エプロン 保育 士。 ひかりのくにのエプロンが保育士に人気!激安通販で購入する理由は数

ひかりのくにのエプロンが保育士に人気!激安通販で購入する理由は数

エプロン 保育 士

汚れが取れないと 諦めず にお気に入りのエプロンをキレイにしてみませんか? エプロンの基本的な洗濯方法 保育用や給食配膳用のエプロンは基本的に毎日洗濯するのが望ましいです。 一度身に着けたエプロンには、目に見えなくても子どもたちの汗やよだれ、菌で汚れています。 汚れたエプロンをつけていることで 感染症が流行する時期 などは保育士自身が感染源になることも考えられます。 複数枚購入し、毎日洗濯することで、衛生面に気を付けて保育することができます。 基本的には洗濯用洗剤などで洗うことが望ましいですが、汚れが目立つ場合には、 浸け 置き洗いをしたり、汚れた部分だけをつまみ洗いや古い歯ブラシでこすり洗いをするようにします。 その後、洗濯洗剤で洗濯機で普通に洗濯しましょう。 また結び紐があるエプロンや、アップリケなどが多用されているエプロンは、ネットに入れて洗うようにします。 装飾が多いものやしわになりやすい素材のエプロンはおしゃれ着洗い用の洗剤を使うと型崩れしにくくなります。 汚れにあった洗濯方法を伝授! 保育園で よく 付着する汚れは、泥汚れや食べこぼしなどの 食物系 の汚れ、クレヨンの汚れなどがあります。 汚れに強い洗濯用洗剤としてオススメが「ウタマロ」石鹸シリーズです。 ウタマロ石鹸シリーズには固形石鹸の他にリキッドタイプもあります。 泥汚れや食べこぼしのシミなどには、モミ洗いをしてから洗濯機に入れて洗います。 ウタマロ石鹸は中性、無蛍光なので、色落ちしにくいのが特長です。 シミのあるところにもみ込んで油汚れを浮かせる方法があります。 歯ブラシでトントンと叩くようにしながら洗うことで、しっかり繊維に洗剤が染み込み汚れが落ちやすくなります。 ケチャップやミートソース、ハンバーグの肉汁など、油を含んだ食物洗いに手軽に使えるので、試してみてもよいでしょう。 ウタマロ石鹸や食器用洗剤を使う方法のほかに煮洗いをする方法があります。 クレヨンは高熱で溶ける性質があります。 汚れた部分をもみ洗いして、再び浸け置きしすすぎ洗いをします。 浸け置きするときには衣類用の漂白洗剤を使うとより汚れが落ちやすくなります。 酵素系の漂白洗剤は塩素系の漂白剤と異なり、色抜けしないのが特長です。 使用できない繊維や素材がありますので、使用する際には洗濯表示タグを見ることや漂白洗剤の利用方法をチェックすることもお忘れなく。 特に鼻水汚れは固まってしまうと、通常の洗濯では落ちにくくなることもあります。 まずは40~50度程度のお湯に 浸けて ふやかして落ちやすくすることをおすすめします。 鼻水やよだれなどはタンパク質汚れに分類されます。 固まってしまうと汚れが落ちにくくなるので、たんぱく質の分解に効果が期待できるのが、固形石鹸や重曹などをつかう方法です。 後はいつも通りに洗濯するだけなので簡単に染み抜きができますよ。 いつ新調すべき?エプロンとさようならをするタイミングとは? 保育士のエプロンを新調するタイミングは、年度初めやカタログや通販でお気に入りのエプロンを見つけた時などさまざまです。 エプロンを新調すると気持ちも新たに引き締まる気がするという人も多いことでしょう。 また春から夏には薄手のエプロンを、秋から冬には季節に合わせた厚手のエプロンが欲しくなる時期でもあります。 季節や気温に合わせて新調するとよいでしょう。 反対にエプロンを捨てる時は、古ぼけてきたときや、伸縮素材のエプロンの場合には伸びてきたとき、アップリケが 外れそう になっている時など、状態によって判断することもあるかもしれません。 布や糸のほつれやボタンの外れかけているエプロンを着用することで、子どもの誤飲や巻きつき事故につながりかねません。 しっかり補修をして使うようにするか、補修が難しい場合には廃棄処分になる場合もあるでしょう。 ほかにもエプロンを強制的に廃棄処分にせざるを得ない 場合 があります。 子どもの吐瀉物 や感染症を疑う排せつ物がエプロンにかかってしまった時です。 菌が繊維に染み込んでしまい、二次感染を引き起こす可能性があるので、お気に入りの一枚であっても塩素系漂白剤を振りかけて、ビニールに入れてしっかりと口を縛ったうえで廃棄することになります。 感染症が疑わしい時期などは、エプロンや保育服も多めに持参しておくことが大切ですね。 まとめ 保育士のエプロンは ていねい に洗濯することで、汚れを落として清潔で綺麗な状態を 保つ ことが 出来ます。 お気に入りのエプロンをいつまでも大切に着用したいなら、洗濯にも一工夫することが大切です。 記事公開日: 2019. 26 記事更新日: 2019.

次の

♪保育士さん特設コーナー♪,キャラクターエプロン

エプロン 保育 士

エプロンシアターの指導案の書き方 まずは、エプロンシアターをやりたいときにどのように指導案を書けばいいのか具体例を交えて、見ていきます。 指導案の形式は園によって異なりますが、書くべき内容は大きく変わらないもの。 ここでは「ねらい」「導入」「演じ方」「保育士の対応」の4つに分けてみていきます。 ねらい まずは、エプロンシアターのねらいです。 ねらいは日々の保育活動には欠かせない考えで、その保育活動を通して子どもたちに何を達成してほしいかということ。 エプロンシアターのねらいはその取り扱うテーマによって大きく変わってきます。 日常保育の一環としてエプロンシアターを用いるのであれば、「静かに話を聞く姿勢を養う」など、子どもの発達段階にあわせて伸ばしていきたい内容をねらいに設定しましょう。 また、エプロンシアターを食育や歯磨きのような生活習慣の導入、クリスマスや誕生会などの行事の導入に用いることができます。 こうした場合は「食をテーマにしたエプロンシアターを通して、食べ物の成り立ちを理解する」など行事を通して学んでほしいことを書くようにしましょう。 まずは、エプロンシアターの大きな方向性を決めて、それを指導案に落とし込めるねらいとして書くことがポイントです。 導入 次はどのようにエプロンシアターを導入するかという部分です。 突然エプロンシアターを始めるのは難しいのではないでしょうか。 できることなら適当な導入を通して、前の保育活動からスムーズにエプロンシアターを始めたいもの。 手遊びの「はじまるよ」で子どもの注目を集めてもいいですし、クラス全体に関心を持ってもらえるように子どもが想像をふくらませやすい質問を投げかけて子どもの興味を引き出すような導入をしてみてもいいでしょう。 手遊び「はじまるよ」の振り付けは 演じ方 エプロンシアターを保育士がどのように演じるかも指導案に書くべきポイントです。 保育士が何を意識して演じることでねらいが達成できるのか、どのような演技をすれば子どもの興味を引き、楽しんでもらえるのか、など保育士の実際の演じ方も指導案に含めるようにしましょう。 例えば、子どもに期待感を持ってもらえるように間を置いたり、適当な場面で子どもに応答を求めたり、イメージしやすいように子どもとのやり取りを通して身近な話題に置き換えながら演じる、などがあります。 保育士の対応 保育士のねらい通りに進むときもあれば、そうでない時もあります。 子どもが楽しんでいる様子、楽しんでいない時の様子などを想像してそんな時、保育士としてどういう援助、対応ができるのかを考えて指導案にも書きましょう。 エプロンシアターに集中できない子どもの場合であれば、声掛けを通して、子どもが物語を集中して聞けるように対応する、などが考えられますね。 指導案の書き方例 例1)4歳児へエプロンシアターを演じる場合 <ねらい> ・物語の内容に集中する。 ・保育士とのやりとりを楽しむ。 <導入> ・自由遊び中のクラスの子どもに「はじまるよ」の手遊びを通して集まってもらう。 <演じ方> ・子どもに期待感を持ってもらえるように間を置いたり、適当な場面で子どもに応答を求める。 <想定される保育士の対応> ・シアターに集中できない子どもがいる場合は、お話に注目できるように展開を変えたり、やりとりする場面を増やして、物語の世界に入れるように促す。 例2)5歳児へエプロンシアターを演じる場合 <ねらい> ・保育士との応答の中で、食に関心をもったり、食べ物の成り立ちを知る。 <導入> ・クラス全体に食に関わる質問を投げかけ、子どもとのやり取りの中でスムーズにエプロンシアターに移る。 <演じ方> ・子どもがイメージしやすいように子どもとのやり取りから具体例を引き出し、身近な話題に置き換えて考えられるように演じる。 <想定される保育士の対応> ・子どもがどう対応していいかわからない顔をしている場合には、繰り返しのセリフの場面で「みんなも一緒に声を出してね」と対応する。 エプロンシアターをより盛り上げるための工夫、注意点 指導案に書くべき大枠はわかったと思います。 では、保育士がエプロンシアターをより盛り上げるために何をすればいいのでしょうか。 ここでは、エプロンシアターをするうえでの工夫や注意点をまとめました。 com 子どもとの掛け合いを楽しむ エプロンシアターの特徴の一つは子どもとの掛け合いを楽しむことができるということ。 物語に興味を持ってもらう工夫として、質問をして子どもの反応を見てみたり、物語が盛り上がる場面で子どもと一緒にセリフを言ってもらうのもいいですね。 こうした掛け合いを適度に入れることで、クラスの一体感を感じることができたり、子どもが物語の世界観に入る込めるような楽しさを味わえるでしょう。 仕掛けや演じ方でシアターを盛り上げる エプロンの仕掛けや、演じ方もエプロンシアターを盛り上げるために工夫できる点の一つです。 エプロンの仕掛けにもさまざまな種類があり、ポケットから人形を出す、隠しポケットを作っておく、マジックテープで取り外しできるようにする、などがあります。 ポケットから何が出てくるかわからないワクワク感や予想外の場面展開で子どもの期待感を高めることにつながるでしょう。 演じ方も、場面展開やセリフなどの間を工夫して子どもが次の展開にドキドキしながら待つ時間を作ったりなどの工夫ができるでしょう。 こうした演じ方の工夫すれば、年長さんでも1度だけでなく、2度、3度楽しめるものになるでしょう。 年齢に応じたアレンジを入れる 聞かせる年齢に応じたアレンジを入れるというのは、エプロンシアターを盛り上げるための注意点です。 子どもは年齢によって楽しめるものや理解できる範囲が異なります。 低年齢の場合は、子どもが声掛けに応じやすいように、「〇〇って一緒に言ってね」など物語に主体的に参加してほしい場面を教えてあげるなどの語り掛けが必要でしょう。 ポケットから何かを取り出す場合も、年長さんの場合は少し難易度を上げて「赤くてケーキにも乗っている果物は?」というようにより知識を問うような質問をしてみてもいいでしょう。 予定通りに進まないのは当然、対応力も必要 予定通りに進まないのはどの保育でも同じ。 むしろ、エプロンシアターではその過程を楽しみながら物語を進めていきましょう。 エプロンシアターの特徴としては基本保育士が1人で物語を進めていくこと、物語のアドリブや子どもの掛け合いが楽しめることなどがあります。 軌道修正をしやすいのはもちろんのこと、結末を勝手に変えてしまうこともできます。 いつもの絵本とは異なる予想外の展開に子どもは楽しんでくれることでしょう。 想定される子どものマイナスの反応なども劇の一部として対応してしまうような、対応力が必要かもしれませんね。 指導案を書くことでエプロンシアターを見直すきっかけに 指導案の書き方を中心に、エプロンシアターを見てきました。 指導案にはねらいをはじめ、導入や、演じ方、保育士の対応など書くべき項目が多いです。 こうした指導案は書くのに時間がかかりますが、どれも日々の保育には欠かせない項目です。 むしろ、指導案を書くことを通して、演じようと考えているエプロンシアターを見直すきっかけになるかもしれません。 エプロンシアターには工夫できる点、注意するべき点もありますから、こうしたポイントを踏まえて子どもが楽しめるより良いエプロンシアターを作れるといいですね。

次の

保育士さん向きエプロンのおすすめ人気ランキング20選【おてんばママ・くまのがっこうなど】

エプロン 保育 士

エプロンシアターの指導案の書き方 まずは、エプロンシアターをやりたいときにどのように指導案を書けばいいのか具体例を交えて、見ていきます。 指導案の形式は園によって異なりますが、書くべき内容は大きく変わらないもの。 ここでは「ねらい」「導入」「演じ方」「保育士の対応」の4つに分けてみていきます。 ねらい まずは、エプロンシアターのねらいです。 ねらいは日々の保育活動には欠かせない考えで、その保育活動を通して子どもたちに何を達成してほしいかということ。 エプロンシアターのねらいはその取り扱うテーマによって大きく変わってきます。 日常保育の一環としてエプロンシアターを用いるのであれば、「静かに話を聞く姿勢を養う」など、子どもの発達段階にあわせて伸ばしていきたい内容をねらいに設定しましょう。 また、エプロンシアターを食育や歯磨きのような生活習慣の導入、クリスマスや誕生会などの行事の導入に用いることができます。 こうした場合は「食をテーマにしたエプロンシアターを通して、食べ物の成り立ちを理解する」など行事を通して学んでほしいことを書くようにしましょう。 まずは、エプロンシアターの大きな方向性を決めて、それを指導案に落とし込めるねらいとして書くことがポイントです。 導入 次はどのようにエプロンシアターを導入するかという部分です。 突然エプロンシアターを始めるのは難しいのではないでしょうか。 できることなら適当な導入を通して、前の保育活動からスムーズにエプロンシアターを始めたいもの。 手遊びの「はじまるよ」で子どもの注目を集めてもいいですし、クラス全体に関心を持ってもらえるように子どもが想像をふくらませやすい質問を投げかけて子どもの興味を引き出すような導入をしてみてもいいでしょう。 手遊び「はじまるよ」の振り付けは 演じ方 エプロンシアターを保育士がどのように演じるかも指導案に書くべきポイントです。 保育士が何を意識して演じることでねらいが達成できるのか、どのような演技をすれば子どもの興味を引き、楽しんでもらえるのか、など保育士の実際の演じ方も指導案に含めるようにしましょう。 例えば、子どもに期待感を持ってもらえるように間を置いたり、適当な場面で子どもに応答を求めたり、イメージしやすいように子どもとのやり取りを通して身近な話題に置き換えながら演じる、などがあります。 保育士の対応 保育士のねらい通りに進むときもあれば、そうでない時もあります。 子どもが楽しんでいる様子、楽しんでいない時の様子などを想像してそんな時、保育士としてどういう援助、対応ができるのかを考えて指導案にも書きましょう。 エプロンシアターに集中できない子どもの場合であれば、声掛けを通して、子どもが物語を集中して聞けるように対応する、などが考えられますね。 指導案の書き方例 例1)4歳児へエプロンシアターを演じる場合 <ねらい> ・物語の内容に集中する。 ・保育士とのやりとりを楽しむ。 <導入> ・自由遊び中のクラスの子どもに「はじまるよ」の手遊びを通して集まってもらう。 <演じ方> ・子どもに期待感を持ってもらえるように間を置いたり、適当な場面で子どもに応答を求める。 <想定される保育士の対応> ・シアターに集中できない子どもがいる場合は、お話に注目できるように展開を変えたり、やりとりする場面を増やして、物語の世界に入れるように促す。 例2)5歳児へエプロンシアターを演じる場合 <ねらい> ・保育士との応答の中で、食に関心をもったり、食べ物の成り立ちを知る。 <導入> ・クラス全体に食に関わる質問を投げかけ、子どもとのやり取りの中でスムーズにエプロンシアターに移る。 <演じ方> ・子どもがイメージしやすいように子どもとのやり取りから具体例を引き出し、身近な話題に置き換えて考えられるように演じる。 <想定される保育士の対応> ・子どもがどう対応していいかわからない顔をしている場合には、繰り返しのセリフの場面で「みんなも一緒に声を出してね」と対応する。 エプロンシアターをより盛り上げるための工夫、注意点 指導案に書くべき大枠はわかったと思います。 では、保育士がエプロンシアターをより盛り上げるために何をすればいいのでしょうか。 ここでは、エプロンシアターをするうえでの工夫や注意点をまとめました。 com 子どもとの掛け合いを楽しむ エプロンシアターの特徴の一つは子どもとの掛け合いを楽しむことができるということ。 物語に興味を持ってもらう工夫として、質問をして子どもの反応を見てみたり、物語が盛り上がる場面で子どもと一緒にセリフを言ってもらうのもいいですね。 こうした掛け合いを適度に入れることで、クラスの一体感を感じることができたり、子どもが物語の世界観に入る込めるような楽しさを味わえるでしょう。 仕掛けや演じ方でシアターを盛り上げる エプロンの仕掛けや、演じ方もエプロンシアターを盛り上げるために工夫できる点の一つです。 エプロンの仕掛けにもさまざまな種類があり、ポケットから人形を出す、隠しポケットを作っておく、マジックテープで取り外しできるようにする、などがあります。 ポケットから何が出てくるかわからないワクワク感や予想外の場面展開で子どもの期待感を高めることにつながるでしょう。 演じ方も、場面展開やセリフなどの間を工夫して子どもが次の展開にドキドキしながら待つ時間を作ったりなどの工夫ができるでしょう。 こうした演じ方の工夫すれば、年長さんでも1度だけでなく、2度、3度楽しめるものになるでしょう。 年齢に応じたアレンジを入れる 聞かせる年齢に応じたアレンジを入れるというのは、エプロンシアターを盛り上げるための注意点です。 子どもは年齢によって楽しめるものや理解できる範囲が異なります。 低年齢の場合は、子どもが声掛けに応じやすいように、「〇〇って一緒に言ってね」など物語に主体的に参加してほしい場面を教えてあげるなどの語り掛けが必要でしょう。 ポケットから何かを取り出す場合も、年長さんの場合は少し難易度を上げて「赤くてケーキにも乗っている果物は?」というようにより知識を問うような質問をしてみてもいいでしょう。 予定通りに進まないのは当然、対応力も必要 予定通りに進まないのはどの保育でも同じ。 むしろ、エプロンシアターではその過程を楽しみながら物語を進めていきましょう。 エプロンシアターの特徴としては基本保育士が1人で物語を進めていくこと、物語のアドリブや子どもの掛け合いが楽しめることなどがあります。 軌道修正をしやすいのはもちろんのこと、結末を勝手に変えてしまうこともできます。 いつもの絵本とは異なる予想外の展開に子どもは楽しんでくれることでしょう。 想定される子どものマイナスの反応なども劇の一部として対応してしまうような、対応力が必要かもしれませんね。 指導案を書くことでエプロンシアターを見直すきっかけに 指導案の書き方を中心に、エプロンシアターを見てきました。 指導案にはねらいをはじめ、導入や、演じ方、保育士の対応など書くべき項目が多いです。 こうした指導案は書くのに時間がかかりますが、どれも日々の保育には欠かせない項目です。 むしろ、指導案を書くことを通して、演じようと考えているエプロンシアターを見直すきっかけになるかもしれません。 エプロンシアターには工夫できる点、注意するべき点もありますから、こうしたポイントを踏まえて子どもが楽しめるより良いエプロンシアターを作れるといいですね。

次の