フリードプラス マイナーチェンジ 2019。 新型ホンダ・フリードが10月18日にビッグマイナーチェンジ! 新シリーズ「フリード・クロスター」も登場【詳細写真&解説】|ミニバン・ワンボックス|MotorFan[モーターファン]

ホンダ フリードプラスで車中泊は快適!?【広さ&使い勝手を実車でチェック】2019年マイナーチェンジ後のフリードプラスもご紹介!【自動車Webマガジン】

フリードプラス マイナーチェンジ 2019

路外逸脱抑制機能 車線を検知し、はみ出さないように支援。 運転者のステアリング操作に代わるものではありません。 運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。 LKAS(車線維持支援システム) 車線内を走行できるようにステアリング操作を支援。 運転者のステアリング操作に代わるものではありません。 運転者が加速やブレーキ操作、急なステアリング操作を行っているとシステムが判断した場合、ウインカーを作動させている場合は作動しません。 ACC 適切な車間距離を保ち、運転負荷を軽減。 標識認識機能 標識の見落とし防止を図り、安全運転を支援。 誤発進抑制機能 不注意による急発進を防止し注意を喚起。 先行車発進お知らせ機能 停止時に、先行車が発進したことをお知らせ。 後方誤発進抑制機能 後方に障害物があるにも関わらず、セレクトレバーがR(リバース)の状態でアクセルペダルを強く踏み込んだ際、急な後退を抑制する機能。 新型フリード ボディカラーについて• シーグラスブルー・パール• シルバーミストグリーン・メタリック• プラチナホワイト・パール• スーパープラチナグレー・メタリック• クリスタルブラック・パール• プレミアムクリスタルレッド・メタリック• モカ (ファブリックシート)• 5L アトキンソン DOHC i-VTEC +i-DCD 7速DCT 2WD 6名 2,781,900円 4WD 3,018,400円 HYBRID G Honda SENSING 2WD 7名 2,583,900円 6名 2,561,900円 4WD 2,798,400円 CROSSTAR Honda SENSING 直列4気筒1. 5L アトキンソン DOHC i-VTEC +i-DCD 7速DCT 2WD 5名 2,803,900円 4WD 3,040,400円 HYBRID G Honda SENSING 2WD 2,583,900円 4WD 2,820,400円 CROSSTAR Honda SENSING 直列4気筒1. 710mm(2WD) 1,735mm(4WD) ホイールベース 2,740mm エンジン 直列4気筒1. 4〜 28. 710mm(2WD) 1,735mm(4WD) ホイールベース 2,750mm 2,740mm エンジン 直列4気筒 1. 2kgm 16.

次の

フリードマイナーチェンジでホンダセンシングはどう変わったの?

フリードプラス マイナーチェンジ 2019

今回は、ホンダ フリードプラスのラゲッジルームの広さや使い勝手についてご紹介します。 レジャーやキャンプなどで多くの荷物を積む機会が多いユーザーには、とても魅力的なクルマになっているように感じました。 文・PBKK フリードプラスのラゲッジルームは上下2段。 荷室ユーティリティボードによって、広いラゲッジをさらに有効活用することができます。 食品を買い物した時には上段には買い物袋、下段にはレインブーツや折り畳み傘などの常備品を分けて収納できるのが嬉しいポイントです。 下段も高さがあるので、背が低めの観葉植物くらいなら入りそうです。 さらに、上段のユーティリティーボードは、水や汚れに強いワイパブル仕様になっているので、プールや海での水遊びの際、お子さんの着替えにも便利に使えます。 また、耐荷重も200kgまで可能なので、安心してたくさん荷物を載せることができます。 そして、リアシート 後部座席 をたたむと、このような感じに。 フロントシートの距離が遠く感じるほどに、奥行きと広さのあるスペースが出現します。 リアドアのギリギリまでシートがくっついているわけではないので、余白もあり、横幅もゆったり。 天井も高いので、のびのびと過ごせそうですね。 この車内とは思えない広々としたスペースは、ラゲッジルームはもちろん居住空間としても、幅広く活用できることでしょう。 後ほど詳しくご紹介しますが、これなら十分に車中泊もできそうです。 成人男性が横にあっても十分にリラックスできるだけの広さを確保していることに驚きましたが、大満足でした。 アクセサリーソケットやフックなどの便利機能が装備されたラゲッジルームはシートアレンジを施すことで、車中泊にぴったりな広大なスペースをつくることができます。 荷室ユーティリティボードがあることで普段使いはもちろん、しまっておきたい荷物を下段にスッキリ収納して冗談にマットを広げてのびのび過ごすなど、車中泊でも大活躍しそうです。 キャンプやレジャー、アウトドアの良き相棒になってくれることまちがいなしです。 中古車を購入するなら、高品質で安価な一台を手に入れたいものですよね。 しかし中古車は状態も様々なため、数ある中古車の中から良いもの選ぶのはとても難しいことです。 そこでオススメなのは、信頼できる販売店を見つけて店舗スタッフと相談しながら、希望にあった中古車を見つけることです。 中古車情報サイト「車選び. com」では、車販売の専門家である店舗スタッフが、顔写真と実名入りで車両をオススメしますので、信頼性が高い情報の中から中古車を探すことができます。 全国展開する大型販売店から地域密着の販売店まで、幅広い層の中古車販売店から約20万台の中古車情報を掲載する「車選び. com」で、あなたにピッタリの中古車を探してみませんか? 相場より数十万円高くクルマを売る方法 クルマを高く売りたいなら、見積もりを一社だけにするのは絶対に避けるべきです。 買取査定額は買取業者がそのクルマ欲しいタイミングかどうかで決まるため、複数の買取業者に見積もりを出してもらうのが高額査定の近道です。 また、車種・年式・走行距離と言った状態が近いクルマの買取相場を知ることで、査定額が適正かどうかを判断することができるため、事前に調査しておくこともおすすめです。 中古車買取サイト「車選び. comの一括査定」では、必要情報を一回書くだけで複数の業者に見積もり依頼ができます。 また、条件にあった車の買取相場を調べる機能もついているため、今は売るつもりがない方も気軽にクルマの価格を調べることができます。 自動車保険をまとめて比較するなら、「価格. com」がおすすめ!.

次の

ホンダフリード2019年10月マイナーチェンジ

フリードプラス マイナーチェンジ 2019

新型フリードHonda SENSINGの主な機能 ホンダの先進安全運転支援システム「ホンダ センシング」は対象となるものの速度や位置を検知するミリ派レーダーと、対象の大きさや形状を識別する単眼カメラで車両進行方向の状況を確認しています。 ミリ波レーダーと単眼カメラの組み合わせで運転を支援してくれます。 今ではどの車メーカーにも設定されている運転支援の機能、有名なのはスバルの「アイサイト」これは2つのカメラで立体的に解析するタイプです。 ホンダの「ホンダ センシング」の主な機能は以下のようになっています。 後方誤発進抑制機能 マイナーチェンジで新たに搭載• 衝突軽減ブレーキ CMBS• 誤発進抑制機能• 歩行者事故低減ステアリング• 先行車発進お知らせ機能• 標識認識機能• 路外逸脱抑制機能• ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール• LKAS 車線維持支援システム マイナーチェンジによって新たに追加された機能が、後方誤発進抑制機能です。 この後方誤発進抑制機能は、軽自動車のN-BOXはすでに装備されていたものですが、フリードにもマイナーチェンジで装備されました。 ちなみに各機能の詳しくは以下のようになっています。 後方誤発進抑制機能 こちらのLKASも高速道路を走っている時に、運転支援してくれる機能です。 単眼カメラで車線を検知して、クルマが車線の中央を維持するようにステアリング操作を支援してくれます。 ACCで車速を維持してくれ、LKASで車線からはみ出さないように支援してくれるので高速道路の運転が楽になるうれしい機能です。 ホンダ センシングの各種機能は認識や制御に限界があるとはいえ、万が一のときや高速道路の運転にはあるとありがたい機能がそろっています。 ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール は高速道での渋滞時には、ぜひ欲しい機能です。 シエンタとの違い フリードのライバルになるシエンタの、先進安全機能 Toyota Safety Sense はどんな機能がついているのでしょうか。 シエンタとフリードの先進安全機能の違いをチェックしてみました。 シエンタの先進安全機能の主な機能は以下のようになります。 シエンタはレーザーレーダーと単眼カメラの組み合わせで障害物を検知し低速から高速までの幅広い速度域で作動します。 衝突の可能性があると判断したとき、警報によって回避操作を促します。 警報ブザーが作動している時にブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動して強力なブレーキになります。 ブレーキを踏めなかったときでも、自動ブレーキが作動して被害を軽減してくれます。 フリードの路肩逸脱抑制機能は、警告とステアリング操作でサポートしてくれますが、シエンタの場合は警告だけです。 切り替え忘れを防いでくれて、夜間の歩行者などを早期に発見できます。 駐車場などで静止物への接近を表示とブザーで知らせてくれます。 さらに距離が近づいたときは自動 被害軽減 ブレーキが作動します。 コンビ二のガラスも検知してくれて、踏み間違の事故を起こさないようにしてく入れます。 フリードとシエンタの安全運転支援機能を比べてみると フリードとシエンタの安全運転支援機能を比べてみると、機能性や種類もフリードの方が優れています。 それに似た機能でも、シエンタのはみ出さないをサポートする機能は、フリードならステアリング操作までサポートしてくれますが、シエンタはブザーとディスプレイで警告だけとなっています。 特にフリードは、ACC アダプティブ・クルーズ・コントロール が装備されていて高速道路を利用することが多いならうれしい機能です。 フリードのHonda SENSINGについてのまとめ フリードの安全運転支援機能Honda SENSINGは、マイナーチェンジ後方誤発進抑制機能が追加されました。 ライバルのシエンタと比べても、機能が充実していて安全運転支援機能はフリードの方がいいなあといったところです。 販売価格がフリードの方が高いのも、こういった機能が充実しているからといえます。 新車を値引き金額からさらに50万円以上安く購入する方法とは? 「中古車より新車がいいな」 「新車がいいけど…価格高っ!」 「できればHYBRIDでグレードも上が買いたいけど…」 「値引きで安くできるといいんだけどな…」 「値引き交渉にがてなんだよなあ」 「頭金入れてローンなら何とかなるか…」 などと新車の購入を 検討していると悩みは尽きません… 家族や友人に相談したところで まともに聞いてもらえないし 聞いてもらったところで 欲しい車が買えるわけでないし… そんな方におすすめの裏技を 紹介します。 下取りは必ず一括サイトを使うこと! ディーラーでは30万円だった下取りが 買取業者では 70万円になることもあります。 一括査定サイトを使うことで、 大手の下取り会社が最大10社 あなたの車の買取り価格を 競ってくれます。 結果的に価格が吊り上がります!.

次の