クレジットカード 現金化 安全。 クレジットカード現金化は安全?【これで怖くない】

自分でクレジットカード現金化する方法!リスクを最小限に現金化するには

クレジットカード 現金化 安全

数年前から広告などでも見かけるようになった 「クレジットカード現金化」。 誰もが一度は耳にしたことがあると思いますが、どういった仕組みで 「現金化」が行われるのかまでは詳しく知らない方も多いかと思います。 そもそも 「クレジットカード現金化」とは一体何なのでしょう? クレジットカード現金化とは? クレジットカード現金化とは、 古物営業の許可を取った業者が、消費者に対してクレジットカードのショッピング枠を使って商品(ほとんどが安物の指輪など、これらを古物と見立てる) を購入させた後、その購入代金より低い金額で買い取ることによって、消費者が現金を得られるようにする行為の事です。 業者としては購入代金と買い取り金額の差額が利益となり、消費者にとっても すぐに現金が手に入るので一見 winwinのすばらしいビジネスモデルに思えます。 しかし、その実態には 違法性の問題や 詐欺など、 さまざまな 落とし穴が潜んでいるのです。 すでにクレジットカード現金化を利用中の方、またこれから使おうか迷っている方、いずれもこのサイトに書いてあるクレジットカード現金化における リスクは知っておいて損はありません。 もし知らずに軽い気持ちで手を出してしまうと、 とんでもない目に合う可能性があります。 以下、クレジットカード現金化に潜む 様々なリスクや 気になるポイントの他、当サイト独自の調査による現金化業者各社の特徴や問題点をまとめております。 これについては現時点では 違法ではないものの限りなく黒に近いグレーだと言えます。 クレジットカード会社は、ショッピング枠を現金を手に入れるために利用する行為を認めていないので、もし 発覚した場合には消費者であるあなたのクレジットカードが利用停止になるおそれがあります。 クレジットカード現金化業者ももちろんそのことは知った上で、回収のリスク(クレジットカード現金化の利用者はキャッシング枠も限度額まで達しているような多重債務者である場合が多いので、回収におけるリスクが大きい)はクレジットカード会社に押し付けて、 手数料で儲ける仕組みとなっています。 また、もちろん 国もこのような取引行為を法律的に許可していません。 よくクレジットカード現金化業者のホームページには「公安委員会からの許可を取っています!」と謳った表示がされていますが、これはあくまで「古物取引の営業」の許可を取っているだけであって、 クレジットカード現金化の許可を取っているわけではないのです。 ここまで書いてきたのはあくまで 「真っ当」に営業している業者を前提としています。 そして、このクレジットカード現金化業界には信じられない 悪徳業者がいることも知っておかないといけません。 万が一このような悪徳業者に当ってしまうと本来の目的である現金を手に入れることもできませんし、 それだけでは済まない事態に陥ってしまう可能性があります。 その一部の例として、 ・消費者に数十万円の決済をさせるだけさせておいて、現金のキャッシュバックをしない。 ・ホームページの記載とかけ離れた法外な手数料を要求し、それを拒否すると法外なキャンセル料を要求する。 ・問い合わせ等で得た顧客情報を闇金などに流す。 などなど、聞くだけでぞっとするような話ばかりです。 その手口を知ることによって、 悪徳業者を回避できるようにならないといけません。 クレジットカード現金化にはさまざまな グレーな要素があります。 前述した通り、クレジットカード現金化には様々な落とし穴があり、 悪徳業者に引っかかってしまうリスクは避けようがありません。 とはいえ数十年ビジネスとして生き残っているのは、消費者の需要がとてもあるからに他なりません。 クレジットカード現金化の負の要素を充分に理解した上で、 少しでも安全で優良な業者を選ぶことが重要になってきます。 そして、そのような需要にしっかり応えてくれる優良な業者もちゃんと存在します。 換金率や振込みスピードなど、 利用者の目的別に優れた業者を押さえておきましょう。 当サイト独自の調査とユーザーから 評価と 口コミ情報によって、 ・ユーザーからのクレームが少ない ・取引による事故報告が少ない という傾向などから、安全性に優れた業者がはっきりと判明しました。 リスクを回避しつつクレジットカード現金化を利用したい方は参考にしましょう。 では、自分で探す場合はどのようにして優良業者を見抜けばいいのでしょうか。 その方法の一つとして 「ホームページや口コミをチェックする」というのがありますが、ホームページをチェックするときに注意しなければいけない点があります。 おわかりかとは思いますが、ホームページに書いてあることを鵜呑みにしてはいけません。 「最短振込み5分!」「換金率98%!」 といった謳い文句には必ず 仕掛けがあります。 換金率の相場は80%前後と言われていますから、 極端に高い換金率の表示に惑わされないようにしましょう。 詳しいことは 電話で問い合わせてみるのも良いですね。 問い合わせ時の対応でもある程度業者の良し悪しは見抜けます。 また、当然ですがホームページに 業者の所在地などの会社概要の記載がない場合はかなり危ないです。 最後になりますが、前述した通りクレジットカード現金化という行為自体に 違法性はありません。 しかし、クレジットカード会社はこれらに準ずる行為を規約で禁止しており、場合によってはカードの利用停止措置を下すことを明記しています。 しかし、 実際には停止措置まで受けるケースはほとんど見られないのが現状です。 理由はいくつかありそうです。 仮にいまのクレジットカード現金化業者を取り締まったところで、様々な形に姿を変えて同じような現金化サービスを提供する業者が現れることは明白です。 実際に、 Amazonギフト券を買い取る形で現金化を行っている業者もここ数年になって現れてきています。 他にも、ブランド品を自分で購入し、それをそのまま買取店や質屋に持って行って現金化する。 これも立派なクレジットカード現金化であり、 一度に大量購入でもしない限り、カード会社が現金化を見抜くことはまずできないでしょう。 問題となるラインの線引きが非常に難しく、 これからもイタチごっこが続く可能性は高い、と言えます。 いずれにしても、違法ではないとはいえ、 発覚すれば利用停止など様々な弊害が生まれます。 クレジットカード現金化の利用は避けるように心に留めておきましょう。 敏腕法律家が解説する現金化の違法性• 元ヤミ金業者が解説する悪徳業者の手口• 元現金化業者が伝授する優良業者の見分け方• 現金化の裏技とトラブル回避方法• 都道府県業者一覧• 都道府県別に店舗を探す• クレジットカード現金化に対する注意喚起.

次の

「クレジットカード現金化」に関するQ&A

クレジットカード 現金化 安全

クレジットカード現金化を安全に使う画期的な方法とは? はじめまして。 元現金化業者の神崎智也 と申します。 クレジットカード現金化は今すぐにお金を用意することのできる方法ですが、その反面、さまざまなデメリットのある方法でもあります。 その中でも、とくに注意しなければならないのがカードの利用停止で、現金化行為がカード会社にバレてしまえば利用停止や一括請求といったペナルティからは逃れられません。 「カードでお金って危険じゃないの?」• 「カードでお金はほしいけど、リスクを負うのはちょっと・・・」• 「安全にお金を用意する方法はないの?」 このことから、このように思われている方もいることでしょう。 そこで、ここでは クレジットカード現金化を安全に利用する方法を解説します。 安全にお金を作りたいと思われている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 法律に関するリスク• カード利用停止のリスク• 自己破産ができなくなるリスク こちらの3つですね。 このことからクレジットカード現金化は危険なサービスだと思われることも多いのですが、 こちらのリスクはすべて注意すれば安全に取引が可能です。 それぞれの対処方法についても詳しく解説しますので、確認しておきましょう。 クレジットカード現金化は違法?逮捕されるの? クレジットカード現金化では、業者が貸金業法・出資法違反によって逮捕されたこともあり、違法な取引だと思われている方も多いことでしょう。 しかし、結論から言いますと、クレジットカード現金化で逮捕されることは絶対にありません。 というのも、このお金の貸し借りは『民事事件』であり、 警察が急に逮捕してくるといったことはないのです。 民事事件とは? 民事事件とは、窃盗や傷害といった刑事事件とは違い、警察が解決に介入しない私人のトラブルを指します。 みなさんもドラマや映画で『民事不介入』といった言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? こちらでは、刑事事件と同じように裁判で結果を出すことになりますが、敗訴したとしても逮捕されることはなく、金銭的やり取りで済むのがほとんどです。 また、民事事件は関係者が裁判所に訴えることで事件発生となりますので、訴えがなければ民事事件が発生することはありません。 つまり、 利用者が業者を訴えなければ警察に逮捕されることはないってことですね。 また、たとえ訴えたとしても利用者が逮捕されることは絶対にありませんので違法性に関して問題視する必要はないでしょう。 関連記事 ・ ・ 現金化がカード会社にバレる理由とは? クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反した行為なのは『』でも解説しましたね。 そのため、クレジットカード現金化はカード会社にバレないように利用しなければいけないのですが、カード会社にバレずに現金化をするにはどのようにすれば良いのでしょうか? 実は、カード会社はやみくもに利用停止にしているワケではなく、 ある特徴に該当した利用者のカードだけを利用停止にしているのです。 キャッシング枠を限度枠いっぱいまで使っている クレジットカードにはキャッシング枠が備え付けられていますが、 このキャッシング枠を限度枠いっぱいまで利用している場合はカード会社にお金に困っているとしてマークされる可能性があります。 そのため、現金化がバレやすく、カードが利用停止になりやすいのです。 支払いに延期・遅延がある こちらも同じく、 支払いに延期・遅延がある場合もカード会社にお金に困っていると思われてしまい、カードが利用停止になる原因となります。 換金性の高い商品の購入をおこなった 換金性の高い商品は現金化目的に使われることが多く、カード会社もとくに注意して売買を監視しています。 そんな中で換金性の高い商品で現金化をしてしまえば、カード会社にバレてしまうのも当たり前です。 換金性の高い商品については『』でも解説していますが、安全に利用したいのであれば換金性の高い商品で現金化をするのではなく、キャッシュバック方式の業者を使って取引をおこなったほうが良いでしょう。 カード会社にバレない3つのコツ クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由は3つあり、それに対する対処方法は• キャッシング枠を使い切った状態で多額の現金化をしない。 支払いは遅れずにおこなう。 キャッシュバック方式の業者を使う。 となります。 安全にクレジットカード現金化を利用するためにも、こちらのことを守って正しく取引をおこないましょう。 クレジットカード現金化で自己破産ができなくなる可能性は低い 多額の借金を抱えてしまった方の最後の手段が自己破産ですが、自己破産には免責不許可事由という 『免責が許可されない借金の理由』があり、その中にはクレジットカード現金化も含まれています。 そのため、 クレジットカード現金化で借金を作ってしまった場合には自己破産をしても借金が免責されないこともあるのです。 借金を無くす方法が無くなってしまうので、現在進行形で借金を抱えてしまっている方はクレジットカード現金化の使い方に注意すべきでしょう。 とはいえ、実際にクレジットカード現金化をしたからといって自己破産ができなくなる可能性は極めて低めです。 『』でも解説していますが、クレジットカード現金化が免責不許可事由とされるのは裁判官に悪質だと判断された場合のみであって、 きちんと反省して正直にクレジットカード現金化を利用したことを伝えれば充分に免責が受けられる可能性があります。 クレジットカード現金化で借金を重ねるのは良いことではありませんが、自己破産が必ずできなくなるワケではありませんので、そこまで心配することでもないでしょう。 クレジットカード現金化を安全に利用する方法のまとめ いかがでしたか? クレジットカード現金化にはリスクもありますので、安全に利用するためには対処方法をしっかりと知っておくことが大切です。 とくにカードの利用停止に関しては対処をおこなうことが必須ですので、安全に資金調達をするためにも、カード現金化は換金性の高い商品を購入するのではなく業者を使っておこなうようにしてくださいね。 また、 そのときに利用する現金化業者はコチラから選ぶのがオススメです。 こちらは高高換金率で現金化が可能な優良店で、口コミ評判でも高い評価を得ています。 ぜひ、あなたの業者選びの参考にしてみてください。

次の

クレジットカード現金化の優良店をお探しなら|換金クレジット

クレジットカード 現金化 安全

クレジットカード現金化を安全に使う画期的な方法とは? はじめまして。 元現金化業者の神崎智也 と申します。 クレジットカード現金化は今すぐにお金を用意することのできる方法ですが、その反面、さまざまなデメリットのある方法でもあります。 その中でも、とくに注意しなければならないのがカードの利用停止で、現金化行為がカード会社にバレてしまえば利用停止や一括請求といったペナルティからは逃れられません。 「カードでお金って危険じゃないの?」• 「カードでお金はほしいけど、リスクを負うのはちょっと・・・」• 「安全にお金を用意する方法はないの?」 このことから、このように思われている方もいることでしょう。 そこで、ここでは クレジットカード現金化を安全に利用する方法を解説します。 安全にお金を作りたいと思われている方はぜひ参考にしてみてくださいね。 法律に関するリスク• カード利用停止のリスク• 自己破産ができなくなるリスク こちらの3つですね。 このことからクレジットカード現金化は危険なサービスだと思われることも多いのですが、 こちらのリスクはすべて注意すれば安全に取引が可能です。 それぞれの対処方法についても詳しく解説しますので、確認しておきましょう。 クレジットカード現金化は違法?逮捕されるの? クレジットカード現金化では、業者が貸金業法・出資法違反によって逮捕されたこともあり、違法な取引だと思われている方も多いことでしょう。 しかし、結論から言いますと、クレジットカード現金化で逮捕されることは絶対にありません。 というのも、このお金の貸し借りは『民事事件』であり、 警察が急に逮捕してくるといったことはないのです。 民事事件とは? 民事事件とは、窃盗や傷害といった刑事事件とは違い、警察が解決に介入しない私人のトラブルを指します。 みなさんもドラマや映画で『民事不介入』といった言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? こちらでは、刑事事件と同じように裁判で結果を出すことになりますが、敗訴したとしても逮捕されることはなく、金銭的やり取りで済むのがほとんどです。 また、民事事件は関係者が裁判所に訴えることで事件発生となりますので、訴えがなければ民事事件が発生することはありません。 つまり、 利用者が業者を訴えなければ警察に逮捕されることはないってことですね。 また、たとえ訴えたとしても利用者が逮捕されることは絶対にありませんので違法性に関して問題視する必要はないでしょう。 関連記事 ・ ・ 現金化がカード会社にバレる理由とは? クレジットカード現金化はカード会社の利用規約に違反した行為なのは『』でも解説しましたね。 そのため、クレジットカード現金化はカード会社にバレないように利用しなければいけないのですが、カード会社にバレずに現金化をするにはどのようにすれば良いのでしょうか? 実は、カード会社はやみくもに利用停止にしているワケではなく、 ある特徴に該当した利用者のカードだけを利用停止にしているのです。 キャッシング枠を限度枠いっぱいまで使っている クレジットカードにはキャッシング枠が備え付けられていますが、 このキャッシング枠を限度枠いっぱいまで利用している場合はカード会社にお金に困っているとしてマークされる可能性があります。 そのため、現金化がバレやすく、カードが利用停止になりやすいのです。 支払いに延期・遅延がある こちらも同じく、 支払いに延期・遅延がある場合もカード会社にお金に困っていると思われてしまい、カードが利用停止になる原因となります。 換金性の高い商品の購入をおこなった 換金性の高い商品は現金化目的に使われることが多く、カード会社もとくに注意して売買を監視しています。 そんな中で換金性の高い商品で現金化をしてしまえば、カード会社にバレてしまうのも当たり前です。 換金性の高い商品については『』でも解説していますが、安全に利用したいのであれば換金性の高い商品で現金化をするのではなく、キャッシュバック方式の業者を使って取引をおこなったほうが良いでしょう。 カード会社にバレない3つのコツ クレジットカード現金化がカード会社にバレる理由は3つあり、それに対する対処方法は• キャッシング枠を使い切った状態で多額の現金化をしない。 支払いは遅れずにおこなう。 キャッシュバック方式の業者を使う。 となります。 安全にクレジットカード現金化を利用するためにも、こちらのことを守って正しく取引をおこないましょう。 クレジットカード現金化で自己破産ができなくなる可能性は低い 多額の借金を抱えてしまった方の最後の手段が自己破産ですが、自己破産には免責不許可事由という 『免責が許可されない借金の理由』があり、その中にはクレジットカード現金化も含まれています。 そのため、 クレジットカード現金化で借金を作ってしまった場合には自己破産をしても借金が免責されないこともあるのです。 借金を無くす方法が無くなってしまうので、現在進行形で借金を抱えてしまっている方はクレジットカード現金化の使い方に注意すべきでしょう。 とはいえ、実際にクレジットカード現金化をしたからといって自己破産ができなくなる可能性は極めて低めです。 『』でも解説していますが、クレジットカード現金化が免責不許可事由とされるのは裁判官に悪質だと判断された場合のみであって、 きちんと反省して正直にクレジットカード現金化を利用したことを伝えれば充分に免責が受けられる可能性があります。 クレジットカード現金化で借金を重ねるのは良いことではありませんが、自己破産が必ずできなくなるワケではありませんので、そこまで心配することでもないでしょう。 クレジットカード現金化を安全に利用する方法のまとめ いかがでしたか? クレジットカード現金化にはリスクもありますので、安全に利用するためには対処方法をしっかりと知っておくことが大切です。 とくにカードの利用停止に関しては対処をおこなうことが必須ですので、安全に資金調達をするためにも、カード現金化は換金性の高い商品を購入するのではなく業者を使っておこなうようにしてくださいね。 また、 そのときに利用する現金化業者はコチラから選ぶのがオススメです。 こちらは高高換金率で現金化が可能な優良店で、口コミ評判でも高い評価を得ています。 ぜひ、あなたの業者選びの参考にしてみてください。

次の