ディーン フジオカ バイオリン。 『シャーロック』制作発表会見にディーン・フジオカ、岩田剛典、佐々木蔵之介が登壇!公式Twitterでライブ配信も!

ディーン・フジオカ、新月9現場は「カオス」 バイオリン初挑戦で苦戦?<シャーロック>

ディーン フジオカ バイオリン

『シャーロック』主演を務めるディーン・フジオカ(C)ORICON NewS inc. 初回視聴率12%超えの好スタートを切った月9ドラマ『シャーロック』(フジテレビ系)。 第2話は前番組の影響で開始時間が遅れ9. 3%だったものの、第3話では9. 6ポイントもアップ。 作り込んだストーリーや登場人物、演出も好評で、ディーン・フジオカ演じる主人公のキテレツさがとくに異彩を放っている。 名探偵シャーロックこと誉獅子雄(ほまれ・ししお)をディーン、相棒・ワトソンこと若宮潤一を岩田剛典が演じるミステリードラマだ。 原作でその名称だけ語られる過去に解決した事件(語られざる事件)に着目しているのが特徴で、そのアレンジやトリック、演出や芝居などSNSではおおむね高評価を得ている。 だがそれ以上に(?)盛り上がっているのが、ディーン演じる獅子雄の奇行だ。 突然バイオリンを弾き始めたり、なぜか変装でひげモジャになっていたり、そのひげを大げさなポーズで取り去ってみたり。 とかく言動が芝居がかって大げさで、SNSでも「なぜバイオリン!? 」「ドラマの途中でいきなりバイオリンを弾いても許されるのはディーンくらい」などの声のほか、ひげを取り去るシーンでは「変装解除!(笑)」とツッコミが。 また、単にメガネを外すだけのシーンでも「このメガネ外しプレイがたまらない」とファンが沸いたり、「フジテレビはディーンの魅せ方を本当によくわかっている」と賞賛する声も見られた。 キャラ設定がそもそも変人ではあるが、普通の俳優がやったら微妙になりそうなところ、ディーンだとツッコミを入れたくなりながらも、なぜかハマる。 浮世離れした演技に納得感があり、クセになりそうな予感もある。 いずれも高い評価を得た。 海外の古典を元にしたドラマでは、その特性ゆえ、舞台的な芝居や日常ドラマにはない劇画っぽさ、浮世離れ感が必要となる。 多くの論評では、ここにディーンがハマったのは、彼のバックグラウンドに要因があるとされている。 ディーンは大学卒業後、旅行したことをきっかけに拠点を香港に。 クラブで飛び入りパフォーマンスをしていたところ、現地のファッション誌編集者からモデルとしてスカウトされた、という特異な経歴の持ち主。 逆輸入の形でNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』(2015年〜)でブレイク。 その後も海外で活躍、居住している他、マルチリンガルでアーティストとしての顔もある。 異文化感に弱い日本人、『ディーンなら…』と納得 そんなディーンについて『シャーロック』でプロデュースを務める太田大氏(『モンテ・クリスト伯』『レ・ミゼラブル』ほか)も、「彼の得体のしれなさはとても貴重。 身近すぎない、そして見ていてどこか不安を感じさせるミステリアスな雰囲気。 ディーンさんが本作の企画意図そのもの」と語っている(エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』)。 そんな貴種流離譚を地で行くフィクション感がディーンさん最大の魅力」と話すのは、過去にディーンへのインタビュー経験豊富なメディア研究家の衣輪晋一氏。 同様に、異文化感を持ったディーンであれば、たとえ突然バイオリンを弾き始めようが、いきなりひげモジャになってようが、『ディーン・フジオカなら仕方ない』と納得してしまう部分がある。 これはプロデューサー太田さんのディーンさんの魅力に対する発見であり大発明と言えるでしょう」。 演劇用語で、うまい具合に誇張されていたり演出されている場合に、褒め言葉として用いられる。 ただ、昨今の日本の芸能界で重宝されるのは、自然なスタイルの芝居や、重厚感、味のある演技。 どんな役にも染まり変幻自在に変化するカメレオン俳優、個性派俳優などと呼ばれる人々が評価される。 オーバーアクションやケレン味ある演技は、ときに軽薄だ、俗受け狙いだと嫌われる風潮があるのだ。 衣輪氏は「これはトレンディードラマ以降の風潮」と解説する。 「80年代に起こったポストモダン運動は、それ以前の文化を古臭い、ダサいと蹴落としてしまった。 テレビドラマも同様でナチュラル志向に。 こうして、ガチガチの俳優たち以外の若手が活躍するトレンディードラマの流行につながり、さらにケレン味が持ち味の時代劇も衰退。 ところが、『半沢直樹』(TBS系)あたりで復活。 舞台役者が次々とテレビ進出するなど、少しずつ他のドラマでも見られるようになりました。 ケレン味とは、歌舞伎や人形浄瑠璃に多く見られる放れ業、早変わり、宙乗りなどのこと。 そもそも日本のエンタメの源流にあり、文化の奥底に根付いているものなので、日本人ならば(好みはあれど)、あればあったで楽しめるもののはずなのです」。 かつて壊したケレン味を再生するフジテレビ、体現する貴重な俳優 はったりを利かせて魅力的に、面白く見せるということは、イコール大衆性がある、エンタテインメントであるということ。 つまり「楽しい」ということだ。 原作へのオマージュとパロディの狭間で、ディーンという存在がうまくバランスを保っているのだ。 「まさにディーンさんでなくては成立しない作品が『シャーロック』。 つまりケレン味の強い作品は、トレンディードラマの王であったフジテレビが壊し、フジテレビが本作で再生させたともいえます」(衣輪氏) 重厚感や味のある俳優もいいが、こういったケレン味ある俳優も重要。 それは単に選択肢が増えるということであり、その分、エンタメ界に奥行きが出るからだ。 ケレン味を自然に体現できるディーンは日本の芸能界でも数少なく、エンタメ界にとっても貴重な存在ではないか。 今後も同作で見られるディーンのケレン味を堪能してもらいたい。 ディーン・フジオカ 1st EPインタビュー•

次の

【動画】ディーンフジオカはバイオリン弾ける?シャーロック撮影合間に練習?

ディーン フジオカ バイオリン

【動画】ディーンフジオカはバイオリン弾ける?撮影の合間に猛練習? ドラマ「シャーロック」でディーン・フジオカさんのバイオリンを弾くシーンが多く見られます。 第一話でディーン・フジオカさんがパトカーのサイレンの音を、バイオリンから発するというシーンがありました。 このシーンに関して、番組公式Twitter上にこのようなツイートがありました。 また、番組制作記者会見においても、このようなコメントがあります。 「バイオリンは初めてなんですけど、練習に練習を重ね…そういう意味でも乞うご期待という感じです(笑)」とコメント。 バイオリンは「難しかった」そうで「本当はもっと練習したかったんですけど、弾く曲が(クランク)インする1週間前に決まった。 先生でも『これは嫌でしょ』っていうプロでも弾きたくないというような曲だったので」と苦戦した様子を明かしつつ、「それも含め、最終回どうなっているのか乞うご期待ですね(笑)」と改めてアピールしていた。 俳優としてだけでなく、本当にマルチな才能をお持ちであることを改めて感じますね。 しかし、バイオリンがパトカーのサイレンの音なんて、本当に出すことができるのでしょうか。 今回の月9「シャーロック」でも主題歌を担当され、本人による着眼点のもと書き下ろされたラブバラードとなっており、このような思いが込められているようです。 cinemacafe. html ディーン・フジオカのバイオリンにネットの声は ディーン様のバイオリンの演奏に、ネットからはこのような声が聞こえてきます。 これこれ! 私が見たいのはこういうクセがすごいおディーン様。 kayoko. s🦋🦁 kayokos19 すごいなー。 バイオリンって音出すだけでも大変なのに。 やったことあるみたいな言い方だけどまるで触ったことないw おディーンに不可能なし。 — キホーテくん dqjote 私はバイオリン弾けないけど、おディーン様のバイオリン を弾く演技 めちゃくちゃ上手い人にちゃんと見えてすごく練習したんだなぁ、と感心してしまったのですよ。 それだけでも見続ける理由になる。

次の

ディーン・フジオカの妻はどんな人? 結婚について語った言葉に「性格までイケメン」

ディーン フジオカ バイオリン

タグ Cremona 弦楽器 注意点 注意 方法 手順 情操教育 得意 弦 理由 子供 好き 奏者 失敗 天狗 天沢聖司 無料 発表会 勘違い 費用 順位 音楽 関係性 選び方 選び 質問 貸与 発音 象目 親 聖地 耳をすませば 習慣 習う 練習 変え方 値段 f孔 クレモナ ディーンフジオカ チャンス ジブリ ジネットヌヴー サイズアップ コンクール お金 ドラマ オイルニス ウィーンフィル ウィーン ヴァイオリン イタリア アルコールニス f字孔 デメリット ニス 保護者 メンテナンス 価格 作り方 事実 両方 上手 三朝バイオリン美術館 メリット バイオリニスト マインドセット マインドアップ ピチカート ピアノ パフリング バイオリン工房 バイオリン 高価 フジテレビドラマ「シャーロック」 分析の前に、簡単にシャーロックについてご紹介いたします。 (ご存知の方は、この章をスキップして下からご覧ください) 2019年秋のフジテレビ作成の月曜日夜9時からのドラマの「シャーロック」が注目を集めた、コナン・ドイルの作品「シャーロックホームズシリーズ」を原作とし、現代の東京に舞台を置き換えて作成されたミステリーエンタメドラマです。 主人公の誉獅子雄(ほまれししお)はフリーの犯罪捜査コンサルタントをやっており、彼に扮するのがディーンフジオカさんです。 一緒に問題を解決していく精神科医の若宮潤一医師役が岩田剛典さんで、2人で愉快にカッコよく事件を解決していきます。 ディーンフジオカがバイオリンを演奏 さて、ここからが本題です。 ドラマ「シャーロック」のシーンで、主人公がバイオリンを演奏するシーンがありますが、元々原作でのシャーロック・ホームズは「ボクシング」が好きで「変装」が得意、「バイオリン」の名手であることで有名ですから、ドラマにもそれらが活かされたわけです。 特に演奏するときは各話のクライマックス前で、いろいろな情報が揃って主人公が推理に入るときです。 心を落ち着かせるためのバイオリン演奏で、鋭い眼光の中でも正確で冷静な推理をしていきます。 また第一話にはパトカーの音をバイオリンで寸部違わず出すシーンもあり、主人公の演奏技術の高さを示しています。 いずれにしても、バイオリン演奏のあとには、すばらしい推理が出て来て事件は解決に進むので、ドラマを終わらせるためのおしゃれなプロローグとしての演出がバイオリン演奏と言うわけです。 なお演奏曲は特に決まっておらず、ドラマ内のオリジナル曲だそうで、残念ながら探しても出て来ません。 (そのうち楽譜が出版されることが楽しみです) 本当に演奏しているのか?嘘なのか? バイオリン経験のある私からしても素敵な演技だと感じましたが、真偽は知りませんでした。 なお、ディーンフジオカさんは歌手としても活躍していますし、楽器もいろいろ経験があるそうですが、バイオリンは演奏したことがなかったそうです。 実は今回のドラマで初めてバイオリンを握るんだそうですが、ドラマ内の演奏は嘘かと言うとそうでもないようです。 ドラマで重要なシーンとなるため、猛特訓したとのことですし、現在も続けているとのことです。 特にバイオリンの演奏曲は各話のオリジナル曲ですから、撮影の1週間前にしかわからないそうで、練習に練習を重ねてスタジオに挑むそうで、さすがの俳優根性と言ってよいと思います。 バイオリン演奏シーンではディーンフジオカさんが確かに演奏しているのです。 ただし、その演奏が別のものに替えられているかどうかは公開されていません。 現実的には、あれほどの演奏であれば、吹き替えされていると考えるのが当然ですが、きれいなバイオリン演奏姿勢や真剣な眼差しには嘘はないですし、「カッコいい!」、「本当に?」、「なんかスゲーシャーロックだ」とのファンの突っ込みと賞賛が多いシーンとなっています。

次の