5倍、女性1. なぜ、こんなにまで変わってきたのでしょうか。 「要因はいろいろありますが、ひとつは50代前後で閉経を迎えた女性が、女性ホルモン低下による性欲減退や性交痛といった身体的な問題に加え、精神的にもしたくなくなっちゃったから。 二つめは、夫婦間における性の位置づけと性規範の変化です。 性生活が夫婦を結ぶ大切な絆と考えない人が増えています。 三つめは、妻側のノーが性生活に反映するようになったこと。 働く女性が増えて、家庭内で妻の力が強くなり『疲れちゃって』『性欲がない』と、妻の拒絶で夫のしたい思いは叶えられなくなっています。 『妻は夫の求めを受け入れるべし』といった縛りは、もはや存在しません」 「配偶者以外の親しい関係を持っている人は、男女ともに増えていて、特に男性は顕著です。 親密な関係とは、愛撫や性交を伴う関係だけではなく、精神的な愛情関係も含まれます。 そして、男女共に家庭に迷惑をかけなければ配偶者以外との親密な関係も問題ないという回答が増えていて、これも性規範がゆるんできている証拠です」 セックスレスとの関連を見ると、妻と1年間セックスレスだった夫は、月1回以上妻とのセックスがある夫の約1. 7倍、妻以外の異性との付き合いがありました。 女性の場合は、夫との性交の有無との関連性はありませんでした。 結婚=セックスは遠い過去。 子どもをつくり、育てるときには、パートナーと協力するけれど、それをずっと先の先まで続けていくのは困難になっていると、データは示唆しています。

次の

生活費結婚夫婦割合13万シュミレーション40代専業主婦固定費管理

夫婦ブログ 40代

「その他生活ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• お年玉(おとしだま、御年玉、年玉)は、正月に新年を祝うために贈答される品物のこと。 現在では子供に金銭を与える習慣及びその金銭の意で用いられることが多い。 金銭でなく菓子などを与える地方もある。 年末に贈られる歳暮と異なり、目上の者が目下のものに贈るのが特徴。 これをもって年の賜物(たまもの)であるから「としだま」という名がついたという説がある。 また、古くは餅玉を与えたために「年玉」の名前がついたともいう。 「たま」とは、「たましい」のことであり、「としだま」とは新年を司る年神への供え物の下げられたもののことであると民俗学的には説明される。 供え物には祀った神霊の分霊が宿るとされ、それを頂くことにより、人々は力を更新して新たな一年に備えるのである。 年玉の習慣は中世にまでさかのぼり、主として武士は太刀を、町人は扇を、医者は丸薬を贈った。 カウントダウン(countdown)とは、特定の時間や、特定の状態になるまでの秒数を呼称すること。 主に大晦日には、年越しの時間帯になると各場のコンサート会場等でファン等がアーティスト共に行なったり、ラジオ放送の中継地などでも行われる。 更にマラソン、駅伝と言ったスポーツの大会でもスタート地点で開催される。 有名なカウントダウンの1つにロケットやスペースシャトルの打ち上げが挙げられる。 正確には「T minus 3 minutes」であり、Tは発射時間(time before launch)の略である。 なお、ロケット発射時のカウントダウンは、1929年制作のフリッツ・ラングによるSF映画、『月世界の女』に由来している。 その他の用法としては、音楽番組や雑誌などで今週のヒット曲を紹介するときにカウントダウンと称することが多い。 様々な国の番組や番組内のコーナーでカウントダウンを名前の一部に取り入れている。 例えば、1970年代から1980年代までオーストラリア国営放送でカウントダウンという音楽番組が放送されていた。

次の

40代夫婦生活の回数とそれにかける時間は夫婦仲と比例する

夫婦ブログ 40代

もくじ• 子供なし夫婦の平均保険料 生命保険文化センターが発表している、によると・・・ 子供なし家庭の平均保険料は、年間18. 5万円(月額1万5千円ほど)です!! なおこれは生命保険・医療保険・個人年金保険など、すべての保険を含めた金額になります。 細かく見ていくと、以下の通りです。 年間12万円(月1万円)未満が35%と最も多く、それほど多くの保険料を払っていない印象です。 保険料金額(年間) 割合 ~12万円 35. 0% 12~24万円 33. 0% 24~36万円 18. 5% 36~48万円 4. 0% 48~60万円 3. 0% 60万円~ 3. 0% わからない 3. 5% ただし、上記の数字はあくまで「平均」です。 保険金額というのは、その人の年齢・仕事・年収などによっても大きく変わります。 なのであくまでも、参考程度にとどめておいてください。 生命保険の選び方 まず子なし夫婦二人の生命保険について、一緒に考えていきましょう。 これは「共働き」「専業主婦(主夫)」によって、かける保険の金額が変わります。 参考: 共働き夫婦 夫婦お互いが仕事をしているのなら、大きな保障は必要ありません。 万が一自分が亡くなっても、相手はお金の面ではそんなに困らないからです。 住宅ローンがあっても、団体信用生命保険によって借金はなくなりますし・・・ 参考: 状況によっては、遺族年金から毎月の生活費もいくらか出ます。 基本的には、自分の葬式代とお墓代だけ考えれば良いでしょう。 保険金額は、100万円ぐらいです!! もしパートナーや両親にお金を残したいと考えるなら、その分だけプラスしてください。 独身のときすでに生命保険に入っているなら、特に見直しする必要はありません。 ただし上記の金額を大きく超える、大きな保険に入っている場合は・・・ 保険料を節約するという意味で、小さな保険に入り直した方が良いかもしれませんね。 専業主婦(主夫)夫婦 結婚相手が専業主婦(主夫)の場合は、いくらかまとまった保障を考えましょう。 自分の葬式関連費用に加えて、パートナーの当分の生活費も必要だからです。 保険金額は、1000万~1500万円ぐらいです!! 相手がいざというときに再就職可能かで、この保障金額の大小は変わってきます。 まだ結婚相手が若い、もしくは就職しやすいスキルを持っている場合などは・・・ 比較的すぐに再就職ができるので、保険金額は少なめにしても良いかもしれません。 独身のときすでに生命保険に入っているなら、見直しの必要性が出てくるでしょう。 独身のときに入った生命保険は、死亡保障が少なめという方が多いはずだからです。 パートナーにいくら残したいかを考え、必要に応じて死亡保障を増額してください。 逆に専業主婦(主夫)の方の生命保険は、葬式代とお墓代だけと最低限で良いです。 保険金額は100万円ぐらいです!! 収入保障を特約で付ける また生命保険に、収入保障を特約で付けておくのも大事なことです!! 収入が途絶えるのは、なにも死亡したときだけではありません。 重病や大けがで障がいを負って、働けなくなる可能性だってあるのです。 そうなった場合、ただ単に亡くなるよりも大変なことになります。 収入が途絶える上に、働けなくなった方の介護なども必要になるからです!! そうなると、非常に大きな負担がパートナーにのしかかるでしょう。 せめて金銭的な負担だけでも軽くなるよう、収入保障は準備しておくべきです。 医療保険の選び方 次に子なし夫婦二人の医療保険について、一緒に考えていきましょう。 夫婦二人で子供がいない(しかもまだ若い)のなら、生命保険よりも医療保険を重視すべきです!! なぜなら夫婦のどちらかが病気やケガなどで長期入院すると、家計の収入は大きくダウンするから。 入院した方はもちろん働けなくなるので、お給料がなくなるし・・・ 入院していない方も、相手の世話などで満足に働けなくなるのです。 外食やクリーニングなどが普段より多くなって、出ていくお金も大きくなります。 医療保険で備える金額は、医療費だけをカバーするのであれば日額5千円で十分でしょう。 入院先のベッド代や着替え代など、もろもろの費用も考えるなら日額1万円が良いです。 参考: 払い込んだ保険料のうち、使わなかった分は全額戻ってくる医療保険なんかもあるので・・・ 貯金代わりに、1つ加入しておくのをおすすめします!! 独身のときに医療保険に入っている人は、特に見直しする必要はありません。 しかしずっと昔に加入した医療保険を、そのまま持っている場合は注意が必要です!! 昔の医療保険の中には、入院5日目とか20日目から保障しますというものがあります。 しかし医学の進歩によって、入院日数はどんどん短くなっているのです。 参考: 昔の医療保険の場合、「入院したけど2日で退院したから保険金が出なかった」なんてことになりかねません。 また新しい手術がどんどん増えていく中、給付対象が古い手術のみとなっていることもあります。 ちゃんと現在の医療状況に合ったものに見直すことを、場合によってはおすすめしますね。 他の保険は必要に応じて 基本的には、上記の「生命保険」と「医療保険」だけで十分です!! もし「がん」が気になる方は、がん保険を個別で準備したり・・・ 生活に余裕のある方は、将来への貯蓄として年金保険に入っても良いでしょう。 参考: しかし、あまり保険に入りすぎるのも考えものです。 万が一の備えにお金を使いすぎて、普段の生活に支障が出てくるようでは元も子もありません。 保険料にたくさんお金を費やすぐらいなら、夫婦でいっぱいお金を使って遊びましょう!! その方が健康に良く夫婦仲も改善され、人生におけるリスクは少なくなるはずです。 保険を検討するなら 「今の自分の家族状況に合った保険を検討したい」という方へ。 ぜひ、私たちハロー保険にご相談ください!! それぞれのお客さまの状況や要望をしっかりと聞いた上で、その人に合った生命保険を提案しますよ。 鳥取県外にお住みで相談に来れないという方には、下の記事をおすすめします!! 参考: 口コミ評判の高い無料保険相談サービスを調べたので、ぜひ参考にしてください。 まとめ 結婚は人生の節目であり、多くの方が保険への加入を考える時期です。 生命保険は共働きか専業主婦(主夫)かによって、準備する金額が違います。 また病気で共倒れにならないよう、医療保険も貯金代わりに1つ持っておくと良いです。 なお子供ができたときは、下の記事を参考にしてください!! 参考:.

次の