ノー ガンズ ライフ アニメ 二 期。 アニメ『ノー・ガンズ・ライフ』作品情報

ノーガンズライフ(2期)コロナで延期!次の放送予定や放送日いつ?

ノー ガンズ ライフ アニメ 二 期

アニメ版ノーガンズ第二期の放送延期に関して、とても残念ではありますがアニメスタッフさん達や製作委員会の皆さんの安全のためにも致し方ない判断かと思います。 楽しみにして下さっていた皆様には、本当に申し訳ありませんが何卒ご理解のほどよろしくお願い致します。 — カラスマタスク karasuma2828 ノーガンズライフ2期 放送予定や放送日いつ? 気になるのは延期になったとして、いつ放送されるのか?ということですよね。 公式Twitterからのお知らせによると、 現状は延期だけが決定。 放送予定の日時についてはこれからの決定になるとのこと。 決まり次第、HPやTwitterでお知らせがあるらしいので期待して待ちましょう。 希望とすれば2020年夏アニメ(7月開始)ですよね。 ただし3ヶ月しか時間がありません。 既に番組編成で別アニメが決まっていた場合などは、そちらが優先されて2020年秋アニメ(10月開始)に回る可能性もあります… DVDやBlu-rayの発売時期も合わせて延期になるとのこと。 仕方ないですね。 発売日が決まり次第、こちも改めてお知らせさせていただきます。 楽しみにしていただいた方には申し訳ありません。 ノーガンズライフ2期の放送予定枠はどうなるの? TBSにて4月9日(木)25:28から放送予定でした。 開いた枠がどうなるのか気になりますよね。 公式発表によるとシリーズ前作『ノーガンズライフ 1期』が放送されるそうです。 ノーガンズライフ1期を無料で見る方法 4月からは1期が再放送です。 動画配信サービスを使って無料で見直すのもありですね。 FODプレミアムで配信しています。

次の

リゼロ2期(アニメ)動画無料全話(1話~最終回)をフル一気見|見逃し配信サイトまとめ

ノー ガンズ ライフ アニメ 二 期

この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。 を参考にして、 物語全体の流れが理解できるように(も含めて)、をしないよう ご自身の言葉で。 ( 2016年11月)() 身体の一部を機械化し、機能拡張した人間「拡張者(エクステンド)」と生身の人間が共存する社会。 とあるスラム街で、頭部に巨大なを持つ男・ 乾十三(いぬい じゅうぞう)は、問題を起こした「拡張者」の処理を生業としている。 ある日、十三は誘拐犯としてに追われる全身拡張者の男性から子供の保護の依頼を受けるも、ベリューレン社からの追手に保護を依頼された子供を奪われてしまう。 しかし、ベリューレン社から真の依頼人である少年・ 荒吐鉄朗(あらはばき てつろう)を奪還したため、ベリューレン社と敵対することとなる。 登場人物 [ ] 声の項はテレビアニメ版の。 主要人物 [ ] 乾 十三(いぬい じゅうぞう) 声 - 主人公の男性。 身長は6. 6フィート(約201cm)前後。 全身を機械化した過剰拡張者。 頭部の巨大なを始め、「 GSU(ガンスレイブユニット)」と呼ばれる兵装を持つ13人の内の1人。 拡張者絡みの問題を解決する「処理屋」として「乾相談所」を開き、生業としている。 趣味は部屋の掃除。 拡張手術を受ける前の記憶を失っており、兵器として動いていた過去の自分を気にしている。 頭の銃の引き金を触られることを極端に嫌っている。 また、性的な事柄や顔が濡れること(錆の原因になるため)や子供も苦手で、このような事態に直面すると激しく取り乱す一面もある。 終戦直後、解体命令を拒否し反乱を起こしたGSU達の殺害を命令され、仲間を殺させる事を躊躇ったハントに代わり自身の意思で殺害を実行した結果精神的ショックから暴走。 友軍ごと都市を壊滅させたという過去があり、その非道な行いにより彼や他のGSUを深く知る者からは「同胞殺しの十三番機」と蔑称を付けられている。 戦闘方法は主に徒手空拳で、手のリボルバーに仕込まれた炸薬を用いての正拳突き ヒュンケ・ファウストを必殺技とする。 GSUとしての固有形態は重機のような右腕「 局地戦用弾劾形態」。 荒吐 鉄朗(あらはばき てつろう) 声 - 少年。 身長は4. 6 - 4. 8フィート(約140-146cm)半ば。 ベリューレン社CEOの荒吐総一郎の息子。 拡張体遠隔操作装置「 ハルモニエ」を使用できる。 年齢は13歳。 元々はであったが「ハルモニエ」との適合率を上げるため、手足の腱を切られ、声帯を潰されてしまっていた。 CEOの息子ではあるものの、「ハルモニエ」を無理矢理埋め込まれ、人体実験の被験体にされた。 メアリーによって両足に簡易的な拡張手術を受けたことにより、手足を動かせるようになる。 「ハルモニエ」と密接に繋がっている喉は、メアリーですら手を加えることができずに声を出すことができなかったが、後にヴィクターによって行われた拡張手術によって声が出せるようになった。 「ハルモニエ」は操る拡張体との共鳴の割合によっては、鉄朗の生身の肉体にも影響を及ぼす。 メアリー・シュタインベルグ 声 - 拡張技師である少女。 身長は4. 8 - 5フィート(約146-152cm)半ば。 十三とは昔馴染み。 短時間で拡張義肢を取り外すなど、並外れた技術を持つ。 性格・口調ともにさばけているが、十三を何かと目をかける面倒見の良さや、高い技術力で直しながらも他の修理屋よりも料金を安くする優しさを持っている。 バストサイズはC寄りのB。 メガアームド斎の一件以降、乾相談所に引っ越してきた。 鉄朗の足を将来的に自力で動かせるように、簡易的な拡張処理を施している。 だが、鉄朗がどうしてもというならばっさり切って拡張体を付けてあげるとも言っている。 拡張技師になった理由は、拡張技師をしていれば優れた技師であった兄ヴィクターと再会できるかもと思ったためである。 復興庁 [ ] オリビエ・ファンデベルメ 声 - 復興庁拡張者対策局(EMS)局長の女性。 十三とは顔馴染みであり、十三の起こした問題を揉み消す度に十三に言うことを聞かせる取り決めをしている。 士官学校を首席で合格している。 父親は軍警察に勤めていた。 頻繁に開封している缶詰めは強烈な臭いを発するものであり、自身も臭いと思ってはいるもののストレス発散の目的で開けている。 その缶詰めは亡き父親がおみやげに買ってきてくれると約束していた物である。 クローネン・フォン・ヴォルフ 声 - オリビエの部下の眼鏡をかけた男性。 役職は実行部隊の班長。 「針」で拡張体の動力伝達系などの場所を針で射抜くことで物理的に干渉して動きを制限させることができる。 そのため拡張者を拘束するなどの任務に就く。 年代物の愛車を傷つけられることを極端に嫌う。 アヴィ・コーボ 男性。 公安3課。 EMS局長代理。 ヴィクターを逮捕しようとしていた。 拡張処理を施しており、ロレンチーニ器官を元にした物を表皮に埋めてあるため、敵の動きを見切り攻撃を避けるのを得意としている。 ヴァイオレット・ヴァレンタイン アルカバシリ島全域にわたる拡張者専用収容所(ヴンダーベンダー)所長。 ラーゲルシュテット・ヴァレンタインの三女で復興庁幹部組織「九識宿禰」の一人。 目は見えていないが伊達眼鏡をしている。 オリビエとは士官学校時代の同期。 自身の立場を利用して違法拡張体を蒐集している。 自身の蒐集物を保管する「 驚異の部屋」に十三を通し、彼と荒吐真赭の勝者にヴィクターを譲渡すると提案する。 だが、実際は譲る気など無くEMSの監査が入るのを知ると荒吐真赭にヴィクターの提供と引換にベリューレン社による自身の身柄の保護を要求する。 ベリューレン社 [ ] カレン 声 - 修道服を着た女性。 ペッパーの妹。 右目を視覚拡張しており、銃を用いた戦闘を得意としている。 正確な射撃だけでなく、跳弾を狙った場所に撃ち込む腕前を持つ。 使用する銃はシリンダーと銃口が2つあるもの。 清楚なシスターと偽り十三に近づいて鉄朗を保護しようとするものの、十三に本性を看破されたことで、問答無用で鉄朗を回収しようと戦闘を始める。 鉄朗を回収後に列車によって施設に帰還する際に再度十三に妨害を受けてしまい、対拡張用の銃弾を十三に放つが効かず、首の補助脳に手刀を受けて意識を失った。 ヒュー・カニンガム 声 - 十三との交渉に現れた肥満体の男性。 32歳。 地位は保安部長。 鉄朗を匿う十三の情報を調べ上げており、手始めとして十三の愛用する銘柄のタバコを街中からかき集めるなど、ベリューレン社の力の一端を見せた。 そして薬が切れて上手く体の動かない十三を前に「薬が切れただけでこの在り様、やはり拡張者にはなりたくない」と言っている。 セブンとペッパーが街で大暴れした件で、処分を受けるのを恐れて九星窟に逃げ込んで物乞いをしていた。 アン 声 - 少女。 エンデの暴走を防ぐための制御装置として行動を共にする。 カニンガムから鉄朗を誘き出すため、エンデとともに九星窟で拡張者の子供を襲って拡張体である手足を引きちぎる行為を行っていた。 鉄朗を誘き出せさえすれば、施設に戻ってエンデの体を元に戻してくれるという約束で行っていた。 無理矢理に暴走させられたエンデの攻撃を受け、致命傷を負うも死ぬ直前に鉄朗にエンデを救って欲しいと願い、エンデに謝罪の言葉を残し死亡する。 エンデ 声 - 少女。 普段は人型だが、拡張体の力を解放するとクモのような巨大な姿となる。 無理な拡張手術によって自身で制御しきれていないため、心の拠り所であるアンと行動を共にする。 カニンガムによって薬を打ち込まれて暴走したものの、度重なる戦闘で満身創痍な十三がその頭部の銃で撃つように鉄朗に指示して、拡張体だけを撃ち抜かれて止められている。 その後メアリーに治療を受けた。 ペッパー 声 - ベリューレン社お抱えの処理屋の女性。 カレンの姉。 顔に右上から左下にかけて傷跡がある。 好きなものは本。 硝煙の匂いが苦手で、そのわけは「鼻水が止まらなくなるから」。 セブンの相棒のハンズであり、カニンガムの命令でセブンと共にメガアームド斎を殺害した。 十三を自身の物にしようと狙っており、乾相談所に押し掛けて十三を倒そうとした。 セブン 声 - GSUを持つ拡張者の男性。 気が弱く、ペッパーに振り回されている。 頭の銃のデザインは。 薬は飴で摂取している。 十三との戦闘で敗北し、ペッパーの言いなりではなく自分の意志で、ペッパーを守るように十三に頼んでいる。 その後ベリューレンによって回収された。 二人とも女性の拡張者で、お互いよく似た容姿をしている。 オネスト 声 - ベリューレン社COO(最高執行責任者)。 根(ヴルツェル)と呼ばれる同社創設者の一人。 ベリューレン社の最上階に存在する巨大な像の顔にある複数の顔の内、右下側の顔。 ストレンジ 声 - ベリューレン社CSO(最高保安責任者)。 根と呼ばれる同社創設者の一人。 巨大な像の左下側の顔。 ドリーミー ベリューレン社CTO(最高技術責任者)。 根と呼ばれる同社創設者の一人。 ティミッド ベリューレン社CMO(最高経営責任者)。 根と呼ばれる同社創設者の一人。 荒吐 総一朗(あらはばき そういちろう) 鉄朗の父親。 ベリューレン社CEO。 オネストの管理下にあるとされる。 ベリューレン社に属していても姿を見たことがなく、幹部であったカニンガムでさえ声を聞いたことがない。 鉄朗の「原盤」のハルモニエの最初の適合者だった噂もある。 荒吐 硫黄(あらはばき いおう) 鉄朗のデータを基に改良された複写型の適合者「アラハバキシリーズ」の一人。 複数の拡張体を同時に操作できる。 十三のかつての相棒であるハント・ゲレングと名乗っていた男(声 - )と顔が瓜二つ。 ハルモニエによる拡張体の持続力、ハッキング能力や操作制度において鉄朗を越えている。 鉄朗を倒すことで自分の存在意義を見出だしている。 荒吐 炭造(あらはばき たんぞう) アラハバキシリーズの一人の男性。 ヴィクターと交戦するも敗北し操作体を全損させた。 荒吐 辰砂(あらはばき しんしゃ) アラハバキシリーズの一人の少女。 専用操作体は「 庚申虫(こうしんちゅう)」。 拡張体の操作は非常に巧みだがシリーズの中で最も非力。 敗北した真赭の操作体を動かしヴィクターと交戦する。 荒吐 烏金(あらはばき うきん) アラハバキシリーズの一人。 荒吐 酸座(あらはばき さんざ) アラハバキシリーズの一人。 荒吐 真赭(あらはばき まそお) アラハバキシリーズの一人である少女。 専用操作体は拡張体換装鎧化システムである「 同功繭(どうこうけん)」。 ベリューレン社特使としてヴィクターの身柄の譲渡を要求しにヴンダーベンダーに出現、「 驚異の部屋」にて十三とヴィクターの譲渡を巡って交戦するも敗北した。 トゥエルブ GSUの13人の内の一人。 頭部はガン。 戦時中に十三と会ったことがあり、十三のことを同じGSUという理由から「兄弟」と親しく呼んでいた。 後にGSUの破壊を命じられた十三によって、ファイブなどの他のGSUと破壊されたかに思われていたが、拡張体のほとんどを失っていながらも生存していた。 そのような姿になりつつもヴァイオレットの良き話相手となっていた。 GSUの固有形態は、背面に装備する計10個の推進器「 広域近接攻撃特化形態」であり、GSUの中で最高の機動力を持つ。 拡張者 [ ] ヘイデン・ゴンドリー 声 - 元軍人の全身拡張者の男性。 15年前に最初期の拡張手術を受けている。 終戦直前に突然暴走を始め、自軍兵士を殺害した。 拘束するまでに多くの犠牲者を出したがEMS(の前身である軍警察)により拘束され10年間幽閉されていた。 だが、移送中に脱走し行方をくらましながらも自身の所属していた部隊のメンバーを殺していた。 実はペッパーによって操られていた。 メガアームド斎時定( - さい ときさだ) 声 - 初の全身拡張者と言われる男性。 戦時中、拡張技術発展に貢献し、その結果戦争を勝利に導いた立役者として「英雄」と呼ばれている。 斎コープ会長であり、拡張者向けの食品販売を行っている。 拡張技術実験部隊「 ティンダロス(不可視の獣)」の5人の内の1人であり、十三の拡張体もその実験データが基になっている。 手足などに障害を負っている物たちに勇気を与えるためのパフォーマンスとして、空砲ではあるものの左手に内蔵されたリボルバーでヒュンケ・ファウストを放っている。 それだけでなく、肘にはガトリングガンが内蔵されている。 報道では老朽化した橋脚の崩落に巻き込まれ死亡したことになっている。 コルト 声 - 移民の少年。 家族を養うために違法拡張手術を受けて建設現場で働いている。 メアリーとは薬が切れて倒れているところを半年前に助けてもらっており、拡張体の負荷を抑える処置をしてもらっていた。 母親と妹2人(声 - 、)の4人家族。 妹らを養う金を作るためスピッツベルゲンの依頼を承諾し、薬を手に入れるためメアリーから薬を盗んだ。 ベリューレン社役員の暗殺計画を実行に移す。 ヴィクター・シュタインベルグ メアリーの兄。 スピッツベルゲンの実行部隊の一人。 拡張技師でもあったため拡張体に詳しく、相手の気付かない速さで分解できることから「 解体者」の二つ名を持つ。 優しく自分を犠牲にして誰かの役に立とうとする性格であったとメアリーは評する。 元はメアリーと共に孤児でエメットという整備士に拾われた。 拡張技術に興味を抱いたころから店を継がせようとしていたエメットと対立、暫くしてメアリーの前から姿を消した。 その半年後に手紙で「従軍技師として戦場にいる」という内容を最後に音信不通であった。 以前、十三の専属技師をしていたこともあり、十三にメアリーの護衛を依頼をしていた。 レフティ 手だけの拡張者。 ローサを常に守っていた。 並列型補助脳が操るヴィクターの意識が無くなった際、体を乗っ取られたヴィクターがレフティや発声装置を用いて十三らに真実を告げた。 並列型補助脳が操るヴィクター 戦場の悲惨な光景で脳にダメージを受けたヴィクターに代わり、並列型補助脳が彼の体を操っていた姿。 ヴィクターいわく、自身が生み出した影。 ジョン・ポッドパイ 画像解析が可能な目を持つ老人。 警備局分析官だったが性的欲求のために解雇された。 その透視ができる目を使い、世の男性のためという理由で女性の下着姿の写真を撮っていた。 十三に脅されて透視による行為を止めた模様。 半年ほど前から様子がおかしくなり、エマにやらなくてはならないことがあると告げて姿を消した。 かつては「 ハンズ」であり、十三をかつての相棒・ファイブと勘違いして、倒すために腕に違法拡張の武器を装備して十三と戦う。 その後、十三がファイブではないことに気づき、矛を納めた。 ファイブの居場所を十三に聞き、ファイブが十三によって殺されていることを知った。 エドムントを名乗っていたが実際はテオドールであった。 ジャスティン リジーの親友。 右肩に「跳」という字の入れ墨を入れている。 昔、リジーとは走り幅跳びの記録を競い合う間柄だった。 テロに遭い両足を失い拡張者となったが、公式大会への出場資格を剥奪されて姿を消していた。 店では「アンジー」という名前で働いている。 右弦が兄で、左弦が弟。 拡張者の違法売春宿の経営者である。 元々は九星会のメンバーだったが、組を抜けた際に顧客名簿を盗んでいる。 鉄朗と凛子のハルモニエに敗北し最後はEMSに連行された。 凛子(りんこ) 声 - 左目の下に泣きぼくろのある少女。 孤児であり、人体実験で「 ハルモニエ」を埋め込まれている。 鉄朗とは違い、拡張者の全身を操ることはできないが、体の一部は操ることができる。 以前、鉄朗をベリューレン社の施設から逃がした。 後に自身も施設から脱走して鉄朗と再会するが、その後ベリューレン社に拘束される。 スピッツベルゲン [ ] アンディ・ウォシャウスキー 声 - 生まれつき両足が不自由な、車椅子に座った老人。 かつてベリューレンと共に拡張技術の基礎を作った人物。 現在は車椅子に繋がった生命維持装置のお陰で辛うじて外出できている。 「生きる」ための研究だったはずの技術が、年月が経つにつれて目的が変わるベリューレンと袂を分かち、逃げ出しており、外部から監視して世間に呼び掛けるためにスピッツベルゲンを組織している。 GSUの設計者で、十三の製造行程のすべてに関わっており、他の12体のGSUには組み込まれていない設定を知っている。 鉄朗と戦っていたが、ペッパーに殺害された。 功木(くぬぎ) スピッツベルゲンのメンバーの男性。 クローネンとは同門であり、クローネンとは違って銃弾に仕込んだ「針」を用いて拡張者の動きを阻害する。 島津(しまづ) スピッツベルゲンのメンバー。 一人称は「儂」。 生身の人体に対拡張者戦用のスーツを着用し、十三を相手に圧倒的な戦闘力を見せる。 功木に「針」を打たれて活性化された際に、実は女性だということが判明し、十三をうろたえさせた。 帰還拡張者が起こした犯罪によって、愛した男性を亡くしている。 サリシャガン 声 - スピッツベルゲンの仲介人。 その他 [ ] クリスティーナ松崎(クリスティーナ まつざき) 声 - 「乾相談所」のあるビルのオーナー。 オネエであり、来訪してきた鉄朗が可愛かったために顔中にキスをするなどのスキンシップをしている。 メアリーの発言から好みの男性には頻繁にそういった行為に及んでいると思われる。 十三を鍋パーティーに誘うなどしている。 スカーレット・ゴズリング 声 - 十三行きつけの床屋の娘。 優しい性格で十三に惚れている。 父親には「 キャリー」という愛称で呼ばれている。 父親の仕事を手伝ってはいるが、髪を切らせてはもらえておらず補佐をしている。 十三のコートが破れた際には、裁縫をして繕っており、可愛らしいアップリケをつけている。 ポッドパイに下着姿などを透視されたものの、十三に十分懲らしめられた彼を許して警察には付き出したりはしなかった。 ダニー・ヨー 声 - 検察局勤務の男性。 十三に「拡張体の亡霊」からローサを護衛してほしいと依頼する。 職務で主に担当しているのは拡張者の犯罪の立件。 ジョージのことを親友と呼んでいる。 以前、入手したデータを持ち妻子と共に亡命しようとしていたジョージとその妻を、自動車事故に見せかけて殺害していた。 ローサ・マクマホン 声 - ダニーの同僚であるジョージ・マクマホンの娘。 先日、両親と車で移動中に事故に遭い、その事故で両親と彼女自身は左足の膝から先を失っている。 それからというもの、不振な出来事が彼女の周囲で頻発しており、彼女の住む屋敷の使用人はそれを気味悪がって全員辞めている。 失った左足に拡張処理を施す気はない。 拡張者の亡霊の存在を信じており、常に誰かに見られていると感じていた。 そのため拡張者を見るだけで恐怖に震えている。 エメット 整備士の男性。 幼かったヴィクターとメアリーの兄妹を引き取っている。 手先が器用であったヴィクターを跡継ぎに考えていたが、ヴィクターが拡張技術に興味を抱いたころから対立し始める。 やがて生活も荒み出し、メアリーに暴力を振るっていたが、ヴィクターが姿を消す直前に首を吊って死んでいた。 エマ・クルツ 十三に夫の捜索を依頼をしてきた未亡人。 思い詰めると発作的に自殺しようとする癖がある。 2年前、当時の夫テオドールを失って自殺しようとした際、現夫であるエドムントに救出された。 エリザベス・ホアン(黄) 通称リジー。 九星会のホアン(声 - )の娘。 十三にジャスティンの捜索を依頼する。 書誌情報 [ ]• 『ノー・ガンズ・ライフ』 〈〉、既刊10巻(2020年3月19日現在)• 2015年2月24日発行(2月19日発売 )、• 2015年8月24日発行(8月19日発売 )、• 2016年3月23日発行(3月18日発売 )、• 2016年11月23日発行(11月18日発売 )、• 2017年5月24日発行(5月19日発売 )、• 2018年1月24日発行(1月19日発売 )、• 2018年8月22日発行(8月17日発売 )、• 2019年3月24日発行(3月19日発売 )、• 2019年9月24日発行(9月19日発売 )、• 2020年3月24日発行(3月19日発売 )、 テレビアニメ [ ] この節には放送開始前の番組に関する記述があるため、方針に従い 、正確な記述を心がけてください。 ( 2019年12月) 『』枠ほかにて、第1期は2019年10月から12月まで放送された。 第2期は同枠ほかにて2020年4月より放送予定だったが、の影響により放送が延期され 、同年7月からの放送となる。 スタッフ [ ]• 原作 -• 監督 - 伊藤尚往• シリーズ構成・脚本 - 菅原雪絵• キャラクターデザイン・総作画監督 - 筱雅律• メカニックデザイン -• プロップデザイン - 竹内杏子• 色彩設計 - 堀川佳典• 映像演出・VFXスーパーバイザー -• CG監督 - 設楽友久• 撮影監督 - 川下裕樹、井関大智 (撮影協力:)• 編集 - 木村佳史子• 音響監督 -• 音楽 -• 音楽プロデューサー - 小倉充俊• 音楽制作 -• チーフプロデューサー - 山崎史紀、大澤信博• プロデューサー - 、田中潤一朗、菊地洋平、、福良啓、礒谷徳知、吉田勇樹、畠山拓郎• アニメーションプロデューサー - 橋本健太郎• プロデュース -• アニメーション制作 -• 製作 - NGL PROJECT(、、、、グッドスマイルフィルム、、マッドハウス、EGG FIRM) 主題歌 [ ] 「MOTOR CITY」 の作詞・作曲・編曲・歌による第1期オープニングテーマ。 「Game Over」 の作曲・編曲・歌による第1期エンディングテーマ。 作詞はWataru Sugimoto、TITAN。 「Chaos Drifters」 のボーカルプロジェクト「SawanoHiroyuki[nZk]」による第2期オープニングテーマ。 作曲・編曲は澤野、作詞およびゲストボーカルはのJean-Ken Johnny。 「new world」 によるエンディングテーマ。 各話リスト [ ] 話数 サブタイトル 絵コンテ 演出 作画監督 第1期 第1話 暴走拡張者 伊藤尚往 松村政輝 宮前真一 第2話 拡張体遠隔操作装置• 土屋圭• 西川千尋• yu seung hee• lee gwan woo• kim yun jung• コミックナタリー ナターシャ. 2014年8月19日. 2017年5月19日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト. 2019年8月19日閲覧。 原作1巻115P。 原作5巻16、17P。 原作6巻第38話。 原作1巻90P。 原作3巻149、150P。 原作3巻131P。 原作3巻139 - 141P。 原作2巻42P。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト. 2019年8月19日閲覧。 原作2巻59P。 原作5巻64、65P。 原作8巻89P。 原作1巻35 - 39P。 原作1巻114分 - 123P。 原作8巻4巻• 原作1巻145、176 - 189P。 原作1巻214 - 219P。 原作3巻136P。 原作4巻14P。 原作3巻105P。 原作3巻100 - 118P。 原作4巻15 - 17P。 原作8巻9P。 原作8巻12、13P。 原作8巻168P。 原作8巻113P。 原作9巻第54、55話。 原作2巻73、74P。 原作3巻62P。 原作2巻106P。 原作2巻111P。 原作3巻60 - 62P。 原作3巻144、145P。 原作4巻157、158P。 原作4巻186P。 原作6巻第33話。 原作6巻第33話。 原作1巻15、115P。 原作5巻126P。 コミックナタリー ナターシャ. 2019年9月19日. 2019年9月19日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト. 2020年4月7日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト 2020年6月1日. 2020年6月2日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年7月19日. 2019年7月19日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年8月19日. 2019年8月19日閲覧。 音楽ナタリー ナターシャ. 2020年3月13日. 2020年3月13日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト. 2019年12月12日時点のよりアーカイブ。 2020年6月21日閲覧。 2009年10月9日. 2018年10月24日閲覧。 告示第六百六十号. 1988年10月1日. 2018年10月24日閲覧。 2018年10月24日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト. 2020年6月21日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト. 2020年6月21日閲覧。 TVアニメ「ノー・ガンズ・ライフ」公式サイト 2019年12月6日. 2020年1月1日閲覧。 単行本 [ ].

次の

「ノーガンズライフ」アニメ2期はいつから?やっぱりFOD独占配信?

ノー ガンズ ライフ アニメ 二 期

TVアニメ『ノー・ガンズ・ライフ』の第2期が、TBSほかにて2020年7月9日より放送開始となる。 ここでは、第2期の第1話となる第13話「転換点」のあらすじ&先行場面カットを紹介しよう。 彼らは十三がローサから手に入れたデータを目的としており、鉄朗とクリスが人質として拉致されてしまう。 メアリーは突如現れたレフティに促されるまま進むと、意外な人物と遭遇する。 それは、彼の兄であるヴィクターだった。 ヴィクターはスピッツベルゲンのテロ部隊の一員となっており、拡張体を瞬時にバラバラにしてしまうことから「解体者」と呼ばれていた。 TVアニメ『ノー・ガンズ・ライフ』第2期は、2020年7月9日よりTBSほかにて放送開始予定。 各詳細はにて。 予めご了承ください。 関連記事•

次の