回忌法要 計算。 【ご住職監修】法事・法要早見表!何回忌まで行う?回忌法要別の服装やお布施も

法要・法事・回忌 早見表】三回忌・七回忌・13回忌・23回忌・27回忌・33回忌

回忌法要 計算

見出し• 法事・法要とは? 仏教では、逝去してから四十九日の間を「中陰」と言います。 中陰の間は、閻魔大王による裁きが七日おきに実施され、極楽浄土へ旅立てるか否かの判定が下されるのが四十九日目にあたり、この日が忌明けになります。 遺族は、七日おきの裁きに合わせて法要を営み、故人の冥福を祈ります。 日取り決めの際、法要を行なう予定の日が平日となる場合には、直前の土曜日もしくは日曜日にずらすのが通例です。 通常、忌明けとは四十九日を指します(地域によっては、五七日が忌明けとなる場所もあります)。 この日以降は、年忌法要になります。 忌日法要 【時期】7日目(葬儀当日に行なわれることが多い) 遺族や親族をはじめ、友人や知人も列席します。 読経の後、全員で焼香やお斎を行ないます。 現在では、葬儀の後に、初七日を続けて行い、式中初七日が増えてきています。

次の

忌日・年忌法要計算表

回忌法要 計算

中陰・年忌法要名 法要・年回忌年月日 亡くなられてから 命日 御命日 *逮夜日付での初七日 [ 6日目 ] 初七日忌 一七日忌 7日目 二七日忌 14日目 三七日忌 21日目 四七日忌 28日目 五七日忌 三十五日忌 35日目 六七日忌 42日目 七七日忌 四十九日忌 満中陰忌 尽七日忌 大練忌 休新忌 49日目 忌明け 百箇日忌 100日目 一周忌 満1年目 三回忌 満2年目 七回忌 満6年目 十三回忌 満12年目 十七回忌 満16年目 (弔い上げ) 廿三回忌 二十三回忌 満22年目 (弔い上げ) 廿五回忌 二十五回忌 満24年目 23、27回忌を行わずに25回忌を行う宗派などがある。 廿七回忌 二十七回忌 満26年目 丗三回忌 三十三回忌 満32年目 (弔い上げ) 丗七回忌 三十七回忌 満36年目 五十回忌 満49年目 (弔い上げ) 百回忌 満99年目 (弔い上げ) 百五十回忌 満149年目 二百回忌 満199年目 二百五十回忌 満249年目 三百回忌 満299年目 三百五十回忌 満349年目 四百回忌 満399年目 四百五十回忌 満449年目 五百回忌 満499年目 六百回忌 満599年目 七百回忌 満699年目 八百回忌 満799年目 九百回忌 満899年目 千回忌 満999年目 千百回忌 満1099年目 千二百回忌 満1199年目 千三百回忌 満1299年目 千四百回忌 満1399年目 千五百回忌 満1499年目 千六百回忌 満1599年目 千七百回忌 満1699年目 千八百回忌 満1799年目 千九百回忌 満1899年目 二千回忌 満1999年目• 法要では、亡くなられた日を一日目と数えますので、例えば「初七日」は、亡くなられた日を含めた七日目と計算されます。 10月1日に亡くなられたとした場合の「初七日」は10月7日です。 なお、お逮夜(たいや)に法要を行う地域もありますので、その場合、例えば10月1日に亡くなられた故人の「初七日」の法要は10月6日となります。 「逮夜(たいや)」とは、葬儀の前の日の夜。 また、忌日の前の日の夜を言います。 「弔い上げ(とむらいあげ)」は、「問い切り」「揚げ斎(あげどき)」などとも言われ、法要を営む最終の年忌のことです。 十七回忌、三十三回忌、五十回忌などを節目として最終年忌とすることが多いとされます。 法要・年回忌などは宗派や地域によって異なる場合があります。 西暦での、「1」〜「99」までの数字の入力は、「1901」〜「1999」と見なされます。 和暦での入力は、明治は44年、大正は14年、昭和は63年までの設定です。 明治45年(1912年)は7月30日、大正15年(1926年)は12月25日、昭和64年(1989年)は1月7日まででしたので、該当する場合は読み替えるか西暦で入力してください。 ただし、大正・昭和の「改元の詔書」によれば、「明治45年7月30日」と「大正元年7月30日」、「大正15年12月25日」と「昭和元年12月25日」はともに存在します。 これは即日改元であったためで、ちなみに昭和から平成へは翌日改元となり、昭和64年は1月7日まで、平成元年は翌日の1月8日からです。 令和は5月1日からです。 和暦での入力は明治6年1月1日からが有効です。 これは、日本でのグレゴリオ暦の採用が明治6年(1873年)で、一般に旧暦と呼ばれる天保暦(太陰太陽暦)の明治5年12月2日(グレゴリオ暦1872年12月31日)の翌日を、新暦と呼ばれる太陽暦の明治6年1月1日(グレゴリオ暦1873年1月1日)とし、和暦での明治5年12月3日から12月31日が存在しないためです。 【参考】 命日(めいにち)とは• 故人の亡くなられた日に当たる日で、毎月のその日を言います。 忌日(きにち)とも言います。 毎月のその日を指すことから、「月命日」「月忌命日(がっきめいにち)」などとも言われます。 ただし、単に「命日」と言った場合、毎年のその日のことである「祥月命日」を指すこともあります。 【参考】 祥月命日(しょうつきめいにち)とは• 「祥月」は、一周忌の後の故人の亡くなられた月と同じ月のことで、「祥月命日」は、一周忌の後の故人の亡くなられた月日と同じ月日のことです。 「命日」が毎月のその日であるのに対して、「祥月命日」は一年に一度巡ってきます。 【参考】 弔い上げ(とむらいあげ))とは• 「弔い上げ」は、「問い切り」「揚げ斎(あげどき)」などとも言われ、法要を営む最終の年忌のことです。 十七回忌、三十三回忌、五十回忌などを節目として最終年忌とすることが多いとされます。 1箇月目 没後、 最初の 月命日 五七日 三十五日 いつなのか・いつなぬか・ごなのか・ごなぬか・ごしちにち さんじゅうごにち 35日目 六七日 むなのか・むなぬか・ろくしちにち 42日目 七七日 四十九日 満中陰 尽七日 大練忌 休新忌 なななのか・なななぬか・しちしちにち しじゅうくにち まんちゅういん じんしちにち だいれんき きゅうしんき 49日目 忌明け 百か日 ひゃかにち 100日目 回 忌 法 要 ・ 年 忌 法 要 一周忌 いっしゅうき 満1年目 三回忌 さんかいき 満2年目 七回忌 しちかいき 満6年目 十三回忌 じゅうさんかいき 満12年目 十七回忌 じゅうしちかいき 満16年目 弔い上げ 廿三回忌 二十三回忌 にじゅうさんかいき 満22年目 弔い上げ 廿五回忌 二十五回忌 にじゅうごかいき 満24年目 23、27回忌を行わずに25回忌を行う宗派などがある。 廿七回忌 二十七回忌 にじゅうしちかいき 満26年目 丗三回忌 三十三回忌 さんじゅうさんかいき 満32年目 弔い上げ 丗七回忌 三十七回忌 さんじゅうしちかいき 満36年目 五十回忌 ごじっかいき 満49年目 弔い上げ 百回忌 ひゃっかいき 満99年目 弔い上げ.

次の

年忌法要早見表》浄土真宗・真言宗・曹洞宗・臨済宗・日蓮宗・真宗

回忌法要 計算

法事自動計算一覧表の特徴 「令和」対応 スマホ対応 1.新元号「令和」に対応しています。 2.html5,css3,Javascriptで作ってありますので、Flashなどのプラグインは一切不要です。 パソコンでの使用だけでなく、スマートフォンやタブレット端末にも完全に対応しています。 3.今年行う法事は赤色で、来年行う法事は薄い赤色で、すでに終わっている法事は灰色で表示されます。 何年後に法事を行う必要があるかや、何年前に法事があったかなども表示されます。 5.明治以降の過去の法事も表示できます。 6.二百回忌などの一般的ではない法事も表示できます。 7.西暦と和暦・元号のどちらにも対応しています。 8.「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「Microsoft Edge」、「Microsoft Internet Explorer」に対応しています。 使い方と注意 お葬式やご葬儀の後の法要には、「中陰法要日」と「年忌法要」があります。 この「年忌法要・回忌法要 早見表・一覧表」システムは、「ご命日年」を選択していただきますと、 自動的に「法事・年忌法要」の年が表示されます。 一般的な中陰法要・年忌法要を記載してありますが、 すべてを行う必要はありません。 このページへは自由にリンクできます。 【注意】括弧で囲われている、二十五回忌、四十七回忌、七十五回忌、百回忌、百五十回忌、二百回忌は一般的には行われません。 「今年行う法事は?」法事 早見表計算 【法事を知りたい年を選択してください】 【今年の選択】 全法事表示 経過年数表示 初期文字 法事早見表・一覧表の特徴 「令和」対応 スマホ対応 1.ご命日年が未来の場合は灰色で、今年がご命日の場合は赤色で、昨年がご命日の場合は薄い赤色で表示されます。 2.新元号「令和」に対応しています。 3.html5,css3,Javascriptで作ってありますので、Flashなどのプラグインは一切不要です。 パソコンでの使用だけでなく、スマートフォンやタブレット端末にも完全に対応しています。 4.二百回忌などの一般的ではない法事も表示できます。 5.西暦と和暦・元号のどちらにも対応しています。 6.「Google Chrome」、「Mozilla Firefox」、「Microsoft Edge」、「Microsoft Internet Explorer」に対応しています。 使い方と注意 お葬式やご葬儀の後の法要には、「中陰法要日」と「年忌法要」があります。 この「法事・年忌法要自動計算 早見表・一覧表」システムは、「今年(または指定した年)」を選択していただきますと、 自動的に「今年(または指定した年に)」行うべき「法事」のご命終年が表示されます。 一般的な中陰法要・年忌法要を記載してありますが、 すべてを行う必要はありません。 このページへは自由にリンクできます。 【注意】括弧で囲われている、二十五回忌、四十七回忌、七十五回忌、百回忌、百五十回忌、二百回忌は一般的には行われません。 お寺や仏教関係の情報検索 法事 年忌法要 関係 中陰法要とは 地域によって異なりますが、ご命終後の最初の七日目を初七日、次の七日目を二七日、 以下同様に三七日、四七日、五七日(三十五日)、六七日、七七日(四十九日)といいます。 三十五日から四十九日の間で忌明法要を行うことが一般的です。 当システムでは、下記の日付を調べることができます。 宗派や地域によって一部省略される場合もあります。 それ以降、2年後が三回忌、6年後が七回忌となります。 宗派や地域によって一部省略される場合もあります。 人生は苦であるということ(四苦八苦)から出発して八正道の実践により解脱して涅槃に至ることを説く。 キリスト教・イスラム教とともに世界三大宗教のひとつ。 【浄土真宗とは】鎌倉時代の初めに法然上人の弟子のによって開かれた浄土教の一派。 阿弥陀仏の浄土に生れて悟りを開くことを目的とし、阿弥陀仏の力で救われる絶対他力により信心だけで往生できるとする。 真宗とも称し,一向宗,門徒宗などとも呼ばれる。 真宗は主に十派あり、本願寺はにより興隆したので、蓮如上人は中興の祖と呼ばれる。 【真宗十派とは】真宗大谷派(東本願寺)、浄土真宗本願寺派(西本願寺)、真宗高田派、真宗佛光寺派、真宗興正派、真宗木辺派、真宗出雲路派、真宗誠照寺派、真宗三門徒派、真宗山元派 【とは】仏閣、僧院ともいう。 一般的には仏教において、仏像を安置し僧侶などが住み、仏道の研究や布教活動のための修行や儀式を行う場として用いる建物を指す。 日本では、古くは山の中に僧侶の修行の場として寺院が建てられたが、のちにお寺は人々の住む町の中につくられ、城下町にも寺院が造られた。 江戸時代には、キリスト教を禁止するため、人々はいずれかの寺院に属さなければならないとする檀家(だんか)制度ができお寺は身近なものとなった。 【の歴史】現代のような墓石を使ったお墓が建てられ始めたのは江戸時代の元禄年間の頃である。 ただ当時は権力者などが中心で一般の人々には縁遠いものでした。 一般の人々がお墓を建てられるようになったのは、昭和の初期から戦後高度経済成長で人々が豊かになってからだと言われている。 最近ではの代わりにや 、、海洋葬 なども見られる。 またお墓を作るには、及びに従い許可が必要となる。 【の歴史】納骨堂の歴史は古く奈良時代に発掘されたものの中にも見受けられる。 当時は霊廟と言われ、墓石が江戸時代に誕生したのに比べ納骨堂の歴史はとても永く続いている。 最近ではお墓の代わりとして 、 とともに増加傾向にある。 【・葬式の歴史】葬儀の歴史は古く、数万年前のネアンデルタール人の遺跡からも葬儀らしき痕跡が発見されており、日本では縄文時代の遺跡に、腕を曲げて体を負った状態で葬られた屈葬が発見されている。 現在日本では火葬が主流になっているが、7世紀以前の仏教が伝来する前は土葬が当たり前であったようである。 葬儀の形式も一般葬以外に、家族葬、生前葬、音楽葬、自由葬、個人葬、密葬、直葬などさまざまな形がある。

次の