カナヲ全体。 蝶屋敷 (ちょうやしき)とは【ピクシブ百科事典】

カナヲの日輪刀は何色?鍔もかわいい【鬼滅の刃】

カナヲ全体

鬼滅の刃【ネタバレ】163話 伊之助とカナヲは、亡くなった蟲柱〝胡蝶しのぶ〟の毒の力によって 上弦の弐・童磨の頸を斬ることに成功する。 そして頸を斬られた童磨は・・・自分の最期を無感情に悟るのであった。 その後床に転がった童磨の頭を踏みつけて完全に消滅させる伊之助。 改めて母の愛を感じた伊之助の目には涙が光るのであった。 一方、右目の視力を失い・・・傷付き疲れたカナヲ。 が、気力を振り絞って辺り一面を探し しのぶの形見でもある〝髪飾り〟を見つけ出す。 カナヲは「カナエ・しのぶ姉妹」の2つの〝髪飾り〟を抱きしめる。 するとカナヲは2人の愛に包まれ、 姉妹があの世で両親の愛に包まれ 幸せになっているのを感じ取る。 と———— その光景は 今まで涙を封印してきた カナヲの心を激しく揺り動かし カナヲの頬は大粒の涙で染まるのであった—————————。 頭だけの童磨が 朽ち果てながら空中を舞う。 俺が こんな雑魚に負けるなんて。 あんな 剣士ですらない〝毒使い〟に———— これで消滅するなんて・・・ 俺が可哀想過ぎる。 これ程人に尽くし 世の中に貢献して生きてきた この俺が————— そうだ・・・ まだわからない。 諦めちゃいけない。 死なないかもしれないじゃないか。 ボロ・・・ うわ——— 体が崩れ始めた。 やっぱり俺は死ぬんだ。 ・・・・・ あ———— やっぱりだ。 駄目だ、何も感じない。 死ぬことが怖くもないし 負けたことが悔しくもない。 思えば俺はずうっとこうだったなぁ・・・。 俺が子供の頃に————— 色狂いの父をめった刺しにして殺した母が 半狂乱になりながら服毒自殺した時も—————— 部屋を汚さないでほしいなぁとか 血の匂いが臭くて早く換気しなきゃとか そんな事ばかり頭に浮かんで 悲しいとか 寂しいとかは ほんの一瞬も感じなかった。 二十歳の時に無惨様に鬼にして貰って 百年以上は生きたけど 結局〝人間の感情〟は————— 俺にとっては他所事の 夢幻だったなぁ・・・ と!? 突然! 童磨の目の前に 〝胡蝶しのぶ〟が現れるのであった————————!! 頸を斬られて崩れ去りながらも 相変わらず狂った論理を振りかざす童磨。 これだけ自分本位で物事を考えれる童磨が羨ましいと思ったのは 私だけではない筈!! こんな性格で世の中を生きれたら どれだけ楽で、全然ストレスも感じないだろうなぁと ついつい想像してしまうのである。 そして童磨は自分の死と向き合っても何も感じず 淡々と過去を振り返り続ける。 やはりこれだけ顕著な感情の欠如は普通ではありえず もしかして童磨は————— 〝感情欠落症〟みたいな病気であったのでは? とそこまで突っ込みたくなってしまう。 読者にこれだけの想像力を喚起させる このキャラ造形に 作者の上手さを感じずにはいられない!! と、そこに現れた胡蝶しのぶ!? 彼女は何をしに・・・どうしてあらわれたのか? 早く続きを読み進めよう。 童磨の恋 「あ、やっと死にました? 良かった。 」 しのぶは笑顔で言う。 「これで私も安心して成仏できます。 」 童磨の頭を右手に持ったしのぶは 自分の目線に童磨の頭を掲げ持つ。 「・・・やあ・・・しのぶちゃんだったかな?」 「気色悪いので名前は呼ばないでください。 」 しのぶが冷たく笑う。 「すごかったね・・・あの毒の威力。 回りきるまで全く気づかなかったよ。 」頭だけの童磨が言う。 「・・・まぁ、そうでしょうね。 あの毒は鬼の珠世さんが 協力して作ってくださったものですからね。 」 しのぶは続ける。 結果万歳です。 」しのぶはニッコリする。 「まだ〝鬼舞辻無惨〟が残っていますが・・・ きっともう大丈夫。 仲間の誰かが必ずやり遂げてくれる・・・。 私はそう確信しています。 」 (そんなしのぶをジッと見つめる童磨。 ) 「・・・わぁ・・・何だろう・・・何だろうこれ・・・。 」 童磨が呟く。 「どうかしましたか?」しのぶが尋ねる。 」 (しのぶはキョトンとする。 ) 「こんな感覚が本当に存在したんだね! もしかすると天国や地獄もあるのかな?」 童磨は頬を赤らめる。 こんなにも〝地獄に堕ちろ〟と心から思わせてくれる キャラは他にはいないのでる!! 伊之助の涙 「口程にもねえ野郎だぜ!」 ダン ダン! 伊之助は床を踏み続ける! 「ワーハハハ! トドメじゃアア!!」 そして 童磨の頭が塵となった後を グリグリとつま先で捻じり上げる。 「仇は討ったぜ! ワーハハハハ!」 「へふ!?」 伊之助は突然倒れ・・・尻もちをつく!! 疲労と負傷とアドレナリン切れで 一気に力が抜けたのだ。 ゼイ ゼイ ゼイ・・・ 「俺には母親はいねぇ!!」 伊之助は気絶寸前の心を鼓舞する。 と! 目の前にいきなり炭治郎が現れる!! 「お母さんは誰にでもいるよ。 」炭治郎が優しく諭す。 「だったら俺は捨て子だ! 母親は俺がいらなかったんだ。 」 「やむに已まれぬ事情があったんだろう・・・。 」 突然善逸がしゃしゃり出る。 「伊之助、そんなふうに言わないであげてくれよ。 」 炭治郎は優しく微笑む。 「伊之助の御母さんはきっと・・・ 伊之助のことが大好きだったと思うよ!」 伊之助の脳裡に——— 赤ちゃんの頃の自分を 優しい微笑みで抱きしめ包み込む 美しい母の姿がフラッシュバックする。 伊之助の両目から たちまち涙が溢れ出す。 赤ちゃんの頃の ほんの僅かな記憶が伊之助の中に甦り、 その母の優しさと愛に触れて涙が零れ落ちる。 どんなに伊之助が忘れていようと、 どんなに伊之助が自分は1人だと強がっていようとも 伊之助の記憶の片隅には 母の姿が 母の愛が しっかりと刻み込まれていたのだ! やはり〝母の愛は強し〟なのである!! 感涙!! カナヲの涙 カナヲはカナエの髪飾りを握り締め 童磨が死んだためにできた 床全体に広がった〝水たまり〟の中へと入って行く。 バシャバシャ どこ・・・何処にあるの・・・ 飾り・・・髪飾り・・・ しのぶ姉さんの髪飾り・・・ 〝右目〟が・・・もう殆ど見えない・・・。 力を短時間しか使わなかったから まだこの程度で済んだ・・・。 でも・・・ 前にもらった カナエ姉さんの〝髪飾り〟も壊れてしまった・・・ ごめんなさい姉さん ごめんなさい 私あの時泣けなくてごめんなさい。 (その時、カナヲの心に 昔の記憶が鮮やかに蘇るのであった。 みんな優しかった。 だからいっぱいいっぱい 心の中で言い訳をしてた。 小さい頃は———— 私が泣くと 父親に蹴飛ばされたり踏まれたの 引き摺り回されて 水に浸けられるの 殴られた弾みで 悪いところにに当たって 次の朝には———— 冷たくなっていた兄弟が何人もいた。 ずっとそうしてきたから・・・ 泣かないようにしてきたから・・・ 急には泣けなかったの。 本当にごめんなさい。 でも姉さん、 私ちゃんとできたよね? 頑張ったよね? 前に姉さんに言われた通りに 仲間を大切にしていたら・・・助けてくれたよ。 一人じゃ無理だったけど 仲間が助けに来てくれた。 あっ・・・ バシャッ!! カナヲの手には 〝しのぶの髪飾り〟がしっかりと握られていた!! バッ! (カナヲは〝髪飾り〟を両手で抱きしめる。 カナヲは顔を上げる。 そのカナヲの眼の前には—————————— しっかりと手を握り締めて 見つめ合い微笑む 着物姿のカナエとしのぶ姉妹がいた。 「お父さん、お母さん!」 二人は手を振って現れた両親の元へと駆け寄り 親子四人は強く抱きしめ合う。 カナヲの 髪飾りを握った両手に力が入る。 そして更にギュッと抱きしめる。 その時・・・ 大粒の 滝の様な涙が————— カナヲの目から 止めどなく 零れ落ちるのであった————————。 長い長い封印から解き放たれた 〝カナヲの涙〟が止めどなく零れ落ちる。 胡蝶姉妹の優しさがカナヲの心を溶かしたのだ! やっぱり人との出会いは「心の財産」で————— 良い人と出会えば出会うほど 人間を———— 人の心を変えることができるのだという事を 改めて教えられた気がする。 鬼滅の刃163話の感想 今回の「鬼滅の刃」は————— 〝美しい涙〟の回である。 1.「伊之助の涙」 優しく美しかった母親に 確かに愛されていた事を心が・・・本能が感じとり、 その愛に改めて触れ、実感し、母の想いに気付かされて 涙を零すのである。 2.「カナヲの涙」 今まで泣くことを封印してきたカナヲが カナエとしのぶ姉妹の愛に触れ 二人があの世で 両親に抱きしめられる姿に心動かされ 全ての感情が沸き上がり 滝の涙を流すのである。 この2人の美しい涙に共通しているのは 「人間同士の深い愛」 そして———— 「愛する人から与えられた無償の愛」!! そう、この2つが圧倒的に強い愛となって 伊之助とカナヲに降り注ぐのだ!! 今までどこか孤独で、独りぼっちだったと 思っていた・・・信じこもうとしていた伊之助とカナヲ。

次の

【鬼滅の刃】栗花落カナヲは炭治郎の好みのタイプ!?魅力が分かる6つの知識!【鬼滅の刃】

カナヲ全体

サイドテールに紫色の瞳、蝶の髪飾りが特徴。 スカートの隊服にブーツを着用している。 前花柱の胡蝶カナエと、蟲柱・胡蝶しのぶの義妹である。 常に笑顔を浮かべており、自ら話す事がない。 これは幼少期に虐待を受けたことに原因がある。 自分の意見を持っておらず、指示されたこと以外はコイントスで自身の行動を決める。 しかし、炭治郎との出会いにより徐々に自身の考えで動くようになった。 『花の呼吸』を使用して戦闘を行う。 人並み外れた視覚を有している。 敵の肩や視線、つま先、膝など、体全体の動きから攻撃を予測する事ができる。 蟲柱の胡蝶しのぶの『継子(才能を認められた柱の直弟子)』であり、炭治郎たちよりも早く『全集中の呼吸・常中(全集中の呼吸を常に行う事)』を体得していた。 栗花落カナヲの来歴・活躍 虐待されて育ったカナヲ カナヲは両親から虐待されて育った。 両親はカナヲが泣くとさらに暴力を振るい、水の中へ沈めた(カナヲには兄妹がいたが、虐待により死亡したと思われる)。 その行き過ぎた暴力から逃れるために、カナヲは視覚が異常に発達して致命傷を避けていた。 カナヲはある時期まで痛みや辛さを感じていたが、ある時から糸が切れたように何も感じなくなった。 その後、カナヲは人買いに売られてしまう。 人買いに連れられて歩いているカナヲを胡蝶カナエと、その妹である胡蝶しのぶが見つける。 カナエとしのぶはカナヲを人買いから救って連れ帰った。 カナヲは虐待されていたせいで自分で考えて動くことができず、ご飯を出されても食べようとしなかった。 そこでカナエはカナヲにコインを渡し、迷った時はコインを投げて決めるようにアドバイスした。 その能天気な考えにしのぶは怒ったが、カナエは「きっかけさえあれば人の心は花開くから大丈夫。 いつか好きな男の子でもできたらカナヲだって変わるわよ。 」と微笑んだ。 それからカナヲはカナエとしのぶの妹となり、一緒に暮らすようになった。 その後、カナヲは最終選別試験を潜り抜け鬼殺隊に入隊した。 同じ試験を受けていた炭治郎や善逸は傷だらけだったが、カナヲだけは汚れひとつ付かずに涼しい顔をしていた。 炭治郎との出会い 炭治郎に心のままに生きるように決められたカナヲ 炭治郎たちは『機能回復訓練』を終え、次の任務に出ることになった。 炭治郎は世話になったカナヲに挨拶に行く。 カナヲは礼を言う炭治郎に対し、ニコニコ微笑んでいるだけだった。 しかし、炭治郎がいつまでたっても帰らないため、コインを投げ、表が出たために「師範の指示に従っただけなのでお礼を言われる筋合いは無いから。 さようなら。 」と話した。 だが炭治郎は帰るどころか腰を下ろし「今投げたのは何?」「表と裏って書いてあるね。 なんで投げたの?」「あんなに回るんだね。 」と話し出した。 カナヲは最初は受け流していたが、折れることがない炭治郎に「指示されてないことはこれを投げて決める。 今あなたと話すか話さないか決めた。 」と話した。 すると炭治郎は「なんで自分で決めないの?カナヲはどうしたかった?」と問う。 カナヲが「どうでもいいの。 全部どうでもいいから自分で決められないの。 」と言うと、炭治郎は「この世にどうでもいいことなんて無いと思うよ。 きっとカナヲは心の声が小さいんだろうな。 」と返した。 炭治郎は少し悩んだ後、カナヲのコインを持ち「よし!投げて決めよう!カナヲがこれから自分の心の声をよく聞くこと!表!表にしよう!表が出たらカナヲは心のままに生きる!」と言ってコインを投げた。 炭治郎が投げたコインは表だった。 炭治郎はカナヲの手を握り、「カナヲ!頑張れ!人は心が原動力だから!心はどこまでも強くなれる!」と言ってその場を去ろうとした。 カナヲは慌てて「なっ何で表を出せたの?」と聞いた。 すると炭治郎は「偶然だよ。 それに裏が出ても、表が出るまで何度でも投げ続けようと思ってたから。 」と笑顔で答えた。 炭治郎が去った後、カナヲはコインを大事そうに握った。 その後、カナヲは徐々に自分の考えを口にするようになった。 童磨を非難するカナヲ 童磨は上弦の参である猗窩座が倒された事を察しており(炭治郎と水柱の冨岡義勇が倒した)、「悲しい。 一番の友人だったのに …。 」と言って涙を流した。 カナヲはそんな童磨を見て「もう嘘ばっかり吐かなくていいから。 」と言った。 童磨はその言葉に疑問を抱く。 カナヲは一番の友達が死んだというのに、顔色に全く変化がないことを指摘した。 そして「貴方何も感じないんでしょ?この世に生まれてきた人たちが、当たり前に感じている喜び、悲しみや怒り、体が震えるような感動を。 でも貴方は頭が良かったから嘘を吐いて取り繕った。 自分の心に感覚がないってばれないよう、楽しいふり、悲しいふり。 貴方には、嬉しいことも、楽しいことも、苦しいことも、つらいことも、本当は空っぽで何もないのに。 滑稽だね。 馬鹿みたい。 ふふっ。 貴方何のために生まれてきたの?」とカナヲは言った。 童磨はいつも笑顔を浮かべている鬼だが、この時は真顔で「君みたいな意地の悪い子初めてだよ。 何でそんな酷いこと言うのかな?」と言った。 伊之助に助けられたカナヲ 童磨は氷の血鬼術を使うが、カナエはその冷気を全く吸わなかった。 しのぶが死ぬ間際に指文字でカナヲに童磨の能力を伝えてはいたが、それでも戦闘をしながら一度も冷気を吸わないのは至難の技だった。 童磨はカナヲの事を「ややもすると、今喰った柱の娘より実力があるのかもしれない。 」と評した。 童磨と対峙したカナヲは震えが止まらないほどのプレッシャーを感じていた。 しかし、それを上回る憎悪がカナヲの中に渦巻いていた。 カナヲは優れた視力により童磨の攻撃を予見し攻撃を避けていた。 それに気づいた童磨は次々に広範囲に効果が及ぶ血鬼術を使用し、カナヲは遠ざけられた。 距離が離れているのにも関わらず、童磨はカナヲの視界から消え、次の瞬間には日輪刀を奪っていた。 そして童磨は血鬼術をカナヲに向けて放った。 カナヲは成す術がなかったが、その時、天井から同期の鬼殺隊の剣士である嘴平伊之助が落ちてきてカナヲ助けた。 伊之助は傷ついたカナヲ見て「おまっ…ボロボロじゃねーか!何してんだ!怪我したらお前アレだぞ!しのぶが怒るぞ!すげー怒るからなアイツ!」と口にした。 それを聞いたカナヲは悲しみの表情を浮かべた。 その表情を見た伊之助は「死んだのか?しのぶ。 」と問い、しのぶから優しくされたことを思い出した。 そして童磨に向き直った伊之助は「咬み殺してやる塵が。 」と吐き捨てた。 その後、伊之助の素顔を見た童磨は、伊之助の事を見たことがあると口にした。 童磨は伊之助の母親を殺しており、伊之助が山に捨てられたのはそのためだった。 母親の事を思い出した伊之助は「ただ頸を斬るだけじゃ足りねぇ!お前には地獄を見せてやる!」と叫んだ。

次の

鬼滅の刃のカナヲの強さ能力は?花の呼吸や技を画像付きで紹介

カナヲ全体

しのぶ: 「そのような甘い考えは今すぐこの場で捨てなさい」 「上弦の強さは少なくとも柱三人分の強さに匹敵します」 「しかし姉からの情報によればその上弦の弐」 「女を喰うことに異様な執着があり 維持汚らしい」 「身体能力が高く優秀な肉体を持つ『柱』 加えて『女』であればまず間違いなく喰うでしょう」 現在自分の体の中には高濃度の藤の鼻の毒が回っていると言います。 カナヲは自分も体に毒を持ちたいと言いますが、しのぶさんによればそのような体になるまでに1年かかり、被験者のしのぶさん自身が初なのでカナヲにはダメだと断ります。 bloodyregina がシェアした投稿 — 2019年10月月29日午後6時05分PDT 今の自分の体を喰らえば致死量の約70倍の毒を摂取することになるとカナヲに伝えました。 時間は現在に戻ります。 (だん) 地面に手をつく童磨。 右腕が溶け肩から下がなくなります。 童磨の体は骨から溶けていっているようです。 しのぶの毒が回ったのかと考えをめぐらす童磨ですが、毒が回っていた感覚はなかったと不思議がっています。 そんなこんなしていると童磨の氷の人形が壊れます。 「何だああ!?」「罠かァァ 何 なんかのぉぉ!!」 とびっくりする伊之助に 「違う!!師範の毒が効き始めた」 とカナヲ。 カナヲは童磨が弱っている隙を狙って伊之助に頸を切るように指示します。 ここで再びしのぶの話がカナヲの脳内に蘇ります。 たとえ命をかけた毒だとしても上弦の鬼を確実に殺せる保障はなく、お館様は無理だと判断していると言います。 しのぶ: 「だから私に」 「私が仇討ちできる確率を上げるため」 「鬼との共同研究をするよう助言した」 敵に毒が効き始めたとしても、油断せず最後は頸を切るようカナヲに伝えます。 それを思い出すカナヲは (絶対にしのぶ姉さんの命を無駄にはしない!!) と童磨に近づいていきます。 ほぼ同時に伊之助も切りかかります。 「血鬼術 霧氷・睡蓮菩薩」 巨大な氷の菩薩が二人を襲いますがかわします。 カナヲ: (ここにきてこの大技) (これ程の余力があるなんて) (凍てつく空気が広範囲に充満) 今ここで引いてしまえば相手に回復の余裕を与えてしまう、しかしこの空気を吸えば戦えなくなってしまうと考えるカナヲ。 ここで童磨の技の精度の低下に気づくカナヲ。 (苦し紛れの技なんだ)(最後の攻防だ) (私もアレを使う時だ) ここで再びしのぶさんとの過去の会話が描かれます。 しのぶ: 「その技を使うとカナヲは」 「失明するかもしれない」 自分の目のことを心配するしのぶさんのことを思い出すカナヲ。 カナヲ: (どうしてそんなことを言うの?) (自分は命さえ失おうというのにどうして私の視力の心配なんてしたんですか?) (なんて優しい人なんだろう) (なんて尊い人なの) カナヲは命をかけて守りたかったとしのぶさんのことを想います。 皆と一緒に — 🌸水鏡🌸 Suikyou394 「花の呼吸 終ノ型 ついのかた 彼岸朱眼 ひがんしゅがん」 カナヲの両目は充血で赤黒く染まっています。 カナヲの日輪刀はついに童磨の頸を捕らえますが切断までは至りません。 同時に背後からの攻撃で体が凍っていき…。 前回ラストで顔が溶け始めた童磨、やはりしのぶさんの毒が原因でしたね! 「私の全体重三十七キロ分」「致死量のおよそ七十倍です」と明かされたときは驚きました! 「危なすぎでしょ!」というのと 「体重軽っ!!」という二つの意味で(笑)。 体重があればその分毒の量が多くなるということを言っているのだと思います(それにしてもしのぶさん軽いなぁ、ちゃんと食べてるのだろうか…)。

次の