放射線 治療 専門 技師。 専門部会

先端的放射線治療専門技師・物理士養成コース|がん専門医療スタッフ養成コース|コース紹介|多様な新ニーズに対応する「がん専門医療人材(がんプロフェッショナル)」養成プラン ゲノム世代高度がん専門医療人の養成

放射線 治療 専門 技師

放射線療法とは、腫瘍(がん細胞)の成長を遅らせたり、腫瘍の縮小・消失を目的とした治療法です。 手術をしないで機能を 温存したい時等や手術前に腫瘍を小さくする目的、さらには術後に切除しきれない細かいがん細胞を消失させるために適応されます。 全国の 放射線治療の 名医・ 専門医をご紹介します。 スポンサーリンク 北海道・東北エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 がんが治る時代へという提言を掲げ、最先端治療機器と質の高い医療で活躍しているドクターです。 北海道 放射線科は40年のキャリアがあり、市民のためのがん治療の会なども設立し、医学に大きな貢献をしている名医です。 北海道 医療の質の高さを維持し、豊富な経験と知識で病気に立ち向かっている名医です。 宮城県 スポンサーリンク 関東・甲信越エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 陽子線治療の第一人者で、治療の進め方や治療後の経過観察に力を入れている名医です。 茨城県 山田滋 重粒子線治療が専門領域でテレビや雑誌にも頻繁に紹介されているドクターです。 千葉県 早期発見が重要性を説き、最先端の医療器材で精度の高い検査と効果の高い治療を行っている名医です。 千葉県 肝細胞癌に対する重粒子線(炭素イオン線)治療のスペシャリストで、メディアでも有名なドクターです。 千葉県 消化器系のがん治療が専門でエビデンスに基づいた標準治療を行っている名医です。 埼玉県 エビデンスに基づいた標準治療の実践と、患者の状況に適した最善の放射線治療を提供している名医です。 埼玉県 高度ながん治療を受けられる名医として有名で病状に合わせた最適な治療を提案しています。 東京都 小線源治療、悪性リンパ腫の放射線治療が専門領域の名医です。 東京都 放射線治療・臨床腫瘍学・小線源治療・緩和医療など、幅広い領域をサポートしていて、総合的な治療を行えるドクターです。 東京都 放射線腫瘍学と分子イメージングが専門領域で、患者とのコミュニケーションを大切にしているい名医です。 東京都 放射線治療全般・高精度放射線治療の名医でテレビ等メディアで話題になるほど人気があります。 東京都 ガンマナイフ・先端生命医科学研究所先端工学外科学分野を兼任している日本が誇るドクターです。 東京都 放射線科の治療部長として実力を発揮していて、多くの患者から頼られている名医です。 東京都 放射線腫瘍学の日本を代表する権威で、ガイドラインや新しい治療法も開発している名医です。 東京都 「日本の放射線腫瘍学にこの人あり」と、言われている治療実績が豊富なドクターです。 東京都 がんの根治を目的とする根治照射や姑息照射、緩和照射など放射線治療全般に長けている名医です。 東京都 多種の悪性腫瘍と良性疾患に対し、外科的手術や化学療法と併用して完治率を高めている名医です。 東京都 サイバーナイフのスペシャリストで体幹部のがんに対する治療実績が非常に優れている名医です。 東京都 CT一体型治療装置を世界で最初に取り入れていて、放射線治療の実績は日本トップクラスのドクターです。 山梨県 放射線治療の方法と副作用 放射線療法には、身体の外部から照射する 外部照射法と食道や子宮など身体の腔から直接癌細胞を狙って照射する 密封小線源治療とがあります。 これらを組み合わせる場合もあり、多く行われているのは外部照射法になります。 また、放射線を照射する部位に合った固定具を作ることもあり、照射の際にはマーキングを行い、確実に放射線が患部に照射されるようにします。 副作用としては、照射の際、健康な細胞に照射してしまうことで 後遺症を残すことがあります。 抗がん剤を使用する化学療法と比べて、体力の消耗や副作用が少ないとされており、高齢者に有用な治療になります。 スポンサーリンク 東海・関西・中部・北陸・四国エリア 医師名 病院名 コメント 地 域 早期肺癌・肺転移や体幹部定位放射線治療など高精度放射線治療に優れているドクターです。 静岡県 放射線科の専門医で、世界のベストドクターに選ばれた経験がある日本屈指の名医です。 愛知県 高精度放射線治療の原体照射法の第一人者で幅広いガンに対応している名医です。 愛知県 放射線医学の全分野に対して優秀な治療実績があり、最高の医療レベルでトップを目指している名医です。 愛知県 粒子線医療センターのリーダーで患者の病気と心のケアとコミュニケーションを大切にしている名医です。 兵庫県 腫瘍放射線治療学と日本腫瘍放射線治療学が専門範囲で数々の治療実績と研究成果により、名誉教授号が授与されたスーパードクターです。 京都府 年間1000名以上の患者を治療している名医で、誤射照射が3mm以下の極めて高い精度を誇っています。 大阪府 放射線治療、粒子線治療(重粒子線治療、陽子線治療)が専門で、動注療法は国内有数のドクターです。 三重県 「安心」「楽しい気持ち」「笑顔」を目指した治療を行っている放射線治療の名医です。 大分県 放射線治療医としてキャリアを積んでいた実績があり、兵庫県立粒子線医療センター院長に抜擢された名医です。 鹿児島県 粒子線治療の経験が豊富で、治療後の経過観測とケアにも力を入れている名医です。 鹿児島県 身体への負担が少なく臓器の形や機能の温存できる割合が極めて高い医療を目指している名医です。 特に連絡の必要はありません。

次の

放射線治療専門放射線技師認定者検索

放射線 治療 専門 技師

放射線治療に関わる資格・認定は、医学物理士、放射線治療専門放射線技師、放射線治療品質管理士の3つがあり、治療を長く経験されている技師の中には、3つすべて所持されている方もいらっしゃいます。 どの資格・認定も治療を専門的に行うために必要となる知識、技能を備えていることが条件となりますが、3つそれぞれの資格・認定が独立して治療の特定の分野を担っているわけではなく、かなりの部分でオーバーラップしています。 そして、3つの資格・認定を取得するには試験を受ける必要があり、どれも難しく簡単には取得できません。 とくに医学物理士は、認定資格から国家資格に引き上げようという動きが活発化していることもあり、年々受験資格が厳しくなってきています。 また、この資格は最終的に診療放射線技師の上位資格に位置づけようというねらいがあり、それを阻止しようと日本診療放射線技師会が頑張っていますw。 もし、医学物理士が国家資格になった場合は、診療放射線技師の上位資格となり、現在診療放射線技師が検査・撮影とともに担っている被ばくや画質管理などのおいしいところだけ奪われ、診療放射線技師は、検査、撮影するだけの資格となり、その職域を大きく狭めることになる可能性があります。 まあ、この件は非常にデリケートな問題を抱えていますので、掘り下げるのはまたの機会にするとして、今回は、医学物理士をはじめ、治療に関わる資格認定についての概要をまとめました。 スポンサーリンク 目次• 医学物理士 概要 医学物理士とは、放射線医学における物理的および技術的課題の解決に先導的役割を担う者で、医学物理士認定機構が実施する医学物理士認定試験および認定審査に合格した者。 放射線治療物理学分野:放射線治療における装置開発、物理的品質管理など、主として放射線治療計画の最適化と検証などを行っています。 放射線診断物理学分野:画像診断装置の開発、画質向上、被ばく線量と画質の管理などを行います。 核医学物理学分野:核医学における装置の開発、画質向上、被ばく線量と画質の管理などを行います。 放射線防護・安全管理学分野:放射線の害を最小限に抑えます。 受験資格 受験資格は複雑で、常に最新の受験資格をチェックしてください。 本資格を目指すためには以下の4つの手段があります。 1.医学物理士認定機構が認定する医学物理教育コースを修了する。 2.理工学系の修士もしくは博士の学位を取得する。 3.放射線技術系の修士もしくは博士の学位を取得する。 4.1以外の医学物理教育コースで修士もしくは博士の学位を取得する。 医学物理士になるためには、上記の機構が認定するコースを修了したり、修士や博士取得後、機構が定めた臨床研修、業績点が必要になります。 業績点は非常に細かく設定されていますので、しっかりとチェックしてくださいねw。 詳しくは、機構のホームページ、医学物理士認定制度規程をみてください。 『』です。 (2019年1月11日現在) 資格更新 1 5年毎の更新 過去5年間の業績評価点の合計が60単位以上を有する。 (施行細則第10条に該当する者) 資格更新のために60単位以上必要とありますが、この基準をクリアするのは結構たいへんです! 講習会を受けるにしても1つや2つではありませんから、お金と時間がかかることは覚悟してください。 資格維持について、まずはご自身の勤務先の対応を確認されてから取得準備された方がよいでしょう。 放射線治療専門放射線技師 概要 放射線治療専門放射線技師は、放射線治療専門放射線技師認定機構が、放射線治療に高い専門性を持つ診療放射線技師を診療・研修実績と試験による評価をおこない、合格者に対して放射線治療専門放射線技師として認定された技師です。 この認定は、放射線治療に対する専門性を統一的に評価するものであり、 専門領域における十分な知識・経験を持ち、患者から信頼される標準的な放射線治療技術を提供できる診療放射線技師であることを示すものです。 受験資格 ・診療放射線技師の免許を有すること ・通算 5 年以上放射線治療に関する診療業務を行っていること ・日本放射線腫瘍学会、日本放射線技術学会、日本診療放射線技師会のいずれかに、5年以上継続して会員籍を有していること ・申請時より過去5年以内に、別に定める認定単位(平成29年12月改定)を20単位以上取得していること ・その他、放射線治療に関する業績を有することが望ましい こちらは過去記事()にもさらに詳しく記載しています。 資格更新 ・専門放射線技師の認定は、5年毎に更新(継続)可能。 ・更新に必要な単位:20単位(認定単位表に従い算定)。 放射線治療品質管理士 放射線治療品質管理士は、以下の受験資格をみてもらえば分かりますが、医学物理士や放射線治療専門放射線技師の認定資格を一つまたは両方所持している人が対象となります。 概要 放射線治療品質管理士は、放射線治療の品質管理に関わる作業を自ら責任を持って行うとともに、品質管理の観点からの病院全体の業務の監督、連絡・指示の伝達周知、管理部門への改善措置の提案等を行うとともに、それぞれの現場での自主的な品質改善活動( 狭い意味での「品質管理」だけではなく、「放射線治療の質」自体の向上を目的とした幅広い活動)を行う。 <主な業務> ・ 放射線治療装置のQAプログラムの立案と実行 ・ 放射線治療計画装置のQAプログラムの立案と実行 ・ 治療計画システムに入力するデータ作成と指示と、すべてのコンピュータ線量測定計画のチェック ・ 実行するべきテスト、許容度とテスト頻度を含む治療計画の施設QAプログラムの決定 ・ QAプログラムにより判明する矛盾や問題を理解して適切に対応する。 ・ 治療装置・治療計画装置のQAプログラムの様々な側面で他の放射線治療品質管理に携わる者と協力 ・ 機器導入に当たって放射線治療装置、計画装置の品質管理面からのプログラムの策定 ・ 機器故障後の修理終了後の品質管理の立案と実行 受験資格 放射線治療品質管理士の認定を申請するには以下の条件1と2を満たしていることが必要です。 放射線治療品質管理士の認定希望者は、講習会を受講し、最後に試験を受験する必要があります。 資格更新 ・3年後に更新。 ・年1回所定の講習を受ける。 資格更新に必要な講習会には、次の2つのカテゴリーがあります。 カテゴリー1. 当機構が開催する資格更新に必要な講習会 (1単位) カテゴリー2. 当機構を構成する団体等が開催し、当機構が認定した講習会 また、当機構を構成する団体等が開催し、当機構が認定した講習会を受講し、以下の条件を満たす必要があります。 更新までの3年間にカテゴリー1の講習会を最低1回受講すること 2. カテゴリー1の講習会とカテゴリー2の講習会を合わせて毎年1単位受講すること なんだ、たった1単位かと思った方、講習会によっては0. 2や0. 5単位と1単位未満の講習会もあるので注意が必要ですw。 まとめ 放射線治療に関わる資格・認定についてまとめました。 医学物理士は、まだ認定資格の段階で国家資格ではなく、認定をとった後も5年ごとに更新する必要があります。 更新には研究発表や講習会などに参加して、更新に必要な単位を取得しなければなりません。 放射線治療専門放射線技師も認定資格取得には、認定単位が必要になり、更新は医学物理士と同様に研究発表や講習会などに参加して、更新に必要な単位を取得しなければなりません。 そして、放射線治療品質管理士は、そもそも医学物理士または放射線治療専門技師の認定者でなければ取得できません。 どの認定資格も簡単にとれるものではありませんし、時間がかかり更新するのも大変です。 取得には相当な覚悟が必要になりますので、ご自身の将来的なビジョンをしっかりと見据えてから資格取得に臨んでください。 放射線技師. com.

次の

放射線治療専門放射線技師認定者検索

放射線 治療 専門 技師

専門部会の入会について• 日本放射線技術学会の会員であればどなたでも入会できます。 して入会・退会申請してください。 お一人で複数の部会に入会できます。 【年会費】正会員 : 1つ目の登録は2,000円、2つ目以降は各1,000円 シニア会員 : 各1,000円 学生会員 : 会費免除(全ての部会に自動登録されます。 ) (複数登録された部会に順位はなく、同等の特典を得ることができます。 各部会毎に年2回部会誌が電子版で発行され、から発刊後すぐに閲覧できます。 総会学術大会時、秋季学術大会時に各部会が開催されます。 部会主催のセミナーおよび講習会への参加費が割引になります(例外あり)。 7つの専門部会の具体的な活動紹介PDF• 7つの専門部会の紹介 画像部会 画像部会は、医用画像の臨床評価及び画質評価、画像処理に関して興味を持つ約700名の会員により構成される日本放射線技術学会のサブグループです。 画像部会では、医用画像の臨床評価に関する重要なテーマを、タイムリーに取り上げることを目指しており、医用画像に関する新しい技術や概念なども含めて、様々な情報を部会員に速やかに紹介し、その研究成果について議論を行なう場を積極的に提供しています。 また、医用画像の臨床における有用性の評価法の普及のためのセミナーや、C言語プログラミングを含めたコンピュータ支援診断のセミナーも行っています。 核医学部会 核医学部会は、核医学検査および核医学画像における学術向上に興味がある会員により構成される日本放射線技術学会のサブグループです。 核医学部会では、最新の核医学技術情報と検査技術を会員にいち早く取り上げ、詳細に解説するように心がけております。 また、核医学画像処理技術や画像評価の概念を会員に紹介し、その内容の重要性と研究成果などを技術論で論議できる場を提供しております。 実践面については核医学技術研修会を年1回開催し、実験・実習などを通じて技術収得に力を入れております。 放射線治療部会 放射線治療部会は、がんの臨床、放射線治療技術、放射線計測、品質保証・品質管理、放射線安全管理、医療安全などを学ぶグループであり、放射線治療の専門家集団として患者のがん治療に大きく貢献しています。 また、放射線治療の「基礎から臨床まで」を標榜し、高度な専門技術を身につけた医療人として人間性豊かな人材の育成を行っています。 具体的な事業として、最新放射線治療のトピックス、照射技術、高エネルギーX線および電子線の線量測定法、医療加速器や治療計画装置の品質管理、患者の接遇、医療事故防止対策などについて臨床現場で生じる様々な問題点の解決を行うとともに、各地域の放射線治療研究会との連携を密接にし、最新情報を提供するための治療セミナーを開催しています。 さらに、わが国の放射線治療の実情に基づき、関連3学会(日本放射線腫瘍学会、日本診療放射線技師会、日本放射線技術学会)から構成される日本放射線治療専門放射線技師認定機構を設立し、放射線治療専門技師の共同認定を行っています。 撮影部会 撮影部会は、一般撮影から血管撮影,消化管撮影,CT検査,MR検査,超音波と多くの会員の皆様が関与する分野を担務しています。 目的は、豊富な知識を持った技師がエビデンスに基づいた技術を医療に提供できように、環境を整備し人材を育成することです。 そのために、創設以来『よりよい撮影技術を求めて』を究極のテーマに掲げ、教育講演やワークショップ,セミナーを通じて、基礎から最新技術までの情報を提供しつつ,それらを臨床に活用するためのノウハウを皆様とのディスカッションを通じて確立していければと考えています。 計測部会 計測部会は、診断領域X線エネルギーの線量測定などについて興味のある会員のグループです。 精度の良い測定を行うためには、まず線量計のトレーサビリティーが取られていなければいけません。 計測部会では、平成16年度より「診断領域線量計標準センター」を全国10箇所の施設で行っています。 次に、線量計の取扱いを含め、測定技術が必要です。 計測部会では「医療被ばく測定セミナー」「半導体を用いた線量計の作成とトレーサビリティセミナー(仮)」の開催、部会主催の「医療被ばく測定セミナー」への講師の派遣を行っています。 「診断領域線量計標準センター」のご利用については、「部会ニュース」をお読みください。 放射線防護部会 放射線防護部会は、医療における放射線安全管理を考える部会です。 放射線防護に関心をもつ340名あまり 2004年10月 の会員によって構成され、年2回の部会と会誌発行の他,放射線被曝に係わる調査、コメント・声明の発信、ガイドラインの作成、被曝に関する一般市民からの質問への回答なども行っています。 また、医療放射線被曝に関する疑問や不安の解消と情報の発信を目的とした市民公開シンポジウムも開催しています。 医療情報部会 医療情報部会は、本学会で最も若い部会です。 放射線技術学における医療情報の必要性により平成15年(2003年)に7番目の部会として発足しました。 平成9年に活動を開始した前進の医療情報委員会から、その理念は引き継がれ、放射線技術学に寄与する医療情報の研究、及び学術活動を行っています。 診療放射線、及び医療情報のシステムは絶え間なく進化を続け、その利用範囲も拡大しています。 本部会の活動は他の専門部会と共有する横断的な領域に加え、医療情報を利用した診療業務の効率化、医療安全、医療の質の向上、システム構築、情報二次利用等の研究です。 さらに、学術大会企画、部会企画セミナー、地方支部セミナーの企画開催、医療情報関連小委員会や医用画像情報専門技師認定機構との相互活動に加え、学会誌、部会誌、叢書、教科書発刊、論文支援など様々な活動を通して会員に広く情報の発信、公開を行っています。 研究項目 ・ 医用画像情報の標準と標準規格(DICOM,HL7,JJ1017,IHE等) ・ 情報システムとサーバ・コンピュータ・ネットワーク技術 ・ 医療情報システム構築、地域連携、運用管理マネージメント ・ 線量管理、法令・ガイドライン ・ 医療経営、統計、分析、知識工学 学会の活動.

次の