根尾昂 出身地。 根尾昂のインスタは見所満載?かわいい彼女の画像や真相が気になる!

根尾昂の出身地や出身中学は?応援歌のパワプロの原曲や歌詞を調査!

根尾昂 出身地

根尾昂選手の出身岐阜県飛騨市 根尾昂選手の出身は岐阜県飛騨市河合町、富山県との県境にある田舎町ですが この自然豊かな土地が産んだ「 飛騨の怪物」です!! 冬は雪国になってしまう山間部でなんと根尾昂選手は中学時代スキーの回転競技で日本一になった事あるそうです!! ちなみにドラフト会議の時、中継されていたパプリックビューイングされていた場所は、『ゆうわーくはうす』という施設です。 根尾昂選手の中学時代 根尾昂選手の中学時代は「飛騨高山ボーイズ」という少年野球チームに所属しておりとても練習熱心な少年だった様です、そしてその真逆、練習嫌いだったのが、中日5位指名、山梨学院の 垣越健伸選手でした。 そうなんです、根尾昂選手と垣越健伸選手は 元同じチームメイトだったんですね! 「中学を卒業するときに、また同じチームで野球したいなと話していた。 それが実現してうれしい」 と垣越選手がコメントしていました。 まさか中学時代から同じチームに所属していて4年後同じチームでプロ野球選手になるとは、なにかの縁を感じますね。 そして、2018年は 岐阜に関わる選手たちが多数プロ野球の世界に行きました 岐阜に関わる選手 2018年岐阜に関わるドラフト指名選手は 球団指名 選手名 高校 出身地 中日1位 根尾昂 大阪桐蔭 飛騨市 中日3位 勝野昌慶 土岐商 可児市 中日5位 垣越健伸 山梨学院 飛騨市 中日6位 滝野要 大垣日大 三重県 広島4位 中神拓都 市岐商 岐阜市 巨人育成 平井快青 岐阜第一 京都 これからの選手達の活躍が期待です!!• 岐阜県飛騨市が産んだ「飛騨の怪物」こと根尾昂選手ですが文武両道、読書家としても注目され、 本屋さんでは根尾昂選手が友達に進めたという本などが並び、今バ[…]• 現在、ふるさと納税を利用している人は10人に1人だそうです。 いまいちふるさと納税の事が分からない人は 「知らないと損するふるさと納税」を理解して岐阜[…]• ふるさと納税と聞くと、イメージとしては、「自分の生まれ故郷に寄付する」 そのメリットで、税金を安くしてもらえる。 といった感じでとらえている方もいらっ[…]• 「買わなきゃ絶対当たらない」とっ、キャッチフレーズに期待を込めて、ついつい夢を買ってしまう宝くじですが、 どうせ買うなら当たりのよく出るお店で購入した[…]• 鉄腕ダッシュの新米作りの企画で、 岐阜県産の『龍の瞳』が取り上げられました! 目次 1. 日本一旨い米1. 『龍の瞳』とは1. 検索でまず[…]• 「キノコの女王」と呼ばれ、中国ではフカヒレ・ツバメの巣に並ぶ三大高級食材として「キヌガサダケ」がとりあげられます。 「キヌガサダケ」は中国料理のみなら[…].

次の

根尾昂(大阪桐蔭)の出身地と中学時代/ハイスペックさがやばい!

根尾昂 出身地

スポンサードリンク 医師の両親、中学時代はオール5 氏名:根尾昂(ねお・あきら) 生年月日:2000年4月19日(17歳) 出身地:岐阜県飛騨市(ひだし) 家族:父・浩(ひろし)さん(50)、母・美喜子(みきこ)さん(49)、姉、兄・学(まなぶ)さん=岐阜大学医学部在学中 身長:177センチ(2017年5月時点) 体重:77キロ(2017年5月時点) 血液型:O型 投打:右投げ左打ち 守備:遊撃手、外野手、投手 球速:148キロ(2016年時点) 学歴:飛騨市立河合(かわい)小学校卒業、飛騨市立古川(ふるかわ)中学校卒業、私立大阪桐蔭高等学校(偏差値69~41)2年在学中 球歴:古川西クラブ(軟式)、飛騨高山ボーイズ 根尾昂選手は岐阜県飛騨高山市で、診療所を開く医師の両親の間に生まれました。 3人きょうだいの末っ子です。 「昂」という名前は、両親がつけました。 心や気持ちのの昂(たか)ぶりという意味だそうです。 お兄さんの影響で、小学校2年で野球を始めました。 地元の古川西クラブという学童野球のチームに入り、投手兼三塁手を務めたそうです。 中学生になると、硬式の飛騨高山ボーイズに入ります。 飛騨高山ボーイズ時代は主砲を務め、ポジションは内野手で、もっぱら遊撃手の守備に就いたそうです。 一方で、2歳から続けていたスキーでは、古川中2年のとき、全国中学校スキー大会の男子回転で優勝をとげました。 さらに、イタリアで行われた世界大会にも出場しています。 いや、すごいですね。 運動音痴のわたしには、ちょっと理解できません。 運動神経のいい人、スポーツの天才って、何でもできるんでしょうね。 スキージャンプの長野五輪金メダリスト、船木和喜(ふなき・かずよし)選手(42)だって中学校時代、運動部の先生たちに追いかけられたそうですよ。 野球、陸上、水泳、体操、バレー、バスケットボール……どれをやっても、君なら一流になれるって。 しかし、根尾昂選手は中学2年でスキーをやめ、野球一本に絞っています。 それでも、スキーで培った体幹の強さは、現在も根尾昂選手の特長となっています。 野球一本に絞った根尾昂選手は中学3年で、日本代表に選ばれ、愛知県で開催された世界少年野球大会にも出場しました。 また、全国のボーイズリーグの好選手を集めた〈NOMO JAPAN〉の一員に選ばれ、米国遠征にも参加しています。 岐阜のスーパー中学生、名門3校が争奪戦 そのころにはもう「岐阜にスーパー中学生がいる」という評判が、野球関係者の間に相当に広がっていたそうです。 野球をやらせれば超S級、しかも勉強はオール5なので、どこの高校も引く手あまた。 岐阜県を代表する名門進学校、岐阜県立岐阜高校(偏差値71)や、大学に直結した文武両道の名門校、神奈川県の慶応義塾高校(偏差値75)、さらに野球エリート養成の名門、大阪桐蔭高校の3校が、中学生だった根尾昂選手を狙っていたそうです。 中でも、熱心だったのが大阪桐蔭高校です。 野球部監督・西谷浩一(にしたに・こういち)さん(47)は、根尾昂選手の公式戦があるたびに大阪から駆けつけ、ウオッチに明け暮れていたそうです。 「練習は、いつもチームでいちばん遅くまでやっている。 試合中は、大きな声を出している。 指導者の方々にもお話を聞き、根尾なら間違いないと判断しました。 何よりも、野球に取り組む姿勢が素晴らしかった」 西谷浩一監督は、進学先を模索し始めた根尾昂選手とご両親に、 「一度、自分たちの練習を見に来てくれませんか」 と持ちかけたそうです。 根尾昂選手は、お父さんと飛騨高山ボーイズの指導者の方と、大阪府東大阪市にある野球部グラウンドに見学に行ったそうです。 それから、ほどなくして、根尾昂選手は自分自身で、大阪桐蔭高校への進学を決めました。 「ずっと、見ていました。 試合がテレビに映っているとき、どの選手も常に動いていたのを覚えています。 惜しくも根尾昂選手を逃した、慶応義塾高校関係者が、ボヤキます。 「根尾君は学業も非常に優秀で、成績はオール5だったと聞いています。 特に、英語が得意だそうですね。 根尾君は確かに欲しかった、ぜひウチに来てくれればと願っていたのですが……」 大阪桐蔭高校を選んだ理由の一つが、根尾昂選手のプロ志望があるそうです。 根尾昂選手は、大学進学の意思はなく、高校を卒業したら、迷わずプロ野球を目指すそうです。 だから、大学付きの慶応義塾高校には行かなかったんですね。 では、そんな根尾昂選手の意中のプロ球団は、どこなんでしょうか。 あるいは、どこチームが、根尾昂選手のドラフト指名を検討しているのでしょうか。 その前に、2017年春の選抜大会、甲子園での根尾昂選手の活躍をプレイバックしたいと思います。 1回裏無死満塁。 4番の山本武蔵右翼手(3年)が押し出し四球を選び、先制した直後の場面。 根尾昂選手は、1球もバットを振らず、フルカウントの3-2から甘いカーブを一二塁間を抜き、右翼前ヒット。 甲子園初打席で初安打、初打点、しかも2点タイムリーです。 「見ようとは、思いもしませんでした。 フォアボールを選ぶのは、嫌です。 ただし、もう少し、早く打っておけばいい球もありました。 緊張していたし、自分のスイングはできていなかったと思います」 守備では、遊撃手として4度の守備機会を完璧(かんぺき)に、こなしています。 8回裏からは、3年生の泉口友汰選手に遊撃手のポジションを譲り、自分は中堅手の守備位置に就いています。 どうやら、西谷浩一監督、11-0と大差のついた試合で、選手をいろいろ試したかったんですね。 しかし、8回から中堅手に回った根尾昂選手は、フライを追って坂之下晴人二塁手(3年)と交錯しかけました。 「あそこは、内外野の声の連係をしっかりとやらなければいけなかったです。 甲子園は、スタンドの声援で声が聞こえにくいです。 大阪桐蔭はナント1回の表に大挙6点を奪いながら、1回の裏に6点を返されてしまうという大荒れ試合です。 しかも、2回裏に静岡は1点を勝ち越し。 イケイケと、静岡高校は勢いに乗ります。 さらに、静岡高校は7回裏に1点を追加。 8-6と完全に試合の主導権を握ります。 わたしは、テレビ中継で見ていて「これは、終わったかなー」と。 わたしは静岡出身でも、静岡高校の関係者でもないんですが、恩師の先生が静岡高校出身。 なので、先生がめちゃめちゃ母校を応援するんで、たまたま、この試合を見ていたんです。 あの名門・大阪桐蔭も緊急事態になったみたいで4回、7回と、根尾昂選手をブルペンに送りました。 もちろん、緊急登板に備えてですよね。 4万1000人の大観衆のお客さんたちの前、6-8と負けている場面で、根尾昂選手が反撃の口火を切ります。 8回表無死、先頭打者の根尾昂選手がレフト前ヒットで出塁。 続く、山田健太三塁手(2年)がレフト方向へヒット。 「行ける」と判断した根尾昂選手は全力疾走して、二塁を蹴って三塁に突入。 しかも、静岡の左翼手がエラーをしたすきに本塁に突入、セーフ! 見事、1点差まで追い上げます。 さらに、大阪桐蔭は長短打と盗塁を絡め、9-8と試合を引っ繰り返します。 まさに、根尾昂選手の全力疾走が呼び込んだ逆転劇でした。 しかも、勝ち越した8回裏からは、根尾昂選手が2番手投手として登板。 しかし、お膳立てが整いすぎたか、根尾昂選手は力んで1死から四球と左翼前安打で一、二塁のピンチ。 ふうー。 何とか、切り抜けましたよ。 「肩に力が入って、自分のやりたいことが、まるでできませんでした。 練習と試合では全然、違います。 根尾昂選手は、3番中堅手としてスタメン先発出場、4打数1安打0打点に終わりました。 何か、バットが湿ってきたみたいですね。 でも、チームは4-2で、東海大福岡に快勝。 打者としては2打数1安打1打点、投手としては1回被安打0奪三振02四死球で自責点0。 ほぼ、完璧でした。 ここで、おさらいしますと、春の選抜甲子園の成績は19打数5安打4打点、打率2割9分3厘。 投手としては3回、被安打1、3四死球、奪三振2、自責点0です。 ふはー、すごいなあ。 7月13日(木)に初戦、根尾昂選手の弱点は? でも、わたしの知人(リトルリーグ監督)は、根尾昂選手を評価しながらも、弱点を挙げます。 知人から得た情報を、当ブログの読者さんだけにお伝えしますね。 知人が申すには、根尾昂選手は、きっと内角球が苦手なんだそうです。 いわく、運動神経のいい人ほど、コースを外れたヘンな球を打つのが得意で、意外にド真ん中の球が苦手だったりするそうです。 知人いわく、根尾昂選手は、自チームのバッティング練習も含めて、いいピッチャーに慣れているので、逆に荒れ球の下手なピッチャーに弱いはずなんですって。 確かに。 いいピッチャーって、いいバッターは打ちやすいんです。 言い方は悪いかもしれないですけど、侍ジャパンって、ヘンに中国に苦戦したりするじゃないですか。 なので、根尾昂選手の所属する大阪桐蔭と対戦する可能性のあるチームの方たちは、思い切って荒れ球を根尾昂選手の懐に投げ込んではいかがでしょうか? 注目の根尾昂選手を擁する大阪桐蔭の初戦は7月13日(木)14:10から、万博球場で、大阪府立大手前高校(偏差値74~72)ですよ。 根尾昂選手の彼女や意中の球団は? ウーン。 彼女に関しては、いろいろ取材しましたが、確かな情報は掴めませんでした。 ただし、大阪桐蔭高校は共学校なので……もし、彼女がいるとしたら、学校内なんじゃないでしょうか。 ドラフト指名に関しては、どこの球団が指名するかより、逆にどこの球団が指名しないか、を考えたほうが早いでしょうね。 ご案内の通り、根尾昂選手は高校卒業後のプロ入りを、ほぼ言明しています。 根尾昂選手ほどの逸材を指名しない球団を探すのは、逆に困難です、根尾昂選手は必ずや、2018年ドラフト会議の1巡目で消えるでしょう。 投手、内野手、外野手の三刀流としての根尾昂選手ですが、やはりプロ入り当初は、外野手のバッターとして定着するだろうと思います。 やはり、外野のほうが、レギュラーをつかみやすいですよね。 知人の判断では、やっぱり打者としての才能がピカイチだそうです。 ピッチャーとして、今のところ、ちょっといいピッチャーという感じだそうです。 野手としての根尾昂選手の才能を評価する球団は阪神、巨人、中日、ヤクルト、オリックス、ロッテ、日本ハムでしょうか。 広島と楽天は、競合のくじ引きを回避する可能性があります。 外野手出身の金本知憲(かねもと・ともあき)監督(49)の率いる阪神と、高橋由伸(たかはし・よしのぶ)監督(42)の率いる巨人はまず、ほっておかないでしょうね。 とりわけ、巨人は2年後、不動の右翼手・長野久義(ちょうの・ひさよし)選手(32)が34歳になるので、世代交代期を迎えます。 長野選手はまだまだレギュラーを張り続けるでしょうが、さすがに10年後までは無理じゃないでしょうか。 とすれば、巨人は是が非でも、根尾昂選手を獲(と)りに行くでしょう。 2018年ドラフトは見逃せませんね。 その前に、根尾昂選手の甲子園での大暴れが楽しみです。

次の

根尾昂のスキー動画!大会の成績は?大阪桐蔭投手は野球だけでない!

根尾昂 出身地

根尾選手に対する評価。 プレー動画が話題!球速は? 根尾昂選手、評価高いですよ。 この春の選抜での成績を見るだけでもそのすごさが分かります。 5番打者として全5試合に出場し18打数9安打、打率. 500ということですね。 打点も8記録しているのです。 そして投手としても3勝をあげているのです。 そのうち2勝は完投勝利ですからすごいですね。 打者としても、投手としてもセンスを感じさせますね。 動きがしなやかで自然なのです。 打席では、左打者ですから、きちんと右足を上げてタイミングを取り体重移動させ、そして体をきれいに回転させてスイングしています。 スイングスピードも速いですね。 好打者の要素が全て揃っているのです。 投球フォームも美しい。 いま話題の、大谷翔平投手とか、ダルビッシュ有投手に足の上げ方が似ていますよ。 ノーワインドアップまたはセットポジションで投げています。 これが安定したフォームとなるからという理由だと思いますが、おそらく他の理由もあるのですよ。 これだけの運動能力、野球センスのある選手ですからワインドアップでもなんでもできるはずです。 しかしあえてそうしません。 自分はエースではない、リリーフ投手であるという思いがあるのです。 チームのエースに対して敬意を払っているのですよ。 チームにはエースナンバー1をつけている柿木蓮投手がいるのです。 この選抜大会でも2勝を上げていますから立派な成績です。 このエースがいるからチームがいまこの場所にいる、そしてこのエースがいるから今自分が投球することができる。 そういう思いをこのフォームで表しているのです。 いかにチームとして調和が取れているのかということがわかりますね。 個々の優れた力だけではチームとしては勝てません。 全員の思いがひとつになっているチームが優勝できるのです。 また指導が行き届いているということもよくわかりますね。 このチームの選手は、根尾昂選手に限らず、打席ではみんな同じように綺麗なフォームで打っていました。 監督の指導力のすばらしさがうかがわれます。 根尾昂 大阪桐蔭 の身長と学歴。 彼女は? 根尾昂選手の身長は177cmです。 彼女は今のところ情報は無いようですね! 岐阜県飛騨市出身です。 河合小学校、古川中学校を経て、大阪桐蔭高等学校に入学しました。 現在3年生です。 小学2年生の時から野球を始めたそうですが、子どもの時からセンス抜群でした。 大阪桐蔭では投手、内野手、外野手として活躍しています。 もちろん打者としましてもね。 背番号はいろいろでライトの9をつけたり、レフトの7をつけたり。 10だったこともあったり。 最近はショートの6になっているようですね。 スポンサーリンク 根尾昂の進路は? ドラフト評価は?能力は? まだ先の話ですけれど、卒業後の進路も注目されています。 プロ球団のスカウトも当然高く評価しています。 高校生としては抜群のレベルですからね。 投手としても、野手としても評価が高いです。 投手としてのよさはいろいろありますけれど、ひとつは肩の関節の柔かさですね。 最近の投手はあまり腕を大きく使わずに耳のすぐ上くらいからボールを離していくことが多いのです。 それでもいい投球ができれば問題ありません。 ダルビッシュ投手とか巨人の菅野投手なんかはこんな感じですよね。 根尾昂投手はもっと腕が大きく回転するのです。 ボールも体から離れたところから投げられます。 腕が大きく回転しているのですね。 古いのですけれど、この肩の関節が柔らかいことで力を発揮した投手は、堀内恒夫投手とか、桑田真澄投手です。 2人の共通点は体がそれほど大きくないことですね。 しかし腕の振りが普通の投手とは全然違ったのですよ。 ですからすばらしい成績を上げることができたのです。 根尾昂投手もどちらかというと投手としてはこの2人に似ていると思います。 打者としても優れています。 体が柔かいですから、どんな球にも柔軟に対応できるのです。 左右に打ち分けることもでき、さらにホームランを打つ長打力もあります。 イチロー選手に似ていると思いますよ。 打者としてはかなり打率の高いホームランも打てる選手ということになると思います。 根尾昂は帽子のずれまで注目されてる!阪神も狙ってる? 投球のあと帽子がずれ落ちてしまって、それをうまくキャッチしている映像がありました。 帽子がずれてしまうのは頭が動きすぎているということであまりよくはないのですが、おそらくサイズがすこし大きかったんだと思います。 またまた古い話ですけれど、先ほど紹介した堀内恒夫投手はあえて全力投球をアピールするためにわざと大き目の帽子をかぶって投球の後、帽子が飛ぶようにしていました。 プロ選手としての演出でした。 大阪桐蔭の地元大阪のチームとして阪神タイガースが獲得を狙っているようです。 しかし出身が岐阜県ですから名古屋のチームである中日ドラゴンズもドラフト指名を考えているようですね。 これだけの選手ですから他のチームもほしいと考えていると思いますよ。 打者として高校通算本塁打は21本です。 この21本目のホームランは3月8日の練習試合で記録したものですが、翌日のスポーツ紙各紙が今年のドラフト1位選手のシーズン初ホームランとしてとりあげていました。 将来はプロ野球の選手になるのが夢で、寝る前に足ツボマッサージ器を使うことがルーティンなのだそうです。 根尾昂は両親や兄もすごい! ご両親はお医者さんなのです。 お兄さんがいて、高校時代は投手をしていました。 現在は大学の医学部生なのだそうですよ。 根尾昂のプロフィール、出身地について いよいよ読み方をお教えしましょう。 根尾昂(ねおあきら)。 2000年4月19日生まれ、現在17歳です。 岐阜県飛騨市出身。 小学生には打てません。 陸上競技やスキーの全国大会にも出場したそうです。 日本代表に選抜され世界少年野球大会に出場しています。 卒業後は甲子園でプレーする大阪桐蔭にあこがれてそこへの進学となりました。 大阪桐蔭での活躍はご存知のとおりで、投手として2年連続して選抜での優勝投手となっています。 スポンサーリンク 根尾昂が使用しているバッドやグローブも話題に? 大阪桐蔭高校野球部でおおいに活躍を見せてくれている、根尾昴さん。 そんな根尾昴さんの使用しているバッドやグローブとは、どのようなものなのでしょうか? 調べてみたところ、バットはプロスティタス、グローブはレディースデュアルキャッチ だということが分かりました。 これらはカタログを調べてみても、載っていませんでした。 しかし、それは当然ことで、両方ともオーダーだったからなのですね。 ちなみに、根尾昴さんが使用しているこれらのバットやグローブは、一般のプロ野球選手が使用しているものと、さほど変わらないのだとか。 いくら、あの大阪桐蔭高校野球部とはいえ、これはすごすぎますよね。 将来、根尾昴さんが使用するであろうバットやグローブは、きっともっと豪華なものになっていくのではないでしょうか。 今からどうなるのかが楽しみで仕方ありませんね。 根尾昂の父親ってどんな人?裕福な家庭だった? 有名人となると、家族も気になってくるものですが、根尾昴さんの場合、どうなっているのでしょう。 家庭は裕福だったのでしょうか? とくに父親が気になりますが、調べたところ、なんとも意外なことが明らかに。 なんと、父親は根尾浩さんというのですが、医師だったのです。 しかし、すごいことに、これだけではありません。 母親は根尾実喜子さんというのですが、こちらも医師だったのですね。 高校球児の親といえば、スポーツ関係者などだという先入観が強いものではないでしょうか。 それがまさか、両親そろって医師だったとは、おどろきですよね。 なお、両親ともに、別々の診療所を運営しているそうですよ。 こうした次第ですので、根尾昴さんの家庭が裕福だったことは言うまでもありません。 根尾昂は陸上やスキーでもすごい実力があるって本当? あれだけ高校野球で活躍してきた、根尾昴さん。 それでは、他のスポーツにおいては、なにか実績があるのでしょうか? なんと、根尾昴さんは、陸上やスキーにおいても実績を残していたのでした。 まず、陸上においては、昔、100メートル走において全国で5位にまでなったことがあるとか。 一方、スキーにおいても、ジュニアオリンピックの岐阜県大会において、見事に優勝。 さらには、全国大会にまで出場しておりました。 いくらなんでも、たった1人でここまでの実力を見せつけるとは、規格外ですよね。 すごいというレベルを超えて、驚異的でしょう。 ひょっとしたら、根尾昴さんは、まだまだ異なったジャンルでも活躍することができるのではないでしょうか? 根尾昂の小学校や中学校での経歴は? そんな根尾昴さんは、大阪桐蔭高校進学前のことも気になりますよね。 はたして、小学校時代や中学校時代はどうしていたのでしょうか。 根尾昴さんの出身校は、小学校は河合小学校、中学校は古川中学校というところでした。 河合小学校2年生のとき、野球を始めたといいます。 古川西クラブ、飛騨高山ボーイズといったクラブで活躍していき、古川中学校3年生のときには、NOMOジャパンにも加わっていました。 これでは、大阪桐蔭高校で大活躍するのも当然というものでしょう。 想像以上で言葉がありませんよね。 根尾昂はホームランがすごいと話題になった? 何をしても注目される根尾昴さんですが、とくにホームランが話題になっていたとか。 根尾昴さんは、投げる印象が強いですが、打つ方もすごかったというわけです。 そのすごいホームランは、2018年3月の試合において放たれました。 なお、この試合における勝敗は19-0で、大阪桐蔭高校の勝ちでしたから、本当に驚異的です。 大阪桐蔭高校が勝利できたのは、彼のホームランの活躍があったからだといいますが、至極納得というものでしょうね。 根尾昂の読み方は?身長・体重などWiki風プロフィール! まとめ 夏の大会が楽しみですね。 この大会は第100回全国高等学校野球選手権記念大会となり、大阪府代表は2校となるのです。 大阪桐蔭は大阪北地区にて予選出場することになりました。 昨年の夏の大阪府大会の優勝チームですが、今年も優勝して全国大会出場となるでしょうか。 ライバルの履正社も同じ北地区になりましたよ。 甲子園で優勝するよりも大阪北大会で優勝することの方が難しいかもしれませんね。 高校野球というのはそういうものなのです。 各地区大会で優勝するということが難しいのですよ。 夏の全国大会の甲子園出場というのは各地区での優勝チームへのご褒美なのです。 ですからそこでは1回戦も決勝戦も同じ価値があるのですよ。 1回勝てば優勝したようなものなのです。 初戦で負けたとしても準優勝のようなものなのです。 暑い夏の日に元気に頑張ってください。 スポンサーリンク.

次の