倉敷 市 コロナ。 〈新型コロナ〉倉敷市在住の60代男性 帰省先の高知県で感染確認 岡山(KSB瀬戸内海放送)

〈新型コロナ〉倉敷市在住の60代男性 帰省先の高知県で感染確認 岡山(KSB瀬戸内海放送)

倉敷 市 コロナ

スポンサーリンク 倉敷市で初の感染者を確認|30代男性に対するネットの反応は? 倉敷市で初の感染者を確認|30代男性に対するネットの反応は、下記の通りです。 倉敷市初のコロナ感染。 会社関係の絡みも怖い。 一人暮らし。 勤務先は倉敷市。 4月22日から出勤してない。 来週あたりから 自主休校やめても大丈夫かなぁと 思ってたんだけどまた迷う。 食事とかどうしてたんだろう? とりあえずつらかっただろうな。 自分の身を守るために詳細がもっと知りたい。 倉敷市は広いんです。 am zam72856280 倉敷市のコロナ感染者、症状出てから検査して確定するまでに2週間以上もかかってるのいくらなんでもかかり過ぎ💧 この方は一気に症状が進まなかったから良いようなものの… 倉敷市の検査体制大丈夫なん? いや、大丈夫じゃないよな… 倉敷市で感染者が出てないのはそう言う事なんだろう — Yutta 312yuttan 今回は本当に感染者の方に非が無いから気の毒で仕方ない。 出張させた会社、なかなか検査受けさせてくれない倉敷市や病院が悪い…。 医療崩壊が~とか言ってるけどそもそも市内の感染者ゼロだったんだから関係ないよね…? ただコロナって騒いでるのに遊びに行って感染する奴は本人が悪だよ。 — か~こりん GoogleHomeがお友達 泣 Kj8maruruuu まとめ 岡山県では2020年5月5日、7日以降は外出自粛要請を緩和し、県境を越えた移動、クラスター(感染者集団)発生の恐れがある施設への出入りなどに限定しています。 自粛要請を緩めたばかりの5月8日に新たな感染者が出たことで、伊原木隆太知事の判断に不安の声が出ています。

次の

児島からコロナ感染者でたらしいぞ!

倉敷 市 コロナ

新型コロナ 倉敷の30代男性感染 市内で初めて() 2020年5月8日、倉敷市に住む30代の男性が新型コロナウィルスに感染していることが明らかになりました。 岡山県では再陽性を含めて24例目、倉敷市では初の感染例です。 ザッとした概要は下記の通りです。 ・倉敷市の30代の会社員 ・トーカロ水島営業所が自社の従業員であると公表 ・4月22日からのどの痛みや味覚障害、38度台の発熱 ・4月27日、医療機関を受診も肺炎は確認されず ・その後も味覚障害は続いたが、他の症状は緩和される ・5月4日~38度台の発熱 ・医療機関を変えて受診~帰国者・接触者外来を受診 ・5月8日、PCR検査で陽性 ・4月9~11日は高知県へ出張に行っていた ・4月21日まで出勤していた ・4月22日以降は主に自宅で過ごし、外出時はマスクをしていた ・同居の家族はいない ・出張に同行した同僚、現地で合流した社員、隣の席の社員は陰性 感染経路は不明ですが、タイミング的には岡山県内での感染も、高知出張中の感染もどちらの可能性もありそうです。 尚、この件について倉敷市の日本被服の従業員ではないかという噂が流れていました。 しかし同社は否定しており、かつトーカロが倉敷市の事業所の従業員であることを公表しています。 倉敷市も広いので、 どこ?とか、市街地?児島?玉島?水島?…といった詮索があると思います。 不安なのは仕方ありませんが、それが判ることで差別的な行動に出てしまう方が居るのも残念ながら事実です。 もしそれを知ることが出来たとしても、広めるような事は決してしないようにしましょう。 ところで倉敷市内で感染が確認されるのは初めてですが、倉敷市民としては初めてではありません。 高知県で発症した為に岡山県のカウントに含まれていない男性がおられます。 (詳細は) いつの間にか話題として取り上げられることはなくなりましたが、この男性は発症のタイミングから岡山県内での感染の可能性が高いものとして考えられています。 KSBによる倉敷市長の動画はこちら。

次の

倉敷コロナ隠ぺい

倉敷 市 コロナ

大雨による災害が懸念される梅雨期を迎え、倉敷市は24日、新採用職員を対象にした避難所の運営訓練を倉敷西小(同市中央)体育館で行った。 西日本豪雨で大きな被害を受けた自治体としての経験を踏まえた心構えや、新型コロナウイルス感染症の対策などを学んだ。 2018年7月の豪雨では、学校体育館などの避難所に被災者が詰め掛け、職員は対応に追われた。 訓練は、当時の状況を伝えるとともに、新たに必要なコロナ対応への理解を深めるための研修の一環で企画。 この日と30日の2回に分けて実施し、初日は約40人が参加した。 訓練に先立ち、市防災危機管理室の渡邉直樹副参事が豪雨時の避難所の様子を説明。 より安全な場所を求めて広い範囲から住民が集まった結果、2千人超が一つの避難所に押し寄せるなど「想定と異なることが起きた」と振り返った。 市職員としての責任感にも触れ「今までは守られる側だったが、住民を守る立場となる。 覚悟を決め臨んでほしい」と呼び掛けた。 訓練は、危険が切迫した発災の直前直後を想定し4班に分かれて行った。 参加者は受付での検温や2メートル程度の通路幅の確保など基本的なコロナ対策を確認。 段ボールやテープを用いてスペースを区切ったり、飛沫(ひまつ)を防ぐため窓口をビニールシートで覆ったりするなど、工夫しながら取り組んだ。 設営と並行して、発熱が疑われる子どもの避難など個別の課題にも対応した。 児島保健福祉センター福祉課の西江哲哉さん(26)は「その場で素早く決断することが大切だと感じた」と話していた。

次の