昌文君 キングダム 実写。 実写版『キングダム』あらすじ・キャスト・レビュー【5月29日更新】

キングダム実写化の理想のキャストは誰?信・王騎(おうき)・成蟜など考えてみた!

昌文君 キングダム 実写

『週刊ヤングジャンプ』(集英社)で連載中の人気漫画『キングダム』の実写映画製作報告会見が9日、都内で行われ、監督&メインキャスト9人が発表された。 主人公・信役を俳優の(24)、エイ政役を(24)、楊端和(ようたんわ)役を(31)、河了貂(かりょうてん)役を(19)らが担当。 監督は『GANTZ』『いぬやしき』『BLEACH 死神代行篇』など、数多くの漫画作品の実写映画を手がけた氏(48)が務める。 また、公開日は2019年4月19日に決定した。 同作の実写映画化は初の試みで、今年4月にコミックス第50巻が発売されたことを記念して始動。 その際、キャスト情報は公開されていなかったが、2016年4月に同作の連載10周年記念として実写特別映像が公開されており、この時に信役を山崎が担当していた。 そのほか、成キョウ(せいきょう)役を(27)、壁(へき)役を(29)、昌文君(しょうぶんくん)役を(52)、騰役を(37)、王騎役を(50)が務める。 撮影はすでに4月から中国で始まり、日本国内のロケやスタジオ巨大セットでも実施。 山崎は「2年前に連載10周年を記念した映像で出演していましたが、今回、映画にも起用され運命的に感じています。 身を削る思い出で撮影させていただきました」と出演に喜び。 「信を演じる上で熱さだったり、雑草魂といいますか、この仕事をする上で『どんどん上に行きたいな』という気持ちが信と共感する部分がありました。 戦争孤児で奴隷なので、つらい状況があっても乗り切ろうと。 役作りは半年間、アクション練習と乗馬練習をしました。 信の野生のようにピョンピョン動き回るのは難しかった。 アクション指導の方と相談して、やっていて楽しかったです」と撮影を振り返った。 また、脚本会議に1年間参加し、実写映画に関わっている作者の氏も「僕自身も脚本に関わらせてもらいました。 原作とは異なる場面の追加、改変、せりふを一から生み出したシーンもあり、早く皆さんに観てほしい気持ちでいっぱいです! 僕は5回泣きました…(笑)」とコメントを寄せた。 この日はポスタービジュアルやメイキング動画、本編動画も解禁された。 キャストや監督のほかソニーコロンビア・ピクチャーズ代表のサンフォード・パニッチ氏も登壇した。 同作は紀元前の中国、春秋戦国時代を舞台に、西方の国・秦で天下の大将軍になることを目指して剣の修業に明け暮れる戦災孤児の少年・信と、後の秦の始皇帝となり中華統一を目指す若き王・エイ政の活躍を描いた物語。 2006年1月より連載がスタートし、コミックスは第51巻までで累計3600万部を突破。 13年の「第17回文化賞」で「マンガ大賞」を受賞し、NHK BSプレミアムで12年に第1期、13年に第2期シリーズのテレビアニメの放送、テレビ朝日のバラエティー番組『アメトーーク』の企画でも取り上げられており、や、のなど芸能界にも多数ファンがいる。

次の

実写映画『キングダム』主要キャスト9人発表 山崎賢人、吉沢亮ら人気俳優集結

昌文君 キングダム 実写

将軍を夢見る2人の少年 時は春秋戦国時代。 中華・西方の国である「秦」のとある村で、いつか将軍になることを夢見る、信 しん と漂 ひょう という名の2人の少年がいました。 2人は孤児のため奴隷として働かされていましたが、仕事の合間剣術の訓練を日々行い、2人で切磋琢磨しながら成長していきます。 青年となった2人をある日、偶然通りかかった秦の重臣・昌文君が目にかけます。 その後2人の主のもとへ昌文君が訪れ、漂を引き取りたい、と申し出ました。 漂は信も共にすることを頼みますが、叶わず互いに再会の約束をして2人は別れます。 それから信は一人になった後も、漂との約束を叶えるため修行を重ねます。 しかしある夜、血まみれで瀕死の漂が信のもとへ戻ってきました。 漂は信に地図を渡し、「今すぐにここに行け」と言います。 そして「お前が羽ばたけば俺もそこにいる」と言い残し、漂は息を引き取りました。 信は悲しみに暮れつつも、すぐに漂の遺言通り地図に印された黒卑村に向かうことを決意します。 身をひそめる王 信が黒卑村へ訪れると、一軒の小屋に漂と瓜二つの人物がいました。 その人物は嬴政 えいせい、以後政 と言い、なんと秦の王でした。 政から、漂が自分とそっくりだったために国に従事することとなり、そして政の身代わりとして敵に狙われ死に至ったことを知らされます。 信は政に対し、怒りを露にして政に復讐しようとしますが、そこへ政を狙う刺客がやってきました。 政は実の弟である王・成蟜から命を狙われており、その刺客が漂を死に至らしめたと知った信は刺客を倒します。 信は、漂が身代わりとして使わされることを理解した上で、漂に仕えることを決意したことを知り、信もまた漂の意志を継ぎ、中華統一を目指す政に仕えることを決めます。 2人は政の最も信頼のおける重臣である昌文君との合流地点である西の果てを目指して出発します。 道中で河了貂 かりょうてん という被り物をかぶった山民族の少女と出会い、彼女の案内のもと目的地を目指します。 その頃成蟜のもとに、六大将軍の中でも最強とされている将軍・王騎 おうき が「昌文君の首を討った」と首をもってやってきました。 その状態はひどく、昌文君であることを確認するには難しい状態で判断に苦しみますが、成蟜は王騎に褒美として領地を与えることにしました。 信たちは目的地へ向かう途中で、またしても成蟜の刺客と戦い勝利を収めますが、毒矢を受けた信は状態が悪化してしまいます。 3人はなんとか昌文君との合流地点である王族の避暑地へ到着し、貂が信の解毒をしたことで信は無事回復しました。 昌文君とも再会を果たし、一行は少しの間この地で休息を取ります。 漂が命を落とす危険があると理解した上で政に仕えていたこと、彼が信の話をしていたことを聞きます。 漂の意志を強く感じた信は改めて政に誠心誠意仕えることを決意します。 勝利を導く「民」 現在、王都は弟の成蟜の圧倒的勢力により占領されていました。 政と成蟜は共に王の息子でありながら、母親が異なる異母兄弟で、成蟜は正妻の子であったことから自身の正当性を訴え、非道なやり方で国を支配しようとしていました。 国を成蟜の手から救うため、政たちは反乱を起こす計画を立てます。 しかし成蟜の軍は8万であるのに対し、政の軍はわずか30人。 頭数では到底勝算はありませんでした。 そこで「山の民」という民族から協力を得ようと政が提案します。 はるか昔、山の民と王族は良好な関係を築いていましたが、王族が山の民に対しひどい扱いをしたことで交流は途絶えていました。 そんな経緯から山の民の協力を得るのは簡単でないと思われましたが、他に術もないことから、政たちは山の王のもとへ向かうことにします。 山の王のもとへ到着するも、やはり山の民たちからは快く歓迎されません。 政が協力を請うも、多くの山の民が反対の声を上げます。 それでも政は、今までの王族の行いを謝罪したうえで協力を求め、そんな政の姿を見て信も山の民たちへ訴えかけます。 すると山の民の王・楊端和が口を開き、政たちに協力すると告げます。 山の民たちは独特な面をつけており、楊端和も同じく表情の見えない面をしていましたが、面を外した本来の姿は、若く美しく強さを持ち合わせた女性でした。 結末 政たち反乱軍一行は山の民に扮し、王都・成陽の王宮に入り込みます。 楊端和は成蟜に友好関係を再開することを提案します。 突然の申し出に驚き疑った王族により、武器を全て置いて内部に入るよう言われましたが、楊端和の機転により政たちの存在が明るみになることを防ぎ侵入に成功します。 そして侵入後、とうとう王族と反乱軍の戦いが始まりました。 王宮の奥にいる成蟜のもとへ政を向かわせ、信たちは次々と強敵を倒していきます。 信により信頼のおける部下を倒されたことにより、反乱軍の勢いに身の危険を感じた成蟜は逃げ出していきました。 戦いのさなかで、王騎がやってきます。 王騎が政に王の座を取り戻して何がしたいのか尋ねると、政は「中華一の王を目指す」と答えました。 その答えに納得した王騎はここに戦いが終えたことを告げました。 王騎による宣言の後、成蟜がその場に姿を現します。 戦いに勝利し、政が王の座を取り戻した今となっては殺す価値もない存在でしたが、政はこれまでの行いによる人々の痛みをわからせるため、成蟜を殴りました。 秦の王に再び君臨した政のもとで、信はこれからもともに中華統一を目指していくことを改めて決意しました。 <感想> 原作情報一切なしで見始めましたが、大変わかりやすいストーリーで話が進むにつれてどんどん引き込まれていきました。 信と漂の絆が垣間見えるシーンは感動的で、キャラクターたちの内面もしっかり描かれていることがストーリーに深みを与えていたように思います。 また、山崎賢人さんや長澤まさみさんが出演したことでも話題になりました。 簡単なあらすじは、孤児と信と漂が天下の大将軍になるという夢を持ち、剣城の練習に励んでいました。 王家に引き立たられた漂が若き秦の王である嬴政の身代わりで死んだことを知った信は嬴政を守ろうとします。 信たちは楊端和、王騎将軍らの協力を得ながら嬴政を狙った異母弟の成蟜を屈服させるのです。 その後、嬴政は中華の統一を目指すというストーリーです。 この映画は、アクション要素がふんだんに盛り込まれていてとても見応えのある作品でした。 特にいくさのシーンはゴージャスで見ていてワクワクしました。 一部テンポが悪いところがあり、セリフが空回りすることがあったのが残念ではありましたが、全体的にはストーリー性があり見事な世界観が描かれていたと思います。 また、この物語は紀元前225年が舞台ですが、春秋戦国時代でその時代が、コンピュータグラフィックスやエキストラを用いて見事に描かれていたところがよかったと思います。 キングダムの実写化と聞いて最初は、絶対に無理だろうと思って半信半疑で映画を観たのですが、良い意味で裏切られました。 一番はキャラのキャスティングについてです。 主人公の信役の山崎賢人さんや政役の吉沢亮さん、河了貂役の橋本環奈さんは「まあ妥当かな」というのが映画を観る前の印象でした。 その中で王騎役の大沢たかおさんには驚かされました。 正直、漫画原作の実写映画の評価は良くないというのが定番です。 私自身、過去に何度も漫画原作の映画を観ましたのがどれも原作には程遠く面白くないし観なければ良かったとしか思ったことがありませんでした。 しかし、今回のキングダムは、原作のストーリーをそのままに再現しており、キャラのクオリティーも突きつめているなと感じ、とても好印象でした。 私が映画で一番好きなところは、やはり戦闘シーンです。 どの戦闘シーンも臨場感や迫力があり夢中になって観ていました。 あと、信と漂の別れのシーンは、キングダムの中でも序盤の重要なところだと思いますし、原作同様、観ていて人ひとりの人生について考えさせられるシーンでした。 あと、楊端和役が長澤好印象です。 私自身、長澤まさみさんはとても好きな女優さんですし、楊端和の凛々しさや美しさを再現できていると感じました。 今回の映画では原作の序盤の方しかないので、シリーズ化してどんどん続きが観たいと思いました。 まず王騎将軍を大沢たかおが演じていたことに衝撃を受けました。 二枚目な役が多い印象の俳優で、他のドラマや映画も見てきた好きな俳優の一人ですが、まさかのオネエ言葉を話した時には驚きました。 さらに体格のよい王騎将軍の役作りのために体重を増量するなどこれまでにないイメージの確立をした大沢たかおの姿に感動するとともにクオリティも見事で、軍を率いているシーンはかっこよかったです。 そして、ストーリーもよかったです。 同名漫画の実写で最初は中国の春秋戦国時代を舞台としているので日本人が演じると違和感があると思いましたが、中国ロケだったということもあって非常にリアリティがあり、原作を基に嬴政が弟に追われた王座を奪還するまでのストーリーがきれいに収められていたので非常に面白かったです。 特に好きなシーンは、嬴政が王座奪還のために王宮に侵攻するシーンで長澤まさみ演じる楊端和のアクションが圧巻でした。 清純な役やコミカルな役を演じた彼女が派手なアクションをするイメージがなかったから新鮮で、さらに見事な殺陣はかっこよかったです。 また、原作の楊端和のイメージよりもかっこいいと思うほどのクオリティが高かったのもよかったです。 「キングダム」の映画化決定はまさに今続いている漫画の連載を読んでいるさなかに発表されました。 広大な中国の領土をめぐって、秦の始皇帝はじめ各国の覇者たちが戦いを繰り広げる、壮大な物語です。 これをどうやって映像化するのか!出来るのか?とても楽しみにしていました。 実は山崎賢人?ああ朝ドラに出てた子主演なのか、、とくらいにしか思っていませんでした。 でも剣を素早く使う立ち回り、豊かな表情と演技はとても上手で感動しました。 中国の剣は真っすぐで「直刀」といいます。 日本刀は剣先にいくにつれてカーブしています。 中国と日本の武器、その違いにも興味を感じ、その後に刀剣についても調べるきっかけとなりました。 話は長い漫画の最初、序のあたりを映像化したもので、始皇帝中心というよりは、天下の大将軍を目指すシンの物語でした。 キャストと漫画のキャラクターがよくマッチしていて関心しました。 最初から最後まで見入ってしまったのであっという間の時間で、非常に魅力ある映画だと感じました。 その後、シンはどうなるのか、始皇帝は?漫画ではわかりますが、映像でのパート2も期待します。 もしかして映画キングダムを見て、漫画を読みたくなった人もいるかもしれないなと思いました。 原作は読んだことがありませんでしたが、キャストの豪華さに惹かれて映画館に見に行きました。 結論から言うと大満足の一言でした。 主役の山崎賢人と吉沢亮のイケメンな顔がよかったのはもちろんのこと、アクションシーンも迫力満点で、見応えたっぷりでした。 個人的には主役の2人よりもカッコ良かったのが長澤まさみ演じる楊端和で、マスクを被っていても伝わってくる迫力があり、男の中で唯一女性が闘うシーンは迫力もあり華やかさもあり、とてもカッコ良かったです。 好きなキャラクターなのでもう少し出番を作って欲しかったと思いました。 戦闘シーンに関して、わたしはグロテスクすぎるものは苦手なのですが、この映画では迫力を出すため刺されたり血が出るシーンは多々ありましたが、グロテスクすぎるものはなかったので、見ていて苦にならなかったし、演者の殺陣や戦闘に集中してみるかができたのでとても良かったです。 特に森の中で山崎賢人演じる信と吉沢亮演じる漂が修行しながら戦っているシーンは2人の仲の良さが伝わりつつも大迫力で本当に良かったです。 原作を知らなくても、どの年代でも十分に楽しめ、何回でもリピートしたいと思わせるような、とても素敵な作品でした! 原作は、大人気漫画である「キングダム」を実写化していてストーリーは物語の序章である信と政の出会いの場面、そして王の実験をぶんどるまでの流れを描いています。 個人的には、うまくまとめてあるなと感じました。 邦画最大のヒットといわれるだけはあり、迫力、カメラワーク、演技力などなど最近の漫画原作実写化のなかではトップクラスで面白いと思います。 山崎賢人さんが、主人公である信を演じるのですが、こういったジャンプ主人公的な役柄はぴったりだなと感じました。 今の俳優界のなかでは山崎賢人さん以外はできないと思います。 そして政役の吉沢亮さんもものすごく迫力があってよかったです。 強いて言えば原作の年齢と乖離があるので、そこはかなり意識しましたが、原作を知らない人からしたらまだ見やすくなっているのではと思います。 ひとつだけ気になったのが、河了貂役の橋本環奈です。 もともと原作では少女が演じているのですが橋本環奈さんだとすこし年齢が高すぎないかと感じました。 逆にすごいなと感じたのは長澤まさみさんです。 彼女が出てきて場がぐっと締まり、物語に華が出ました。 他の映画でもそうですが、演技力があって凄いと思います。 実写映画化されたのは、前半のほんの一部です。 まだキングダムの真髄である大戦のシーンや、前半最大の敵である呂不韋の存在、そして王騎将軍の活躍が描かれていません。 次回作に期待です。 壮大なるスケールは日本のというよりもハリウッド映画を思わせます。 エキストラの数もどれだけいるのでしょうか。 よくぞこれだけの作品を作り上げたもの、感動的でした。 主演は山崎賢人さん、いつものほんわかした雰囲気と違うと思ったらどうやら減量も行っていたそうです。 気迫が伝わってきて奴隷だった少年が大将軍へと上り詰めていったというのも納得でした。 吉沢亮さんも素晴らしい、二役を演じるのは大変だったでしょうが見事です。 大沢たかおさんもこの役のために肉体改造に励んだと言いますし、皆さん体当たりでぶつかっていった役なのです。 だからこそ、若手が多いとは思えない重厚感があったのでしょう。 映画館で、それが難しいならば自宅でも電気を消して物語にのみ集中してほしいです。 ポップコーンを食べながら片手間に観られるような作品ではありません。 あの豊臣秀吉だって農民からついには天下統一するまでに、昔の人のバイタリティーの高さには脱帽です。 中国の歴史ものをあえて日本人が演じる意味は分からず、それもオンリーではなく中国の方も交じっているからこそますます訳が分からなかったですが歴史の勉強にもなり一度見ておくべきです。 アクションシーンもいい、原作も読んでみたいです。 実写が難しいとされている漫画「キングダム」の信と漂の死別から政が王室に返り咲くまでの一番最初のストーリーパート部分になります。 漫画原作かつ邦画でこれほど壮大なものを描けるとは兵士の規模などを含め個人的には思っておらず、正直映画を見て度肝を抜かれました。 馬や兵士も実際に集めており、秦の咸陽城も本国でもある中国にある実物大のセットでCGで作成される映像とは臨場感が一味違います。 一般的に大抵の邦画場合はハリウッド映画と違って予算不足という泣き所でセットやエキストラのアウトフィットなどは安っぽくなってしまうのですが、実際の衣装や剣、鎧などの装備品も質感、重量感ともに素晴らしい出来でした。 本当にまったく安っぽさを感じることがありませんでした。 本物に近いので実際に重そうだったので演じる側は大変だったそうですが、それに見合うだけのリアルな出来になっており価値がでてます。 俳優の配役や演技力も非常にレベルが高く漫画原作実写によくありがちな恥ずかしいセリフを棒読みという場面も一切ありませんでした。 物語の主人公である信はなぜ戦うのか?この信を衝き動かす原動力は何なのかがキングダムに於いて一つの肝でありますが、それは漂の存在であります。 「天下の大将軍になる」という大きな夢を胸に切磋琢磨して築いてきた強く熱い絆が描かれており、そのシーンを見る度に感動してしまいました。 最後に、ここが一番実写化が難しいと思われたメインキャラクターの信 山崎賢人 と漂&政 吉沢亮 の配役ですが、本当に適役で素晴らしいかったです。 この二人でなければこの実写化できなかったではないかと思います。 続編が早くみたいです。 実写版の「キングダム」は、コミックスや小説などの大人気作が実写化される場合にありがちな、原作をつまみ食いしたかのような部分はなく、かなり忠実な物語展開である点に高官が持てました。 そもそも舞台となっているのが紀元前の中国の春秋戦国時代であるため、不自然なギミックなどが少なく、戦闘シーンも剣や矛などの物理的な者で済むことも貢献しているのではと感じます。 信を演じる山崎賢人さんも違和感が少なく、個人的には長澤まさみさんが演じる楊端和が完成度が高く原作のイメージそのままだと思われました。 残念なのが河了貂役の橋本環奈さんで、彼女のかわいさは河了貂というには少し上を行き過ぎだと感じました。 また尺や時間の関係上、長い原作を当然1回の映画では網羅出来ないことは仕方の無い事とは思いますが、重要キャラクターの一人である羌瘣が登場しなかったのは、非常に惜しいと思いました。 人気キャラクター故に登場させるとなると配役も問題になりそうですが、個人的には河了貂ではなく羌瘣を橋本環奈さんが演じるべきなのではないかとも思えます。 また長大な原作の始まりに部分を描いたに過ぎないので、是非続編を製作して欲しい作品だと感じています。 キングダムは好きだったけど映画になるとは思わなかったので嬉しかったです。 山崎さんと長沢さんが一緒に共演している姿は想像出来なかったのでびっくりしたし一緒に共演している姿を拝見出来た事でお仕事を頑張ろうと思う事が出来たので良かったです。 子供もキングダムが好きな事で子供と視聴しました。 子供とは会話を行えない位仲良くなる事が出来たけどキングダムを拝見してから子供と会話を行う機会が多くなりました。 子供と会話を行えない事を気にしていたけどキングダムを視聴してから子供との会話が増加した事で家族の時間が増加した事もキングダムを使用して良かったです。 長澤さんの化粧の行い方はかっこ良かった事で長澤さんみたいにお化粧の行い方が上手になりたいと思うようになりました。 私は長澤さんみたいに人と会話を行う事が得意な方では無いので長澤さんが羨ましいと思うようになりました。 山崎さんと長澤さんの会話の行い方は楽しかった事で元気を頂いたので視聴して良かったし育児や子育てを行っている方にもお勧めの映画だと思いました。 キングダムの映画は普段とは違って迫力があった事も視聴をお勧めする理由になるので沢山の方に視聴して頂きたいと思いました。

次の

映画『キングダム』出演キャストの再現度を評価!原作ファン納得のクオリティ

昌文君 キングダム 実写

概要 CV: 実写: 国の文官で秦王派の中心人物。 しかし昔は最前線で戦った武人でもあり、の時代を知る古参。 軍事においてはに助言を求められる程であり、かつてはが一目置いていた。 の素性に関する重大な秘密を知っていた。 非常に早い段階でが昭王すら超える器であると見抜き、忠誠を尽くす。 の反乱による王都奪還の時に無力であった自分を恥じ、文官の極みである丞相を目指すこととなった。 文官の座に就いたばかりの頃は発言力はもちろんなく苦悩したが、 治水などで大きな成果を上げて着実に地盤を固め、かつての敵であったの協力もあり、丞相の地位を掴み取る。 史記 秦の政治家。 とともにの反乱を鎮めた。 記述は少ないながらも、後に秦の相国となっている。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の