ここ から 近く の 道 の 駅。 「道の駅を防災拠点に」(くらし☆解説)

ここから一番近い駅はどこ?「最寄駅検索」

ここ から 近く の 道 の 駅

トップ画像は、一国坂の反対側から見下ろしたJR横須賀線横須賀駅。 その向こうを本町山中有料道路、さらに海上自衛隊横須賀地方総監部と逸見岸壁なども見えます。 マジで眺望絶佳です。 さて、逸見駅周辺の【駅ぶら】をするに当たって旧浦賀道をたどりたいと考えて地図を調べたのですが、塚山公園の時と同じく、まともな道案内が見つからないのです。 逆にJR横須賀線の横須賀駅近くから一国坂を登って浦賀道に通じている道の方が格段に分かり易いのです。 それで2月22日、土曜日の朝食後、天気が良いので思い立って横須賀駅に行きました。 先日はこのタクシー乗り場から安針塚まで乗りました。 県道25号線を横須賀中央方面に少し歩きます。 右側にある旅館一国屋横の路地に入ります。 一国屋(いちこくや)は明治20年(1887年)開業という歴史がある旅籠、海軍カレーが名物とのこと。 路地は、横須賀線と横須賀街道に当たって行き止まりになります。 横須賀線の向こうに横須賀街道のトンネルがあって、その上に見える白柵の階段が一国坂です。 一国屋裏の九十九折りの坂ということです。 昔はさぞかし難所だったでしょうね。 今は階段になっていますが、観たダケで膝が疼きます。 まずは横須賀街道に階段で上がります。 横須賀隧道を越える右の階段、赤い文字で「禁止」と表示されているのが見えたのです。 何を「禁止」しているのかは、今でも不明です。 それで、空いているのをコレ幸いに横須賀街道の反対側に渡りました。 しかし、見上げて思います。 あの白柵の階段を上まで登るのか・・・。 諦めてゆっくり登り始めました。 休み休み、ここまで登りました。 途中には椅子が置いてあって休憩できる様になっています。 お年寄りにはキツいでしょう。 そー言う筆者も爺ですけど。 一国坂のほぼ頂上まで来ました。 茶色いビルが旅館の一国屋です。 その向こうに横須賀港が見えます。 潜水艦も見えました。 横須賀街道もずいぶん下の方になりました。 正面には低い茶色のダイエーと白いイーオンが見えます。 この石段を登れば頂上です。 ここから浦賀道をたどって逸見駅方面に行きます。 石段の横にあったお宅。 正に一国坂の上の家です。 しかし、建材など、どう考えても人力でしか搬入できない場所です。 余計なお世話ですけど、建築コストが平場の何割増しになるのでしょうか。 崖の上なので高所恐怖症気味の筆者の場合、暮らしたら情緒不安定になりそうです。 石段の頂上まで来ました。 膝は限界です。 もう階段は無い、と信じます。 (笑) 小径の突き当たり、右を見ると海が見えました。 行ってみます、 わを! 金沢八景の方まで見えています。 トップ画像は、ここからの眺望です。 次回は眺望をたっぷりご覧いただきます。 に続きます。

次の

道の駅 たまつくり

ここ から 近く の 道 の 駅

霞ヶ浦大橋のすぐたもとにあり、目の前に霞ヶ浦の雄大な景色を眺める道の駅たまつくり! 隣には霞ヶ浦ふれあいランドを併設しているので、家族みんなで楽しい時間を過ごせる場所でもあります。 霞ヶ浦と北浦に挟まれた「弐湖の国」行方は肥沃な土壌を有し、数多くの農作物に恵まれています! 米、わさび菜、水菜、エシャレットなど。 直売所をぐるりと見て回れば、珍しい野菜が入荷していることも。 中でもサツマイモは、一年を通しての売れ筋! 紅あずま、紅まさり、紅はるか、ひめあやかなど他ではあまり見かけないような品種もここで見つかります。 霞ヶ浦といえば、昔から川魚を使った加工品が特産物です。 わかさぎや川えびの佃煮は、ご飯のお供に定番人気。 また、鯉を甘辛い醤油ダレで煮詰めた「うま煮」は、一度食べたらその美味しさのトリコになる人も多い逸品です! ほかではなかなか食べられない「鯉のお刺身」を購入できるのも、養殖場が近くて鮮度のよい鯉が手に入るこの場所ならではの特長といえます。 また、メロン漬けや、行方市で生産しているウィンナーも取り扱っています!!

次の

EV車中泊 道の駅おおさき ナイトメアと千葉ちゃんの地元

ここ から 近く の 道 の 駅

ウォーキングC52-1 1. 春日大社 本日は2019年4月13日の近鉄奈良駅です。 まずは山の辺の道の起点となるポイントへと向かいます。 行き方は様々ですが、今回は春日大社内を経由していくことにしました。 スタート早々商店街の中を進んでいきます。 すぐに興福寺の境内内に入っていきます。 出発して僅か4分で鹿との出会い。 県庁所在地の駅でこんなことができるのは奈良だけかなと。 散り始めた桜を横目に三重塔を通過。 興福寺の中金堂です。 サイズ感は抜群ですね。 そのまま三条通沿いを進んでいくと春日大社の一の鳥居の登場です。 ここからは長い真っすぐの参道となります。 鹿も列をなして参道を渡っていきます。 神聖さを感じ取っているのでしょうか。 参道を少しでも外れると鬱蒼とした林となります。 しばらく進み、S字のようなカーブを通過すると、 春日大社二の鳥居が現れます。 これを潜ってもう少し行くと春日大社の本殿ですが、今回は鳥居を潜らず、その手前の道を右に進んでいきます。 すると人気が突然なくなり、ヒンヤリした空気だけが漂っていました。 しばらく道なりに進むと春日大社の側面から出ることができます。 そこを左に進んでいけばそのまま柳生の道に続くのですが、今回は右に進んで少しだけ移動。 奈良駅から40分ほどで山の辺の道の起点に到着です。 これが奈良側最初の看板です。 新薬師寺・白毫寺 そのすぐ先に石でできた立派な看板が登場です。 門が開く前でしたので、門の手前から境内の様子を一枚。 その横には段々看板と男女が彫られた像がありますが、神像石 かむかたいし)というそうです。 この辺は住宅地区間ということで、看板を探しつつ住宅地の中を進みます。 大きな木が印象的な宅春日神社を通過。 本道からは少し外れますが、看板もあるので白毫寺 びゃくごうじ へ寄り道してみます。 入り口はこんな感じ。 少し登ったところにあるため、こんな感じで奈良市街地を見下ろすことができます。 また、境内の中に万葉集の歌碑が建てられていました。 この道の沿道にもたくさんの歌碑が建てられており、ますので、興味のある方はどうぞ。 白毫寺~貯水池近くの歌碑 お寺を後にして再び本道に戻ります。 山の辺の道のスタート地点から32分でこんな柵が登場です。 奈良公園にいる鹿よけです。 畑も多々ある場所ですので、まぁ、鹿に群がられても困りますわな。 登れそうな登れななさそうな山を横目に看板と手持ちの地図便りに進みます。 やはり、街中のルートですので、看板だけではちょっと心配になってしまいます。 ここにも道しるべと歌碑を発見。 柵から14分で八阪神社に到着です。 こんな感じで両側に狛犬を携えて階段の上にお社がある神社でした。 再び住宅地の中をうねうね。 スタートから約90分で池と歌碑と道しるべのあるポイントに到着です。 えーっと、「猟高乃 高圓山乎 高弥鴨 出来月乃 遅将光」意訳が「猟高(かりたか)の高円山(たかまどやま)が高いせいか月が出て来るのが遅いですこと」だそうです。 で、その高円山はどこかというと、ここです。 roamingaroundjp.

次の