日本 平 久能 山 スマート ic。 スマートIC

スマートインターチェンジ

日本 平 久能 山 スマート ic

日本平久能山スマートIC 静岡市と中日本高速道路が整備した東名高速道日本平久能山スマートインターチェンジ(IC、同市駿河区)が14日午後4時、開通する。 静岡ICと清水ICの間に位置し、市内観光地への利便性向上や新たな産業集積などへの期待が高まる。 スマートICは新東名を含め、県内12カ所目となる。 新スマートICは静岡ICから東に約3キロ、清水ICから南西に約10キロに位置する。 周辺には久能山東照宮や登呂遺跡など市内有数の観光地があり、世界遺産富士山の構成資産・三保松原への静岡方面からの交通アクセスも向上する。 初年度はスマートICとしては国内最多となる1日1万4400台の利用を見込む。 総事業費は約75億円で、市の負担は約20億円。 開通により、周辺部は新産業拠点としての期待が膨らむ。 現在、農地が広がる新スマートIC周辺では、組合施行による土地区画整理事業が進行中。 新スマートIC北側の約33ヘクタールを工業・物流エリアとして26年度までに整備し、ホビーなどのものづくり関係や食品関係の企業誘致を目指している。 IC南側約40ヘクタールに関しては年度内を目途に土地区画整理準備組合の設立を目指し、地権者の合意形成を進めている。 市は観光農園やスポーツ施設、ホテルなどが集積するにぎわい拠点にする構想を描いている。 静岡暮らし・話題の記事一覧•

次の

スマートIC

日本 平 久能 山 スマート ic

日本平久能山スマートIC 静岡市と中日本高速道路が整備した東名高速道日本平久能山スマートインターチェンジ(IC、同市駿河区)が14日午後4時、開通する。 静岡ICと清水ICの間に位置し、市内観光地への利便性向上や新たな産業集積などへの期待が高まる。 スマートICは新東名を含め、県内12カ所目となる。 新スマートICは静岡ICから東に約3キロ、清水ICから南西に約10キロに位置する。 周辺には久能山東照宮や登呂遺跡など市内有数の観光地があり、世界遺産富士山の構成資産・三保松原への静岡方面からの交通アクセスも向上する。 初年度はスマートICとしては国内最多となる1日1万4400台の利用を見込む。 総事業費は約75億円で、市の負担は約20億円。 開通により、周辺部は新産業拠点としての期待が膨らむ。 現在、農地が広がる新スマートIC周辺では、組合施行による土地区画整理事業が進行中。 新スマートIC北側の約33ヘクタールを工業・物流エリアとして26年度までに整備し、ホビーなどのものづくり関係や食品関係の企業誘致を目指している。 IC南側約40ヘクタールに関しては年度内を目途に土地区画整理準備組合の設立を目指し、地権者の合意形成を進めている。 市は観光農園やスポーツ施設、ホテルなどが集積するにぎわい拠点にする構想を描いている。 静岡暮らし・話題の記事一覧•

次の

静岡市大谷に日本平久能山スマートICが出来ていて側道で迷子

日本 平 久能 山 スマート ic

東名高速道路の日本平久能山スマートインターチェンジ(IC、静岡市)が14日午後4時、運用を始める。 1日当たりの計画交通量は1万3千台と、スマートICとしては全国トップクラスの規模になる見込みだ。 周辺ICの混雑緩和や産業活性化につながることが期待される。 同ICは静岡IC(静岡市)から東に3キロ、清水IC(同)から西に11キロの地点にある。 自動料金収受システム(ETC)を搭載した車両専用で、24時間乗り降りできる。 レーンは一方向に2つずつ設ける。 事業費は約75億円。 うち地元の静岡市は約20億円を負担したほか、約20億円をかけて周辺道路などを整備した。 救急搬送や貨物輸送の時間短縮が見込めるほか、県内外から景勝地・日本平や三保の松原に行きやすくなり、観光でも追い風になる。 日本平久能山IC周辺では産業エリアを含む大規模な区画整理事業も進んでいる。

次の