北 朝鮮 の クリスマス プレゼント。 【ヘタレ】北朝鮮、『クリスマスプレゼント』何もせず終わる

ミサイル?衛星発射体?…北の“クリスマスプレゼント”とは?│北朝鮮│wowKora(ワウコリア)

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

北朝鮮がアメリカに対し一方的に宣言した回答期限が迫ってきました。 北朝鮮が示唆する「クリスマスプレゼント」が「長距離弾道ミサイルの発射実験」だった場合、朝鮮半島に訪れかねない最悪のシナリオをメルマガ『最後の調停官 島田久仁彦の『無敵の交渉・コミュニケーション術』』の著者で国際交渉人の島田久仁彦さんが解説します。 島田さんは、韓国、北朝鮮それぞれが国内において一枚岩ではなくなっている状況、とりわけ国際社会から相手にされなくなっている韓国の惨状から、朝鮮半島にある2か国の消滅までも「妄想」し、警戒を強めています。 沈没寸前の朝鮮半島〜韓国と北朝鮮に訪れかねない終わりの足音 アメリカに対するハードラインが復活している北朝鮮。 外交ルートを通じた激烈な非難と、トランプ大統領のレッドラインがどこかを探るギャンブルともいえる度重なるミサイル発射実験。 北朝鮮からのこれらすべての反応は、一言でいえば、究極の焦りの表れと読み解くことができます。 最も顕著だったのが、先月に軍の高官が発言したとされる「武力行使はアメリカにのみ与えられた特権でないことを思い知ることになる」という内容は、さすがの北朝鮮外交部も焦ったのか、「遅々として進まないアメリカとの協議へのいら立ちの表れ」とすぐさま言い訳を行っていますが、一枚岩の対応ができなくなっているほど、国内の統制は崩れ、状況は逼迫していると捉えることができると考えられます。 ウクライナ疑惑で下院が弾劾決議を可決したことで、トランプ大統領としては、選挙イヤーに入り、世論に対して何らかの目眩ませを発動する必要が出てくるのではないかといわれています。 過去の政権の例に漏れず、言葉は悪いですが、ベストチョイスといわれるのが、それらしき大義を掲げて戦争をスタートすることです。 その理由は、今回、弾劾決議をした米下院を含め、議会上院も全会一致で「北朝鮮の核開発はアメリカの国家安全保障にとっての脅威であり、アメリカ政府は何らかの対応を取る必要性がある」という決議をしていることで、トランプ大統領としては、国内的には法的なお墨付きを取り付けているため、攻撃の決定を下しやすくなります。 加えて、これまでの政権であれば気にした国連安全保障理事会決議の有無については、極限まで国連軽視を行うトランプ大統領は、さほど気にはかけないだろうと思われ、アメリカ単独での行動に出る可能性はかつてないほど高くなっています。 クリスマスプレゼントの内容が、意に反して、『平和的解決を望むため、アメリカの要求を受け入れ非核化へのステップを踏む』といった内容のものであればいいのですが、このところの論調に鑑みたり、今週、ビーガン特別代表訪韓時に接触がなかったことを踏まえたりすると、2020年年初から、何らかの物理的な衝突が起こる可能性は否定できないと思われます。 仮にそうなった場合、これも以前より何度かお話ししていますが、韓国は被害を免れないだろうと思われます。 過去の米政権は、同盟国韓国における被害の可能性を踏まえて、クリントン大統領なども北朝鮮への攻撃をためらってきましたが、GSOMIA問題や米朝間の協議に関する文大統領の勝手な邪魔、そして、あからさまな韓国の中国への接近などを踏まえて、すでにアメリカは断韓の動きを加速させている状況下では、トランプ大統領が北朝鮮攻撃をためらう理由に韓国の存在はないと考えられます。 ゆえに、北朝鮮のみならず、韓国も大変な危機に直面しているということになります。 その韓国ですが、アメリカとの同盟がもう有効とは言えない現実に直面し(自らまいた種なのですが)、中国への接近を図っていますが、先々週の王毅外相のソウル訪問時の雰囲気から、習近平政権の韓国に対するフラストレーションが高まっていることが読み取れますし、「助けてほしければ、言うとおりにしろ」とでも言いそうな圧力をかけ、同等の国とは見ていない感じが見て取れます。 ロシアからはすでに相手にされていませんし、欧米各国も韓国切りをし、また欧州は自らの問題で手いっぱいで、極東で起きる事態に真剣に対処する余力はなく、日韓関係はいまだに最悪な状況が継続中です。 まさに八方塞がりの状態です。 手を取り合い、笑顔を交わした北朝鮮も、今では、韓国を間抜け扱いで相手にしていませんし、南北朝鮮の統一の話も、もう長く北朝鮮からは出てこなくなりました。 酷な予測をすれば、仮に半島の統一が起こるとすれば、韓国の手によるものではなく、恐らく中ロにガチガチに固められた北朝鮮の手によるものとなるでしょう。 つまり、北朝鮮も主導権は握れない統一となり、極論を言えば、朝鮮半島にある2か国は消滅するかもしれない事態です。 (まあ、そう簡単には起きえませんが、可能性はゼロではなくなってきています)。 さらに現実味を帯びてくる要素は、韓国経済の終わらない低迷と、文政権への支持が日に日になくなっていく実態です。 韓国経済が国際経済から取り残され、外資の投資引き上げに直面しているだけではなく、海外市場での韓国企業の締め出しが本格化していることで、以前のデフォルトの状況を超える危機の寸前まで来ている瀕死の状態と言われています。 ただでさえ混乱している国際経済へのショックを緩めるために、あまり表立っては語られていませんが、諸々の要素に鑑みると、相当やばい状況まで来ています。 そこに追い打ちをかけるのが、文大統領の統率力への疑問符です。 ここにきて隠しきれなくなってきているのが、韓国の軍部が、文大統領からの指示に真っ向から反対することが多くなってきているという状況です。 以前、日韓の間で問題として取り上げられ、今の険悪な関係の引き金の一つとなったレーザー照射問題については、韓国の軍関係者曰く、「レーザー照射そのものは褒められたものではない。 しかし、これまでは自衛隊との間で、現場レベルの問題解決ができてきた。 それなのに、文大統領が、自らの反日ポリシーのためにこれを政治化し、さらに外交問題化したことで、韓国軍の威厳は地に落ちる結果に至った。 もう彼の気まぐれには我慢ならない」とのこと。 完全な私の妄想かもしれませんが、これまで韓国大統領と言えば、逮捕収監されるか、殺害されるか(自殺も含む)という悪評がありますが、この軍の反文政権の態度が明らかになってきた今、もしかしたら来年あたり、クーデターを含む、何らかの動きがあるのかもしれないと予測しています。 もしこの妄想じみた状況が現実になったらどうなるか。 そして、それがもし、北朝鮮への攻撃と時期が重なったらどうなるか。 いろいろな状況や入ってくる情報に照らし合わせると、とても恐ろしいシナリオが浮かび上がってきますし、それが起こるprobabilityは、これまでになく高いといえると思います。 来年2020年、我が国が存在する北東アジア地域はどのようになっているのか。 予測が非常に難しくなってきました…。 image by: The White House Flickr(public domain) MAG2 NEWS.

次の

金正恩氏のクリスマス・プレゼント

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

米軍と連携し、北朝鮮の主な核・ミサイル施設などを監視しているという。 北朝鮮のリ・テソン外務次官(米国担当)は3日に出した談話で、「今残っているのは米国の選択であり、近づくクリスマスのプレゼントに何を選ぶかは全面的に米国の決心にかかっている」と表明し、クリスマス前後に衛星を搭載した長距離ロケットか、大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射する可能性があるとの見方が出ている。 ただ、北朝鮮の具体的な軍事動向は捉えられていないという。 韓国政府は北朝鮮の新年の主な政策方向が決まる朝鮮労働党の中央委員会総会がクリスマス当日に開かれる可能性もあるとしている。 北朝鮮メディアは今月初め、総会を今月下旬に開催し、「朝鮮革命の発展と変化した対内外情勢の要求に合わせ、重大な問題を討議、決定する」との方針を示していた。 総会では金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(党委員長)が米国との非核化交渉が失敗する可能性に備えて予告していた「新しい道」の大枠が明らかになるとみられる。 過去記事一覧• 20年• 19年• 18年• 17年• 16年• 15年• 14年• 13年• 12年• 11年• 10年• 09年• 08年• 07年• 06年• 05年• 04年•

次の

ミサイル?衛星発射体?…北の“クリスマスプレゼント”とは?│北朝鮮│wowKora(ワウコリア)

北 朝鮮 の クリスマス プレゼント

(CNN) 北朝鮮で対米政策を担当するリ・テソン外務次官は3日、米国にクリスマスのプレゼントを贈ると予告し、その中身は米朝協議の結果によって決まると述べた。 非核化をめぐる米朝間の交渉が停滞するなか、北朝鮮は米国側に対し、年内に打開策を提示するよう求めている。 一部の専門家はリ氏のメッセージについて、長距離ミサイル実験を再開する可能性があるとの解釈を示す。 リ氏は国営メディアを通した声明で、米国が掲げる「対話」の本質は、北朝鮮を縛り付け、それを米国内の政治や選挙で有利に使おうとする「ばかげた策略」にすぎないと批判。 全ては米国自体がクリスマスプレゼントとして何を選ぶかにかかっていると主張した。 北朝鮮は2017年7月、米独立記念日の「プレゼント」と称して大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験を行った経緯がある。 また朝鮮中央通信(KCNA)は4日、朝鮮労働党が国内外の重大問題を討議、決定するため、今月下旬に中央委員会総会を開くと伝えた。 専門家によれば、米国との協議の進展状況に基づいて今後の方針を定め、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が年明けの演説で発表するとみられる。 KCNAはさらに、正恩氏が軍馬に乗り、中国国境の白頭山を訪れた姿の写真を公開した。 白頭山は正恩氏の祖父、故・金日成(キムイルソン)主席が抗日闘争の拠点を置いた地として知られている。

次の