ソイ プロテイン 下痢。 「ホエイ」か「ソイ」か。男のプロテイン選びに最適解はある?|OCEANS オーシャンズウェブ

なぜソイプロテインを飲んだ後に下痢になるの?対策を教えてください

ソイ プロテイン 下痢

プロテインを飲むと 下痢になりやすい方っていらっしゃると思います。 しかしながら、下痢になる人とそうでない人もいるため、下痢になるのは体質が関係しているかもしれません。 下痢になる方も、対策を立てていけばプロテインを飲んで下痢になることも避けられる可能性があるため、十分に下痢対策をとられると良いですよ。 プロテインで下痢になる原因1:乳糖 プロテインを飲んで下痢になる原因の大きな一つとして「乳糖」があります。 乳糖は牛乳に含まれている成分で、牛乳に含まれる炭水化物の99. 8%が乳糖となります。 体の中でラクトースという酵素によって乳糖が分解されるのですが、日本人の多くはこのラクトースが不足しているか、活性化していないため分解ができずに下痢になるという症状が出る方がいらっしゃいます。 これが、乳糖不耐症などと言われるのですが、 牛乳1杯で下痢になる方もいれば、どれだけ飲んでもならない方もいて個人差が大きいです。 一般的に流通しているプロテインは牛乳由来のホエイプロテインであり、一般的な製法(WPC製法と呼ばれる)では乳糖は含まれたままになっています。 そのため、 原因としてはホエイプロテインを飲まれているかたで下痢になりやすい方は乳糖が原因である可能性があるわけです。 対策1:WPI製法のホエイプロテイン ホエイプロテインの乳糖が原因である場合には、 製法をWPI(ホエイプロテインアイソレート)という製法で作られたホエイプロテインが対策の一つとなります。 WPI製法で作られると、乳糖がほとんど取り除かれるため牛乳でお腹を下しやすい方はWPI製法で作られたホエイプロテインを飲まれるのが良いですよ。 ただ、完全に乳糖が取り除かれるわけではなく、さらにWPC製法で作られたホエイプロテインより少し高くなります。 そういったデメリットはありますが、吸収の早いホエイプロテインを飲むというメリットを考えると、対策を打っても飲まれたい方にとってはおすすめですよ。 対策2:ソイプロテイン 対策の2つ目としてプロテインをソイプロテインに変えるという方法です。 ソイプロテインは大豆由来のプロテインであるため、 牛乳由来のホエイプロテインと違って乳糖がありません。 そのため、牛乳で下痢になる方はソイプロテインに変えることで下痢の対策になりますよ。 ただし、デメリットとしては吸収がゆっくりであるため、ホエイプロテインと同じ効果を期待することはできません。 ソイプロテインの効果を考えてホエイからソイに変えるという事も検討されてよいかと思います。 対策3:牛乳ではなく水でのむ そもそも、 プロテインを溶かす水分を牛乳で飲まれているとそれだけ乳糖を摂取するため下痢になる可能性が高くなります。 牛乳で下痢にならない方だと大丈夫ですが、不安な方は牛乳から水で溶かす方法へ変更されると良いですよ。 デメリットとしては、牛乳で飲むほうがおいしいことが多いです。 水で飲んでもおいしいプロテインは最近では増えてきていますが、牛乳で飲むとおいしいプロテインのほうが多いことは確かなので味という面では劣ります。 ただし、 メリットとしては牛乳を買うコストが浮く事、水はどこでも手に入るというメリットがあります。 毎回牛乳で飲んでいるとかなり牛乳にお金をかけることになります。 水ですと水道水でも良いわけであって、比較的安価(無料で入手もある)手に入りやすいので、コストという点では水はおすすめです。 あとは、個人的な感想ですが牛乳だと舌や口の中に残ってしまう感じがあるのですが、水ですとさらっと飲めるので水で飲む方がお勧めです。 プロテインで下痢になる原因2:水が冷たい プロテインで下痢になる原因の2つ目として、 飲むときに割る水や牛乳が冷たいことでお腹が冷えて下痢になるという事です。 冷たいものを一気に飲むと下痢になることがありますが、それが原因です。 プロテインそのものではなく、水が冷たすぎるという事が原因である可能性もあることを考えておかれるのも一つですね。 対策 対策としては、 常温の水や冷えすぎていない水でプロテインを飲むという事です。 対策としては比較的簡単ですが、キンキンに冷えた水だとおなかに来る可能性があるため、冷えすぎていない水で飲むことが良いですよ。 ただ、牛乳を常温で飲むと牛乳が腐ってしまう可能性があるため、常温で飲むのであれば水にされてください。 プロテインを飲んで下痢になったら吸収されなく無駄になる? 乳糖不耐症という乳糖が原因で下痢になった場合ですと、無駄ではないと考えます。 乳糖不耐症は小腸で吸収されなかった乳糖が次の大腸で影響を及ぼすため下痢になります。 プロテインを飲む目的はタンパク質を吸収することが目的であり、タンパク質はアミノ酸に分解されて、アミノ酸は小腸で吸収されます。 つまり、小腸でタンパク質はアミノ酸として吸収されるため、大腸まで届いて下痢を起こす乳糖とは影響が少ないという事になりそうです。 人体のことなので100%無駄にはならないとは言えませんが、こういった体の作用や乳糖が引き起こす臓器を考えるとタンパク質の吸収への影響はそこまではなさそうと言えますね。 まとめ プロテインで下痢になる原因と対策についてお伝えいたしました。 まとめますと以下になります。

次の

下痢の原因はプロテイン?

ソイ プロテイン 下痢

原因は悪玉菌による腸内環境の悪化 人の腸内には「善玉菌」と「悪玉菌」がいるという話をきいた事があると思います。 簡単にいうと、名前の通り、 善玉菌は腸内環境を整える、体にとって良い活動をしていて、悪玉菌は増えすぎると悪さをするという性質を持っているタイプの微生物です。 実は、プロテインをはじめとする タンパク質(動物性のホエイやガゼイン)は、悪玉菌のエサになりやすい性質を持っており、悪玉菌はタンパク質をエサに、体にとって有害な物質や 悪臭の元になる「硫化水素、インドール・スカトール」などを発生させます。 タンパク質の摂取量が急に多くなったり、体調不慮等により腸内の悪玉菌が多数派になると、おならの臭いがきつくなったり、 腸の働きを助けている善玉菌が弱くなり、下痢や便秘などの原因になってしまいます。 だからといってタンパク質の摂取を制限すれば悪玉菌が弱って体が健康になる、というわけではありませんので、体作りに必要な タンパク質を摂取しつつ、腸内環境を整えていく必要があります。 下記に5つのポイントをご紹介しておきますので参考にどうぞ! 5、泡をのまない これは オナラを減らすには非常に有効です。 食べ物を 飲食する時に空気を取り込むと、そのうち3分の2がオナラとして排出されますので、人によっては泡を飲むのをやめるだけで、おならがずいぶん減るかもしれません。 非常に安価なプロテインは泡立ちもスゴいので 「泡はオナラにしかならない」と割り切って、飲まないようにしましょう。 さいごに プロテインによる下痢やオナラがくさくなった時の腸内対処法はご理解いただけましたか? 私の場合は、 泡をのまないようにして、バナナをプロテインをのみながらたべるようにしたら、ものすごく改善されました。 人間の体にはある程度の適応能力があるため、多少タンパク質の摂取量を増やしても、 体が慣れることでお腹の不調が解消されることもよくありますので、 タンパク質摂取量を増やすときは、徐々に食生活を変えていきましょう。 本当はオーガニックから摂取できるといいのですが、お金がかかりますもんね(涙)•

次の

プロテインの副作用を徹底解説!飲み過ぎによる抜け毛、肝臓・腎臓などへの影響とは

ソイ プロテイン 下痢

牧田善二 [医学博士] AGE牧田クリニック院長。 糖尿病専門医。 医学博士。 1979年、北海道大学医学部卒業。 ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。 1996年より北海道大学医学部講師。 2000年より久留米大学医学部教授。 2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。 著書に『糖質オフのやせる作りおき』『糖質オフ! でやせるレシピ』『糖尿病専門医にまかせなさい』『糖尿病で死ぬ人、生きる人』『日本人の9割が誤解している糖質制限』『老けたくないなら「AGE」を減らしなさい』『人間ドックの9割は間違い』他、多数。 それらは、人体のメカニズムを無視した食べ方だったり、根拠のない俗説、自分が試して良かっただけの自己流健康法、一部の効能の拡大解釈するエセエビデンス食事法も少なくありません。 この連載では、同書から1部を抜粋・加筆して公開します。 美しい肉体をつくろうとするビジネスパーソンに人気のプロテイン。 手軽に大量のタンパク質を摂れる一方で、多くの危険性があることも事実だ。 これは、肝臓と腎臓から来ています。 私たちが生きていくために必要不可欠な臓器としては、心臓や肺、脳などがすぐに思い浮かぶでしょう。 しかし、栄養素の合成や老廃物の排出などを行う肝臓や腎臓がやられてしまったら、私たちは命をつなぐことができません。 詳しくは新刊で書いていますが、肉など自然の食べ物には含まれていない「つくられたタンパク質」は、大事な腎臓を悪くする可能性があります。 どういうことか簡単に説明しましょう。 タンパク質は、私たちの血肉をつくる非常に重要な栄養素です。 ただ、糖質や脂質と違って、分解の過程で尿素窒素などの毒素を産出します。 これら毒素は腎臓の濾過機能によって尿として体外に排出され、私たちは健康を保っています。 もし、腎臓の濾過機能がすっかり駄目になれば体中に毒素が回る尿毒症となって死に至ります。 それを避けるために、機械に血液を通して毒素を濾過しているのが人工透析です。 人工透析を必要としている患者さんは「身体障害者1級」の手帳を持ち、医療費が無料(*1)になります。 腎臓が機能しないということは、それほど重篤な状態だということです。 このように腎臓は非常に重要な臓器なのですが、人工的に大量のタンパク質を摂取することは、その働きを腎臓に強要し疲弊させ、重大な被害を生みかねません。 また、タンパク質の大量摂取は骨に悪い影響を与えるという論文もあります。 こうした人工物で健康体をつくろうというのは大きな間違いなのです。 追記:*1 医療費が無料となるのは、年齢や所得等の条件に当てはまる対象者に限られます。 詳しくはお住まいの行政機関にお問い合わせください。 不自然な大量摂取は逆効果 では、人工的なタンパク質とはなんでしょう。 代表的な例が、パウダータイプなどのプロテインやアミノ酸です。 スポーツクラブに行くと、摂取している人をよく見かけます。 とくに男性に多いですね。 どうせ運動をするなら、筋肉がつくプロテインや疲労を取り除くアミノ酸の力を借りたほうが効率的だと考えるのでしょう。 しかし、私はいますぐやめたほうがいいと思います。 こうした人工的な商品には、自然な食品とは比べものにならないほど大量のタンパク質が含まれています。 もともと腎臓が悪い患者さんは、普段の食生活でも肉や魚、豆腐などのタンパク質を厳しく制限します。 ただし、健康な人が食品からとっている分には過剰摂取にはなりません。 問題なのは、プロテインやアミノ酸など、人工的につくられたものです。 こうしたものを日常的に摂取していれば、腎臓を壊す可能性が高いのです。 私の患者さんにも、パウダータイプのプロテインを摂取して、腎機能を示す「尿アルブミン」の数値がいきなり悪くなった人がいます。 尿アルブミン値は、とても重要な指標ですが、測定する医療機関は多くありません。 医師がその重要性を理解していないのです。 たいていの医師は「腎臓の状態を知りたかったら血清クレアチニン値を見ればいい」と思っています。 しかし、血清クレアチニン値に異常が見られるときには、腎臓は相当ひどい状態になっています。 その前に、尿アルブミン値の変化をつかみ、適切な手を打つことが必須なのです。 ところが、会社で行う普通の健康診断では、血清クレアチニン値しか測定しません。 そして、人工的なプロテインやアミノ酸を摂取していても、血清クレアチニン値にはなかなか変化は現れないということです。 このことがなにを意味するか、知的なビジネスパーソンならわかるでしょう。 糖尿病専門医。 医学博士。 1979年、北海道大学医学部卒業。 ニューヨークのロックフェラー大学医生化学講座などで、糖尿病合併症の原因として注目されているAGEの研究を約5年間行う。 1996年より北海道大学医学部講師。 2000年より久留米大学医学部教授。 2003年より、糖尿病をはじめとする生活習慣病、肥満治療のための「AGE牧田クリニック」を東京・銀座で開業し、延べ20万人以上の患者を診ている。 著書に『糖質オフのやせる作りおき』『糖質オフ! でやせるレシピ』『糖尿病専門医にまかせなさい』『糖尿病で死ぬ人、生きる人』『日本人の9割が誤解している糖質制限』『老けたくないなら「AGE」を減らしなさい』『人間ドックの9割は間違い』他、多数。

次の