ふじた に あやこ。 藤谷文子の情報 (ふじたにあやこ) 芸能人・有名人Wiki検索[誕生日、出身地]

ふじた歯科クリニック

ふじた に あやこ

来歴 [ ] 大学在学中に銀座の前でデートの待ち合わせ中にスカウトされて、に入社。 に『』でスクリーンデビュー。 ニューフェイスとしてのデビューだったものの、当初はエキストラに近い役もあった。 そこで、当時、斬新な演出で人気監督となっていたのもとを訪ね、出演をアピールするも、返ってきたのは「君にはのような育ちの良さも何もない」というきついダメ出しだったという。 しかしこのことが俳優としての転機になったと後に本人がのインタビューで語っている。 または著書で藤について、スーパースターにはならないが、必ずいい役者になると思ったと語っている。 さらに日活時代に舛田の助監督を務めていたも同様に「必ずものになる」と思ったと語っている。 そうした証言の通り、日活がニューアクション路線にシフトすると、監督作品や監督作品などで準主役を務めるようになった。 、日活が一般映画の製作から撤退すると、一時、東映に籍を置くものの、作品には恵まれなかった。 そんな中、になってテレビドラマ『』で演じた謎の男・風間役で静かにブレーク。 作詞は『時間ですよ』で藤を起用したプロデューサーの(小谷夏名義)だった。 久世はその後も『』()や『』()などでも藤を起用するなど、藤がお茶の間的人気を獲得するのに大きく貢献した。 、監督の『』に出演。 劇中でととのを演じ大きな話題となった。 また同作品で第1回主演男優賞を受賞した。 『愛のコリーダ』に出演を決めた理由について、「ストーリーがピュアで良かった」から。 「あの時、断っていたら自分自身に負けた。 一生、後悔しただろう」と話した。 またベッドシーンについては藤とヒロインの松田英子、そして大島監督の3人だけで撮影を行っていたという。 しかしこの作品の影響からか、翌年は俳優の仕事から遠ざかった。 、『』で復帰。 以降は『』や『』などのアクションや、現代劇を中心にテレビドラマ・映画で活躍する。 『大追跡』の出演交渉に際して、プロデューサーのから「実際の主役は藤で、加山は『』の的な存在である」と聞かされ、出演を了承したという。 また『大追跡』などの脚本を手がけたは、藤がたびたびセリフを変更したが、そのセンスの良さに驚き、とても敵わないと思ったと語っている。 1980年代にはタバコのCMに出演するなど、ダンディーな中年俳優として人気を獲得し、3冊の写真集が発売された。 2000年代は監督の『』を始め若手監督の作品にも意欲的に出演している。 『』(監督)で第8回最優秀男優賞を受賞。 を迎えた2010年代も第一線での活躍が続き、2015年にはNHKのドラマ『』で主演。 記者会見で藤はを演じることについて「僕が演じるのは絶対に間違いだと思ったけど、晩年なのでいいかな」と語っている。 また2015年には監督の映画『』でも主演。 この演技で第25回の主演男優賞を受賞した。 出演オファーが届いた際、藤は「新手の詐欺じゃないか?」と疑ったという。 1962年より、1970年代にはとを経て、1975年より所属。 2005年には30年来担当したマネージャーが脳卒中により退任(2010年8月27日死去)しオフィスA・Tが消滅したため、2006年に個人事務所としてを設立した。 人物とエピソード [ ]• 過去の趣味は。 陶芸好きから映画『』ではと共演、『』でも陶芸家の役で出演している。 地元であるにおいて1995年から1998年の間に計3回、またにおいても2006年に「藤竜也 陶芸展」を開催している。 回転寿司が好物で、毎週必ず回転寿司に通っている。 からは「タツ」の愛称で大変かわいがられていた。 藤と芦川の結婚の際も、石原が日活の重役たちに了承させ、藤に結婚式のタキシードも贈った。 スポーツジム等で身体を鍛える俳優の先駆者といえる存在と言われることがあるが 、藤自身は自分より先に体を鍛えていた俳優も居たので、自身はそうは考えていないが、そう言われるのは自分に対しての悪くない評価であり、有り難く受けとめると語っている。 また毎日のように鍛えていたのは、日活入社したものの決して毎日のように仕事があったわけではなく、むしろ暇であったからで、毎日のように行けば自分の存在を忘れられないであろう、そして何かしらいいことがあるであろうと考えていたためだと語った。 『』で人気を博した頃にはすでに肉体を筋肉質へと変貌させた。 藤は演技というものについて、演技には上手いも下手も無い、また他人の演技を下手だと思ったことは一度もなく、役者にはいろんな人が居ていい、たとえ下手な演技があるとしても、それも芸のうちだと考えていると語った。 出演作品 [ ] 映画 [ ]• 望郷の海(1962年、) - 清• 若い旋風(1962年、日活) - 川口• 午前零時の出獄(1963年、日活) - 愚連隊• (1963年、日活) - 浩• 黒い太陽(1964年、日活)• 黒い海峡(1964年、日活) - 香山三郎• ギャングの肖像(1965年、日活) - 毛利健次• (1965年、日活) - 上杉家早馬の若侍• (1965年、日活) - 狩谷広志• (1965年、日活) - 次郎• (1965年、日活) - 川口徹• (1965年、日活) - 郷田剛• 四つの恋の物語(1965年、日活) - 長田吉夫• 哀愁の夜(1966年、日活) - 吉田一也• (1966年、日活) - 矢島耕一• (1966年、日活) - 佐治潤一郎• (1966年、日活) - 国分英次• (1967年、日活) - 倉田新次• (1967年、日活) - ジョージ井上• 嵐来たり去る(1967年、日活) - 峰浩• (1967年、日活) - 田沼明夫• 黄金の野郎ども(1967年、日活) - 三鬼武• (1968年、日活) - 鈴木• 昭和のいのち(1968年、日活) - 地下鉄のサブ• (1968年、日活) - 泉川• (1968年、日活) - 林田昌彦• (1969年、日活) - 松田• 1969年、日活• (1969年、日活) - 寺前親分• (1969年、日活) - 早崎明夫• 昇り竜やわ肌開帳(1969年、日活) - 風巻• (1969年、日活) - 湊茂夫• (1969年、日活) - 野寺幸吉• (1969年、日活) - 常吉• 朱鞘仁義 お命頂戴(1969年、日活) - 夜桜の清治• 嵐の勇者たち(1969年、日活) - 太郎• (1970年、日活) - 直人• (1970年、日活) - 境• (1970年、日活) - 滝川政次• シリーズ(1970年 - 1971年、日活)• 女番長 野良猫ロック(1970年) - 勝也• 野良猫ロック ワイルド・ジャンボ(1970年) - ガニ新• 野良猫ロック セックス・ハンター(1970年) - バロン• 野良猫ロック マシン・アニマル(1970年) - ノボ• 野良猫ロック 暴走集団'71(1971年) - マッポ• (1971年、日活) - 小沢浩次• (1971年、日活) - 沢木• 不良少女 魔子(1971年、日活) - 田辺• 追いつめる(1972年、) - 乗松刑事• 不良番長 のら犬機動隊(1972年、) - サブ• 不良番長 一網打尽(1972年、東映) - 力石一• (1972年、東映)• 不良番長 骨までしゃぶれ(1972年、東映) - 虎尾鉄男• (1974年、東映) - 白鳥真一• アフリカの光(1975年、) - 穴吹• (1976年、) - 吉蔵• (1978年、東宝東和) - 田中豊次• (1979年、東宝) - 江上周作• (1986年、東映) - 秋葉大三郎• (1987年、松竹) - 安部直也• (1988年、にっかつ) - 梶竜介• (1994年、) - 鈴森雄太• 裏ゴト師(1995年、パル企画) - 狩野誠治• (1996年、東宝) - 佐古田洋三• 猫の息子(1997年、) - 仁賀丈太(猫)• (1998年、東映) - 謎の老人(怪盗X)• (2003年、) - 有田真一郎• (2003年、シネマパラダイス) - 芹田軍司• (2004年、ビデオプランニング) - 高橋研一• (2004年、東宝) - 源太郎• (2004年、) - 菅野武雅• (2005年、ZUNO FILMS) - 陶芸家・琢磨• (2007年、松竹) - 内閣総理大臣・渡良瀬隆文• (2008年、東映) - 王慶国• (2008年、東宝) - 仁志稔• (2010年、) - 田中十二夫• (2011年、東映、監督)• (2011年、) - 奥津京介の祖父• (2012年、) - 丸川靖信• (2012年)- 徳本輝雄• (2013年、、監督:• (2014年、東映)- 大崎俊太郎• (2014年、日活)- 大塩• (2014年、松竹) - 秋元和衛• (2016年、) - 彩のお父さん 役• (2019年、) - 武井勝 役• (2019年、) - 湧井継治 役• (2019年、) - 鈴木一鉄 役• (2020年、) - 井上弘 役 テレビドラマ [ ]• (1970年、)• 第4話「火を吐く幻の罠」(1970年)• 第100話「命を贈った男」(1973年)• (NET)• 第526話「ある男と女」(1971年) - 糸吹• 第540話「夜の誘惑者」(1972年) - 北川• 第558話「野獣の凄む街」(1972年) - 田沼• 第19話「お江戸の恋の物語」(1972年、) - 賢太郎• 第9話「脱出 死を呼ぶ谷」(1972年、NET)• 第12話「傷だらけの美女が告白する」(1972年、) - 木島次郎• (1972年、) - 吉木信弘• 第11話「大つごもり」(1972年、) - 吉三郎• 第200話「残酷猟奇な殺し屋」(1973年、12ch)• 第136話「泣きぼくろに惚れた男」(1973年、NET) - 常次郎• 第46話「黒幕は誰だ」(1973年、NTV) - 三浦• 第8話「天使の葬列」(1973年、)• (1973年、TBS) - 風間• (1974年、TBS) - 上条• (1974年、NHK) -• (1975年6月 - 9月、TBS) - 野々村修二• (1975年9月 - 1976年2月、CX) - 結城刑事• (1978年4月 - 9月、NTV) - 水原慎介• (1980年、TBS)• (TBS)• 離婚ともだち(1980年)• さりげなく憎いやつ(1982年)-原田圭介• (1981年、NTV) - 水原淳• はじめまして・再婚(1982年、TBS)• (1983年、TBS)-小早川遼• (1983年、TBS)• (1985年、TBS)• (1985年、) - 嵐京介警視• (1986年、TBS) - 鏡拓郎• (1987年10月 - 1988年3月、ANB) - 小池柾刑事• (1992年4月 - 6月、) - 岩城丈二• (1993年2月5日 CX)• 4(1997年5月、TBS)• (1998年4月 - 7月、CX) - 津守栄治• (2000年、TBS) - 倉沢啓吾• (2001年4月28日、ANB) - 古賀十二郎• (2001年、NHK) - 佐志房• (2003年、NHK) - 立花豪• (2003年11月29日、CX) - 塚田浩司• (2005年、TBS) - 白川隆一郎• (2006年、TBS) - 杉山伝命• (2006年12月9日、CX) - ・• (2010年、NHK) - 三田村幸助• (2012年、CX) - 東海林秀蔵• (2016年、) - 追川真美• (2017年、) - 高井秀次• 第43回創作テレビドラマ大賞 ゴールド!(2020年3月27日、NHK-G) - 柴田政継 オリジナルビデオ [ ]• ガン・ブレス 死ぬにはもってこいの夜(1998年、) コマーシャル [ ]• (現・)「旅立ち篇」と共演。 香水:インシデント• メンズカジュアル:ベスビオ• 「エアコン」• 「キャベ2コーワ」『』で共演のとの再共演。 「HOYA」• 「キリン ブラウマイスタービール」• 「サントリー 金麦」 書籍 [ ] 写真集• 宮本唯志撮影『WIND JOURNEY』(1984年、)• 利根川克正撮影『WIND DANCING』(1984年、駸々堂出版)• 利根川克正撮影『藤竜也』(1987年、ハゴロモ) エッセイ• 『現在進行形の男』(2015年10月10日、) 小説• 「石垣島にて」(『』1974年2月号)• 「ストレンジャー・ブルース」(『話の特集』1974年7月号)• 「熱い砂のむこうに」(『話の特集』1975年11月号) その他• 『沖雅也と「大追跡」』70年代が生んだアクションの寵児 (題字担当。 また藤の沖と『大追跡』についてのインタビュー掲載がされている。 ) 音楽 [ ]• 『藤竜也』• LP『続・藤竜也』• LP『イン・ザ・メロウ・ウィンド』()• エディとは親交があり音楽活動のサポートを受けた、、、、、らが好んでカバーしていた。 その他 [ ]• (東映ビデオ)• が主演を想定して書き下ろした脚本をベースとし、のリリースラインナップとして藤主演・監督で製作発表が行われるも撮影中止になった。 その後、主演・監督で『』として完成。 脚注 [ ] []• Asahi web. 2017年7月27日時点の [ ]よりアーカイブ。 2017年7月27日閲覧。 『読売年鑑』2016年版、、2016年、557頁。 177• BS朝日. 2020年5月23日閲覧。 、『映画監督 舛田利雄 アクション映画の巨星 舛田利雄のすべて』、2007年、177頁。 ニュースウォーカー. 2017年7月27日閲覧。 ZAKZAK. 2017年7月23日閲覧。 ニュースウォーカー. 2017年7月27日閲覧。 , pp. 170-173• , pp. 192-193• アジアンパラダイス. 2017閲覧。 TVガイドデイリー. 2017年7月24日閲覧。 ナターシャ 2016年1月26日. 2016年1月27日閲覧。 AERA DOT 2015年4月27日. 2020年5月21日閲覧。 定年時代. 新聞編集センター. 2017年7月23日閲覧。 斉藤蓮 2016年10月6日. 2017年7月23日閲覧。 2017年7月26日閲覧。 , p. 104• , pp. 104-105• , p. 2005年5月18日時点のよりアーカイブ。 2019年5月24日閲覧。 com 2015年10月16日. 2015年10月16日閲覧。 映画ナタリー. 2016年10月31日. 2016年10月31日閲覧。 映画ナタリー. 2018年9月26日閲覧。 映画ナタリー. 2018年11月16日. 2018年11月16日閲覧。 映画ナタリー. 2019年1月22日. 2019年1月22日閲覧。 シネマカフェ 2016年5月31日. 2016年6月13日閲覧。 参考文献 [ ]• 藤竜也『現在進行形の男』、2015年。 山本俊輔、佐藤洋笑『NTV火曜9時 アクションドラマの世界『大都会』から『プロハンター』まで』、2015年。 外部リンク [ ]•

次の

藤田弓子

ふじた に あやこ

人物 [ ] に生まれ、父親がで、、などで育つ。 を趣味とする。 を経て を卒業後、にNHK入局。 嗜好・挿話 [ ]• のでデビュー。 入局当初はスポーツを担当し、中継で「NHKの女性アナウンサー初」の冠事項を担う。 自身が出演する『』の担当ディレクターと2003年に結婚した。 二度目の大阪勤務はも担当する。 「」「パビリオン」に展示された人間型ロボット「リプリーQ1expo」のモデルとなった。 2008年2月8日に生放送された討論形式の番組「『新知事・市長に問う 大阪の、これから』」で司会し、討論中にスタジオへ到着したを「約30分の遅刻で到着されました」と紹介した。 橋下は、あらかじめ公務のため放送開始時刻に遅れると伝えるもNHKの要求が強いことから出演した。 橋下はこの言動で番組中に激怒し、番組後ので「『公務だ』とスタジオに連れて行かれ、女性司会者に頭にきた。 出演前後の挨拶も無かった」「局に呼びつけられることが公務とは思わないので、今後、NHKには一切出ない」 と述べた。 NHK大阪放送局広報部は「藤井の発言は場を和ませようとしたもの」としている。 は深夜のニュース番組のキャスターを担当し、からバラエティー番組の進行役も携わる。 1月に離婚 し、3月にのと再婚 した。 担当番組 [ ] 松江放送局時代• のニュース・気象情報・中継 等 大阪放送局時代• のニュース・気象情報・中継 等 年度 番組 担当 備考 *印は地域ローカル、無印は全国ネット。 現在の担当番組 2012 - () 進行役 2012年度は最終週、2013年度は第1週担当 過去の担当番組 * 実況 大会や春と秋の中国地方大会など 1999 ラジオ実況 2000 - 2001 スポーツほか 2002 - 2003 スポーツ 2004 - 2005 * 進行 2005 - 2006 全国高等学校野球選手権大会 開会式進行 、 2005 リポート 12月15日放送 (・) 2006 、 進行 大阪発 2006 ナレーション 大阪局制作分 2006 - 2008 * 進行 随時 2007 - 2008 * ナレーション 毎年9月1日 2007 - 2008 * 進行 2009 メインキャスター スポーツニュース兼務 2010 進行役 2010 リポーター 随時 2011 リポーター 随時 2011 進行 2012 オリンピック名場面は テーマ曲とともに 司会 7月16日放送、ラジオ第1 2012 - 2020 () アンカー 8年間 脚注 [ ] []• NHK女性アナウンサー戦後50年プロジェクト編『NHKラジオ深夜便 日本列島女たちの50年』ドメス出版 1995年12月• 同期生にはアナ、(元・大阪市長)がいる。 NHK女性初のラジオ中継をしたのはのとの隣県同士の戦いだった。 試合は小松5-1新湊だったが、9回表に同点になり11回に新湊が4点を追加して逆転して勝った大逆転の試合だった。 この日は当時のアナウンサーが初めてのテレビ中継を担当した日でもあった(「〈私と甲子園5〉実況席で大きさ実感 赤江珠緒さん」)。 アナ 2018年7月31日. NHK大阪放送局. 2018年8月6日閲覧。 2005年11月2日. 2014年1月2日時点のよりアーカイブ。 2018年6月16日閲覧。 株式会社クーリエ みんなの介護 2018年6月4日. 2020年5月12日閲覧。 橋下府知事「NHKのスタジオ収録には出ない」『朝日新聞』2008年2月9日• 2013年3月14日• 2013年3月14日• 2013年3月15日• 外部リンク [ ]•

次の

ふじたや

ふじた に あやこ

略歴 [ ] 、映画『』のヒロイン・草薙浅黄役で映画デビュー。 ガメラと唯一心の交信ができる少女を演じ、新人賞を受賞した。 公開の『』と公開の『』でも同役を演じ、代表作となった。 、自らの小説『逃避夢・焼け犬』を映画化した『』に主演。 、の短編ドラマを演出、 にて放送。 、監督の『熱海の捜査官』で、初の連続ドラマに出演。 、映画『』の脚本家で、プロデューサーのハヴィエル・グヨンと結婚。 三井不動産販売「三井のリハウス」6代目()で注目を集める。 と日本に拠点を構えて活動しており、会員で、が晩年に率いたバンドの1つ"FATHER'S GIRLS"のメンバーでもある。 出演 [ ] 映画 [ ]• - 草薙浅黄 役• (1995年)• (1996年)• (1999年)• こんど逢うとき When we see again. (1996年)• MUSASHI (1999年)• まぐろのしっぽ (2000年) つんくタウン企画• (2000年)- 店員 役• (2000年)• STAY FREE (2002年)• サンサーラ (2003年)• 戦 IKUSA (2005年)• (2007年)- 女王 役• ドモ又の死 (2008年)• 「インテリア・デザイン」(2008年) - ヒロコ 役• YOSHIMOTO DIRECTOR'S 100 少林作家• (2012年11月3日)- 結花の母 役• (2014年)• (2015年3月14日、、監督) - 児島聡子 役 テレビドラマ [ ]• 第2シリーズ第2話「笑わない女」(、) - 生徒 役• (、) - 吉田 役• 第10話(2002年、) - 夏来 役• 第11話「バラージの預言」(、) - 考古学者・坂田由里 役• (、) - 敷島澪 役• 第11話、第12話(2010年12月16日、12月23日、) - 椎名遥 役• シーズン3 (、) - キョウコ 役 舞台 [ ]• ハイキング フォー ヒューマンライフ ()• PORE ()• 本公演 21st 功夫ジョン ()• 黒猫 ()• キミドリ () ネットドラマ [ ]• シーズン4(、) テレビ番組 [ ]• (4月16日 - 3月25日、)• 美しきルネサンスの都に イタリア芸術とネオジャパネスクが競演! 表 博耀の華麗なる挑戦! (1月2日、)• の誰に言うでもない、さようなら It's Only a Talkshow 3 (3月、)• 作品集『Michel Gondry 2: More Videos (Before and After DVD 1)』 Ayako's Story (、ドキュメンタリー)• (、2016年9月13日23:00~23:54) オリジナルビデオ [ ]• 、 - サンタクロース 役 DVD [ ]• ウルトラマンマックス Vol. 4「ココの目 物語を彩る女性たち」(2006年、) CM [ ]• 「三井のリハウス」 ( - 1994年)• 「」 ( - )• 「」 (1994年 - 1996年)• 「つるるん小町」 ()• 「Vo. 5 シャンプー」 ( - )• 「」 (1997年) 父・セガールと共演• 「」 ()• 「Q10AA」 () ナレーション• ベル ジャポン株式会社「」 (-) ゲーム [ ]• () 著作 [ ]• The Doors (2013年)• Bow Wow Bow (2015年) 翻訳 [ ]• スティッチ あるアーティストの傷の記憶(2013年11月、) 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [].

次の