僕 の いた 時間 10 話。 僕のいた時間(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

僕のいた時間 ロケ地情報

僕 の いた 時間 10 話

最初は取り合わなかった彩だが、カズの一言がきっかけとなり、悟たちのアジトへ顔を出すようになる… 海外の反応 1. 名無しさん てっきりバスケットボールが出た時、命をかけた1on1バトルが始まるのかと… 2. 名無しさん >俺も。 黒子のバスケを見てるから、悟のスーパープレイを期待しとった… 3. 名無しさん バスケットボールを選んだのは事故に見せかけるためにだろうな、ボールだったら子供と一緒にあってもおかしくないし、事故後にそこらへんに浮かんでいても事故との関係があるなんて誰にも分からないだろうし。 名無しさん 美里の死体がバッグに入ってるかと思ったよ… 5. 名無しさん 彼女はあの車に乗っていないよって言った時、八代の車のトランクに入れていたのかなと思ったよ。 名無しさん 黒い手袋がアップになった時、犯人だと分かったよ。 悟が犯人を見抜けなかった理由がまだ納得いかないなぁ、未来に戻った時に一回見ているのに。 名無しさん >6. それはそうだな、ついでに言うと彼が市議会議員だというのも変な感じだよな。 名無しさん OPで学校に水がなだれ込んでくる所は、水没するシーンを暗示していたんだな。 名無しさん OPで言えば、悟が屋上で逃げるシーンは何を暗示してるんだろうね、最終決戦のシーンなのかな? 10. 名無しさん エンディングもヒントだったんだな。 名無しさん 悟もシートベルトが取れないなら、体をよじって抜けだせばいいのに… 12. 名無しさん 広美がかわいいってことは彼も自覚がある気がする。 名無しさん フィルムリールが切れたのは悟の意識が途切れた事を意味しとるのかな…。 佐知子や仲間がやたら見送って、また明日ねと言ってたのは完全に死亡フラグだよね。 名無しさん 藤沼悟 死去…1988年 15. 名無しさん 絶対おとりだと思ってたんだけどなぁ…完全に犯人に騙されたよ。 名無しさん >15. アニメは結構分かりやすかったかなと思う。 いろんなカットに手がかりはあったし、漫画版はまったく分からなかった。 名無しさん 少なくとも加代ちゃんは守られたわけだ、それが悟の最大の功績だよ…。 名無しさん 2回目、今日のタイトルを見た時にゾッとしたわ、なんだよ歓喜って。 全然嬉しくねぇよ! 19. 名無しさん 全然、心の準備してなかったのに!犯人見つかるし、こんな展開って有りかよ。 名無しさん 12話は2時間スペシャルになることを期待している。 だって、漫画のエンディングに合わせるためには、それくらいの時間がかかると思うんだよね。 名無しさん 一方その頃、二人は幸せでした。 名無しさん 彩ちゃん、ケンヤですら緊張させるとは…。 名無しさん リバイバルするのかなぁ…今までは青い蝶が現れてからだったけど、今回はくるくる回るリールも壊れているし、あれってどんな意味があるんだろう。 名無しさん 悟が未来を知ってるぞって叫んでたけど、多分このケースの未来は悟は知らないんだよな… 25. 名無しさん 悟は死んでないよね、それとも、ただ一人の行方不明者になってしまうのだろうか。 しかし、なぜ犯人は、もうこれ以上の犯行を続けないって宣言したんだろうなぁ…。 名無しさん なんで先生は弁当を注文したんだろう、そして、なぜ悟が車に載せてくれるように頼んでくると思ったんだろうな。 俺なにか見逃したかな…分からん。 名無しさん あら、加代ちゃんは帰ってこないのね。 名無しさん 悟は死んではいないんじゃないかな…あと2話残ってる所で主人公消すなんて無茶でしょ。 名無しさん >28. 加代とケンヤが新しい主人公になるのかも… 悟、大ピンチ。 前半は仲間との触れ合いで温めてからの、後半の冷たさで泣きそう。 トンネル演出も怖すぎ。 このまま本当に 僕だけがいない街になってしまうのか… 個人的には犯人がホッケー場に子供たちを置き去りにして、周りから怪しまれないかなーと些細なことを気にしてました。 さて10話も終わって、残すところもあと2話。 うーん、どうまとめるんだろう…。 ストーリと合わせてそちらも気になります。 本日もありがとうございました。 3月16日(水)19:00から。 >2回目、今日のタイトルを見た時にゾッとしたわ、なんだよ歓喜って。 全然嬉しくねぇよ! 犯人にとっては、代償行為を成し遂げることが出来て喜び満ち溢れた回だったからだろう。 >なんで先生は弁当を注文したんだろう、そして、なぜ悟が車に載せてくれるように頼んでくると思ったんだろうな。 俺なにか見逃したかな…分からん。 時間通りかつ計画通りにいくとも思えないし、たしかにご都合主義展開だと感じたけれども、先生は、彼女が外へ出て行ったことにしていたんだし、悟なら弁当屋の車がなくとも外へ彼女を探しに出ると踏んでいてもおかしくはない。 その結果別の場所で別の殺害方法を用意していてもなんら不思議はないだろう。 >個人的には犯人がホッケー場に子供たちを置き去りにして、周りから怪しまれないかなーと些細なことを気にしてました。 腹を壊してトイレにこもっていたことにすればいいのでは。 幸い先生が下剤入りの飲み物で生徒を一人トイレ送りにしているんだし。

次の

僕のいた時間(ドラマ)1話から最終回を見逃し無料動画フル視聴

僕 の いた 時間 10 話

三浦春馬さん主演のドラマ「僕のいた時間」が10話が放送されました。 視聴率はどうだったのでしょう。 ドラマ「僕のいた時間」10話視聴率、感想 ドラマ「僕のいた時間」10話視聴率が発表されましたが、11. 9話は11. 3%dだったので、多少上昇しました。 10話感想としては、拓人とは人工呼吸器を装着するかしないか、それは死を選ぶ選ばないの選択でもありその選択の中で、苦悩が描かれていました。 非常に考えさせられる回でした。 尚「僕のいた時間」の専用ページを解説していますので、過去のあらすじ、視聴率などご覧下さい。 ドラマ「僕のいた時間」視聴率の推移 ドラマ「僕のいた時間」視聴率の推移の推移ですが 1話 11. 2% 2話 9. 4% 3話 9. 4% 4話 8. 最終回で視聴率はどうなるのでしょう。 ドラマ「僕のいた時間」10話あらすじ 拓人の母親の佐和子は、恵の母・翔子のところに会いに行く。 そして拓人の世話をしてもらって一緒にいることを非常に感謝した。 しかし、恵の母・翔子は恵の幸せを考えると。。。 その後改めて、拓人の母親の佐和子と父昭夫が恵の母・翔子の元へ。 恵への感謝と、拓人と一緒にいることにより苦労することを謝罪した。 しかし恵の母・翔子は、自分も自分の夫と同じように最後までさわしたことを思い出し、恵と拓人のことは承知していた。 医学部を目指拓人 拓人は父にお願いして医学部を目指すことに。 陸人に勉強を教えてもらいながら拓人は、やりがいである医学部を目指す。 拓人は、メグとたくさん笑ったり外でメグとシャボン玉したり非常に充実に日々を過ごしていた。 そして夜もめぐが隣で寝ていてくれた。 結婚式にむけて準備している守と陽菜がやってきた。 そのとき拓人は、医学部を受験することを守たちにも打ち明けた。 そしてその時守は、耐え切れずに部屋を出て行った。 陸人の成長 陸人は、アルバイトをしようと思っていると拓人に話す。 陸人は人と接する機会が少ないホームセンターの商品管理をすることとなった。 常識では考えられない。 しかしそれを見て皆から笑われたという陸人は凄く楽しそうであった。 守と陽菜の結婚式。 拓人と恵は出席し恵をブーケをとった。 拓人の容態 拓人のALSの進行は進み、深夜に無呼吸が発生した。 担当医の谷本に人工呼吸器の装着を家族を含め話し合うことを進めた。 しかし拓人は人工呼吸器装着に否定的だった。 父親の昭夫、恵、守など進めるが拓人は。。 そして自暴自棄になり、拓人は家からいなくなる。。 ドラマ「僕のいた時間」11話(最終回)予告、ネタバレ ドラマ「僕のいた時間」11話(最終回)のポイントは ・拓人が家を出て行って向かった先は。 ・拓人は本当に人工呼吸器をつけないのか。 突然姿を消した拓人は、降りしきる雨の中、車椅子ごと転倒し、病院に収容される。 駆けつける恵、守、陸人、佐和子、昭夫。 「今は、拓人さんが周りの人たちと一緒に生きている幸せを実感できるよう、1日、1日を積み重ねていくことに専念しましょう」。 主治医の谷本(吹越満)は、恵たちにそう伝える…。 ドラマ「僕のいた時間」HP より引用 ドラマ「僕のいた時間」の過去の記事 今日は2夜連続の嵐メンバー総出演の「嵐の明日に架ける旅」がありますね。 先日は「嵐の明日に架け テレビ朝日木曜日午後9時から注目のドラマが始まります。 ・天皇の料理番1話感想、視聴率 ・ 本文(ドラマ「Dr. DMAT」)のサマリー(要約) ・DMATとは 用語説明) ・ドラマ「Dr. EXILEのTAKAHIROさん主演のワイルド・ヒーローズ7話 ・ワイルド・ヒーローズ7話視聴率、 生田斗さん、小栗旬さん主演ウロボロス3話 ・ウロボロス3話視聴率、感想 ・ウロボロスの意味、ウロ.

次の

ドラマ「僕のいた時間」10話視聴率、あらすじ、感想。11話(予告、ネタバレ。主題歌Rihwa、挿入歌はゆず。拓人は人工呼吸器の選択は。

僕 の いた 時間 10 話

助けて、死にたくない-----------!! 救急車で運ばれる中、そう訴えた拓人。 そして谷本のいる病院に運ばれ、目を覚ました拓人は、病院で皆が心配そうに見守っているのを見る。 「よかった、無事で」 そう声を詰まらせた母。 ついに最終回を迎えた今作。 最後にどうなるか? 命が・・・なシーンになるのかなぁと思ったら、希望ある未来へ続く・・・穏やかで、逆にあったかい気持ちで迎えられた最後だったんじゃないかなぁと。 最後まで決断を迫られた拓人。 彼が出した決断は---------? 拓人が人工呼吸器を付けるのもつけないのも怖いと言っているという話を皆に聞かせる恵。 すると谷本は、今は拓人が皆と一緒に生きてる幸せを感じれるように一日一日を積み重ねて行きましょうと背中を押してくれるのだった・・・。 家に帰ると、すみれが待っていた。 彼女は大学は工学部に入り、拓人のような体の不自由な人が脳の刺激を感じて動かせるようなスーツ式のロボットを開発しているのを見て、自分もこんなものが作りたいと夢を語ったのだ。 頑張ってる先生を見ると勇気が沸くと言ってくれる。 自分の店を持ちたいという守。 客のニーズにこたえられる店を作りたいというのだ。 医学部へ向けて勉強再開の為に、皆が協力してくれる。 守は競争だと言ってくれるのだ。 店を持つのが先か、受験合格が先か。 そして、手首を固定してもらい、また字が書けるようになった拓人。 今伝えられることを伝えるという目標を書いた拓人は、すみれに頼まれた講義の話を受ける事にしたのだった。 その頃、なんと陸人に友人が出来たのだ!! どうやら仕事先で同じ恐竜に興味を持つ子がいたようで。 そして・・・あの日、繁之も一緒に拓人を探してくれたという話を聞いて、どうしても話がしたくなった拓人。 感謝を告げに、子供たちにサッカーを教える繁之に会いに行ったのだ。 そして、今度の講演会に来てほしいと誘う拓人。 「とちんなよ」 そう言ってくれた繁之。 「拓人、体大事にしよろ。 お前ひとりの体じゃないんだから」 繁之の気持ちが嬉しい拓人は素直にありがとうございますと答えるのだった・・・。 いい人やぁぁ!! 本当人として良くできる人だ。 繁先輩。 そして、ついに迎えた講演会。 拓人の話を聞きに、両親や、翔子も会場へやってきたのだ!! どうやら拓人が誘ったよう。 ド緊張する守を、なんでマモちゃんが緊張するのかと突っ込む陽菜。 繁之に来てくれてありがとうと挨拶する翔子。 兄の姿を見守ろうと、気合いの陸人。 難病患者のために家族支援に目を向けるようになった父も話を聞きにきてくれたよう。 そして、ついに拓人の話しが始まる。 自分が病気になるまでの気持ちから語り始める拓人。 ただ、漠然と毎日を過ごしていた。 キャラクターを演じていた自分が嫌いだったと・・・。 そして病気になってからの病状説明。 今選択を迫られているのは、人工呼吸器を付けるか否か。 自分の気持ちを伝える事が出来るか。 それで生きている実感を得られるのか。 人工呼吸器をつけたら外すことはできないのだ。 病気になって何度も覚悟を決めてきた。 病気になってたくさんのものを奪われた。 目標を見つけては失う毎日。 「この先。 すべての目標を奪われたとしても、僕が目標に向かって生きたという事実も、奪われないのです。 僕は人の温かさを知りました。 家族と真正面から向き合えたり、我儘を言えるようになりました。 愛情を信じられるようになりました。 自分のことがちょっと好きになりました。 自分が持っている幸せにも気づかせてくれました。 こうやって喋れること。 歩ける事。 走れること。 食べられる事。 笑える事。 触れあえる事。 風を感じる事。 太陽の光に包まれる事。 今、生きている事。 この世に生まれてきた事。 僕は今、新たな覚悟をしなければならなくなりました。 人工呼吸器をつけるかつけないか。 死ぬのも怖いし、生きるのも怖い。 死ぬ覚悟も生きる覚悟も簡単には出来ません。 周りの人は、僕がただ生きてくれさえいればそれでいいと言います。 家族や大切な人のためだけに生き続ける事が出来んだろうか。 自分の意志を伝えられないかもしれない状況で、生き続ける事が出来るんだろうか。 それは全くわかりません。 ただひとつわかっている事は・・・。 僕がどんな状態になっても、僕が愛とぬくもりに包まれているという事です。 主治医の先生、病院のスタッフの皆さん、介護スタッフの皆さん。 そして・・・いつも僕の隣にいてくれる彼女。 僕は藍とぬくもりだけで生き続ける事が出来るんだろうか。 それだけで、僕は自分が生きている意味を感じる事が出来るんだろうか。 僕は生きているだけで手がかかります。 それでも生きていていいんだろうか。 その事をずっと考えてきました。 僕が生きてるだけで、周りの人たちが生きがいを感じてくれるんじゃないか。 僕が生きてるだけで、生きる意味を社会に問い掛け続ける事が出来るんじゃないか。 じゃぁ、生きているだけの状態で、僕が僕であり続けるには、どうしたらいいんだろうか。 そうなった時に、僕を支えてくれるのは、僕を支えてくれるのは、それまで生きた時間・・・。 僕のいた時間なんじゃないか。 僕は覚悟を決めました。 生きる覚悟です。 いつかその時が来た時のために、今を全力で生きていたいと思います。 今日はこのような場を与えていただき、心から感謝いたします。 これからも今日のように、自分の思いを伝えていけたらなって思います。 ありがとうございました」 控室に行くと、佐和子が頭を撫でて抱きしめてくれた。 父は拓人は家族の誇りだと言ってくれた。 それにちょっとはにかんだ笑顔を浮かべる拓人。 ここが一番うるっときたかも。 「コウエンリョウをいただいた。 今も社会とつながっている」 そう書かれた今日の日記。 そして-----人工呼吸器をつける事を決めた拓人。 ALSを自分の一部だと思って一緒に生きていきましょうと前向きな事を言ってくれる谷本。 季節は春になっていた。 長い付き合いになる。 その準備を始める拓人と恵。 今は自分の声で音声変換もできるんだ。 これは便利だね。 アドバイザーとして勤めていた会社にもまだ繋がっているよう。 こういうのみるとぐっとくる。 凄い会社だよね。 この会社最高だわ。 そして-------最後のから揚げを食べたという拓人。 最後の記念か・・・ベランダにある鉢に種をまいた恵。 また海へ行きたいという拓人。 あの瓶を埋めに行きたいと。 また3年後の自分に宛てたメッセージ? 否。 今度は3年後のお互いに向けらメッセージを入れる事に。 中身は内緒。 そして、その瓶をあの海に埋めた二人。 3年後--------。 人工呼吸器をつけた拓人は、もう顔の筋肉を使って会話するしかできない。 そんな体になっても、講演会に忙しい毎日を送って、毎日を精一杯生きている。 そして、その間に恵と結婚もしたよう。 しあわせそうな写真がいい。 そして、開いたあの瓶の中身。 3年後の二人に宛てたメッセージは・・・。 「拓人へ 私の隣にいてくれてありがとう」 「メグへ オレのとなりにいてくれてありがとう」 一緒のメッセージ。 互いの思いは同じ。 それを見て微笑む恵は、同じ結婚指輪のついた拓人の手を握り、車椅子の隣に座るのだった-----。 あったかいラストだったんじゃないかなぁ。 別れより、未来を描いた今作は、本当丁寧に周りの人、家族と友人、そして大切な人との関係を描いてくれた作品だったと思う。 拓人の台詞は今までの総集編的な感じでしたが、そこから次の決断を出したのも最終回らしくていい流れだったんじゃないかな。 最初は月9かと思うような恋愛話がメインだったけど、それもすっごくキュンキュンさせられたし、私的には今期一番楽しみにしてたドラマだった。 春馬くんが本当うまくなったなぁと。 不意に出る表情にぐっとさせられることが多かった。 なんか心が洗われる作品だったよ。 優しい気持ちにさせられた。 こういう作品をもっと見せてもらいたいなって思う。 goo.

次の