イルミナティカード意味。 イルミナティカードの予言一覧!新型コロナやオリンピック延期・地震と津波・トランプの件も総まとめ

イルミナティカード時計台は銀座和光ではなかった!?

イルミナティカード意味

Contents• コロナウイルスにまつわるイルミナティカードの予知 イルミナティカードといえば、世界の歴史、未来を予知するカードとしてあまりにも有名なもの。 この章では、 コロナウイルスを暗示しているイルミナティカードのイラストを紹介いたします。 イルミナティカード1:Lab explosuon(研究室爆破) 未来を予知するイルミナティカード、まずはこちらを確認してみてください。 こちらは非常に有名なイルミナティカードの一枚、 研究所が爆発しているカードです。 アメリカのイスラエル軍事専門家であるビル氏は、コロナウイルスが発生した中国武漢には「 生物戦争計画」に関わる2つの実験所がある指摘しており、 そのうちの「 武漢国家生物安全実験室」がコロナウイルスの発生場所である可能性が高いと、ワシントンタイムズ紙(1月24日付)にて取り上げています。 実際、その研究所からコロナウイルスが発見されたとみられる海鮮市場までは約30キロという近距離。 これまでにもエボラ出血熱など、多くのウイルス研究に携わってきた中国の研究所になります。 さらに、一部のイルミナティ説を信じる人からは、イラストに描かれた「爆風の黄色い部分が武漢経済圏」、そして「爆発元の赤い部分が武漢市」の形に似ているのではないかと囁かれています。 確かに、似ているような似ていないような・・・ イルミナティカード2:Epidemic(伝染病) さらに、続けてみていただきたいイルミナティカードがこちら。 イラストにデカデカと書かれている「 QUARANTINE」の意味は、「 (伝染病予防のために)隔離する、検疫する」というもの。 こちらも有名なイルミナティカードの一枚で、写真を見ると ウイルスが流行していったことを予知するようなイラストになっている事が分かるかと思います。 コロナウイルスという名の伝染病、そのための隔離。 中国、日本、世界各国も、伝染病の拡大を防ぐべく、止むを得ない隔離政策を行っています。 以上見ていただいた2枚のイルミナティカードから連想される事実は、もちろん 「武漢国家生物安全実験室」からコロナウイルスが撒き散らされたという事実。 という事で、イルミナティカードに詳しい方々が、その事実がイルミナティカードの予知ではないかと、オカルト話が密やかに広がりつつあります。 イルミナティカード3:GOAL Population Reduction(終焉:人口削減) それだけにあらず、もう一枚イルミナティカードを見ていただくと、 「 GOAL」と書かれたこの一枚。 つまり、人工的にコロナウイルスを蔓延させ、人口削減を画策しようとする イルミナティの陰謀の意図が隠されているのではないかと、ありとあらゆる想像、妄想が錯綜している状態です。 ちなみに、人口削減に関してはイルミナティの組織が目指すべき場所ということで、広く認知されています。 2020年初頭に刊行された『 The Economist』の表紙でも、「 人口削減」がはっきりと暗示されており、その内容は相当エグいです。 詳細は別記事で解説しています。 イラストに多く描かれるコウモリはコロナウイルスの感染源と言われており、そのコウモリがある建物の上空を覆うように飛び回っています。 その建物こそが、 アメリカ国会議事堂を模したとされる、こちら 武漢のホテル。 途中で建設が中断し、現在は廃墟になっているみたいですが、コロナウイルスの発生場所である武漢にあるという、奇妙な一致があります。 これまでに数々の予知(人工的な何かを暗示しているのかも)をしてきたイルミナティカード。 意味深な情報が多いだけに、今回のコロナウイルス流行も、イルミナティカードが予知していると考えるひとが少なくないようです。 研究所爆発のイラストのカード。 文字を逆さまにすると、浮かび上がる文字は 「 CORONA」 に、見えるような、見えないような・・・ スポンサーリンク イルミナティとコロナウイルスの関連性 人によってはこじつけとも感じるであろう、イルミナティカードではありますが、もう一つだけ信憑性が増す話を。 50年近くイルミナティのメンバーとして関わっていた男性が、 組織を脱退し匿名で内情を暴露しています。 ハイチ地震やハリケーンカトリーナも全てイルミナティが起こした人工災害であるという、信じがたい発言とともに、以下のような一文も。 これらのほかにも、太陽をも破壊できるビーム砲の存在を指摘したり、 SARSやH1N1などのウイルスの流行がイルミナティの仕業であることなどについても暴露 引用: もちろん、どこまでが真実かは分かりません。 しかし、これが本当だとしたら、コロナウイルスを発生させ、流行させられるということ。 イルミナティという組織がどこまでコントロールできるのか、信じろと言われても難しい内容が多く、頭が混乱してきますが・・・ つまり、 コロナウイルスの流行はイルミナティカードで予知されており、しかもその流行は イルミナティという組織による人工的なものであると・・・ この内部発言をした匿名男性以外にも、元イルミナティのメンバーであり、名前を公表していたオランダ金融会社創設者のロナルド氏は、同様に内部情報の暴露をしています。 その後、フロリダで謎の死を遂げていますが・・・ イルミナティカードの過去にしてきた予知の例 コロナウイルスの流行とイルミナティカードの予知。 これらの関連性がどれほどのものであるのかは分かりませんが、 過去の予知から深掘りしてみましょう。 有名なものをご紹介いたします。 イルミナティカード予知:911 あまりにも有名なこのイルミナティカード。 直接的すぎて逆に信用できなくなるレベルのカードかもしれませんが、紛れもなく 911を予知しています。 発売は1995年なので、2001年のテロよりも前のもの。 カードを横にすると、「911」という数字が浮かび上がるように見えることでも有名ですね。 イルミナティカード予知:311 こちらはもちろん、 2011年3月11日に起きた、東北沖地震の津波を予知していたと言われています。 カードを逆さにして波に沿って線を引くと、「311」と浮かび上がってくるように見えることでも有名ですね。 これ以外にも数をあげるとキリがないくらい、数々の予知をしているイルミナティカード。 他にも有名な予知カードがあることから、こじつけに近いものは感じつつも、なんか 妙な説得力を感じたりすることはないでしょうか・・・ イルミナティカードが2020年に予知すること〜東京五輪とAKIRA 2020年に流行したコロナウイルスや、過去の同時多発テロ、東北沖地震など、あらゆる未来を予知してきたイルミナティカードですが、 それ以外に暗示している2020年の未来を紹介します。 東京オリンピック・パラリンピックの危機?銀座和光時計台が襲撃される コロナウイルスの流行を予知するイルミナティカードですが、それ以外にも2020年の未来を暗示するカードがございます。 それがこちらの、イルミナティカード。 イラストには、銀座の一等地として知られる 銀座和光時計台が爆破されており、 登場人物の服装の特徴が、オリンピックの5色エンブレムの色と完全に合致しています。 つまりは、東京オリンピック開催期間中に、東京に何らかの未来が待っているという暗示になります。 こちらに関しては諸説ありますので、以下の記事も合わせて確認して観てください。 その写真が、こちら。 漫画内では、2020年に東京オリンピックが開催されるという設定が描かれており、それが第三次世界大戦が勃発し、荒廃した東京で開催できない未来が描かれています。 2020年現在、コロナウイルスが流行しており、終息までにかかる時間が9ヶ月と見る識者もいます。 そのような状況で、東京オリンピックの開催はあり得るのか・・・ イルミナティカードやAKIRAでは、コロナウイルスとは直接関係ないイラストや設定で東京オリンピックの開催中止をほのめかしていますが、あらゆる点から考えても、ここまで繋がるのは 何か奇妙だなぁと感じたりする人もいるのではないでしょうか。 AKIRAの予知に関しても別記事で詳細を書いています。 下記記事ではその内容を深掘りしています。 下記記事では、そのような内容をまとめて紹介しています。 次々と現実になるカードの内容に恐怖すら覚えます。 こじつけに近いと感じるものも多々あるのは事実ですが、何も意味がないとも思えない。 そんな意味深な、予知とも取れるイラストのイルミナティカード。 もちろん、 信じるか信じないかはアナタ次第です。

次の

イルミナティカードとは?都市伝説の日本の未来予言的中は本当?

イルミナティカード意味

イルミナティカードとは?イルミナティ(Illuminati)は、1982年に発売されたスティーブ・ジャクソン・ゲームズ社のカードゲーム。 各プレイヤーが、他のプレイヤーと争いながら自分の支配組織(自分の場札)に小組織(カード)を取り込んでいき、一定数を支配したら勝ち、というもの。 近世の秘密組織、イルミナティをゲーム化したものであり、ロバート・アントン・ウィルソンとロバート・シェイが1975年に発表した小説『 『イルミナティ』三部作 (英語版)』に触発されて作成された。 wikipedia. イルミナティカードの予言一覧 カードは全種類で500種類以上ありますが、その中に大事件や災害を予言していると言われています。 こじつけや噂だという意見も多くあり、 「500種類以上あるため偶然である」と紹介した書籍もあるほどですが、 発売元のゲーム会社にアメリカ政府の強制捜査が行われてこともあるくらい その予言率に世間が注目していることは間違いなさそうです。 「Plague of Demons」新型コロナウイルス (画像引用元:Twitter) 現在、世界中で流行している新型コロナウイルスを予言していると言われているのが「Plague of Demons」のカード。 世界で初めてウイルスが確認された武漢の建物に似た建造物と 感染源とされているコウモリが一緒に描かれています。 「Plague of Demons」は悪魔たちの疫病と訳されることから注目を浴びています。 「Nuclear Accident」が電子力事故、「Tidal Wave」が津波と意味されることに加え 2枚のカードを反対にして見てみると「3. 11」という数字が浮かび上がるため 東日本大震災を予言していると言われます。 1995年にアメリカで発売されていた「イルミナティカード」。 最近では実は予言カードだったと有名に。 そのカードになんと日本で起きた311東日本震災をあらわしたカードもあった。 しかもカードの意味は「放射能事故」。 11の同時多発テロ (画像引用元:Twitter) イルミナティカードには近々起こるでは?という出来事があると話題になっています。 それが5月11日に起こるとされている大地震です。 右側で倒れているのが、銀座和光の時計と似ているそうで東京で地震が起こるのではと言われています。 イルミナティカードによると、 5月11日午前か午後11時10分東京で、 複合災害が発生する — KD store KDstore2 最近、地震がよく起こっているので当たりそう…と言っているいう方も多くいました。 イルミナティカードのやつ、5月11日だっけ? ほんとに起きそう……。 最近確かに地震多いし嫌な予感はする。 来る来ないにしても備えだけはしておこう。 今はこんな世の中なのに地震まで来たら終わってしまう。 イルミナティカードやらコロナやらでネガティブなニュースばかり。 いやー参るね。 こんな時こそ、、、 燃えろ俺の宇宙!!! — F丸 fujikaz824 オカルト好きではないが、イルミナティカードについてはコロナを機に知り、なかなか面白くて深堀りした経緯がある。 ゆえにコロナ禍のさなかに地震が起きた日にゃ、complicated disastersのカードを思い出さずにはいられず、ちょっと戦慄している。 11の大地震はないな。 株価の大きな変動もコロナ下では期待出来ないし、イルミナティカードの話も、まことしやかに語られてるから、こんな時は予言が無くなるね。 オリンピックが延期された来年の方が可能性としては高い気がするが…。 そう予想するね。 — 検討中@283 flat283 なんかさぁー イルミナティカードで5月11日に南海トラフが、起きる可能性が高いんだってぇー お願いだから起きるか分からないから念の為気おつけて! — 月下の奇術師 きのぷに T1N433F9T8df5IK 2020年東京オリンピックの 中止を予言したとされる 有名なイルミナティカード。 hiromorningmomo イルミナティカードの予言 まとめ イルミナティカードで予言されている出来事についてまとめました。 同じ建物などが描かれていると予言のような気もしてきますし、 500種類以上あるカードの中での一部なので、 こじつけと言われればこじつけのような気もしてきます…。 信じるか信じないかは、あなた次第…というやつでしょうか。

次の

解説!イルミナティカードが予言した日本の未来とは?【2017最新版】

イルミナティカード意味

なぜならイルミナティカードは、都市伝説を語るうえで欠かすことのできない存在と言われているからだ。 どうやらこいつ「予言カード」らしい。 世界各地で大規模な災害や事件が起こるたびに、カードに描かれたイラストが「 不吉な未来は予言されていた」と話題になる同カード。 今回は、数百種類あるうちの16枚をゲットしたので独自にカードを解読……すると、ヤバ過ぎる未来に気づいてしまった。 マジかよ。 ・イルミナティカード もう少し丁寧にカードについて説明しておこう。 イルミナティカードは、アメリカのゲーム会社「スティーブ・ジャクソン・ゲームズ」から発売されたカードゲーム。 1982年に誕生し、話題となっているのは1995年に発売された『 イルミナティ New World Order』である。 ちなみに、イルミナティとは秘密結社のこと。 とにかく、カードのイラストや説明文が「 重大事件を予言しているのでは?」と話題になっているのだ。 ・1パック16枚入手 さて、記者が入手したのは1パック。 数百種類あるカードのうち、ランダムで16枚入っているらしい。 おそらく未来のヒントとなるカードも入っているだろう。 さっそく開封して並べてみたところ……おい、なんだかよく分からないけど 怪しいカードばかりじゃねえか。 まず目にとまったのは、2019年に公開された映画『 アイリッシュマン』で、アル・パチーノが演じた「ジミー・ホッファ」なる人物のカード。 やたら悪い顔してるぜ。 そして、黒猫が描かれている不吉な「 13日の金曜日」も何かを暗示していそうだ。 将来、13日の金曜日に大きな災害や事件が起きれば「このカードが予言していた」なんて言われる……かもしれない。 でもまあ、もともと13日の金曜日には不吉なイメージがあるからなぁ。 ・とんでもないカードを発見してしまった その後も1枚1枚念入りにカードをチェック。 もしかしたら、今回入手した16枚の中には「未来を具体的に予言しているカード」はないのかも……と思った次の瞬間、 信じられないカードを見つけてしまった。 おいウソだろ。 これが現実となったらヤバ過ぎるぞ。 カリフォルニアで美女と混浴って天国かよ~! ・カリフォルニアへ急げ 金髪の男女が混浴につかりながら酒を飲んでいるカード「カリフォルニア」。 イラストの出来事が現実となるならば、将来的にカリフォルニアは「 この世の楽園」となるに違いない。 今のうちに移住しておくのが賢明かも……なんせヘブン決定だからな。 きっと我々には明るい未来が待っているぞ。 イルミナティさん、マジで期待してます! Report: Photo:RocketNews24.

次の