オレ敵。 昨日のオレは今日の敵

【伝説対決】オレンドの評価とビルド【AoV (Arena of Valor)】

オレ敵

「ルル様。 申し訳ありません。 失敗しました」 ヴィヴィが右脚を失って帰って来た。 「あら、そう。 ご苦労様。 オババ。 ヴィヴィの脚、治してあげて」 テントの端っこで水晶を覗く豆粒のようなオババに声をかける。 「やれやれ。 神も厄介なのを呼び出したもんじゃよ」 「ふふ。 あそこまでするのに三百年近くかかり、百年以上隠すのに苦労し、何百人もの人生を費やした。 負ける要素0。 「ほっほ。 確かにのぉ。 ルル様を相手にしようと言うんじゃからな。 わしなら地の果てに逃げるよ」 「わたしは悪魔か!」 「悪魔より最悪な何かじゃよ」 なんとも失礼なオババである。 わたしは優しい女の子だよ。 いやまあ、見た目は、だけどさ。 「しかし、ヴィヴィの脚を奪うってどんなヤツだったの?」 ヴィヴィはガチガチの戦闘職。 うちで一番の猛者だ。 この世界で十指には入るでしょうよ。 ……この世界、強さのバランス悪すぎだよ……。 「二人は少女で、もう一人はわかりません。 遠くから攻撃してましたので」 「三人もいるの? 反則なんですけど~」 おそらく神の使徒でしょうけど、三人も集まるとかズルいわ~。 こちらは一人で頑張ってるのにさぁ~! 「ルル様は何十人と同胞を利用しておるじゃろうが」 「同胞じゃありませ~ん。 邪神と契約した者同士って関係ですぅ~」 わたしらは邪神と契約して、己が望みを叶えるために動いている。 仲間意識などこれっぽっちもない。 まあ、仲間意識や望みを利用してはいるけどさ。 「ただ、一人は神の使徒とは違うと思います。 わたしと同じように力を与えられた者のような気がします」 ヴィヴィはこの世界で生まれ、わたしと出会い、力を与え、強くなった者だ。 ちょっと強くなりすぎて出せる場がなかなかないのが困ったもんだけどね……。 「少なくとも二人は使徒なのね?」 「はい。 わたしとやりあった少女は間違いなく使徒です。 能力はわかりませんが、戦闘職ではありません。 動きに洗練さや気迫が違いましたから」 「あの少女?」 「はい。 あの少女です」 何年前からか自由貿易都市群リビランで噂があった小さな魔女。 神の使徒だと察して攻撃したが、どれも回避され、わたしの手駒が何十人と命を散らした。 「以前と同じなら転生させられて来たのでしょうけど、十年も生きてないのに異常よね」 これまでの経験からして神から与えられる能力は一つ。 二つはない。 以前、能力を奪う能力者がいたが、まともな能力ではなく、使いこなせていなかった。 おそらく、いや、神から与えられた能力は成長させるものでしょう。 敵ながら可哀想だと思うわ。 余程の好条件下じゃないと成人まで生きられないんじゃないかしら? 「異常は異常じゃが、頭の切れる者じゃろうな。 おそらく、考えに考えての能力じゃろうよ」 だね。 短絡的な能力ではこの世界で生きられないし、わたしたちと戦うことすらできないでしょうね。 他の使徒に潜り込ませてる者から情報が届いているしね。 「はぁ~。 厄介なのが現れたものよね」 弱い敵などそうはいない。 敵は強いと思ってなければ足を掬われるわ。 それで倒された邪神の使徒もいるからね。 「しょうがない。 バージルバーンが倒された以上、ここには用はないわね」 そろそろ拠点が欲しかったけど、まだ時期ではないと諦めるしかないわね。 「……しばらくリビランから離れるか……」 あちらもわたしの存在は勘づいているはずだし、目を光らせているはず。 行動はかなり縛られるでしょう。 なら、さっさと逃げたほうが利口だわ。 「今度はどこに?」 「そうね。 アイカワ帝国にでもいきましょうか。 あそこにも神の使徒が何人か生まれたっぽいし」 紛れ込むならリビランよりアイカワ帝国のほうが楽だ。 あそこは他種族に寛容なところだからね。 リビランでわたしは亜人とされる。 いや、魔人と呼ばれる忌むべき存在だ。 正体を晒せば殺されるだろう。 魔人は昔、この世界を支配していたとされると言われ、今も生き残っている同族が暴れ回っているのだからね。 「まったく、もうちょっと活動しやすい種族に生んで欲しかったわ」 わたしは別の世界で生まれ、邪神によりこの世界へと生み落とされた。 それはもう三百年も前のことだけどね。 「充分、好き勝手しておるじゃろうが」 そんな突っ込みしちゃイヤン。 わたしは結構、苦労して生きてますよ。 「とにかく、リビランを出てアイカワ帝国にいくから」 そうオババとヴィヴィに告げてテントを出る。 「マホ。 バウリを呼んで来てちょうだい」 テントの近くで遊んでいる子どもたちの世話をしている少女に声をかけた。 「はい、ルル様」 「ルルさま~遊んで~!」 「遊んで遊で!」 わらわらよって来る子どもたちを相手しながらバウリを待つ。 「ルル様。 どうかなされましたか?」 このキャラバンの長を勤める中年の男、バウリがやって来た。 「商売を切り上げてアイカワ帝国に移るわ」 「わかりました。 すぐに用意します」 旅から旅の生活を送るので、急なことでも慌てたりはしない。 心構えは常についているわ。 ちなみにわたしたちは娼婦の一団。 体を売って旅をしているわ。 この魔物溢れる時代では命の値段は安く、存在は軽い。 貧しさに子を売ることも珍しくはない。 わたしは売られる子らを買い、娼婦と育て、お金を稼いでいる。 って建前ね。 本当は世を恨む者を見つけて揺り籠を植えつけて世に魔物を放つことをしているわ。 まあ、植えつけるのはわたしじゃなくてもできるから困りはしないんだけどね。 世を恨むヤツなんて腐るほどいるし。 「アイカワ帝国にはあいつがいるし、ちょっと手を貸してあげようっと」 邪神の使徒ではあるが、わたしには世界がどうなろうと知ったこっちゃない。 神と邪神の戦いにも興味はない。 「……そう。 わたしが興味があるのは……フフ……」 願いは口にはしない。 出すと叶えられないからね。 ただ、胸の中で願い、行動するのみである。

次の

星ぼしはオレの敵だ、星がわたしの夫なんです

オレ敵

ここです!!!111 的=敵なのでしょうか? あと、いまさっき、IRCのAOC配信部屋とか、みたら・・・人がほとんどいません。。。 なんでだろう???10円玉が効いたのかな???www Wikiによると・・・いちおうググるか・・・。 以下、コピペしときました^^ >>>また、2006年に日本銅センターが行った実験で、十円硬貨に含まれる銅イオンの殺虫効果が確認された。 水たまりに十円硬貨を入れておくとボウフラが発生しなくなるというのは、銅イオンの溶出によるものと思われる。 なるべく新しい硬貨を使う方が良いといわれるが、銅イオンの溶出により硬貨は腐食することになる。 5 g 直径 23. 5 mm 図柄 平等院鳳凰堂(表面) 常盤木(裏面) 発行開始 ギザ無:1959年(昭和34年) ギザ有:1951年(昭和26年) 十円硬貨(じゅうえんこうか)とは、十円玉(じゅうえんだま)とも呼ばれる日本政府が発行する、額面10円の硬貨である。 目次 1 意匠 2 ギザ十 3 金属としての十円青銅貨 4 過去の十円硬貨 4. 1 旧十円金貨 1871 4. 2 新十円金貨 1897 4. 3 十円洋銀貨 1950 5 変遷 6 脚注 7 関連項目 意匠 表面には「日本国」と「十円」そして平等院鳳凰堂が、裏面には「10」と製造年、常盤木がデザインされている。 造幣局では便宜上、平等院鳳凰堂が書かれている面を「表」、年号の記された面を「裏」としているが、明治時代の硬貨と異なり法律上、十円硬貨に表裏の規定はない。 発行は1953年(昭和28年)に開始されたが、製造は1951年(昭和26年)から行われており、刻印も「昭和26年」からある。 ギザ十 ギザ十。 1952年(昭和27年)。 詳細は「ギザ十」を参照 1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)にかけて製造された十円硬貨の縁にはギザがあり、俗にギザ十(ギザじゅう)と呼ばれる。 金属としての十円青銅貨 Edit-find-replace. svg この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はノートを参照してください。 (2013年9月) 十円硬貨は銅とスズの合金である青銅製だが、錫の割合は少なく純銅に近い。 十円硬貨はソースやタバスコ、酢、醤油、レモン汁、酸性洗剤等に浸すと、表面の金属酸化物や汚れが溶出したり脱落したりして一見未使用硬貨のような光沢を放つ。 古い十円硬貨をピカピカにするという遊びもあるが、このような処理を行うと硬貨の酸化を早めたり、緑青を発生させたり、質量を減らしたりすることになるため、硬貨を劣化させてしまう。 収集的価値を重んじる場合、硬貨にこれらの処理を施すことは禁忌とされる(古銭価値が激減する)。 また、2006年に日本銅センターが行った実験で、十円硬貨に含まれる銅イオンの殺虫効果が確認された。 水たまりに十円硬貨を入れておくとボウフラが発生しなくなるというのは、銅イオンの溶出によるものと思われる。 なるべく新しい硬貨を使う方が良いといわれるが、銅イオンの溶出により硬貨は腐食することになる。 なお十円硬貨にかぎらず、上記のような行為は貨幣を損傷させる行為であるため、貨幣損傷等取締法で罰せられる可能性がある。 過去の十円硬貨 旧十円金貨 1871 10yenM4. jpg 「日本の金貨 新貨条例による旧金貨」も参照 [icon] この節の加筆が望まれています。 新十円金貨 1897 10yenM30. jpg 「日本の金貨 貨幣法による新金貨」も参照 [icon] この節の加筆が望まれています。 十円洋銀貨 1950 10円洋銀貨幣 「臨時補助貨幣 昭和24年 - 26年制定の円単位臨時補助貨幣」も参照 1950年には俗に十円洋銀貨と呼ばれるニッケル合金である洋白製の十円硬貨が制定され[1]、1950-1951にかけて製造された。 しかし朝鮮戦争によりニッケル価格がトン当たり約410万円まで高騰したため[2]、1951年5月31日には「ニッケル等使用制限規則」(通商産業省令35)が制定され、大蔵省はニッケルを民需に廻すのが望ましいと判断し、退蔵防止のため製造数をある程度確保するまで造幣局に保管されていた硬貨は結局発行されなかった[3]。 その後、材質・デザインともに変更されて製造・発行されたのが、本項の(ギザ有)十円銅貨幣である[4]。 デザインについては、当時予定されていた50円銀貨(制定無し・未製造)の平等院鳳凰堂のデザインを流用した[3]。 十円洋銀貨は、五円硬貨や現行の五十円硬貨と同じく中央に穴が空けられている[1]。 かつてこの硬貨の所有者が、テレビ東京のバラエティ番組『開運! なんでも鑑定団』に「穴の空いた謎の十円玉」として鑑定を依頼したことがある。 その際、鑑定士の評価により最低でも25万円以上の価値(通貨的価値ではなく、希少的価値)があることが証明されている。 発行されることなく製造が中止された不発行貨のため、資料用として残された分以外は全て溶解処分された。 資料用に残された物は当時の大蔵省や造幣局の関係者(それらに縁のある人物含む)、熱心な収集家など、ごく一部の者しか所有していない。 変遷 1871年 : 旧十円金貨(本位金貨)発行。 1897年 : 新十円金貨(本位金貨)発行。 1950年 : 十円洋銀貨発行計画が朝鮮戦争によるニッケル原価高騰で中止となり、資料用を除いて製造された約7億枚の全てが廃棄される。 1953年 : 十円硬貨発行(製造は1951年から)。 縁にギザがついている(ギザ十)。 1959年 : 縁がギザから平滑になる。 1986年 : 一部の貨幣に平等院鳳凰堂の屋根および階段のデザインが異なるものが存在する(昭和61年後期、昭和62年プルーフセット)。 貨幣大試験 大入袋 [隠す] 表・話・編・歴 Flag of Japan. svg 日本の硬貨 一円硬貨 1JPY 五円硬貨 5JPY 十円硬貨 10JPY 五十円硬貨 50JPY 百円硬貨 100JPY 五百円硬貨 500JPY 製造:造幣局 [表示] 表・話・編・歴 日本の旗 日本の通貨 カテゴリ: 日本の硬貨 青銅 10円 案内メニュー アカウント作成 ログイン ページ ノート 閲覧 編集 履歴表示 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ ツール 他言語版 English 한국어 リンクを編集 最終更新 2013年9月29日 日 15:13 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。 詳細は利用規約を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 モバイルビュー Wikimedia Foundation Powered by MediaWiki ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ って感じです^^.

次の

敵情報_オレコマンド

オレ敵

ここです!!!111 的=敵なのでしょうか? あと、いまさっき、IRCのAOC配信部屋とか、みたら・・・人がほとんどいません。。。 なんでだろう???10円玉が効いたのかな???www Wikiによると・・・いちおうググるか・・・。 以下、コピペしときました^^ >>>また、2006年に日本銅センターが行った実験で、十円硬貨に含まれる銅イオンの殺虫効果が確認された。 水たまりに十円硬貨を入れておくとボウフラが発生しなくなるというのは、銅イオンの溶出によるものと思われる。 なるべく新しい硬貨を使う方が良いといわれるが、銅イオンの溶出により硬貨は腐食することになる。 5 g 直径 23. 5 mm 図柄 平等院鳳凰堂(表面) 常盤木(裏面) 発行開始 ギザ無:1959年(昭和34年) ギザ有:1951年(昭和26年) 十円硬貨(じゅうえんこうか)とは、十円玉(じゅうえんだま)とも呼ばれる日本政府が発行する、額面10円の硬貨である。 目次 1 意匠 2 ギザ十 3 金属としての十円青銅貨 4 過去の十円硬貨 4. 1 旧十円金貨 1871 4. 2 新十円金貨 1897 4. 3 十円洋銀貨 1950 5 変遷 6 脚注 7 関連項目 意匠 表面には「日本国」と「十円」そして平等院鳳凰堂が、裏面には「10」と製造年、常盤木がデザインされている。 造幣局では便宜上、平等院鳳凰堂が書かれている面を「表」、年号の記された面を「裏」としているが、明治時代の硬貨と異なり法律上、十円硬貨に表裏の規定はない。 発行は1953年(昭和28年)に開始されたが、製造は1951年(昭和26年)から行われており、刻印も「昭和26年」からある。 ギザ十 ギザ十。 1952年(昭和27年)。 詳細は「ギザ十」を参照 1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)にかけて製造された十円硬貨の縁にはギザがあり、俗にギザ十(ギザじゅう)と呼ばれる。 金属としての十円青銅貨 Edit-find-replace. svg この節には独自研究が含まれているおそれがあります。 問題箇所を検証し出典を追加して、記事の改善にご協力ください。 議論はノートを参照してください。 (2013年9月) 十円硬貨は銅とスズの合金である青銅製だが、錫の割合は少なく純銅に近い。 十円硬貨はソースやタバスコ、酢、醤油、レモン汁、酸性洗剤等に浸すと、表面の金属酸化物や汚れが溶出したり脱落したりして一見未使用硬貨のような光沢を放つ。 古い十円硬貨をピカピカにするという遊びもあるが、このような処理を行うと硬貨の酸化を早めたり、緑青を発生させたり、質量を減らしたりすることになるため、硬貨を劣化させてしまう。 収集的価値を重んじる場合、硬貨にこれらの処理を施すことは禁忌とされる(古銭価値が激減する)。 また、2006年に日本銅センターが行った実験で、十円硬貨に含まれる銅イオンの殺虫効果が確認された。 水たまりに十円硬貨を入れておくとボウフラが発生しなくなるというのは、銅イオンの溶出によるものと思われる。 なるべく新しい硬貨を使う方が良いといわれるが、銅イオンの溶出により硬貨は腐食することになる。 なお十円硬貨にかぎらず、上記のような行為は貨幣を損傷させる行為であるため、貨幣損傷等取締法で罰せられる可能性がある。 過去の十円硬貨 旧十円金貨 1871 10yenM4. jpg 「日本の金貨 新貨条例による旧金貨」も参照 [icon] この節の加筆が望まれています。 新十円金貨 1897 10yenM30. jpg 「日本の金貨 貨幣法による新金貨」も参照 [icon] この節の加筆が望まれています。 十円洋銀貨 1950 10円洋銀貨幣 「臨時補助貨幣 昭和24年 - 26年制定の円単位臨時補助貨幣」も参照 1950年には俗に十円洋銀貨と呼ばれるニッケル合金である洋白製の十円硬貨が制定され[1]、1950-1951にかけて製造された。 しかし朝鮮戦争によりニッケル価格がトン当たり約410万円まで高騰したため[2]、1951年5月31日には「ニッケル等使用制限規則」(通商産業省令35)が制定され、大蔵省はニッケルを民需に廻すのが望ましいと判断し、退蔵防止のため製造数をある程度確保するまで造幣局に保管されていた硬貨は結局発行されなかった[3]。 その後、材質・デザインともに変更されて製造・発行されたのが、本項の(ギザ有)十円銅貨幣である[4]。 デザインについては、当時予定されていた50円銀貨(制定無し・未製造)の平等院鳳凰堂のデザインを流用した[3]。 十円洋銀貨は、五円硬貨や現行の五十円硬貨と同じく中央に穴が空けられている[1]。 かつてこの硬貨の所有者が、テレビ東京のバラエティ番組『開運! なんでも鑑定団』に「穴の空いた謎の十円玉」として鑑定を依頼したことがある。 その際、鑑定士の評価により最低でも25万円以上の価値(通貨的価値ではなく、希少的価値)があることが証明されている。 発行されることなく製造が中止された不発行貨のため、資料用として残された分以外は全て溶解処分された。 資料用に残された物は当時の大蔵省や造幣局の関係者(それらに縁のある人物含む)、熱心な収集家など、ごく一部の者しか所有していない。 変遷 1871年 : 旧十円金貨(本位金貨)発行。 1897年 : 新十円金貨(本位金貨)発行。 1950年 : 十円洋銀貨発行計画が朝鮮戦争によるニッケル原価高騰で中止となり、資料用を除いて製造された約7億枚の全てが廃棄される。 1953年 : 十円硬貨発行(製造は1951年から)。 縁にギザがついている(ギザ十)。 1959年 : 縁がギザから平滑になる。 1986年 : 一部の貨幣に平等院鳳凰堂の屋根および階段のデザインが異なるものが存在する(昭和61年後期、昭和62年プルーフセット)。 貨幣大試験 大入袋 [隠す] 表・話・編・歴 Flag of Japan. svg 日本の硬貨 一円硬貨 1JPY 五円硬貨 5JPY 十円硬貨 10JPY 五十円硬貨 50JPY 百円硬貨 100JPY 五百円硬貨 500JPY 製造:造幣局 [表示] 表・話・編・歴 日本の旗 日本の通貨 カテゴリ: 日本の硬貨 青銅 10円 案内メニュー アカウント作成 ログイン ページ ノート 閲覧 編集 履歴表示 メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ ヘルプ ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ ツール 他言語版 English 한국어 リンクを編集 最終更新 2013年9月29日 日 15:13 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。 テキストはクリエイティブ・コモンズ 表示-継承ライセンスの下で利用可能です。 追加の条件が適用される場合があります。 詳細は利用規約を参照してください。 プライバシー・ポリシー ウィキペディアについて 免責事項 開発者 モバイルビュー Wikimedia Foundation Powered by MediaWiki ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ って感じです^^.

次の