リーガル ハイ 2 動画 10 話 後編。 リーガルハイS1・S2 無料動画|堺雅人主演の弁護士・裁判ドラマ動画

リーガルハイS1・S2 無料動画|堺雅人主演の弁護士・裁判ドラマ動画

リーガル ハイ 2 動画 10 話 後編

関連動画• 再生回数:722627 コメント:10975 マイリス:4428• 再生回数:245306 コメント:5053 マイリス:1308• 再生回数:602466 コメント:19361 マイリス:2329• 再生回数:286223 コメント:2119 マイリス:3300• 再生回数:659285 コメント:12921 マイリス:1841• 再生回数:579169 コメント:9405 マイリス:1481• 再生回数:717023 コメント:7944 マイリス:1653• 再生回数:626269 コメント:9434 マイリス:1258• 再生回数:502459 コメント:8780 マイリス:890• 再生回数:654715 コメント:14649 マイリス:2551• 再生回数:1092410 コメント:21963 マイリス:3099• 再生回数:622498 コメント:11416 マイリス:1269 タグ がついた人気の動画•

次の

ドラマ部屋まとめ(ドラ動が一覧) 動画【Youtubeドラマ無料動画】

リーガル ハイ 2 動画 10 話 後編

関連動画• 再生回数:722627 コメント:10975 マイリス:4428• 再生回数:245306 コメント:5053 マイリス:1308• 再生回数:602466 コメント:19361 マイリス:2329• 再生回数:286223 コメント:2119 マイリス:3300• 再生回数:659285 コメント:12921 マイリス:1841• 再生回数:579169 コメント:9405 マイリス:1481• 再生回数:717023 コメント:7944 マイリス:1653• 再生回数:626269 コメント:9434 マイリス:1258• 再生回数:502459 コメント:8780 マイリス:890• 再生回数:654715 コメント:14649 マイリス:2551• 再生回数:1092410 コメント:21963 マイリス:3099• 再生回数:622498 コメント:11416 マイリス:1269 タグ がついた人気の動画•

次の

リーガル・ハイ 1話: さとひな動画館

リーガル ハイ 2 動画 10 話 後編

それと… 演出の遊びも心地良い。 で、その最大の「遊び」が 「だが所詮ガニ股だからな、あ~あぁ、長澤まさみだったらな~」 この台詞は最近「脚線美」とやらを協調する路線を模索し始めた長澤まさみに対する風刺なのか、さもなくば そもそもこの黛の役を「長澤まさみ」に演じさせていたら…という仮定を想起させたかったのか? が、まぁ、理由の如何に関わらず そして、「新垣結衣」ヒャッホイにとどまらず、このところ右肩下がりとは言っても「長澤まさみ」ヒャッホイをも標榜する 私としては両者を比較して語るつもりは無いし、両者にはそれぞれ長所と短所が違うから一概には言えないけれど、もし黛の役を「長澤まさみ」がキャスティン グされていたとしたら あくまでも個人的主観だが「新垣結衣」が発揮した面白さを超える事は難しいと思うし、仮にを連発させて頂くと 私の個人的ヒャッホ イ度合いから挙げれば「綾瀬はるか」や「石原さとみ」が演じても「長澤まさみ」同様に「新垣結衣」のを超える面白さは難しいとも思うんだ。 で、その最大の違いというか理由は それぞれの演技における「失敗した時(負けた時)、に見せる表情」の違いにあると思うのね 「石原さとみ」の場合だと「もう、バカバカバカ」とか言いながら自問自答して悔しそうな態度をする女の子って感じになりやすく、最近の彼女だと、そんな状況の演技には死語に近いが「ぶりっ子」が鼻につく 「綾瀬はるか」の場合は「天然ボケ」を全面的に押し出しすぎた事務所の方針が災いし、「なんで失敗したのか教えて貰わないとちゃんと理解出来ず、 訳の判らない方向に誤解する」女の子になりがち 「長澤まさみ」の場合だと 勝ち気な女の子…って感じが全面に押し出しすぎて自問自答するタイプとは程遠い女の子になりがちなんだ つまり、黛というキャラクターは自問自答していく姿が成長していく姿に映ってこそ 最後には「私は古美門先生に勝ってみせます」と言い切る姿に期待を込め てエールを送りたくなるわけで、ぶりっ子や、天然ボケや、ひとりよがりな勝ち気では「リーガル・ハイ」というドラマの中の黛という女の子とはイメージが 違ってしまうと感じるわけで、その点 新垣結衣というキャスティングのチョイスは極めて正解だったなぁ…と。 ただ、心配な点は この「リーガル・ハイ」における「堺雅人」もそうなんだけど「新垣結衣」も それぞれが演じたキャラクターが実に活きていただけに そ れを利用して似た様な役柄を求めるアホ制作者がTVドラマには多いから 次回、そしてその次の出演作では全く違った役柄を演じ、そちらでも唸らされる事を 私は強く願うばかり そうじゃないと、結果的に視聴者からはワンパターン役者のレッテルを簡単に貼られて飽きられるばかりだからね。 【第九、十話】 大手企業による公害問題。 絶対に勝てない裁判と当初は引き受けるのを拒むが、それにはある理由が……という話からはじまる、壮大な二話構成。 『七人の侍』のオマージュがあり、そういう話なのかと思いきや、基本的には『エリン・ブロコビッチ』とストーリーは一緒。 堺雅人と 似たようなキャラクターが登場し、盛り上げるなど、 シリーズ総決算のきらいがあるが、なんといっても第九話の後半8分半にわたる、他に類を見ない例の「あ の」シーンがとてつもなく。 あまりのすごさに何も書けないほど。 なるほど、みんなが絶賛するわけだよ……思わず涙出た。 第十話。 色気がないという設定の新垣に対し「あーあ!!!長澤まさみだったらなー!!!!」というシーンが衝撃的で、固有名詞が出てくるだけでも珍しいのに、それを類似女優である人にぶつけるというのがすごくおもしろかった。 やるなぁという感じである。 ハッキリ言ってこの作品。 これで終わっても問題ない構成でラストなんかはそのまんま最終回とも言えるような終わり方で、もしかしたらホントは十話で終わる予定だったんじゃないかと妙な邪推をしてしまう。

次の