ご多忙にもかかわらず。 「ご多忙」と「ご多用」の意味の違いと使い分けを例文付きで解説!

「お越しいただき」は正しい表現?ビジネスで使える例文

ご多忙にもかかわらず

「ご多用」の意味 「多用」の意味には、 「用事の多いこと」や「忙しいこと」や「多く使用すること」などの意味がありますが、ここに尊敬語の「ご」が付くことで、 「目上の人の用事が多くて忙しくされていること」をさす言葉になります。 「ご多用は」どんなときに使うか 1. 要望を出したり依頼をするとき 「ご多用中恐れ入りますが…」といったように、 クッション言葉のひとつとして、誰かにお願い事をするときに使います。 気持ちとして、「いろいろ用事が多くて忙しいときに悪いのですが…」という謙虚さを伝えた後に、本題のお願いに入るための言葉です。 やってもらったことに感謝の意を伝えるとき 「ご多用」に含まれる気持ちは同じですが、「ご多用にもかかわらず…」と前置きすることで相手の状況に配慮した後、 やってもらったことに感謝の気持ちを強く訴えます。 似た言葉「ご多忙」との違い 「ご多忙」の意味 「ご多用」に近い類義語に「ご多忙」があります。 これは、非常に忙しいという意味の「多忙」に尊敬語の「ご」が付き、前述の「ご多用」同様、目上の人の忙しい状況を表します。 ご多忙は「忌み言葉」 「ご多忙」も「ご多用」とほぼ同じ意味で、使われる場面も一緒ですが、 「ご多忙」には、忌み言葉の側面があります。 忌み言葉というのは、縁起の悪さを連想させ敬遠される言葉のことです。 理由は、多忙の「忙」という字が心編に「亡」で、死に通じることをいっています。 その結果、結婚式などの目出度い席の挨拶で、「ご多忙にもかかわらず」といういい方はふさわしくないといわれます。 「ご多忙」と「ご多用」の違い ビジネス上で 「ご多忙」はあれこれ仕事があって非常に忙しいという解釈です。 一方、 「ご多用」は公私に関係なく、それぞれに用事があって忙しいという解釈ができます。 しかし、「ご多忙」も「ご多用」も、 忙しさの状況を推測した言葉としてはほとんど違いがありません。 原因と結果の関係と考えればわかりやすいと思います。 用事が多い(多用)という原因で、その結果非常に忙しい状態(多忙)になったわけですが、 どちらも「お願い事をするにはなかなか時間の融通が利かない」ことには違いはありません。 ちなみに、「多忙な日々」とはいっても、「多用な日々」とはいわない理由は、結果である状況をいうときには当てはまりますが、原因は状況ではないので当てはまらないともいえます。 ビジネスシーンでの「ご多用」の例文 ビジネスシーンでは、 「ご多用」「ご多忙」を無理に使い分ける必要はありません。 ビジネス文書、メール、電話共通で以下にいい回しに変化をつけた例文を紹介します。 「ご多用中とは存じますが」の例文 ポイント この例文のみ、終わったことに感謝の気持ちを表す前置き分になっています。 したがって、最後は「ありがとうございました。 」という過去形で締めくくります。 「ご多用」についてのまとめ• 「ご多用」は、「多用」(用事の多いこと。 忙しいこと)に尊敬語の「ご」が付いたもので、目上の人などが用事が多くて忙しい状態を指す言葉です。 「ご多用中とは存じますが…」といったように、何かお願い事をする時に、「いろいろ用事が多くて忙しい時に悪いのですが…」という配慮の気持ちを伝えたい時に使います。 また、「ご多用にもかかわらず…」となると、相手への感謝の気持ちを強く述べることになります。 よく似た言葉で「ご多忙」がありますが、相手に配慮した気持ちは同じです。 多少のニュアンスの違いはありますが、ほぼ同じように使って問題はありません。 ビジネスシーンだといい回しとしていろいろな使い方がありますが、お願い事や感謝の気持ちを丁重に伝えるのが目的です。

次の

葬儀の礼状の文例をご紹介!礼状に書く内容やマナーについても解説|終活ねっと

ご多忙にもかかわらず

先般は / この前を表す名詞。 類語に「先日は」「過日は」などがある。 先般はわざわざ当店までお越しいただき、ありがとうございました。 先般は,ご多忙中にもかかわらずご面会くださり厚く御礼申し上げます• 先般はわざわざ当社までお越しいただき、まことに恐縮に存じます• 先般は、ことのほかご贔屓を頂戴いたし、衷心より感謝申し上げます。 先般は小生の就職祝いのため、過分のご馳走を頂戴いたしまして、心から御礼申し上げます。 先般は、お忙しい中ご面会くださり誠にありがとうございました。 先般は、私の就職につきまして、ご多忙中にもかかわらず、ひとかたならぬご配慮にあずかり、誠にありがとうございました。 先般はわざわざ当社までお越しいただき、恐縮の至りに存じます。 先般は、いろいろとご教示を賜り、誠にありがとうございました。

次の

「ご多忙中にもかかわらず」意味と使い方・ビジネスメール例文

ご多忙にもかかわらず

日本語に関するもっともらしい、でも根拠は曖昧な「マナー」を見たことはあるだろうか。 最近もこんな一幕があった。 あるテレビ番組で、葬儀での喪主の挨拶について、「本日はお忙しい中... 」ではなく「ご多用の中... 」が正しいと、僧侶がコメントしていた。 しかし、これに国語学者で国語辞典編集者の飯間浩明さんは、ツイッターで疑問を表した。 飯間さんは「最近のトンデモマナーの類ではないかと疑っています」と投稿し、学術的な根拠はないとしたのだ。 本当に「忙」は「亡」が含まれるから使ってはいけない文字なのか。 J-CASTニュースが取材を進めると、「俗流マナー」ともいうべき風説が拡散される構図が見えてきた。 新旧のマナー本でも「ご多忙」OK 「葬儀などで『忙』は縁起が悪くNG」という説、どの程度信ぴょう性があるだろうか。 まずネット上で冠婚葬祭マナーでの言葉遣いを解説するサイトを見ていくと、意外にも「ご多忙」を挨拶の例文として載せているものは少なくない。 葬儀会社のサイトでも「ご多忙」が載っており、「忙」が冠婚葬祭の場で全くの御法度というわけでもなさそうだ。 さらに書籍を調べていくと、1979年発行の『冠婚葬祭 結婚のすべて』(保育社)では、新郎挨拶の例に「お忙しいところ... 」とあり、新郎の父親の挨拶スピーチ例文でも「ご多忙中にも」と書かれていた。 また2011年発行の『冠婚葬祭マナー大事典』(学研パブリッシング)でも、葬儀での喪主あいさつの文例に「本日はご多忙のところ」と書かれていた。 昭和の昔でも今でも「ご多忙」を使ってもマナー違反ではないらしい。 しかし、冠婚葬祭に限らず、マナーとして「ご多忙」ではなく「ご多用」の方がふさわしいという言説はネットで根強いようだ。 「ご多用」「ご多忙」を並べて検索すると、主にビジネスマナーでの言葉遣いを解説したサイトが多くヒットする。 そこには、「忙」が死に通じるとして、「結婚式などで『ご多忙にもかかわらず』と言うのはふさわしくない」「『ご多忙』を使うのを嫌う人がいる」という調子で、「ご多忙」を使うべきでないという見解が掲載されていた。 また2017年発行のマナー本にも「『多忙』という字を嫌う人もいます」という項目があり、字のつくりを気にする得意先や上司もいるため、「ご多用」であれば問題ないとの記述があった。 本来の「忙」の字の成り立ちを調べると、この字は形声文字で「亡」のつくりは発音を表しているだけである。 ゆえに「忙」と「亡」は音読みが同じ。 また元は「ぼんやりしている」の意味があり、「いそがしい」の意味になったのは8世紀頃からだという(『常用字解』白川静著、平凡社、2003)。 「忙」の成り立ちに、前述の俗説はあまり関係は無さそうだ。 30年前の書籍に「心を亡くす」が書かれていた 「忙」は「心を亡くす」につながるという考えは、日本のフィクサーとも呼ばれた陽明学者の安岡正篤(1898-1983)が信条としていた。 死後に出された自著『新憂楽志』(明徳出版社、1988年刊)で安岡は、座右の銘とする思想「六中観」を掲げ、その中で 「忙中 閑有り。 ただの閑は退屈でしかない。 真の閑は忙中である。 ただの忙は価値がない。 文字通り心を亡うばかりである。 忙中閑あって始めて生きる」 と述べている。 これが「元ネタ」という確証はないが、ビジネス書や自己啓発書で「心を亡くす」が散見されるようになったタイミングと近い。 まとめると「忙」「多忙」をかしこまった場で使うことは、必ずしもマナー違反ではなかった。 しかし、「多忙」よりも「多用」の方がふさわしい理由づけとして、「忙」は「心を亡くす」という発想が徐々に日本社会に広がり、「忙」のつくりに着目し、忌み言葉に数えられるようになったのではないだろうか。 そしてインターネットでのマナーサイトの林立がそれに拍車をかけた。 忌み言葉に限らず、根拠の曖昧な言葉のマナーや礼儀作法がネット上では飛び交っており、それがテレビ・書籍などの影響力があるメディアに取り込まれてマナー化される現象が起きている。 ネットでは「刺激的」であれば拡散される ITジャーナリストの井上トシユキ氏は、このようなマナーのほかにも「江戸しぐさ」をめぐって同じような俗説の流布が起きていると指摘する。 もともと「忌み言葉」「江戸しぐさ」のようなフワリとした俗説はネットで受け入れられやすく、PV(ページビュー)稼ぎのために根拠のあやふやな記事も数多く掲載するネットコンテンツにより、さらに流布される。 「根拠がなくても中身が刺激的であれば、拡散できるのがネット社会です。 特にマナーや言葉遣いにまつわるもっともらしい風説は、読み手が『大義名分』を得た気になり、拡散されやすいのではないでしょうか。 『忌み言葉』に限らず、『お世話になります』が失礼ではないか、といったような、マナーをめぐっての俗説と論争がたびたび発生します」 と、井上氏は俗流マナーが広がりやすいネットの特徴を解析している。 (J-CASTニュース編集部 大宮高史).

次の