へきれき いっ せん 意味。 「妙齢」は何歳のこと?正しい意味と使い方とは?

【青天の霹靂】の例文集・使い方辞典

へきれき いっ せん 意味

我妻善逸の放つ「へきれきいっせん」の漢字の書き方 鬼殺隊屈指の個性派キャラ、我妻善逸。 初期はいつも泣き喚いていたり、真っ先に逃げようとしたりすることも多かった善逸ですが、物語が進むにつれてだんだんと成長していき、頼もしささえ感じる瞬間も見え隠れするようになりましたね。 その善逸が操る「へきれきいっせん」は雷の呼吸 壱ノ型にあたります。 漢字では「 霹靂一閃」と書きます。 特に「霹靂」は普段あまり使用しない漢字である上、画数も多いのでなかなか難しく感じる方も多いのではないでしょうか。 書き順をアニメーションで示してくれるサイトをご紹介しますね。 さらさらと毛筆などでこの字が書ければかっこいいですね。 善逸ファンならばマスターしたいところです。 「霹」 … 「靂」 … 「へきれきいっせん」の意味を確認! 「霹靂一閃」という四字熟語は実はありません。 これは、吾峠呼世晴先生による造語で、「霹靂」と「一閃」という単語を組み合わせたものがと思われます。 「 青天の霹靂 せいてんのへきれき」という言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。 「霹靂一閃」の「霹靂」は、この「霹靂」と同じです。 「霹靂」…雷や雷が激しくなること、落雷すること 善逸は雷の呼吸の使い手なので、雷を意味する言葉が技に使用されているのはうなずけますね。 「一閃」…ぴかっと光ること、まるで光が鋭く差し込むようにひらめくこと 「霹靂」と「一閃」と組み合わせると、鋭い稲光を発しながら、雷鳴をとどろかせて激しく落雷するような情景が浮かんできませんか? 「霹靂一閃」は、雷の呼吸の壱の技の鋭さ、そしてその威力を表していると考えられます。 まとめ ・「へきれきいっせん」は「霹靂一閃」と書く ・「霹靂一閃」という四文字熟語は存在しない ・「霹靂」と「一閃」を組み合わせた言葉で、稲光鋭く落雷する様子やその威力を表していると思われる 参考:.

次の

鬼滅の刃善逸が使える型は壱ノ型と漆ノ型!雷の呼吸についてまとめてみた!

へきれき いっ せん 意味

「もとい」は、直前の発言を打ち消し、正しく訂正するときに用いられます。 使用例を見てみましょう。 来週の会議は火曜日、もとい、水曜日だったね• 去年、函館、もとい、札幌で食べたラーメンは絶品だったよ• 彼女は中学時代の、もとい、高校時代の後輩だ このように、「自身の発言」の間違いに気づいていったん撤回するのが自立語(単独で文節を成す語)の「もとい」で、「もとい」のあとには必ず訂正した言葉が来ます。 うっかり口にした誤りを正したいので「とっさに」言い直すといった具合です。 つまり、自身の発言を即座に自分で言い直す。 いわば自己完結型の表現ですから、他人の発言を否定、正す際には用いません。 「もとい」を現代的な言いまわしに変えるなら「……じゃなくって」ぐらいのニュアンスになるでしょうか。 あくまで軽めの誤りに対する訂正なので、重大なミスについて「もとい」の一言で言い直した場合、状況によってはおかしな空気になるかもしれません。 よって、堅苦しい場やオフィシャルな席にはあまり向かない口語表現といってよさそうです。 上記のとおり、自身の前言撤回と訂正を仲介する「もとい」ですが、時には捻った表現としての出番もあります。 使用例を見てみましょう。 彼は仕事が遅い……もとい、人並み外れて作業が慎重だからねえ• まったくあの政治家ときたら腹黒い、もとい、勝ち方をよくわかってるな• 君のアバウトな性格、もとい、細かいことにこだわらないポジティブな性格がうらやましいよ これらは「ついうっかり」の間違いではなく、わかった上で意図的に言い換えている例です。 話し口調のニュアンスも関わってきますからケースバイケースではありますが、話者の本音が、どうやら前半にありそうなことは読みとれるかと思います。 本来は「もとい」のあとに訂正語が来るはずが、ここでは逆になっているわけです。 そこに言外に伝えたいこと(前半部分)の強調が見てとれます。 このように「もとい」は、使い方次第で、皮肉や気心の知れた者同士の軽口にも効果を発揮しますが、一歩間違えると人間関係に支障が生じる可能性もありますのでご注意を。

次の

【青天の霹靂】の例文集・使い方辞典

へきれき いっ せん 意味

「晴天の霹靂」は誤用なので注意 まれに「【青】天の霹靂」を「【晴】天の霹靂」と表現する人がいます。 確かに意味的な部分を考えると、「【青】天」を「【晴】天」としたいところなのですが、「【晴】天の霹靂」は誤用表現になるので注意しましょう。 もし間違えて覚えている人がいるならば、あなたが大事なシチュエーションで恥をかかないよう、この機会にぜひ「【青】天の霹靂」で覚えてください。 「青天の霹靂」の基本的な使い方(文例) 具体的な文例についても見てみましょう。 「青天の霹靂」を用いた具体的な文例• 今回の大震災は 「青天の霹靂」であった。 (ネガティブな意味)• A社からの提携の誘いは、わが社にとって 「青天の霹靂」であった。 (ポジティブな意味)• 今回の大阪支店長への異動は、私にとってまさに 「青天の霹靂」の出来事であった。 (ポジティブな意味)• 脇役として生きていくことを決めていた私にとって、今回の主役のオファーは 「青天の霹靂」のようなものだ。 (ポジティブな意味) このように「青天の霹靂」は、突然の出来事(や事件)に驚いた様子を表す際に用いられる言葉です。 出来事や事件の内容は、ポジティブなものネガティブなもの、どちらにも用いられています。 「青天の霹靂」の同義語・類義語 「青天の霹靂」に似た表現には「突然の出来事(や事件)に驚く」や「突然の出来事(や事件)にびっくりする」、「予想外の出来事」、「寝耳に水」などといった言葉があります。 「青天の霹靂」の同義語・類義語• 「突然の出来事(や事件)に驚く」• 「突然の出来事(や事件)にびっくりする」• 「予想外の出来事」• 「寝耳に水」 ビジネスパーソンとしては、スピーチやコメントを求められた際に単に「驚いた」「びっくりした」と表現するよりも、 「青天の霹靂」という言葉を用いたほうが知的な感じがしますね。 いずれにせよ、「青天の霹靂」という言葉はビジネスシーンでもよく用いられる言葉なので、社会人の常識として意味を知っておきたいところです。 また、くれぐれも「【晴】天の霹靂」と表現しないよう注意してください。 以上、「青天の霹靂」の意味と使い方についての説明でした。 参考になれば幸いです。

次の