ウナちゃんマン現在 2020。 ウナちゃんマン

ウナちゃんマンは現在何してる?バール事件や前科も徹底調査!|エントピ[Entertainment Topics]

ウナちゃんマン現在 2020

しかし、配信を始めたのが2002年とかなり古いことから、ある意味、 配信界の重鎮、レジェンド的存在として広く知られている人気生主の1人です。 youtube. その額は、多い時で 月に70万円にも上ったとも言われています。 ただ、人気生主と言っても、特に男前なわけではありません。 むしろ、どっちかと言うと…。 また、トークが芸人並みに達者で、配信の度にリスナーを楽しませるわけでもないんですよね。 youtube. youtube. やはり、かつてヤンチャしていた時代の経験が、現在のウナちゃんマンの配信スタイルに色濃く残っていると言えそうです。 nicovideo. 自分よりも強い者には調子良く合わせ、自分よりも下と見るや徹底的にこき下ろすのが、ウナちゃんマンスタイル。 たとえ相手がその筋の人でも、電話やスカイプでの会話の中で、 どこまで攻めて良いのか、その絶妙なラインを見極めるのが上手いウナちゃんマン。 悪態をついては相手を怒らせ、これ以上やるとヤバいと思えば、相手をちょっとだけ持ち上げて良い気持ちにさせ、そして隙をついてまたコソっと悪態をつく…。 そんな リスナーをハラハラさせる配信スタイルをウリにしていました。 blogspot. 実際に、その時の配信を見ていた人の中には、 「とうとうウナちゃんマンも終わりか~」なんて、手に汗握りながら、思わずニンマリした人も少なくなかったようです。 現在では配信界の伝説ともなっている、この衝撃的な事件の全貌について、詳しく紹介しましょう。 ウナちゃんマンが元ヤクザ配信者HOPEさんを煽ったのが事件の発端 例え相手がその筋の人であっても、いつも強気で煽りまくるのがウナちゃんマンのスタイルですが、元ヤクザの配信者・HOPEさんには、いつも以上に煽り倒していたと言って良いでしょう。 youtube. そんなHOPEさんの距離感を完璧に見切ったウナちゃんマンは、元ヤクザだと言うのに、バカだの何だのと煽り倒していました。 コノヤローカウンターの応酬には笑っちゃいますが、どうしても会ってオトシマエを付けたいHOPEさんと、会いたくないウナちゃんマンの会話は、常に平行線で終始します。 しつこいHOPEさんに、時々キレたふりをして悪口雑言をまくしたてるウナちゃんマン。 ですが、そんな中でも…「これ以上やるとヤバいな」と感じると、すかさず 「お前、ホントは俺のことが好きなんでしょ?」なんて、すかさず懐柔に走ったりするんですよね。 そんなギリギリのラインでの2人の攻防戦を記録した動画をいくつか紹介しましょう。 まるで「デジャブ?」と思わせるような、似たような内容に、思わずホッコリしたりして。 ただ、少しずつ微妙に進展はしてるんですけどね。 相も変わらず、HOPEさんの「会いたい」に、ウナちゃんマンの「俺は会いたくねーよ」の一点張りという、巻き舌で捲し立て合うおっさん2人の奇妙な世界が展開されています。 ウナちゃんマンの味方であるはずなのに、最後には 「お前がスカイプ上げろや(怒)」とウナちゃんマンにキレる始末で、もう何がなにやらな展開に…。 ただ、この時の配信で、遂にHOPEさんが、ウナちゃんマンと 会う約束を取り付けます。 さすがに身の危険を感じたウナちゃんマンは、「おれ土曜日、旅行でも行こうかなぁ~」なんて呟いていたので、ウナちゃんマンはHOPEさんに会う気などさらさらなかったようです。 が、しかし!そんな生ぬるい空気を一掃したのが…そんなウナちゃんマンにとことん舐められ、馬鹿にされ続けた HOPEさんの舎弟であり、同じく配信者だった 鶴乃進さんでした。 youtube. ウナちゃんマンの配信中に、兄貴分のHOPEさんを馬鹿にされたのが許せないと、まさに喧嘩腰で直電してきたのです。 そんな鶴乃進さんにウナちゃんマンは、HOPEさんに対する時のようにバカにした態度で対応してしまうんですよね。 煽られてますますヒートアップする鶴乃進さんに対して、ウナちゃんマンはさらに煽り倒し、やがて鶴乃進さんの怒りはHOPEさんの時と同様に、ピークに達するのですが…。 鶴乃進さんは、きちんとした約束がないと会いにこないHOPEさんとは違っていたんですよね! 配信者である鶴乃進さんは、配信しながらリア凸に向かうのですが、ウナちゃんマンは籠城すれば大丈夫!なんてタカをくくっていたようです。 いざとなれば通報すればいいんじゃね?なんて余裕の対応を見せるのみならず、さらにピッケルを振り回して挑発する始末。 あんた、配信者として向いてねぇよ。 おもしろくねぇよ。 やめちまえよ。 いちいちインターネットで煽られたからってガチャガチャやってんじゃねぇよ。 そして、 今度はその手にはバールが握られていたのです…。 youtube. ちなみに、鶴乃進さんはドアの真ん中近くに穴を開けようと頑張っていたみたいです。 鍵の部分を集中的に破壊して、ある程度壊れたら、よく映画やドラマなどで刑事がやるように、思いっ切り蹴破れば楽に突破できた気もしますが…そこはあえて触れないでおきましょう。 その後は、鶴乃進さんはウナちゃんマンのことを 「所詮ネット上だけの人やからもう相手にせん」と大人な対応を取ろうとするも、その後も何度か電話などでモメていたようです。 しかし、最終的に鶴乃進さんは、ウナちゃんマンのお店「大衆酒場うな」へ出向き和解をしています。 その時の様子がこちら。 その後も、鶴乃進さんはウナちゃんマンと何度か会って、コラボ配信までしていたようですが、 現在では配信界から引退し、ネット上から姿を消しているようです。 ウナちゃんマンの現在 一方のウナちゃんマンも、一度はヤクザ同士の喧嘩に巻き込まれる形で引退を表明していたようですが、その後、あっさり復帰すると、 現在も絶賛配信中のようです。 whdno. ちなみに、ウナちゃんマンは現在 ふわっちで年収1,000万円以上稼いでいる…なんて配信内で豪語しているようです。 ペットのフレンチブルドッグ「部長」はお亡くなりに… そんなウナちゃんマンのペットとして、ある意味ウナちゃんマン以上にリスナーから愛されていた、フレンチブルドッグの「部長」は、 2019年3月1日にお亡くなりになったようです。 その時の動画がこちら。 まとめ いかがでしたでしょうか。 たとえ相手がヤクザであろうと喧嘩をふっかけ、リスナーをハラハラさせる「アウトロー配信」の先駆け的存在であるウナちゃんマン。 現在、鶴乃進さんは配信界から引退されたようですが、ウナちゃんマンは現在も絶賛配信中のようです。 youtube. しかし、それも含めてウナちゃんマンの魅力であり、リスナーが彼から目が離せない最大の要因で、ウナちゃんマン自身も「その時はその時でしょ」と覚悟はできているのかも知れませんね。 今後のウナちゃんマンの無事と活躍を祈念して、KP!.

次の

【悲報】人気配信者ウナちゃんマン、マジで死にそう…… [502016552]

ウナちゃんマン現在 2020

ウナちゃんマンは、動画の生配信中に毎回缶ビールを飲んでいます。 ウナちゃんマンのKP(乾杯)の合図で、リスナーが一斉にKPとコメントするのがお決まりです。 この点をみると、リスナーと心を通わせるのが上手い、良い配信者と思えるでしょう。 しかし、ウナちゃんマンは非常に短気な性格で、生配信中によくケンカをしています。 口が悪いため、配信中に他の配信者とトラブルを起こすことも珍しくはありませんでした。 決して配信中のお酒のせいではなく、もともとの性格が起因しているようです。 動画を見ているリスナーをハラハラさせるのが得意なウナちゃんマンですが、ありのままの姿を配信する様子が逆に好感をもてるようで、これが、ウナちゃんマンを支持するリスナーが多い理由でしょう。 ウナちゃんマンは、自身が経営者として、2012年に大阪東心斎橋に居酒屋「大衆酒場うな」をオープンしていました。 そのお店の開店資金は、なんと、視聴者から集めたといいます。 こんなことができるのも、ウナちゃんマンだからこそでしょう。 お店に来るほとんどのお客さんは、ウナちゃんマンのリスナーでした。 ウナちゃんマンにはアンチも多いため、お店の料理について悪い評価をされることもありましたが、一方で、ニコ生で配信された料理を研究している懸命な姿は評価されていました。 残念ながら、お店の経営が上手くいかず、現在は閉店しています。 しかし、視聴者へのサービスのためか、かなりの不定期でお店を開くことがあるという情報もあります。 気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 ウナちゃんマンは、復帰後の配信で、引退の真相について語りました。 立川で行われたお祭りに参加した際、他の配信者が、ヤクザ同士のケンカを動画で撮影していました。 ウナちゃんマンは制止したようですが、その配信者は聞き入れず、動画を配信しました。 その後、驚くべきことに、ウナちゃんマンの名前でYouTubeに動画がアップされたのです。 不良たちから「どうしてくれるのか」と詰め寄られたウナちゃんマンは、とばっちりによって、引退することになってしまったのです。 そこからなぜ復帰に至ったのかというと、不良からは電話で脅しを受けていたようですが、直接被害を被ることはなかったため、いつのまにかどうでもよくなり、復帰を決意したようです。 いかにもウナちゃんマンらしい復帰の理由でした。 ウナちゃんマンの1人目の元カノは、同じニコ生の配信者で「ケロ」という名前の女性でした。 10年以上同棲していて内縁関係にあり、2人の間に子供ができたこともありますが、堕胎しています。 ウナちゃんマンには、初めから結婚の意思もありませんでした。 ウナちゃんマンは働いていませんでしたが、ケロは、ウナちゃんマンが経営する店で働かされていました。 生活に疲れたケロは、出ていこうとしたこともありましたが、ウナちゃんマンに殴られ捕まえられ、お金も持たせてもらえず、逃げることができませんでした。 ケロは、長い間ウナちゃんマンに束縛され、就職や婚期を逃し人生が台無しになったと恨んでいました。 最終的にウナちゃんマンの元を離れていくケロですが、その決断を下すまでの長い間、2人の間には、簡単に離れられない何かがあったのでしょう。 2人目の元カノは、「ゲルゲ(grgと表記する場合あり)」という名前の女性でした。 ウナちゃんマンがケロと同棲しているときに、愛人状態だった女性がゲルゲです。 ある日突然、ウナちゃんマンが入籍することを配信で宣言しましたが、その相手がゲルゲでした。 しかし、逮捕歴もあり、仕事もせず、女性にサポートされて生活しているウナちゃんマン。 そんな男性との結婚を、簡単に認める親がどこにいるでしょうか。 残念ながら、ゲルゲの両親から認められることはなく、結局、ゲルゲとの結婚は実現しませんでした。 ウナちゃんマンと別れた後のゲルゲについてですが、現在もまだ配信を続けていて、Twitterでもゲルゲの様子を見ることができます。 略奪やあざとさ、自分勝手な面が垣間見えることから、良いイメージは持たれておらず、残念ながらアンチが多いようです。 ウナちゃんマンとゲルゲが破局した後も、ウナちゃんマンは、ゲルゲ名義で借りているマンションに住み続けていました。 しかし、ウナちゃんマンは家賃を払うことができておらず、ゲルゲのところへ取り立てがきたため、ゲルゲは精神的に参っていきました。 この件について、いったんは2人で話を付けたようですが、ゲルゲはウナちゃんマンに対しての怒りがなかなかおさまりませんでした。 その結果、ゲルゲは、ウナちゃんマンが口外してほしくなかった情報を配信で暴露してしまうのでした。 ウナちゃんマンも、売られた喧嘩は買うとばかりに反撃に出ます。 ウナちゃんマンは、ゲルゲのプライバシーに関わる情報を、配信やTwitterで暴露していきました。 しばらく、やられたらやり返すを何度か繰り返し、最後には疲れ果て、すっぱり縁が切れました。 ウナちゃんマンは、2017年5月、仲の良い女性2人を家に連れ込み、両脇に座らせて動画の配信を行っていました。 新しい彼女や仲のいい女性が出来ると、ウナちゃんマンはすぐに女性の姿を配信で映す傾向があります。 そのため、かなり近しい女性だと思われます。 配信中、ウナちゃんマンは女性に対してバストのサイズを聞くなど、仲の良さが伺えるトークを繰り広げていました。 女性も、嫌そうな態度をとることはなく、心を許している関係であることがわかりました。 現在、その2人の女性との交流は続いているのか、ウナちゃんマンはどちらかの女性を狙っていたのか、はたまた、どちらかの女性と交際しているのかなど、詳しいことは一切わかっていません。 1991年5月2日、ウナちゃんマンは、強制猥褻(わいせつ)罪と殺人未遂で逮捕されていました。 これがウナちゃんマンにとって2回目の逮捕です。 ウナちゃんマンは当時22歳でしたが、この事件の被害者となったのは、なんと女子高生でした。 路地を歩いていた女子高生に「自宅まで送る」と声をかけたウナちゃんマンは、車に乗った女子高生に乱暴し、車外に逃げた女子高生を追いかけて顔などを殴りました。 さらに、約3メートル下の海に突き落とし、女子高生は全治約2週間の怪我を負いました。 この時のウナちゃんマンは、暴力団員であり、珍味販売業を営んでいました。 ニュースでも大きく取り上げられたこの事件は、リスナーだけでなく、多くの人の記憶に残っていることでしょう。 ウナちゃんマンの4つ目の前科は、「威力業務妨害」です。 2008年10月28日に、ウナちゃんマンは、威力業務妨害で逮捕されていました。 スティッカムというライブ配信サイトの2周年イベントを妨害する内容の動画を配信したためです。 配信の中で、ウナちゃんマンは出刃包丁を振りかざしながら、「今度のイベントにもこれを持っていくから。 グズグズ言う奴はブッ刺すから、よろしくね。 ぶっ殺すからなー、ホントに、こっちはそのつもりで行くんだからよー。 」などと叫んでいました。 この事件はテレビでも大きく報道され、ウナちゃんマンという存在が、全国に知れ渡った事件でした。 ちなみに、この事件をきっかけに、ウナちゃんマンの本名である「佐野智則(さのとものり)」という名前も、同時に全国に知れ渡ることになったのです。 一度は引退をしてしまったウナちゃんマンですが、復帰してから現在も、配信業を行って生活をしています。 非常に長い期間、リスナーに見守られながら配信業をしてきたウナちゃんマンは、きっとこれから先も、配信業で生活をしていくことでしょう。 また、現在は、ニコ生だけでなく「ふわっち」という配信サイトでの活動も行っているようです。 ふわっちでも、ウナちゃんマンは相変わらずの喧嘩口調で、血の気の多さは健在です。 これまでのウナちゃんマンを知ったうえで、現在のウナちゃんマンの活動を見てみたいという人は、ぜひ配信を見てみてください。 現在においても、良い意味で、これまでと何ら変わりのないウナちゃんマンの配信を楽しむことができるでしょう。 関連する記事 この記事に関する記事•

次の

【悲報】人気配信者だったウナちゃんマンの現在がヤバスギ

ウナちゃんマン現在 2020

ウナちゃんマンは、動画の生配信中に毎回缶ビールを飲んでいます。 ウナちゃんマンのKP(乾杯)の合図で、リスナーが一斉にKPとコメントするのがお決まりです。 この点をみると、リスナーと心を通わせるのが上手い、良い配信者と思えるでしょう。 しかし、ウナちゃんマンは非常に短気な性格で、生配信中によくケンカをしています。 口が悪いため、配信中に他の配信者とトラブルを起こすことも珍しくはありませんでした。 決して配信中のお酒のせいではなく、もともとの性格が起因しているようです。 動画を見ているリスナーをハラハラさせるのが得意なウナちゃんマンですが、ありのままの姿を配信する様子が逆に好感をもてるようで、これが、ウナちゃんマンを支持するリスナーが多い理由でしょう。 ウナちゃんマンは、自身が経営者として、2012年に大阪東心斎橋に居酒屋「大衆酒場うな」をオープンしていました。 そのお店の開店資金は、なんと、視聴者から集めたといいます。 こんなことができるのも、ウナちゃんマンだからこそでしょう。 お店に来るほとんどのお客さんは、ウナちゃんマンのリスナーでした。 ウナちゃんマンにはアンチも多いため、お店の料理について悪い評価をされることもありましたが、一方で、ニコ生で配信された料理を研究している懸命な姿は評価されていました。 残念ながら、お店の経営が上手くいかず、現在は閉店しています。 しかし、視聴者へのサービスのためか、かなりの不定期でお店を開くことがあるという情報もあります。 気になる方は、ぜひチェックしてみてください。 ウナちゃんマンは、復帰後の配信で、引退の真相について語りました。 立川で行われたお祭りに参加した際、他の配信者が、ヤクザ同士のケンカを動画で撮影していました。 ウナちゃんマンは制止したようですが、その配信者は聞き入れず、動画を配信しました。 その後、驚くべきことに、ウナちゃんマンの名前でYouTubeに動画がアップされたのです。 不良たちから「どうしてくれるのか」と詰め寄られたウナちゃんマンは、とばっちりによって、引退することになってしまったのです。 そこからなぜ復帰に至ったのかというと、不良からは電話で脅しを受けていたようですが、直接被害を被ることはなかったため、いつのまにかどうでもよくなり、復帰を決意したようです。 いかにもウナちゃんマンらしい復帰の理由でした。 ウナちゃんマンの1人目の元カノは、同じニコ生の配信者で「ケロ」という名前の女性でした。 10年以上同棲していて内縁関係にあり、2人の間に子供ができたこともありますが、堕胎しています。 ウナちゃんマンには、初めから結婚の意思もありませんでした。 ウナちゃんマンは働いていませんでしたが、ケロは、ウナちゃんマンが経営する店で働かされていました。 生活に疲れたケロは、出ていこうとしたこともありましたが、ウナちゃんマンに殴られ捕まえられ、お金も持たせてもらえず、逃げることができませんでした。 ケロは、長い間ウナちゃんマンに束縛され、就職や婚期を逃し人生が台無しになったと恨んでいました。 最終的にウナちゃんマンの元を離れていくケロですが、その決断を下すまでの長い間、2人の間には、簡単に離れられない何かがあったのでしょう。 2人目の元カノは、「ゲルゲ(grgと表記する場合あり)」という名前の女性でした。 ウナちゃんマンがケロと同棲しているときに、愛人状態だった女性がゲルゲです。 ある日突然、ウナちゃんマンが入籍することを配信で宣言しましたが、その相手がゲルゲでした。 しかし、逮捕歴もあり、仕事もせず、女性にサポートされて生活しているウナちゃんマン。 そんな男性との結婚を、簡単に認める親がどこにいるでしょうか。 残念ながら、ゲルゲの両親から認められることはなく、結局、ゲルゲとの結婚は実現しませんでした。 ウナちゃんマンと別れた後のゲルゲについてですが、現在もまだ配信を続けていて、Twitterでもゲルゲの様子を見ることができます。 略奪やあざとさ、自分勝手な面が垣間見えることから、良いイメージは持たれておらず、残念ながらアンチが多いようです。 ウナちゃんマンとゲルゲが破局した後も、ウナちゃんマンは、ゲルゲ名義で借りているマンションに住み続けていました。 しかし、ウナちゃんマンは家賃を払うことができておらず、ゲルゲのところへ取り立てがきたため、ゲルゲは精神的に参っていきました。 この件について、いったんは2人で話を付けたようですが、ゲルゲはウナちゃんマンに対しての怒りがなかなかおさまりませんでした。 その結果、ゲルゲは、ウナちゃんマンが口外してほしくなかった情報を配信で暴露してしまうのでした。 ウナちゃんマンも、売られた喧嘩は買うとばかりに反撃に出ます。 ウナちゃんマンは、ゲルゲのプライバシーに関わる情報を、配信やTwitterで暴露していきました。 しばらく、やられたらやり返すを何度か繰り返し、最後には疲れ果て、すっぱり縁が切れました。 ウナちゃんマンは、2017年5月、仲の良い女性2人を家に連れ込み、両脇に座らせて動画の配信を行っていました。 新しい彼女や仲のいい女性が出来ると、ウナちゃんマンはすぐに女性の姿を配信で映す傾向があります。 そのため、かなり近しい女性だと思われます。 配信中、ウナちゃんマンは女性に対してバストのサイズを聞くなど、仲の良さが伺えるトークを繰り広げていました。 女性も、嫌そうな態度をとることはなく、心を許している関係であることがわかりました。 現在、その2人の女性との交流は続いているのか、ウナちゃんマンはどちらかの女性を狙っていたのか、はたまた、どちらかの女性と交際しているのかなど、詳しいことは一切わかっていません。 1991年5月2日、ウナちゃんマンは、強制猥褻(わいせつ)罪と殺人未遂で逮捕されていました。 これがウナちゃんマンにとって2回目の逮捕です。 ウナちゃんマンは当時22歳でしたが、この事件の被害者となったのは、なんと女子高生でした。 路地を歩いていた女子高生に「自宅まで送る」と声をかけたウナちゃんマンは、車に乗った女子高生に乱暴し、車外に逃げた女子高生を追いかけて顔などを殴りました。 さらに、約3メートル下の海に突き落とし、女子高生は全治約2週間の怪我を負いました。 この時のウナちゃんマンは、暴力団員であり、珍味販売業を営んでいました。 ニュースでも大きく取り上げられたこの事件は、リスナーだけでなく、多くの人の記憶に残っていることでしょう。 ウナちゃんマンの4つ目の前科は、「威力業務妨害」です。 2008年10月28日に、ウナちゃんマンは、威力業務妨害で逮捕されていました。 スティッカムというライブ配信サイトの2周年イベントを妨害する内容の動画を配信したためです。 配信の中で、ウナちゃんマンは出刃包丁を振りかざしながら、「今度のイベントにもこれを持っていくから。 グズグズ言う奴はブッ刺すから、よろしくね。 ぶっ殺すからなー、ホントに、こっちはそのつもりで行くんだからよー。 」などと叫んでいました。 この事件はテレビでも大きく報道され、ウナちゃんマンという存在が、全国に知れ渡った事件でした。 ちなみに、この事件をきっかけに、ウナちゃんマンの本名である「佐野智則(さのとものり)」という名前も、同時に全国に知れ渡ることになったのです。 一度は引退をしてしまったウナちゃんマンですが、復帰してから現在も、配信業を行って生活をしています。 非常に長い期間、リスナーに見守られながら配信業をしてきたウナちゃんマンは、きっとこれから先も、配信業で生活をしていくことでしょう。 また、現在は、ニコ生だけでなく「ふわっち」という配信サイトでの活動も行っているようです。 ふわっちでも、ウナちゃんマンは相変わらずの喧嘩口調で、血の気の多さは健在です。 これまでのウナちゃんマンを知ったうえで、現在のウナちゃんマンの活動を見てみたいという人は、ぜひ配信を見てみてください。 現在においても、良い意味で、これまでと何ら変わりのないウナちゃんマンの配信を楽しむことができるでしょう。

次の