シンフォギア2 スペック 比較。 【大人気シリーズのスペックが進化!】Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

PCのスペックの比較方法について詳しく分かりやすく解説!OS・CPU・メモリ・ストレージの選び方の基準とは?

シンフォギア2 スペック 比較

ただ、公表スペックからの予想と実際のお店の運用とで差が見られる機種は多々あります。 そこで、実際に打ち、データを整理しました。 結論から申し上げますと、 シンフォギア 2のボーダーラインはスペック並みか、それを下回る期待通りの甘い仕様だと思われます。 理由は 右打ち時の玉減りが極端に少ない事と、 V入賞時の玉増え効果だと思われます。 これについては後述します。 今のところ、 実際の運用でも 250玉あたり 18回転前後のボーダー回転率に調整されているようです。 これは、オーバー入賞や止め打ちによる玉増やしといった技術介入をせずに右へ打ち放しのままで得られたデータです。 極端な言い方をすれば、誰が打ってもボーダーラインは 18回転前後です。 今回の稼働結果では等価でのボーダーラインは 17. 7回転となりました。 詳細結果は以下のとおりです。 なお、データ取りのためにお店の通常営業日に打ったので、回転率はボーダーラインを下回っています。 初代シンフォギアとシンフォギア 2とのスペックの違いを比較しました 下の表は初代シンフォギア(以下、旧機種と言う)とシンフォギア 2(新機種)のスペックを並べたものです。 特に変わらないのは初当たり(大当たり)確率で共に 199. 8分の 1のライトミドル機です。 電チューの返しが 1個なのも変わりません。 出玉感は旧機種に分があるが、連チャンしやすいのは新機種 表中の項目で水色マーカーは旧機種が有利な数値で、黄色は新機種が有利な数値です。 新機種が最も有利な項目はシンフォギアチャンス GX(以下、シンフォギアチャンスと言う)中の継続率で 81. 4%と、現行の 79. 7%を 1. 7%上回りました。 ちなみに、各々の継続率は電サポ 99回が 99. 9%とほぼ大当たり濃厚で、電サポ 11回も 88. 0%とかなりの高継続率となっています。 その他、電サポ 7回は 78. 9%で、ヘソ当たり 1回のシンフォギアチャンス突入率は 51. 1%です。 このため、初当たり 1回あたりの平均連チャン回数は現行の 3. 56回から 3. 75回へ増加し、連れて平均獲得差玉数も 2,457個から 2,724個へ増加しています。 大雑把に言うと、 1 回の大当たりの出玉はショボくなったが、連チャンするので爆発力は高い。 といった感じでしょうか。 その分、やや荒さが増した仕様になっているようです。 ボーダーラインは新機種が甘い 以上のスペックから算出した新機種のボーダーラインは 18. 3回転と現行( 20. 3回転)を大きく下回り甘くなっています。 【旧機種】出玉は実践値で 7%増加した ここで、旧機種に戻ります。 玉削りなしの場合での出玉 差玉 は 1Rあたり 91個と算出されました。 これは 公表スペックからの推計値ですので、実際に打つと、お店の調整等によって変わってきます。 アタッカー周りや電チュー周りに加え、一般入賞口周りの釘配列や調整次第で出玉状況は変化するため、ボーダーラインもそれに連れて変わるのです。 表は大当たりラウンド R を 32R消化した時点での私の稼働データです。 私が打ったシンフォギアでは 1Rあたり 97. 5個と計算上の出玉数 91個を 6. 5個、率にして 7%上回っています 水色マーカーの部分。 この時のボーダーラインは 19. 0回転です。 推計値の 20. 3回転から 1. 3回転下げることができています 水色マーカー部分。 【旧機種】基本はムダ玉を抑える打ち方にこだわる事 ここで、最も注意しなければならないのは、玉を増やす打ち方をしても、玉を減らす打ち方も行っていれば効果は薄いという事です。 いわゆる、おやじ打ち。 打ちっぱなしは止めましょう。 以下の行動は必須です。 できれば、閉まる前に止めれば既に飛んでいる玉が入賞して一段とムダ玉が減ります。 抽選入賞口への入賞は 1個返しなので増えません。 入賞をハズした玉はムダ玉になります。 例外として右の一般入賞口の調整が甘い場合は打ちっぱなしでも玉が増えますが、今ではそういった調整もみかけなくなりました。 なお、この打ち方だと最終決戦時の図柄変化がみられなくなりますので、演出を楽しみたい方は打ちっぱなしてください 笑。 【旧機種】出玉増やしの種類は大きく分けて3つ 詳細は、大当たり時アタッカーへの捻り打ちによるオーバー入賞と右打ち時の一般入賞口への入賞、それに、 RUSH(シンフォギアチャンス)突入後の V入賞口への入賞による玉の増加が主となります。 玉増え効果について整理します。 天井部分:現行シンフォギア 右盤面:現行シンフォギア 「G」が一般入賞 口。 「GO」横の赤板が開き、その下の赤板に 玉が落ち、そこが開いて「V」に入賞する複雑 な構造 のためムダ玉の発生が多く、かつ、 Vパンクの可能性が比較的高い。 「GO」は 1個返しの電チュー。 大当たりアタッカー:現行シンフォギア 中心よりやや右に位置している。 新旧シンフォギアの右打ち時の玉増えに影響する払い出し性能の比較 以下の表は各入賞口からの払い出し個数と、右打ち時の玉の払い出しに関するラウンド数および連チャン回数の一覧表です。 上記の各項目は多ければ玉増えに期待がもてます。 3R が減っていますので、捻り打ちによるオーバー入賞の効果は薄れます。 19回 は旧機種を上回っています。 総じてみると、新機種は旧機種に比べマイナスの影響のほうが大きいように見え、 玉増えに関する性能はやや低下しているようです。 しかしながら、玉減りはかなり抑えられており、公表スペック並みの出玉を維持できる要因となっていると思われます。 新機種シンフォギア 2の右打ちの特徴をまとめると以下のとおりです。 天井部分:新シンフォギア2 この辺に玉を 滑らせて勢いを殺すことになります 右盤面:新シンフォギア2 現行機種の「G」 にあたる一般入賞口が見当たらない。 「V」には、玉が上部の赤べロを抜けると直接入るような構造なの でVパンクはの心配は少ない。 「愛」ポ ケットに ムダ玉がほぼ全て拾われ玉減りが ほとんど無い。 大当たりアタッカー:新シンフォギア2 現行機種の それが真ん中よりやや右に寄っていたのに 対し、 新機種のアタッカー位置はさらに右側へ 寄ってしまいました。 オーバー入賞にはあまり期待できないかと思いましたが、実際に打ってみると打ちっ放しでも入賞率は高いです。 新機種の液晶表示の出玉数は旧機種同様、スペックを超える傾向 大当たり時の出玉数について、旧機種は一般入賞口等への入賞が加わり、液晶右上に表示される出玉数は規定数を超えることが普通でした。 新機種では、右側の一般入賞口が無くなった代わりに愛ポケットに玉が拾われ、 1個返しですが、出玉カウントされているようです。 旧機種と同様に表示される出玉数が規定数を超える傾向にあるようです。 10 R大当たりの場合、規定数は 1,300個ですが、以下の画像をみると 1,393個、 1,425個と各々増えていることが確認できます。 玉減りが抑えられていると捉えて良いと思います。 新機種の総評です。 技術介入効果は無いことはないが薄い。 万人に優しい機種である。 また、打ちっ放しでもオーバー入賞の頻度が高く、体感では 4割から 5割程度あるのではないかと思いました。 以上を勘案すると、シンフォギア 2は、無理に捻らずとも良さそうです。 それよりも、 V 入賞口へ規定個数 10個を確実に入れることと、通常時左打ちのヘソの止め打ちをしっかり行い、回転率を重視した基本的な稼働に注力したほうが結果を出せるかと思います。 ここから玉が流れることはほぼありませんので、さほど気にせずともよさそうです。 しかし、削り調整が可能な箇所ですので異様な釘の向きには注意していたほうが良いでしょう。 今後、削ってくることは十分考えられます。 ヘソ小当たりがあります。 遊技説明画面が出現した瞬間に右打ちで 4発打ちます。 ただ、演出画面が表示されてから右打ちするとどうしても遅れがちになります。 ステージチェンジが短い時を事前に察知して右打ちを開始するといった猛者もいるようです。 ヘソ保留を消化してから電チュー保留を貯めないと、シンフォギアチャンス中のヘソ消化でヘソ 1個につき 5分ほど待たなくてはなりません。 時間効率が悪くなります。 OUT穴上の釘調整に注意したほうが良いでしょう なお、旧シンフォギアの技術介入についてご興味のあられる方は、以下の記事をご覧くだされば幸いです。 ただし、甘デジについての記事ですのでアタッカーへの入賞個数等は若干違います。

次の

【大人気シリーズのスペックが進化!】Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2

シンフォギア2 スペック 比較

この記事の目次• iPhone 11・iPhone SE(第2世代)のスペックを比較 iPhone SE(第2世代)はiPhone 8とほぼ同じ筐体を採用していてCPUプロセッサがiPhone 11と同じA13 Bionicに刷新されたブラッシュアップモデルとなっています。 しかも、基本スペックが最新になったのに端末価格が44,800円で買うことができるという、低価格iPhoneの大本命として登場することになります。 との違いを分かりやすく、簡単にまとめるとこうなります。 iPhone 11・iPhone SE2 スペック比較 iPhone 11とiPhone SE(第2世代)のスペックを比較しました。 iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の違い比較 iPhone 11 iPhone SE(第2世代) 画面サイズ 6. 1インチ 4. 9 x 75. 7 x 8. 3mm(194g) 138. 4 x 67. 3 x 7. 3mm(148g) 端末価格 74,800円〜 44,800円〜 iPhone 11は6. 1インチ、iPhone SE(第2世代)は4. 7インチの液晶ディスプレイを搭載してます。 筐体サイズの違いだけでなく、画面ロック解除もFace IDとTouch IDという違いがあるので使いやすさはかなり異なります。 とはいえ、どちらのモデルも最新のA13 Bionicプロセッサを搭載し性能差がほとんどないので、画面サイズの大きさ、顔認証がいいか?指紋認証がいいか?でどちらのモデルを選ぶか決めることができるでしょう。 iPhone 11の特徴• 1インチの大きい画面が見やすい• 本体サイズが大きいので片手操作は無理• 液晶ディスプレイを搭載している• 最新のA13 Bionicプロセッサを搭載• デュアルカメラで広角〜超広角の撮影に対応• 次世代のスマートHDR、ナイトモードに対応• 64GB・128GB・256GBのストレージ容量• Apple Pay(iD・QUICPay・Suicaなど)に対応• 予備電力付きのエクスプレスカードに対応• IP68等級の耐水防塵性能(水深2メートルで30分)• 端末価格が74,800円〜買うことができる• 本体カラーが豊富(6色) スタンダードモデルとはいえ、CPUプロセッサはiPhone 11 Proと同じA13 Bionic、4GBのメインメモリを搭載し iPhone 11は一切の妥協のないスペックとなっています。 画面サイズが6. 1インチと大きく表示領域もiPhone 11 Pro Maxと同じということもあり一度に表示できる情報量が多いのもiPhone 11のメリットとなっています。 本体サイズが大きめなので片手で使うことはできませんが、と同じスペックを74,800円で手に入れることができるのは素晴らしいですよね。 iPhone 11はブラック、グリーン、イエロー、パープル、 PRODUCT RED、ホワイトの6色から選ぶことができます。 iPhone SE(第2世代)の特徴• 7インチのコンパクトサイズで片手で操作できる• 16:9の画面比率の液晶ディスプレイを搭載している• iPhone 11と同じ最新のA13 Bionicプロセッサを搭載• 1200万画素のシングルカメラを搭載• スマートHDRで白トビのないキレイな写真撮影• 64GB・128GB・256GBのストレージ容量• Apple Pay(iD・QUICPay・Suicaなど)に対応• IP67等級の耐水防塵性能(水深1メートルで30分)• 端末価格が44,800円〜とにかく安く買える• シルバー、スペースグレイ、Product REDの3色 さらに、Touch ID内蔵のホームボタンを搭載しているのでマスクをしていても画面ロック解除をしたり、電子マネーでの支払い決済ができるようになっています。 リアカメラはシンプルなシングルカメラですがA13 Bionicを搭載しAIでの画像処理が可能に。 iPhone SE(第2世代)も白トビを抑えることことができるスマートHDR、背景をぼかすことができるポートレートモードに対応しています。 また、Apple Pay(iD・QUICPay・Suicaなど)に対応しているのでコンビニでの支払い、地下鉄の改札の決済もできますし、IP67等級の耐水防塵性能、ワイヤレス充電にも対応しています。 iPhoneで指紋認証の端末を使おうと思ったらiPhone 8など旧型モデルを選ばざるなかったところ、iPhone SE(第2世代)の発売でスペックを妥協する必要がなくなったのは大きなメリットです。 ただし、筐体デザインが時代遅れ感があるのが気になるところではあります。 iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の違い比較 iPhone 11 iPhone SE(第2世代) 画面サイズ 6. 1インチ 4. 7インチ 本体サイズ 150. 9 x 75. 7 x 8. 3mm(194g) 138. 4 x 67. 3 x 7. 3mm(148g) 重量 194g 148g iPhone 11の横幅は75. 7mmと広いので片手で使うのは厳しいサイズですが、iPhone SE(第2世代)は67. 3mmと狭く片手に収まるサイズ感になっているので、片手で使うことができます。 (画像はiPhone 11とiPhone 8の比較) 6. 1インチと4. 7インチの画面サイズの違い 4インチのiPhone SEよりも画面サイズが大きくなってしまったiPhone SE(第2世代)ですが、筐体の厚みが薄いので意外と使いやすいんですよね。 (画像はiPhone 11とiPhone 8の比較) 本体の厚みの違いを比較 なので、iPhone SEを使っていてiPhone SE(第2世代)に乗り換えようか迷っている方も安心して使うことができます。 作業領域の違い• ブラウザの情報量の違いを比較 YouTubeアプリの一覧の広さはこれくらい違いますね。 YouTubeの情報量の違いを比較 動画を再生させてランドスケープモードにするとこれくらいの画面の大きさが違います。 iPhone 11は画面比率が19:9と少し横長になっていて左右で表示できない部分が出てしまうので、思ったほど大きさに差が出ないことがわかります。 画面の大きなiPhone 11は見やすくていいですが、持ちやすさ、使いやすさを考慮するとiPhone SE(第2世代)のサイズ感はやはり使いやすい大きさといっていいのかもしれません。 CPUプロセッサはA13 Bionicを搭載 iPhone 11、iPhone SE(第2世代)はともにA13 Bionicプロセッサを搭載しています。 上位モデルのiPhone 11 Proにも採用されているプロセッサで、エントリーモデルのiPhone 11とiPhone SE(第2世代)にもProのプロセッサを採用していることになります。 CPUの性能をGeekbench 5で旧型モデルと比較してみました。 3倍ほど性能が向上しているのが分かります。 とは同じA13 Bionicプロセッサとなっているので基本的に性能差はありませんが、iPhone SE(第2世代)のメインメモリの容量が明らかになっていません。 さすがに価格の安い端末なので3GBのメインメモリになってそうな気がしますね。 iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の違い比較 iPhone 11 iPhone SE(第2世代) 認証方式 顔(Face ID) 指紋(Touch ID) iPhone 11はホームボタンを搭載していませんが、画面上部にTrueDepthカメラを搭載していてい、登録した顔を認識することで画面ロック解除、Apple Payの支払い決済が可能となっています。 顔認証のFace ID Face IDはジェスチャーでスムーズに画面ロック解除ができるので慣れればとても使いやすい認証方法です。 しかし、マスクをしてると全く反応してくれないので毎回パスコードの入力が必要となる地獄の認証方式でもあります。 現在はコロナの影響でFace IDを満足に使うことができません。 しかし、なら指紋認証で画面ロック解除、Apple Payの支払い決済ができます。 指紋認証のTouch ID まあ、従来の生体認証方式なので褒められたものではないですが…。 Androidだと画面内指紋認証が当たり前になってきていますし。 この価格帯なら仕方ないのかもしれないですが、マスクを付けることが多い現在はiPhone SE(第2世代)はかなり使いやすい機能と言えます。 デュアルカメラとシングルカメラ iPhone SE(第2世代)はシングルカメラでシンプルなデザインなのがいいですよね。 8 HDR 次世代のスマートHDR 背景ぼけ 深度コントロールが使えるポートレートモード エフェクト 6つのエフェクトを備えたポートレートライティング ナイトモード 対応 — iPhone 11、iPhone SE(第2世代)はA13 Bionicを搭載しているので次世代のスマートHDR、ポートレートモードが使えるので写真の仕上がりに差はさほど出ないでしょう。 ただし、iPhone 11は超広角カメラを搭載していますが、iPhone 8は広角カメラのみなので視野の広い写真を撮りたいならiPhone 11となります。 広角・超広角カメラの比較 iPhone 11の広角カメラ、iPhone SE(第2世代)の広角カメラだとこんな感じの視野角となりますが… 広角カメラの視野角 iPhone 11の超広角カメラで撮影するとこんなにも広い視野で写真を撮影できるようになります。 超広角カメラの視野角 このように、面白い写真をかんたんに撮影できるのがiPhone 11となっていて、iPhone SE(第2世代)は広い視野からの撮影はできません。 カメラで楽しみたいのなら間違いなくiPhone 11の方がおすすめです。 スポンサーリンク スマートHDRでキレイな写真に iPhone 11、iPhone SE(第2世代)は次世代のスマートHDRに対応しています。 スマートHDRはハイライトとシャドウのディテールをAIが調整して逆行など写真撮影が難しいシチュエーションもキレイな写真に仕上げることができる機能です。 例えば、こちらはiPhone SEで撮影した写真です。 こちらも自動HDRである程度の白トビは抑えられているもの公園が暗くなってしまいます。 iPhone SEで撮影した逆光写真 しかし、iPhone 11とiPhone SE(第2世代)の次世代のスマートHDRならこんなにキレイな写真に仕上げることができます。 iPhone 11で撮影した逆光写真 明るいところを白トビしないように暗部の明るさが上手く明るくなってるのが分かります。 これをシャッターを切っただけで補正してくれるのだからヤバいですよね。 フロントカメラの違い フロントカメラはiPhone SE(第2世代)よりもiPhone 11の方が性能が高くなっています。 2 動画撮影 4K・60fps フルHD・30fps HDR 次世代のスマートHDR 自動HDR iPhone 11は1200万画素のイメージセンサーを搭載しているだけでなく、次世代のスマートHDRにも対応しているので自撮りすることが多いならiPhone SE(第2世代)よりもiPhone 11の方がいいですね。 耐水防塵性能の違い iPhone 11、iPhone SE(第2世代)ともに耐水防塵性能に対応していますが、性能はiPhone 11の方が高くなっています。 iPhone SE(第2世代)のバッテリー容量は明らかになっていませんが、公式ではiPhone 8と同じくらいの電池持ちとのこと。 なので、そんなに長く使うことはできない感じですね。 本体カラーの違い iPhone 11・SE(第2世代)本体カラー iPhone 11は6色、iPhone SE(第2世代)は3色から選ぶことができます。 本体カラーの違い iPhone 11 iPhone SE(第2世代) カラー ブラック、グリーン、イエロー、パープル、 PRODUCT RED、ホワイト ホワイト、ブラック、 PRODUCT RED iPhone SE(第2世代)も PRODUCT REDを選べるのはいいかもしれないですね。 ただ、よりポップな色が欲しいならiPhone 11ならグリーン、イエロー、パープルを選ぶことができます。 ちなみに、iPhone SE(第2世代)はホワイトでもフロントパネルは黒色となっています。 iPhone 8はホワイト系のカラーはフロントパネルも白色だったので統一感があって良かったのですがね。 フロントパネルが黒いのはカッコイイのですが指紋が目立つのがキツイ…。 まあ、コストダウンでしょうか。 仕方ないですね。 iPhone 11・iPhone SE(第2世代)端末価格 Apple Store iPhone 11、iPhone SE(第2世代)の端末価格を比較しました。 iPhone 11、iPhone SE(第2世代)端末価格 iPhone 11 iPhone SE(第2世代) 64GB 74,800円 44,800円 128GB 79,800円 49,800円 256GB 90,800円 60,800円 iPhone 11も74,800円で買えるので従来のモデルに比べると安い価格設定となっていましたは、iPhone SE(第2世代)は低価格モデルということもあり44,800円で64GBモデルを手に入れることができます。 iPhone 8の64GBは52,800円だったので8,000円ほど値下げされたことになりますね。 iPhone SE(第2世代)の良いところは256GBの大容量モデルでも60,800円で買えるという。 かなり安いですよね。 iPhone 11のおすすめポイント• 大きい画面で動画を見たりゲームができる• 8インチのiPhone Plusから乗り換えする• バッテリーの持ちが良いので長く使える• ジェスチャー操作で流れるように操作できる• 予備電源に対応したエクスプレスカードに対応• 急速充電、ワイヤレス充電に対応している• 6色の本体カラーから選びたい• iPhone 11 Proより安い74,800円で買える iPhone 11は画面が6. 1インチと大きいので少しでも 大きな画面で動画を見たり、ゲームを楽しんだりコンテンツ消費したい方におすすめです。 リアカメラも広角と超広角カメラを搭載していて幅広い写真撮影ができるのも魅力的・端末価格もiPhone 11 Proよりも抑えられているので、最新のiPhoneを安く買いたい方におすすめです。 ただし、マスクをしてると顔認証が通りません。 なので、指紋認証で画面ロック解除したいならiPhone SE(第2世代)がおすすめです。 iPhone SE(第2世代)がおすすめな人は iPhone SE(第2世代)は4. 7インチの小さなディスプレイを搭載したモデルです。 iPhone SE(第2世代)のおすすめポイント• コンパクトボディなので片手操作ができる• iPhone SE・6・6s・7から乗り換える• iPhone X・XRからの乗り換えもあり得る• シングルカメラだけど最先端技術で画質がキレイ• マスクしてても指紋でロック解除できる• 予備電源に対応したエクスプレスカードに対応• 急速充電、ワイヤレス充電に対応している• 端末価格が44,800円ととにかく安い iPhone SE(第2世代)はホームボタンを搭載した端末でデザインは時代遅れ感は否めません。 しかし、Touch IDを使って指で画面ロック解除したり支払い決済ができるので、コロナの影響で マスクをしている僕たちにとっては今やiPhone 11よりも使いやすい端末になるでしょう。 在宅でずっと家にいるならFace IDを搭載しているiPhone 11でもいいですが、どうしても外に出ないといけない時もありますからね…。 やよりもプロセッサ性能はiPhone SE(第2世代)から乗り換えるのもアリですよ? また、スペックでは分からないけどリアカメラがスマートHDRやポートレートモードにも対応しているので、それなりにキレイな写真を気軽に撮影できるのも大きなポイントとなっています。

次の

Xperia 1 Ⅱ・Galaxy S20 完全比較!スペック・2年総額・維持費比較

シンフォギア2 スペック 比較

メーカー SANKYO(三共) 導入日 2020年4月20日 タイプ ライトミドル 一種二種混合機 型式名 Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2 機種概要 SANKYOから 「Pフィーバー戦姫絶唱シンフォギア2」が登場。 ファン待望のシリーズ最新作が遂にそのヴェールを脱ぐ。 8の一種二種混合機で、初回大当り後に移行する 「最終決戦」を突破し、 「シンフォギアチャンス」突入を目指すといった、基本的なゲームフローは前作を踏襲。 演出はアニメの第三期をベースにしたものに一新されており、新規要素として随所に盛り込まれている。 そのなかでも特出すべきは 「抜剣」演出となっており、予告演出からリーチ、シンフォギアチャンス中などで発生し、大当りを引き寄せる重要な役割を担う。 「絶唱」演出を筆頭とした前作から継承される高信頼度演出もバリエーションが増加してしパワーアップ! 専用筐体「絶唱」と連動し更なる高みへと打ち手を誘ってくれるだろう。 右打ち中の演出モードやゲーム性を彩る要素として欠かせない楽曲なども、一度や二度では堪能しきれない充実した内容となっている。 6 シンフォギアチャンス 突入率 約51. 4 3. 5円 19. 0 3. 3円 19. 5 3. 0円 20. 1 2. 5円 21. 9 3. 5円 19. 6 3. 3円 20. 1 3. 0円 20. 7 2. 5円 22. 3 3. 5円 20. 0 3. 3円 20. 5 3. 0円 21. 1 2. 5円 22. 57円) 15回 -12247円 -10935円 16回 -8080円 -7214円 17回 -4404円 -3932円 18回 -1136円 -1014円 19回 1787円 1596円 20回 4419円 3945円 21回 6800円 6071円 22回 8964円 8004円 23回 10941円 9768円 24回 12752円 11386円 25回 14419円 12874円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -12247円 -13078円 16回 -8080円 -9223円 17回 -4404円 -5823円 18回 -1136円 -2800円 19回 1787円 -95円 20回 4419円 2338円 21回 6800円 4540円 22回 8964円 6543円 23回 10941円 8371円 24回 12752円 10046円 25回 14419円 11588円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -24494円 -21870円 16回 -16161円 -14429円 17回 -8808円 -7864円 18回 -2272円 -2029円 19回 3575円 3192円 20回 8838円 7891円 21回 13600円 12143円 22回 17929円 16008円 23回 21882円 19537円 24回 25505円 22772円 25回 28838円 25748円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 57円) 15回 -24494円 -26156円 16回 -16161円 -18447円 17回 -8808円 -11646円 18回 -2272円 -5600円 19回 3575円 -191円 20回 8838円 4677円 21回 13600円 9081円 22回 17929円 13086円 23回 21882円 16742円 24回 25505円 20093円 25回 28838円 23176円 回転率 30玉 (3. 33円) 33玉 (3. 絶唱演出発生時などに連動して可動し、チャンスの到来を盛り上げる。 3大キーポイント いずれも前作から継承されし高信頼度演出。 新規要素を追加し演出バリエーションが増加、今作でも大当り当選のための重要な役割を担う。 3大キーポイント トータル 信頼度 【絶唱演出】 45. なら 「70億の絶唱リーチ」へ、全員ver. なら新規搭載となる 「繋ぐこの手がわたしのアームドギアだッ!リーチ」に発展する。 絶唱演出 【響】 【全員】 注目ポイント 響が絶唱を最後まで歌い上げるプレミアムver. 発光色が 赤に変われば信頼度大幅アップ、 虹なら大当り濃厚となる。 抜剣演出 黒系予告を介して発生する演出。 発生タイミングによって大当り濃厚となるパターンは今作でも健在だ。 レバブル 通常時 信頼度 レバブル前兆 70. 登場したキャラの装者リーチを含む、上位リーチへの発展に期待が持てる。 なら発生時点で大当り濃厚だ。 聖詠演出 信頼度 トータル 40. 聖詠演出 【響】 【翼】 【クリス】 【マリア】 【切歌】 【調】 【キャロル】 【クリス水着ver. 消化後は 「シンフォギアチャンス」 電サポ99回 に突入する。 FEVER 3R大当り。 消化後は 「最終決戦」に移行する。 当選時の振り分け ヘソ入賞時(特図1) ラウンド 電サポ 払い出し個数 実獲得個数 振り分け 10R大当り 99回 約1300個 約1200個 1. 演出は前作から継承されたバトルタイプに、新たに振動タイプを追加し演出バリエーションが増加。 移行時に打ち手の任意で選択可能となっている。 突破率 約50. 前作と同様に保留充填後はパネルの昇格チャレンジとなり、信頼度を告知する。 新たに追加された シャッフルパネル出現で信頼度アップ! 抜剣パネルなら大当り濃厚となる。 パネル 信頼度 【クリス】 7. 赤なら信頼度大幅アップ! 赤文字 信頼度 翼、クリス 45. キャロルなら信頼度アップ! 未来なら大当り濃厚となる。 キャラ 信頼度 【キャロル】 50. バトルタイプとは異なり、 マリア・ 切歌・ 調の3人が活躍する。 ガングニールデバイスが振動すれば大当り濃厚だ。 オーラの色 戦闘準備完了の文字が纏うオーラの色で信頼度を示唆。 電チュー入賞を続けているにもかかわらず色が 青止まり、 虹色出現なら大当り濃厚となる。 大きいほど信頼度アップ! 図柄サイズ 信頼度 通常 6. マリアまで発展すると信頼度大幅アップ! キャラ 信頼度 【切歌】 8. 前作と同様に時短の最終変動は残保留4個を含めた5回分の抽選を1変動で告知するため信頼度が高い。 大きな変更要素となるのは 11回と99回の時短が追加され、ラウンド以外の振り分けも重要となった点。 11回付与時は 「抜剣」演出が発生し、時短6回~10回の抽選を1変動で告知、ハズレしまった場合でも7回付与時の最終変動時と同様の抽選に移行するため、 5回分の抽選を2変動行う特殊パターンとなる。 99回付与時はリザルト画面表示時に 「V-STOCK」演出を介して告知。 ほぼ次回大当りとなる至福の瞬間となっている。 いずれも10R大当り当選時にのみ振り分けられる可能性があるぞ。 電チュー入賞時(特図2) ラウンド 電サポ 払い出し個数 実獲得個数 振り分け 10R大当り 99回 約1300個 約1200個 11. 好みのものを選択し大当りを目指そう。 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! ギアVアタック 6Ror7Ror10R大当り。 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! 10R大当り 期待度 80. 消化後は 「シンフォギアチャンス」に突入! 10R大当り 昇格期待度 10. V入賞時告知パターン V入賞後に発生する告知パターンで、獲得ラウンドと保留内連チャンの期待度が変化。 抜剣響なら 10R大当りorVストックの獲得が濃厚となる。 告知パターン 【通常】 【抜剣響】 10R大当りorVストック獲得濃厚! V入賞時のエフェクト色 V入賞後も10カウントに到達するまではアタッカーが開放。 その間に変化するエフェクト色で、獲得ラウンドの期待度が変化する。

次の