ディスクアップ ビタ押し 左リール 赤7。 【ディスクアップ】新事実!同色BIG中には「3つのビタ押し箇所」があった

ディスクアップ ビタ押しのコツ リプレイ外し

ディスクアップ ビタ押し 左リール 赤7

その際は、 中リール枠下に 青7をビタ押し(左・右リールは適当打ち)する事で、その後のART「DJゾーン」で消化する事の出来るゲーム数を獲得する事が出来る。 中リールのビタ押しに失敗しても、「いずれかのボーナス図柄・星・星」が揃えば上乗せとなる。 【予告音が発生しなかった場合】 枚数調整のため、一度だけ以下の手順を実行。 まず、右リール中・下段を目安に青7を狙う。 右リールに「スイカ・リプレイ・星」の形で停止すれば成功。 次に中リールを適当打ちし、中段にリプレイがテンパイしたら、左リール枠上~中段にBARを狙う。 BARが中段に止まれば成功。 上記の手順を一度成功させた後は、予告音が発生しない限り順押し適当打ちで消化すればOK。 なおこの目押しチャレンジは、成功するまで何度でも挑戦可能となっている。 異色BIG中の打ち方 枚数調整のため、一度だけ以下の手順を実行。 まず、右リール中・下段を目安に青7を狙う。 右リールに「スイカ・リプレイ・星」の形で停止すれば成功。 次に中リールを適当打ちし、中段にリプレイがテンパイしたら、左リール枠上~中段にBARを狙う。 BARが中段に止まれば成功。 上記の手順を一度成功させた後は、順押し適当打ちで消化すればOK。 なおこの目押しチャレンジは、成功するまで何度でも挑戦可能となっている。 異色BIG中は、DJゾーンのゲーム数を獲得することができないので、ビタ押しの機会もない。 REG中の打ち方 まず、中リール上段 or 中段を目安に赤7を狙う。 赤7が下段に停止すれば成功。 次に、右リールを適当打ちした後、左リール枠上~中段を目安にBARを狙う。 スイカが揃えば成功。 上記の手順を一度成功させた後は、左リールに青7を避けて消化すればOK。 左リール下段に青7が停止してしまい、かつ第二停止で赤7が枠内に止まってしまった場合は、最後のリールにも赤7を狙う。 ART中の打ち方 レバーオン時に「バシュン」という効果音が発生したら、通常時の打ち方同様に左リールにBARを狙い、小役をしっかりフォロー。 それ以外の時は、ナビに従い消化すればOK。 なお上記手順を実行しないと、 ペナルティとしてRTが終了してリプレイ確率が下がってしまう恐れがあるので、しっかり実行していこう。 【換金可能】 目指せ一攫千金! オンラインスロットで電子マネーゲット! 特許取得により「換金」が可能となっている、オンラインスロットゲームサイト「ディーチェ」。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

【ビタ押し不要!?】ディスクアップで逆押しすると100%上乗せ?の謎。真相究明!!

ディスクアップ ビタ押し 左リール 赤7

9 設定 出玉率 市場予測 出玉率 フル攻略時 1 98. 上記のREADYカットインと共に告知音が発生したら下記手順を実行。 1 以下の小役には設定差が存在。 2 50枚あたりのゲーム数 特定役との同時成立で出現する各ボーナス確率。 0~3855. 3~2520. 1~3276. 3~1191. 6 DTのゲーム数振り分け ダンスタイム DT 当選時はゲーム数を20〜100Gの5種類から振り分け。 100G選択時のみ0. DT当選時のゲーム数振り分け 通常時 ゲーム数 同色BIG 異色BIG 20G 38. DT当選時の実質ゲーム数振り分け 通常時 振り分け 同色BIG 異色BIG 20G 38. 73G 77. 43G DT当選 上乗せ 時の実質ゲーム数振り分け ART中 振り分け 同色BIG 異色BIG REG 20G 87. 91G 22. 3G 69. 9G 31. 0G リーゼントマン 51. 9G 60. 8G 52. 1G シンディ 79. 7G 85. 7G 79. 8G 反転アフロレディ 130. 3G 130. 2G 130. 3G 反転リーゼントマン 139. 9G 139. 9G 139. 9G 反転シンディ 141. 5G 141. 5G 141.

次の

ディスクアップ 打ち方・リール・小役出目【スロット・パチスロ】

ディスクアップ ビタ押し 左リール 赤7

バーを狙った場合、バーの4つ下と、バーの3つ上にチェリーが配置されています。 これは、バーを狙っていて、枠内にバーが止まっている状況なら100%チェリーを取りこぼす事が無い配置です。 早く押した場合は下のチェリーが止まってくれるし、例えそのチェリーを枠下に押してしまったとしてもバー上のチェリーが滑ってきます。 バーを上段に狙っていた場合でチェリーが下段に止まった!と言う状況は、赤7狙いであれば、チェリーを取りこぼす位置で押してしまっていると言う事になります。 また、ディスクアップのバー図柄は大きめで全体的に黒で、比較的見やすい図柄だと思います。 というわけでチェリーを取りこぼしにくいと言うのが1点ですね。 成立フラグがわかりやすい! 中リールのスイカ狙いは、赤7の上にスイカがあるので、赤7を目安に押すと狙いやすいです。 このわかりやすさが2点目ですね。 左リールがスイカ/リプレイ/スイカで止まっていたらその時点でスイカorリプレイorボーナスの小役以上確定目。 スイカもリプレイも否定したらボーナスです。 左リール上段バーから右リール中段にスイカがテンパイすれば、9枚役かリプレイです。 中リール適当に押してリプレイも9枚役も揃わなければボーナスです。 左リール中段バーから右リールでスイカがテンパイすれば小役orスイカorボーナスです。 中リールにスイカを狙って全ての小役を否定すればボーナスです。 左リール下段にバーが止まった場合は、枠内にスイカが無いので、スイカの法則は通用しません。 その場合でもスイカの取りこぼしは無いので安心して下さい。 スイカが成立している時に、下段にバーを押してしまっても、4コマ滑って上のスイカを引きこんでくれます! とにかくスイカがテンパイすれば小役以上!左リールでスイカ/リプレイ/スイカが止まっても小役以上!と言うのを覚えておくだけでもかなり楽しめます。 この2点がバー狙いをオススメする理由です。 ここまでの事を覚えておけば通常時は大丈夫だと思います。 ART中について ART中も特に難しい手順はありませんが、押し順ナビには従う事と、パンク1枚役を揃えない事と言う所だけは最低限守りましょう。 失敗するとRTが終わってしまい、メダルが減る状態になってしまいます。 3択9枚役の獲得 チェケラッ!等の音声とともに、液晶で左リールに赤7を狙え!と、右のランプで指定図柄が光って3択9枚役がナビされます。 指定された図柄を左リールに狙えば3択9枚役の獲得成功です。 取りこぼした時は9枚損しますが、 ARTが終了する等のリスクはありません。 転落リプレイ回避 レバーを叩いた時に「センターッ!」等の音声とともに、上部のパネルと左の液晶とボタンの点滅で停止する順番をナビしています。 左中右だとすると、液晶では上の方に123と表示され、上部パネルでは左側が大きく点滅し、ボタンも左ボタンが激しく点滅しています。 この押し順は3択になっていますので、最初に第1停止するボタンだけは絶対に間違えないようにしましょう。 ちなみに僕は2回間違えて転落させた事があります。 転落するとボーナスが引けるまで復帰しません。 (ゲーム数は減ります) ボーナス終了後の1G目や、ダンスタイムと呼ばれるボーナスについてくるARTからDJZONEと呼ばれる自力で獲得したARTに移る時にミスしやすいので注意です。 とにかく第1停止は守りましょう! パンク1枚役回避 パシューン!という音とともに上部左右のランプが白くピカピカ光ったらパンク1枚役成立の可能性があります。 厳密に言うと、パシューンの対応役はハズレリプレイ以外なので、通常時と同じく左にバー狙いしていればパンク1枚役が揃う事はありませんので安心して下さい。 もちろんボーナスが成立している事もあります。 体感ではありますが、パシューン時の成立確率の高い順に・・・ パンク役>チェリー>9枚役>ボーナス>スイカ だと思います。 通常時同様にバー狙いしましょう! ART中の入門4カ条• 3択色ナビされたら左リールにその図柄を狙う• 押し順ナビされたら押し順通りに押す• パシューンって鳴った時も通常時と同じくバー狙い• それ以外も通常時と同じくバー狙いハサミ押しでスイカ狙い BIG中の打ち方 枚数調整について BIGに関しては、ビタ押しに目が行きがちですが、それよりきちんと枚数調整できるようになっておいた方が良いと思いますので、枚数調整のやり方。 やり方は簡単ですし、失敗してもリスクはありませんのでドンドン挑戦しましょう! 挑戦するタイミングは、レバーを叩いて「READY」のカットインが 入らなかった時です。 右リール中下段に青7を狙います。 右リール中段にリプレイが止まったら成功です。 中リールを適当に押します。 中段にリプレイが止まったら成功です。 中段にバー/リプレイ/リプレイの形で停止すれば枚数調整完了です! 1回調整できれば後は中か左を第一に押して消化すれば最高枚数を獲得できます。 成功するまで何度でも挑戦できますので、できるまでやってみよう! ビタ押し(真技術介入)について ディスクアップと言えばビタ押し!って思う人もいるくらいの要素ですが、正直慣れるまでは難しいです。 失敗しても左の赤7or青7or黒の3択に正解すれば同様にDZZONEのゲーム数が貰えます。 出来なくても挑戦すれば慣れてくる事もあるし、マグレで成功したら儲けもんです!挑戦しなければマグレの成功も無いので、獲得率は確実に33%です。 確かにビタ押し要素って機械割には影響しているのですが、実際ディスクアップで勝つにはART中にBIGを引く事が重要!ART中にBIGを引いてしまえばHYPER BIGとなり、ビタ押し無しで上乗せゲーム数を全て貰えるので、出玉的にはART中のボーナス連荘の塊を目指すゲームとなります。 ぜひART中のHYPER BIGでガンガン乗せちゃいましょう! REG中の打ち方 枚数調整について BIG同様にREG中も1度だけ枚数調整を行います。 BIGとは手順が異なります。 中リールに赤7を狙います。 中段にスイカが止まれば成功! 右リールを適当に押します 上段にスイカが停止します。 最後に左リールにバーを狙います。 右上がりにスイカが揃えば枚数調整完了です。 枚数調整時に左リールでバー以外の所を狙うと何も揃わない事があるので注意しましょう。 必ずバー狙いで! 左リールに青7を避けて押す 左から押して15枚を獲得する際に、左リールに 青7を避けて押しましょう。 青7が下段に止まった時に、中右と適当に押すと何も揃わない事があります。 通常時同様にバー近辺を狙って押しているのがオススメです。 もし下段に青7が止まってしまったら、 中リールに赤7を避けて押しましょう。 ここまで説明しているにもかかわらず、青7と赤7が右上がりにテンパイしてしまったら、 右上段に赤7を狙いましょう。 これでREG中の最高枚数を獲得できるようになります。 まとめ 今回は通常時、ART、BIG、REGと言う状態で、最低限知っていれば損しない事を書きました。 手なれた人から見れば「ここからはスイカは揃わない!」とか、色々あるかと思いますが、まずは入門としたうえで今回の記事としました。

次の