ららぽーと 愛知 東郷。 ららぽーと愛知東郷 2020年9月開業!どのような商業施設に?最新情報も!

ららぽーと愛知東郷|三井ショッピングパーク(Mitsui Shopping Park)

ららぽーと 愛知 東郷

三井不動産は2月13日、愛知県愛知郡東郷町に「三井ショッピングパークららぽーと愛知東郷」を9月にオープンすると発表した。 <ららぽーと愛知東郷> スーパーマーケット「平和堂」、品揃え豊富なアウトドアショップ「アルペンアウトドアーズフラッグシップストア」、新感覚エンターテインメント施設「VS PARK」など188店舗を先行して公表している。 アパレルはH&M、ユナイテッドアローズ グリーンレーベルリラクシング、ジャーナルスタンダード レリューム、プラステ、ニコアンドなどが出店する。 <コンセプトは「街のクラブハウス」> 飲食店は、タピオカドリンクのゴンチャ、伊右衛門カフェ、スターバックスコーヒー、カルディコーヒーファーム、ホテルショコラなどがそろう。 フードコートには、ラーメンエクスプレス博多一風堂、パンダエクスプレス、モスバーガー、ケンタッキーフライドチキン、クリスピー・クリーム・ドーナツ、サーティワンアイスクリーム、洋食や 三代目 たいめいけんなどがオープンする。 同施設は、東郷中央土地区画整理事業における、にぎわい空間を創出し、街全体の発展に寄与するための商業機能を担うもの。 多くの人が集まるコミュニティの拠点となる「街のクラブハウス」という環境デザインコンセプトの下、新しい街づくりに貢献していく。 主要幹線道路の国道153号線と県道57号線から至近のため、東西南北からのアクセスに優れており、複数のバスが乗り入れるバスターミナルが、施設南側隣接地に新設される予定だ。 出店者やスタッフに満足してもらえるような各種施策にも積極的に取り組む。 デザインと利便性にこだわった従業員休憩室、併設のコンビニエンスストア、従業員用駐車場など、より働きやすい環境を整える。 店舗の従業員採用支援のため、「ららぽーと愛知東郷採用センター」(業務委託先:アイデム)を立ち上げ、4月11日から各店舗の求人募集を、合同求人説明会の形式で順次実施する。 2km スケジュール:着工2019年3月1日、竣工・開業2020年9月(予定).

次の

【ららぽーと愛知東郷町】2020年9月オープン予定

ららぽーと 愛知 東郷

施設の概要 2018年9月にオープンした『』に続き、愛知県では2店舗目となる「ららぽーと」。 国道153号線「知々釜南」交差点から県道57号に南下した、東郷中央土地区画整理事業地内に立地。 日進市やみよし市、名古屋市天白区や緑区方面からも自動車でのアクセスが良好となります。 また施設南部に 新設の道路が開通するほか、 交通広場も設置され複数のバスの乗り入れが予定されています。 店舗面積は 約63,900㎡。 建物は4階建てで店舗は3階まで入居。 店舗数は 約210店、駐車場台数は 約3,900台と、ショッピングモールとしては地域最大規模となります。 「街のクラブハウス」という環境デザインコンセプトのもと、商業施設としての機能だけでなく地域コミュニティとしても機能することで街全体の発展に寄与。 敷地内に約4,000㎡の緑地も整備され、屋外イベントスペースとして活用される見通しです。 地域最大規模の約210店舗のテナントが出店 ファッション、グッズ、グルメ、エンターテインメントなどさまざまなジャンルの全210店舗が入居予定。 そのうちすでに188店舗が先行発表済みとなっており、中でも日本最大級の品揃えとなるアウトドアショップ『 アルペンアウトドアーズフラッグシップストア』や、バンダイナムコの新感覚のバラエティスポーツ施設『 VS PARK』などが注目のテナント。 スーパーマーケットは『 平和堂』が入居します。 詳細なテナント一覧は以下のとおりです。 開業が楽しみですね。 MAP.

次の

ららぽーと愛知東郷2020年9月オープン決定!アクセスやテナント最新情報!

ららぽーと 愛知 東郷

ららぽーと愛知東郷町とは!? 東海地方圏内でも最大級のショッピングモールになることが予定されており、その大きさは延床面積は約19万200平方メートル、店舗面積約6万3,900平方メートルの4階建てとなっています。 ちなみに港区にある「ららぽーと名古屋みなとアクルス」の延床面積は約12万4,700平方メートル、店舗面積は約5万9,500平方メートルなので、 港区のららぽーとをはるかに凌ぐ大きさとなります。 出店店舗数(テナント数)は約230店を予定しており、港区のららぽーと同様に東海地方初出店のお店が出店を予定しています。 また、屋外には約4,000平方メートルもの野外スペースを整備し、イベントを楽しんだり、子どもが遊ぶことができるような計画も立てられています。 近隣の商業施設との比較 東郷町の周辺には大型商業施設が密集している激戦区ともいえます。 競合区には、2017年末に開業した話題の「プライムツリー赤池」や安定のイオン系「三好店」、「豊田店」、「長久手店」、「大高店」など周囲を完全に囲まれている状態です。 そのため、東海地方初上陸などとっておきのお店を集めてくる可能性はかなり高いですね。 ららぽーと愛知東郷町の最大のライバルとなるプライムツリー赤池と規模感を比較してみました。 ららぽーと東郷 プライムツリー 敷地面積 約89,000㎡ 約44,700㎡ 店舗面積 約63,900㎡ 約43,600㎡ 店舗数 約230店 約180店 駐車台数 約3,900 約2,900台 規模感は数字上ではららぽーと東郷が勝っているようですね。 この2つのモールの熾烈な人気争いは永遠に続きそうです。 場所やオープン時期とは 場所は? 住所:愛知県愛知郡東郷町春木(東郷中央土地区画整理事業地) 建設予定地として決定した場所は 「東郷町春木」であり、上のグーグルマップの赤ピンのエリアです。 県道57号線と218号線が交わる好立地の場所に建設が予定されており、東名高速自動車道の「東名三好IC」、名古屋第二環状自動車道「鳴海」から約5~6kmという 県外からもアクセスしやすい場所となっています。 愛知県東部の方にとっては、港区のららぽーとよりもアクセスしやすいので、かなり利便性がいいですね。 電車で向かう場合は、名鉄「日進駅」が最寄り駅となりますが、出店予定地まで約2kmもの距離があるため徒歩ではアクセスしにくいのが難点となりそうです。 そのため、ららぽーと内にバスターミナルを建設する予定となっており、 日進駅からはバスでアクセスできるようにも整備を進めていく予定となっています。 営業時間は? 現段階では、 営業時間は9:00~21:00と発表されています。 ただし、ららぽーとに限らず商業施設はオープンぎりぎりまで調整が行われますので、変動する可能性は大いにあります。 ちなみに、港区や全国的なららぽーとの動きをみると営業時間はショッピングエリアやフードコートは10:00~21:00、レストラン街は11:00~22:00と設定しているところが多いです。 そして、ほぼ年末年始含めて無休での営業となっていますね。 オープン時期は? 現段階では、 2020年9月1日にオープンとなる可能性が高いと公開されています。 あくまで予定ですので遅延することも充分考えられますが、少なくとも2020年9~10月中にはオープンすることは濃厚となっています。 2019年3月から着工が開始され、2020年1月にはららぽーとらしさが分かるほど建物が建設されつつあります。 外観も明らかになり、数ヶ月後に迫ったオープン日が今から待ち遠しいですね。 スポンサーリンク 出店店舗は!? そして、最も気になるのが出店店舗について紹介していきます。 ららぽーと東郷は約210店舗のテナントを出店する予定となっており、すでに一部のショップなどが公開されており、詳細は以下の通りとなっています。 現段階では、 映画館の出店は予定されていない状態です。 最近オープンしたららぽーと沼津には映画館が出店しましたが、最も近いららぽーと名古屋には映画館の出店はされませんでした。 ららぽーと名古屋に映画館が出店しなかった理由は、おそらくすでに近隣に映画館があったため見送った可能性が濃厚とされています。 ららぽーと東郷に関しても、半径5km県内にプライムツリー赤池のTOHOシネマ、アイ・モール三好のMOVIX三好があることから 映画館の建設が見送られた可能性が高いですね。 出店店舗は210店という所までしか現段階では情報が公開されていないため、最新情報が入り次第お伝えしていきたいと思います。 話題のお店で買い物や食事が楽しめるららぽーと愛知東郷町がオープンするのが待ち遠しいですね。 スポンサーリンク.

次の