マルセイユ 対 ストラスブール。 マルセイユ対RCストラスブール

フランスリーグスコア速報 マルセイユ対ストラスブール : www.mytravel.co.jp

マルセイユ 対 ストラスブール

リーグ・アン第21節のオリンピック・マルセイユ対ストラスブールが1月17日、オリンピック・マルセイユのホームスタジアムであるスタッド・ヴェロドロームで開催される。 開催に際し、試合の概要や放送日程、両チームの成績を確認していこう。 オリンピック・マルセイユ対ストラスブールの試合日程・放送予定 オリンピック・マルセイユ対ストラスブールは1月17日 水 3時00分 日本時間 にスタッド・ヴェロドロームにてキックオフとなる。 放送はDAZNで行われる。 オリンピック・マルセイユの2017-18シーズン成績 ストラスブールの2017-18シーズン成績 誰でも簡単!DAZNでオリンピック・マルセイユ対ストラスブールを見る方法とは? まずは 『DAZN』の登録ページ に行き、「 1ヶ月間の無料体験を始める 」をクリックしよう。 「アカウントの作成」が表示されたら、以下の3つを記入しよう。 ・名前 ・メールアドレス ・パスワード 3つの項目を記入すれば完了だ。 「次のステップへ」をクリックしよう。 残るのは「支払い情報」だけ。 ここでは…… ・クレジットカード または ・デビットカード こちらの情報を登録しよう。 (最初の1ヶ月は無料!) これで登録はすべて完了!DAZNの公式ページに行き、好きな試合を見てみよう。 おすすめ情報.

次の

オリンピック・マルセイユ対ストラスブールの試合日程・放送予定/リーグ・アン第21節

マルセイユ 対 ストラスブール

ヨーロッパにおける新型コロナウイルスの感染拡大が大問題となっており、欧州で最も感染者の多いイタリアを中心に、各国リーグが中止及び延期となっている。 そしてヨーロッパにおいてイタリア、スペインに次ぎ感染者の多いフランスでは、アルザス地方での感染拡大が確認されたこともあり、7日のストラスブールvsパリ・サンジェルマン(PSG)が延期。 リーグ・アンとリーグ・ドゥについては、4月15日までの全試合を無観客で行うと発表している。 14日予定、敵地でのモンペリエ戦を前に、マルセイユ指揮官アンドレ・ヴィラス=ボアスが会見で「当面のところすべての試合を中止すべきだ」と自身の見解を示した。 編集部のおすすめ• 「深刻化しているスペインでも当面のところリーグが中断となるようだね。 私の意見だが、フランスもリーグ戦開催をすべて見合わせるべきだと思う」 「昨日、PSGの試合(ドルトムント戦)も見たよ。 無観客試合だったのに、選手は試合後にスタジアム外にいるサポーターの中へと飛び込み、ともに喜んでいたね。 本当に馬鹿げた光景だった。 スタジアムの外でファンが集うことも許可すべきではないだろう」 現時点でマルセイユは次節、敵地でモンペリエと戦うことになっている。 指揮官は「モンペリエは競争力のあるチームだし、ホームで強い。 彼らは5-3-2のシステムで戦うだろうし、我々にとって厳しい試合になるだろう。 (フロリアン)トヴァン?まだ戻るまでに時間がかかるだろうね。 しばらくトレーニングで様子を見る必要がある」と語った。 マルセイユはこの後、14日にモンペリエと戦い、22日にはパリSGと激突する。 だがヴィラス=ボアスは無観客試合でリーグ続行、延期決定とならない現状に不満を抱いているようだ。

次の

RCストラスブール対マルセイユ

マルセイユ 対 ストラスブール

のでもある。 北東部の、左岸に位置する。 河川港を抱える交通の要衝である。 対岸にはドイツの都市が存在するが、によってパスポートチェック無しで自由に行き来できる。 2007年6月10日にはが開業し、と2時間20分で結ばれたが、2016年より所要時間が短縮され、パリ東駅とストラスブール間のTGVは直通1時間50分で結ばれている。 概要 [ ] ストラスブール(シュトラースブルク)の語源はで「街道の街」であり、交通の要衝として栄える。 ライン川にフランス最大の河川港をもち、交通の便の良さから商工業が盛んである。 1998年から当地の (、)が (、)を支配している。 かつてはのに属したが、初頭にドイツの混乱に乗じてが侵略して併合する。 以降、ドイツとフランスが領有権を争った土地として有名である。 言語や文化の上ではドイツ系であるといえるが、下記のように以降、政治的にはフランスに属する。 の領地となってから20世紀まで、アルザスは戦争の度に蹂躙された。 その凄惨な記憶をもつアルザス人はドイツとは距離を置きつつ、フランスとも同化しないで過ごしてきた。 [ ] 現在はや、またのの本会議場を擁し、のと共にEUの象徴的な都市の一つとなっている。 (ENA, エナ)の校舎もあり、欧州のが当地で養成される。 また、近郊の村にはスポーツウェア等で知られるの、同様に近郊のにはの各本社機能がそれぞれ置かれている。 や、、、なども人生の一時期をこの地で過ごした。 その中には現代史に欠かせないユダヤ銀行家がおり、マーク・ユージン・マイヤー(Marc Eugene Meyer 1842-1925)といった。 その祖父はユダヤ教会役員会のラビ書記だった。 自身は1859年17歳のときにへ移住し、ロサンゼルスのデパート所有者となった。 それからニューヨークでの共同経営者となった。 そのもラザードでキャリアを積み、議長と初代総裁を務めた。 このようなマークの息子が授かった娘はである。 もっと永く過ごしたマークの同時代人で、ストラスブールの立場を理解するのに知っておくべき女性がいる。 は政治も担った。 シュテファニー・フォン・ヴェデル(, 1852-1937)はのが父である。 ストックホルム駐在大使のと結婚した。 1907年夫がラインラント総督へ就任したのを機に、ストラスブールへ定住した。 身体障害児の養護施設シュテファニー・ホスピスをつくらせるなどの社会貢献をなした。 オーベルオベルジャン ビシュアイム、 エクボルサイム ストラスブール リンゴルサイム、 、エショー ケール 歴史 [ ] ローマ人が都市をきずき、当時は「」Argentoratumとよばれた。 がライン川をとの国境としていたので、この地はローマ領であった。 以来、がおかれている。 にに破壊されたが、によって再建された。 後にに属した。 がシュトラースブルク司教座を設置。 毛織物業も発展成立し、交通の要衝でもあったシュトラースブルクは大いに発展する。 当時の司教ヴァルター・フォン・ゲロルズエック(Walter von Geroldseck, 1231年 - 1263年)の軍隊をハウスベルゲンの戦いにて打ち破り、にとなった。 、在住が差別に耐えかねて井戸に毒を流し、多数の市民を殺した。 科刑は内容がまちまちであった。 期のでは、はやくもにをうけいれ、市内にはカトリックとの教会が並んで建てられるようになった。 、王の膨張政策がのもとこの地域に触手を伸ばし、でドイツ圏のエルザス=ロートリンゲン地方(地方)を獲得すると、にのであるによりフランス王国の領域に入り、シュトラースブルクはフランス語風にストラスブールと呼ばれるようになる。 18世紀末、セルベール ()()がユダヤ人総代として活躍した。 1871年、でが勝利すると、アルザス=ロレーヌ地方は領に復帰した。 1875年、ができるときにストラスブールの個人銀行が参加した。 、でフランスが勝利し同地域は再びフランス領となった。 でも独仏戦の戦火にあい、にドイツが自国領とするが、1944年に連合国が奪還している。 第二次大戦後は「ヨーロッパの歴史を象徴する都市」として、欧州の主要な国際機関が置かれている。 、イル川の中洲にある旧市街が「」としてのに登録された。 人口統計 [ ] 2017年時点のコミューンの人口は280966人で、2012年当時の人口より2. 1962年 1968年 1975年 1982年 1990年 1999年 2006年 2011年 2017年 228971 249496 253384 248712 252338 264115 272975 272222 280966 参照元:1962年から1999年までは複数コミューンに住所登録をする者の重複分を除いたもの。 それ以降は当該コミューンの人口統計によるもの。 の中洲である周囲2kmほどの島が都心であり、観光スポットもショッピングスポットもこの中洲に集中している。 カテドラルは地元産ので作られているため外観がバラ色で、地盤が弱いため尖塔が片方しかないのが特徴である。 また、聖堂内には人の人生を表現したからくり時計「」が設置されている。 プチット=フランス地区はもとは職人の居住地区だったもので、小水路が入り組んだところにアルザス伝統の()の家が密集している。 このプチット=フランス地区内にはが設けられている。 ストラスブールはイル川の水運で栄えた水の都であり、観光客向けにも運航されている。 水上バスは都心を出発してプチット=フランス地区の閘門を水路を調整しながら通過し、イル川河畔の欧州議会付近まで周遊する。 その他、市内にはいくつかの美術館が存在する。 郊外では、の会議場も見所の一つとなっている。 通常時は欧州議会の建物へ入ることはできないので、外から建物を見学するだけになる。 年に何度か、欧州議会公開デーがあり、そのときは会議場内部を見学することができる。 欧州議会に隣接して、、もある。 欧州議会・人権裁判所は非常に凝った現代建築である。 観光で忘れてはならないのが、ストラスブール市の鳥、コウノトリ()である。 シュバシコウはストラスブールのとして至るところで登場し、都心部の土産物屋ではシュバシコウのぬいぐるみなど、多数のシュバシコウ関係のグッズが売られている。 ストラスブール土産と言えばシュバシコウというくらい定着しているが、実際は野生のシュバシコウはほぼ絶滅しており、市内では滅多に見ることはできない。 市東部にあるオランジェリー公園内にコウノトリ飼育センターがあり、多数のシュバシコウが飼育されている。 コウノトリ飼育センターは動物園も兼ねており、シュバシコウ以外にもクジャクなど他の鳥も見学できる。 なお、オランジェリー公園は市内最大の公園であり、コウノトリ飼育センターだけではなく、園内に木組み(コロンバージュ)の一軒家でミシュラン一つ星フレンチレストラン、ビュルイーゼル(Buerehiesel)もある。 ストラスブール大聖堂前のクリスマスデコレーション 16世紀から続くヨーロッパ最大級にして、最古のクリスマスマーケット、マルシェ・ドゥ・ノエル(アルザス語:(キリストの子マーケット))は、11月下旬から12月末まで約1ヶ月間開催され、数百万人の観光客が毎年世界中から訪れる。 そのため、キャピタル・ドゥ・ノエルの異名を持つ。 CNNトラベルで3年連続世界一のクリスマスマーケットにも選ばれている。 交通 [ ] 水運 [ ] ライン川にフランス最大の河川港を抱えている。 ライン川は今でもヨーロッパの物流の大動脈であり、ストラスブール港はライン川におけるフランスの玄関口を果たす重要な港である。 港周辺には工場が集積しており、ストラスブール経済の重要な基盤である。 また、ストラスブールからパリ方面や方面へも整備されている。 なお、旅客に関しては・の時代であり、一部の観光船を除いて旅客船は就航していない。 長距離陸上交通 [ ] 「街道の街」の名の通り、鉄道・道路ともに主要な幹線が交差する要衝となっている。 ストラスブールはパリから真東へ約500kmに位置しており、フランスの東の玄関口としての役割が大きい。 南北方向へは、ベルギーのブリュッセルからを経て、地方、スイスからへ通じるルートの経路上にある。 東はすぐにドイツであり、や、に近い。 パリからドイツ南部(など)やを結ぶルート、の経由点でもあり、東西・南北の国際幹線ルートの交点に位置している。 鉄道は上記のように、東西・南北方向の幹線を持つ。 2007年6月にが開業し、パリ-ストラスブール間は2時間20分で結ばれた。 ストラスブール自体は都市圏人口45万の中規模都市だが、それでもパリからTGV路線が建設されるのは、ストラスブールを中継して近隣の主要都市への所要時間短縮が期待できるためである。 これは、フランスのみならずルクセンブルクやEUが建設資金を拠出していることからも明らかである。 パリから来たTGVの一部は、ストラスブールからスイス方面(、、など)、ドイツ南部方面(シュトゥットガルト)への直通TGVとなる。 将来はドイツ国内の路線も整備され、、へ至る路線を形成する予定である。 航空 [ ] 近郊のにがあり、フランス国内ならびにヨーロッパ主要都市に就航している。 なお、空港から中央駅までは鉄道のnavette(シャトル)が通じており、日中の便数は1時間当たり数本、所要時間は最速7分である。 2013年にパリ・とストラスブール国際空港間の便は廃止され、現在ではTGVに航空便名を付与して、フランス国鉄との共同運航という形を取っている。 このため、日本からシャルル・ド・ゴール国際空港経由でストラスブールに向かう場合には、実際には空港ではなく中央駅に到着することになる。 なお、からはの連絡バスがストラスブール駅前まで運行されている。 このバスは航空機の代替便として走っているので、ルフトハンザ航空の飛行機の乗り継ぎ便として利用できる。 日本からルフトハンザ航空や(ANA)など系航空会社でフランクフルト空港経由でストラスブール入りする場合は、このルートが便利である。 市内交通 [ ] 「」も参照 より()が運行されている。 2007年5月現在、4系統24kmの路線網となっている。 このトラムは非常に斬新なデザインであり、トラム導入とともに都心の歩行者専用ゾーン化・トラムの停留所設備の整備と一体化した景観整備なども行い、トラム導入を軸とした都心再開発を行った。 トラム導入後、公共交通の乗客数は大幅に増加し、なおかつ再開発が非常に高く評価され、交通まちづくりの先進事例として評価が高い。 遠く日本からも都市行政関係者などが多数ストラスブールを視察している。 等が存在する街の特徴などから「」というが車両に与えられている。 また、市内交通はトラムの他にバスがある。 トラムとバスは1時間以内なら1枚の切符で乗り継ぎが可能であり、トラムとバスが一体となったネットワークで運営されている。 トラム・市バスともに第3セクターのストラスブール交通会社(CTS)が運営しており、CTSは他に空港連絡バスおよびバ=ラン県内中距離バス(Resaux67)も運営している。 2007年秋にはトラムが延伸され、を目処にトラムとフランス国鉄線の直通運転が開始され、ストラスブール空港から都心への直通トラムが運行される予定である。 自転車 [ ] ストラスブールは、1970年代より一貫して自転車政策を推進してきた街である。 また、であるヴェロップのサービスも提供されている。 ギャラリー [ ]• フランス語発音: ストラズブール、 英語発音: ストラズバーグ• シュトロースブーリ• シュトロースブリ• ドイツ語発音: シュト ラースブルク• 商工信用銀行(CIC)は、1859年に創設されたフランス初の株式銀行。 オディフレ侯爵()の後援で、デュフール()、タラボ(, 発起人)、ドノン(Armand Donon)、、ハンゼマン(, 創業者)などが発足させた。 CIC はイギリスの・バンクをモデルに、小切手を利用した決済の普及を設立目的としていた。 支店の開設をパリに限定していたので、1863年に貯蓄・当座勘定銀行(, で損害を出しが吸収)を設立し、同行と協力して各地に子会社の銀行を創設(マルセイユ・ノール・サンテチエンヌ・ボルドー・ナンシー)、コルレス網を全国展開した。 出典 [ ]• 篠永宣孝『フランス帝国主義と中国』春風社、2008年、330頁。 洲崎惠三、「」 『研究紀要』 2011年 17巻 p. 81-98, :,• Gallen, 1858, p. 486. 関連項目 [ ]• (ストラスブールを本拠地とするサッカークラブ)• の軍本部が置かれている。 - 1912年に竣工したドイツの軽巡洋艦• - 1920年にドイツから第一次世界大戦の賠償艦として得たフランスの軽巡洋艦• - 1938年に竣工したフランスの戦艦• 以上3艦は当時のストラスブールがどこの領土だったかはっきりわかる例である。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 ストラスブールに関連する および があります。 (日本語)• (日本語) 観光• (フランス語、ドイツ語、英語、イタリア語、スペイン語)• (日本語)•

次の