三重 交通 高速 バス。 インターネット予約

バス

三重 交通 高速 バス

, Ltd. ( SANCO))は、の全域と、、、の一部で事業と事業を運営する企業である。 会社概要 [ ] に属し、の完全である。 に神都交通を母体に、三重県下の交通事業者が統合されて発足した。 かつては鉄道路線も有していたがに神都線を全廃し、に鉄道部門を三重電気鉄道として分社、同社は松阪線を廃止後にへ合併された(の節を参照)。 の一時期は、近鉄グループの双方に属していたが、近鉄が株式買い増しにより傘下に収めた。 一般路線バスでは、自社専用のICカード「emica」が利用可能である。 なお、同じ近鉄グループ(傘下)のが導入した「」や、近鉄の鉄道路線に導入された「」「」のようなICの導入については、三重交通グループホールディングス傘下のを含め、公式な発表はされていなかったが、、自社専用IC乗車カード「emica(エミカ)」を、より導入することを発表した。 ただし名阪近鉄バスへの導入は未定である。 また同社の方針としては、「(に開始した)やとPiTaPaの相互利用が可能になったら検討する」としており 、その「emica」導入と同時に、IC乗車カード全国相互利用サービスも開始している。 2013年度には協議会に加盟した。 一時期はに「Edy」(現:)を導入したことがあり、バス運賃のEdy決済では日本初の事例となった。 旅行部門については子会社の三交旅行が「三交パルック」のブランド名で展開していたが、に三重交通が吸収し自社での運営となった。 三交パルックのキャラクターは『』(作)が使われている。 昭和20年代から昭和30年代にかけての戦後期にを保有していた。 にも7回出場した。 沿革 [ ]• (6年) - 自動車として会社設立。 (昭和11年) - 山田自動車に商号変更。 (昭和14年) - 神都交通に商号変更。 (昭和19年) - 三重県下の、、、、、およびを合併、同時に商号を現在の 三重交通に変更。 (昭和25年) - 第一部に上場。 (昭和39年) - 鉄道部門を 三重電気鉄道として分社。 (昭和40年) - 近畿日本鉄道が三重電気鉄道を合併。 (昭和60年) - の学生らを乗せた貸切バスがのに転落 、25人が死亡する惨事となった。 (18年)• - 名古屋証券取引所第一部上場を廃止。 - と共同で三交ホールディングス(現)を設立。 (平成19年)4月1日 - を実施し、関係会社株式管理事業を三交ホールディングスに、不動産事業を三交不動産に承継。 (平成20年)4月1日 - 貸切バス事業の一部と高速バス事業の一部をに委託。 (平成21年)4月1日 - の業務を受託開始。 (平成24年)4月1日 - 三交旅行(三交パルック)を合併。 旅行部門を自社に置く。 (平成26年)• 2月1日 - を合併。 4月1日 - 名古屋観光営業所内にを開設、同日業務受託開始。 (平成27年)3月19日 - 市場第一部へ上場開始。 (平成28年)4月1日 - ICカード「」を導入。 (平成31年)4月1日 - を開設、同日業務受託開始。 現行路線 [ ] 内は会社。 長距離高速バス(夜行) [ ] 鳥羽 - 池袋・大宮線(伊勢 - 池袋線時代:2001年撮影)• ・・・・ - 前・・三交鈴鹿・西口・前・・前・前・二見浦表参道・• 大宮営業所・大宮駅・池袋駅・横浜駅() - 桑名駅前・近鉄四日市・三交鈴鹿・白子駅西口・津駅前・三重会館・松阪駅前・伊勢市駅前・二見浦表参道・鳥羽バスセンター• 大宮営業所・大宮駅・池袋駅・バスタ新宿・横浜駅() - 栃原・・・・紀伊長島・海山バスセンター・尾鷲市・前・三交南紀・七里御浜・・• 2017年1月16日発便より「西口」から「バスタ新宿」に停留所変更。 「三交海山」から「海山バスセンター」に停留所名称変更。 全ルート経由に変更。 名張市役所・西口・北口・・・近鉄四日市 - 横浜駅東口(YCAT)・池袋駅東口・大宮駅西口・大宮営業所• 「上野産業会館」から「上野市駅」に停留所名称変更。 中距離高速バス(昼行) [ ]• 京都発着便• から京阪バスとの2社運行(近鉄バスは撤退)• : 三交上野車庫・上野市駅 - 五条京阪・京都駅• 大阪発着便• :・近鉄四日市駅 - ・• から単独運行(近鉄バスは撤退)• からと共同運行• : 上野車庫・上野市駅・・ - 大阪駅前(東梅田駅)・新大阪駅• 「上野産業会館」から「上野市駅」に停留所名称変更。 から単独運行(近鉄バスは撤退)• 名古屋発着便• 名古屋湯の山温泉高速バス: -• : 名鉄バスセンター - 関バスセンター - 上野市駅・上野車庫• 「上野産業会館」から「上野市駅」に停留所名称変更。 名古屋南紀高速バス: 名鉄バスセンター - 滝原宮前・紀伊長島・尾鷲市・熊野市・新宮駅• 名古屋長島温泉高速バス: 名鉄バスセンター - 長島スポーツランド・長島温泉• 名古屋長島温泉高速バス: () - 長島温泉 近距離高速バス(昼行) [ ]• 名古屋正和赤尾線: 名鉄バスセンター - 大山田団地内(イオンモール桑名口 - 野田一丁目)・赤尾台• 名古屋三重団地高速線: 名鉄バスセンター - 三重団地(平日のみ運行)(より東芝四日市止まりのみに変更)• 名古屋桜台高速線: 名鉄バスセンター - 菰野東・桜花台・桜台(一部便が四日市大学・東芝四日市工場も経由)• 栄南陽高速線: 栄(オアシス21) - イオンモール名古屋茶屋(~)• 名古屋南陽高速線: 名鉄バスセンター - (上記系統の始発地を変更し、より運行)5月のダイヤ改正により終点がまで延伸した 空港連絡高速バス [ ] 、第2ターミナル開業に伴い停留所を新設。 - 垂坂駐車場・キオクシア正門前・生桑車庫・都ホテル前・近鉄四日市駅・新正車庫• 2019年、社名変更に伴い停留所名を東芝四日市前から正門前に変更• 中部国際空港 - - 長島温泉・桑名駅• よりJR東海バスが中部国際空港 - 金城ふ頭駅間の運転を開始するのに合わせ、金城ふ頭駅経由に路線変更し、同社との共同運行の扱いとなっている• 中部国際空港 - () - 空港アクセス港() - 伊勢市駅前・外宮前・内宮前・• より内宮前~鳥羽バスセンター間路線延長 市内・近郊路線バス [ ] を参照 過去の路線 [ ] 空港連絡バス [ ]• 名張駅前・上野産業会館・関バスセンター - 中部国際空港 ()• 四日市 - 名古屋空港 〈名鉄バス〉• 近鉄鳥羽駅・鳥羽港 - (常滑航路) - 中部国際空港 高速バス [ ]• 長島温泉 - 名張駅 ()• 近鉄四日市 - (ユニバーサル・スタジオ・ジャパン高速バス)• 京都駅 - 伊勢市駅• みえ・美し国エクスプレス : 名鉄バスセンター - ・・ (をもって終了 )• 四日市奈良高速線 : 長島温泉・近鉄四日市駅 - 櫟本(天理市)・・ (運行開始 、廃止。 シャトルバス(予約制): 名鉄バスセンター - ・熊野古道センター・熊野市駅(をもって廃止 )• もともと高速であったが、からに変更したもの。 岐阜長島温泉高速線: 関市役所(わかくさプラザ) - 栄町1 - 長山 - - 長島温泉 - 土・日・祝日と年末年始のみ運行(2019年春以降の運行終了 ) 中距離特急バス [ ]• ・津駅前・三重会館 - 滝原宮前 - 紀伊長島 - 紀北町海山 - 尾鷲市 - 熊野市駅 - (をもって廃止)• 松阪中央病院 - 松阪駅 - 栃原 - 滝原宮前 - 紀伊長島 - 紀北町海山 - 尾鷲市 - をもって廃止• (をもって廃止)• 上野市駅 - 五月橋 - 針インター - 一般路線バス [ ] 「」を参照 環境定期券 [ ] 土休日のマイカー利用抑制を目的とし、「 環境定期券」という名で定期乗車券所持者は土休日と年末年始は定期乗車券の区間外(グループ会社も含む)が、所定運賃の半額で乗車可能としている(現金に限る)。 長距離高速バス、中距離高速バス、空港連絡バス、定期観光バスは適用されない。 は適用される。 までは同伴者4名(本人を含んで最大5名)まで適用可能で、運賃も半額でなく100円から1,000円の特別運賃となっていた。 営業所 [ ]• - 玄馬町231• - 大字小貝須字新堀北1593-3• 北勢事業所 - 三重県北勢町麻生田1438-3• - 三重県川島町字目代4102-1• - 三重県あのつ台4-1-1• - 三重県西田原字大野田450• - 三重県大津町字戸の本808-1• - 三重県神田久志本町1500• - 三重県247• - 三重県有馬町3724-1• 名古屋観光営業所(車庫) - 愛知県名古屋市北区玄馬町231 (名古屋営業所に併設)• 名古屋観光営業所(営業) - 愛知県名古屋市名駅3-21-7• 北部観光営業所 - 三重県四日市市川島町字目代4102-1 (四日市営業所に併設)• 中部観光営業所 - 三重県津市あのつ台4-1-1 (中勢営業所に併設)• 伊賀観光営業所 - 三重県名張市西田原字大野田450 (伊賀営業所に併設)• 南部観光営業所 - 三重県伊勢市神田久志本町1500 (伊勢営業所に併設)• 南紀観光営業所 - 三重県熊野市有馬町3724-1 (南紀営業所に併設)• 東京案内所 - 2-2-5 また、から・・の運行を受託している。 廃止された営業所・車庫 [ ]• 津営業所 - 三重県津市藤方字南八木田• 鈴鹿営業所 - 三重県北玉垣町• 新宮営業所 - 徐福2丁目• 新宮車庫 - 和歌山県新宮市広角• 海山事業所 - 三重県相賀993 この節のが望まれています。 車両 [ ] 車両概説 [ ] 国内3メーカー保有しているがグループにがあることから、バスは(現・)製が最も多い。 なお、かつては日産ディーゼル車も僅かながら存在した。 続いて製、(旧・)製となり、製路線車は存在しない。 桑名営業所と四日市営業所には、高出力仕様の長尺車が多数在籍しており、前後には伊賀営業所など他の営業所にも導入されている。 また、の保安基準改正により、ローバックシート装備車にはシートベルトを取り付けられなくなったため、後半以降、非短尺車としてはの標準出力ノンステップ標準尺車を導入している。 車椅子リフトを中扉に搭載したの仕様車(5852号車)と(3804号車)が1台ずつ在籍しており、2013年8月現在、前者は主に訓練車として使用されており、後者は志摩営業所管内の各線にて運用されている。 特急車・中距離高速車 [ ] 貸切シャーシのA特急車と、トップドア路線バスシャーシのB特急車がある。 A特急車は名古屋から桑名四日市方面への近距離高速路線や中部国際空港アクセス路線、名古屋上野高速バスなどの中距離高速路線で使われている。 いすゞ車と日野車が多く、いすゞ車はガーラへのモデルチェンジまで、ほとんど富士で導入されている。 近年は三菱ふそう車も僅かながら導入されている。 B特急車は主に観光路線や契約輸送で使われている。 ほとんどがいすゞ車でわずかに日野車が存在する。 名古屋市内の路線バスはかつてほとんどB特急車で運転されていた(現在は桑名営業所および名古屋営業所の大型一般路線車を主に使用、検査代走等でまれに中型路線バスやA特急車が運用されることがある)。 長距離高速車 [ ] 三菱ふそう車といすゞ車が在籍している。 なお、かつては共同運行相手に合わせた関係から、わずかに日産ディーゼル車が存在していた。 現在は日野車は存在しない。 観光車 [ ] いすゞ車が大半を占めているが、日野車、三菱ふそう車も在籍している。 また、いすゞ車は特急車と異なり純正のいすゞバス製造製が多い。 なお、かつては日産ディーゼル車も存在した(現在は全廃)。 過去には長距離高速車と兼用のトイレ付車両(愛称「トレンディ」)も存在した。 車いす乗降リフト付きのガーラUDも存在する。 社番 [ ] 車両管理のため4桁の「社番」を設けている。 原則、廃車まで改番されない(番号重複等で改番例あり)。 上1桁目はシャーシメーカを表す• 1:いすゞ大型乗合車• 例:1030・1080番台(高出力・長尺ノンステップ車)、1100番台(標準出力ノンステップ車)、1300番台(ワンステップ車)、1400番台(ツーステップ車)• 2:三菱ふそう車• 例:2201(貸切車)、2351(路線車)• 3:いすゞ小型・中型・大型短尺車(乗合・貸切共)• 5:いすゞ大型貸切・特急車・以外の大型長尺乗合車• 例:5928(貸切車)、5760(特急車)、5852(リフト付きワンロマ車)など。 6:日野車• 例:6516()、6023()、6675()• 7:その他(コミュニティバス、契約輸送用など。 メーカ問わず付番される)• 8:郵便車• 9:日産ディーゼル車、トヨタ車• 上2桁目で形式ごとに区別し、下2桁は各01より付番される• 下2桁の「42」「49」は、旧式のみしか付番されていない。 乗合車• 鈴:(旧鈴鹿営業所所属)• 津:中勢営業所(旧津営業所所属及び統合以後2007年頃までに移籍、新規導入した車両)• 中:中勢営業所(2008年以降に移籍、新規導入した車両)• 貸切車• 前扉・運転席下付近および車体後面の3か所にペットマークを取り付けている。 例として、名古屋観光営業所は「」、南部観光営業所は「」など。 その他 [ ] にシンボルマークとして「SANCO」マークが導入されそれまでの社章 に代えて車体前面・側面に表示されたが、ごろより社章の表記が復活している。 SANCOマークは停留所の標識などにも用いられている。 に採用された貸切車の旧塗装は、そのデザインが現在三重交通ホールディングス傘下の名阪近鉄バスの貸切車と色違いである。 このデザインは三重交通オリジナルだと思われがちだが、実際には同年に登場した名阪近鉄高速バス(当時)の豪華サロンカー「スーパーグレイス46」(日野グランデッカー)が採用したデザインが基になっており、同年末に三重交通が貸切車の新塗装化を発表した際、この塗り分けの色違いを採用したものである。 名阪近鉄バスの貸切車は、その当時のデザインを現在も採用している。 ・式の貸切車のうち、特車タイプ(GRANDVIEW50、DREAM37、GRANDSALON50)については、デビュー当初は現在のA特急車に用いられている塗装であった。 これは同年式の三重急行車輌についても同様であったが、いずれも後年旧貸切車塗装に改められた。 福岡線を運行していた当時、から夜行用にリースされた車両については、西鉄塗装のまま社名表示を「三重交通」に、ナンバーを三重ナンバーに変更の上、使用していた。 も受託しているため、バスの他にも在籍している。 にはに合わせ、かつての三重交通路面電車を再現した「神都バス」が登場、伊勢営業所に配属された。 には電気バスが登場、同じく伊勢営業所に配属された。 登場当初はのラッピングを施していたが 、にはのラッピングに改められている。 ごく少数ではあるが、他社からの移籍車も存在する。 また逆に、こちらも少数ながらをはじめとする他社へ移籍したものもある。 車両ギャラリー [ ]• いすゞK-CSA650(富士重工Gデッカー)。 (四日市市)• (菰野町)• (鈴鹿市)• (亀山市)• (津市)• (津市)• (津市)• (松阪市)• (松阪市)• (松阪市)• (伊勢市)• (鳥羽市)• (南伊勢町)• (伊賀市)• (伊賀市)• (名張市)• (愛知県弥富市)• (名古屋市港区、愛知県海部郡飛島村、海部郡蟹江町)• この節のが望まれています。 三重交通ICカードシステムemica、全国交通系ICカード [ ] 乗客の利便性向上やカードリサイクルによる環境負荷の軽減を目的として、(28年)より事前チャージ制(プリペイド方式)の「emica」(エミカ)を導入した。 導入路線は三重交通・・・の一般路線全線であり、関東・関西方面行高速バス、三重交通が受託する各市町村の(一部を除く)では利用できない。 emica自体は同社独自のものであるが、導入と同時に(・・・・・・・・・)も利用可能となった。 ただし、全国交通系ICカードは三重交通バスの運賃箱、emicaチャージ機等でのチャージは受け付けていないため、事前にや等でチャージしておく必要がある。 「emica」の導入に伴っては発売を終了した(利用は引き続き可能)。 通勤・通学定期券への対応は当初は(29年)春を予定していたが、延期された後に(30年)から対応を開始した。 これに伴い、IC定期券発売窓口での紙定期券の発売を終了している。 emica定期の特徴として、連続しない2区間を定期情報として載せられることが挙げられる。 なお、三重交通と他社路線(バス、鉄道とも)との連絡定期は存在せず、三重交通の定期券をmanaca等ほかのICカードに載せることもできない。 また、三重交通の定期券で八風バス並行区間に相互に乗ること その逆も はできない。 三交バスカード [ ] に前述の自社ICカード「」導入に伴って販売が終了されたが、当面は引き続き利用可能。 三交バスカードは三重交通の一般路線バスと、都市間高速バスで使用できる磁気式ストアードフェアカードである。 バス営業所や車内のほか、一部の出札窓口や北勢地区にあるサークルKなどでも購入できた。 名古屋長島温泉高速線は三重交通担当便のみ利用可能(名鉄バス担当便はmanacaが利用可能)。 まで、毎年春限定で利用可能額を増やしたエコ・バスカードも発売されていた(5,000円券と10,000円券のみ発売)。 エコポイント交換商品。 3,000円券(利用可能額:3,300円)• 5,000円券(利用可能額:5,500円、エコ・バスカードは6,000円)• 10,000円券(利用可能額:11,000円、エコ・バスカードは12,500円) かつて保有していた鉄道路線 [ ] これらの路線は近鉄合併前に廃止された路線や、現在ものまま存続する路線、1435mmにされてが走った路線まで、後の運命は様々である。 1067mm路線 [ ]• ににより開業。 三重交通時代のに廃止。 に志摩電気鉄道により開業。 近鉄に引き継がれた唯一の三重交通1067mm線で、に改軌され、特急が走る幹線の仲間入りをしている。 762mm軌間路線 [ ] この5路線は車両規格が統一されていたことから、各線で車両の転属が行われることもあった。 に三重軌道により開業。 現在もほぼ同じ路線で現存。 からが運営。 に三重軌道により開業。 水害で一駅間を残して廃止されたが、現存。 から四日市あすなろう鉄道が運営。 に四日市鉄道により開業。 内部・八王子線とあわせて「 三重線」の名で直通運転をしていたが、三重電時代のに一日で改軌。 改軌後は後半まで上本町・名古屋より直通の特急、までは線内運転の定期特急もあった。 より主に夏季繁忙期に臨時特急が運行される。 に北勢鉄道により開業。 近鉄と合併したが、からはが運営。 に松阪軽便鉄道により開業。 三重電時代に廃止された唯一の路線。 関連会社 [ ] 三重交通グループについては「」を参照 不祥事 [ ] 、名古屋市交通局から市営バスの運行業務を受託している浄心営業所において、大型車のを所持していない社員が、同営業所の整備棟内に停車中のバスの運転席に座って運転機器類に触れたり、車両を前方に移動(約8m)させ、その行為を動画に撮影し投稿しており、社内規程や業務指示に反する行為であるとの謝罪文を出した。 注釈 [ ]• [ ] - asahi. com MY TOWN 三重、2010年8月17日()• - ビットワレット 2006年10月4日 [ ]()• - 三重交通 2006年10月4日 [ ]()• - ITmediaニュース 2006年10月5日 15時15分• 宇治山田市代表として2回・伊勢市代表として5回• - 2012年1月31日 三重交通 [ ]()• - 2013年12月24日 三重交通• 三重交通グループホールディングス 2015年3月19日. 2020年6月21日閲覧。 - 名古屋市交通局、2019年1月31日発表• - 三重交通 八風バス 2006年12月8日 [ ]()• - 三重交通 2017年4月25日(2017年5月14日閲覧)• 三重交通 2015年3月24日. 2015年4月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月10日閲覧。 - 三重交通プレスリリース 2014年6月26日• - 三重交通プレスリリース 2014年9月3日• プレスリリース , 三重交通, 2015年8月27日 ,• 2016年4月21日閲覧。 三重交通 2015年3月24日. 2015年4月10日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年4月10日閲覧。 お知らせ. 岐阜乗合自動車 2019年2月1日. 2019年3月6日時点のよりアーカイブ。 2019年3月6日閲覧。 はのちにバスのボディビルダー(バスの架装)事業から撤退し、を以ってへと社名変更し、現在に至る。 標準出力長尺車の導入はまで導入されている。 ただし、伊勢営業所に配属されている電気バス(後述)は例外的に「1000」の番号が付けられている。 カタカナの「ミ」をモチーフにしたもの。 がデザインし、1月に制定された(三重交通『最近10年のあゆみ』P. 33 )。 三重交通 2014年2月25日 2017年5月15日閲覧• 三重交通HP 2017年2月20日 2017年5月10日閲覧• 十和田観光電鉄への移籍は鉄道路線の廃止による代替バス運行開始に伴うもの。 三重交通 2016年4月1日. 2017年11月7日閲覧。 「湯ノ山線改軌」『鉄道ピクトリアル』第157号、電気車研究会、1964年5月、 86頁。 三重交通株式会社 2019年2月8日. 2019年2月13日閲覧。 関連項目 [ ]• - かつて存在した企業。 伊勢と松阪に百貨店を展開していた。 - 1950年代から60年代にかけて活動、やに何度か出場した。 外部リンク [ ] に関連するメディアがあります。 ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

高速バスへステップアップ

三重 交通 高速 バス

鳥羽シーサイドホテルについて 以下の日程を休館日とさせていただきます。 (電話番号:0599-25-5151) 三交インGrande東京浜松町について 東京オリンピック・パラリンピックにより、2020年7月20日(月)~2020年8月15日(土)の間、「三交イン宿泊券」をご利用いただけないこととしておりましたが、開催延期に伴い、上記期間ご利用いただけることといたしました。 共通路線バス乗車券のご利用方法について• 1.本券はご持参いただいた方1片、1人、片道限りの通用で、途中下車及び乗換えされると前途無効になります。 ただし、乗継ぎの場合、次の路線については本券1片でご利用いただけます。 単元(100株)以上ご所有の株主様に対する株主優待サービス内容 (注)株主優待乗車券及び株主優待乗車証について• 記名式といたしますが、持参人は誰でもご利用いただけます。 次の特定路線にはご乗車いただけません。 (三重交通) 高速鳥羽大宮線、高速伊賀大宮線、高速南紀大宮線、名古屋長島温泉高速線、栄長島温泉高速線、名古屋上野高速線、名古屋南紀高速線、四日市京都高速線、津京都高速線、四日市大阪高速線、伊賀大阪高速線、桑名中部国際空港高速線、四日市中部国際空港高速線、津伊勢空港連絡線、パールシャトル線 (名阪近鉄バス) 高速バス及び伊吹山線• 前項のほか、自治体から受託運行しているコミュニティバスにはご乗車いただけません。 三交伊勢志摩交通及び八風バスの路線並びに三重急行自動車の三重交通との共同運行路線にもご利用いただけます。

次の

三重交通

三重 交通 高速 バス

鳥羽シーサイドホテルについて 以下の日程を休館日とさせていただきます。 (電話番号:0599-25-5151) 三交インGrande東京浜松町について 東京オリンピック・パラリンピックにより、2020年7月20日(月)~2020年8月15日(土)の間、「三交イン宿泊券」をご利用いただけないこととしておりましたが、開催延期に伴い、上記期間ご利用いただけることといたしました。 共通路線バス乗車券のご利用方法について• 1.本券はご持参いただいた方1片、1人、片道限りの通用で、途中下車及び乗換えされると前途無効になります。 ただし、乗継ぎの場合、次の路線については本券1片でご利用いただけます。 単元(100株)以上ご所有の株主様に対する株主優待サービス内容 (注)株主優待乗車券及び株主優待乗車証について• 記名式といたしますが、持参人は誰でもご利用いただけます。 次の特定路線にはご乗車いただけません。 (三重交通) 高速鳥羽大宮線、高速伊賀大宮線、高速南紀大宮線、名古屋長島温泉高速線、栄長島温泉高速線、名古屋上野高速線、名古屋南紀高速線、四日市京都高速線、津京都高速線、四日市大阪高速線、伊賀大阪高速線、桑名中部国際空港高速線、四日市中部国際空港高速線、津伊勢空港連絡線、パールシャトル線 (名阪近鉄バス) 高速バス及び伊吹山線• 前項のほか、自治体から受託運行しているコミュニティバスにはご乗車いただけません。 三交伊勢志摩交通及び八風バスの路線並びに三重急行自動車の三重交通との共同運行路線にもご利用いただけます。

次の