令嬢 マッスル シリーズ。 このエロ漫画…なんだよ…

【MHWI】EXマッスルボディαを最大限活かしたマッスルカイザー装備の紹介

令嬢 マッスル シリーズ

633 ID:osMI8VOo0. 475 ID:fjVgxwGq0. 200 ID:dZ8Q6M8r0. 715 ID:MNDzWSe8a. 334 ID:DKsEDrLna. 363 ID:fbjqSPhmp. 754 ID:L7mRCB6SM. 775 ID:DKsEDrLna. 107 ID:e1AGy7880. 030 ID:mX6ywTjZ0. net 仕事疲れてんだよ笑っちまった 総レス数 14 3 KB.

次の

令嬢マッスル 小説家になろう 作者検索

令嬢 マッスル シリーズ

頭装備もなし。 装備スキルに「 挑戦者Lv3」や「 攻撃Lv3」などのスキルが揃っているので、組み合わせ次第ではかなり強力な装備を作ることができるでしょう。 下手に装備の組み合わせを考えるよりは、EXマッスル装備に見切り、弱点特効、超会心を付けた方が強いかもしれません。 非常に優秀な装備です。 そして、最も注目すべき点は「 装備の見た目が素晴らしすぎる」ということです! さあ、何も言わず装備画面で右スティックを左右に動かしてみてください。 揺れます。 名付けて「 マッスル カイザー装備」です。 覚醒能力で武器に「 炎王龍の武技」を装備させ、カイザー2部位と覚醒武器でシリーズスキル「 達人芸」を発動。 後は、達人芸を発動させるために会心率を上げるスキルを色々と積んでいます。 「超心・体力珠」がもう1つあれば攻撃Lv7まで上げることが出来るのですが、私は装飾品が足りなかったので断念。 基本的なスキルは全て揃っているので普通に使えると思います。 「地質学」を装備すれば導きの地周回用装備としても使えます。 挑戦珠IIが必要ということで作成難易度は少し高め。 頭には「 【知略の眼鏡】装衣」を装備していますが、他の重ね着を装備しても構いません、オプション設定で「 頭装備を非表示」にすることもできます。 頭装備に関しては、ただの私の趣味です。 クエスト内容の詳細 イベントクエスト「嗚呼、マッスルボディ」の詳細です。 クエスト内容• ラージャン2頭の狩猟• 受注・参加条件はMR24以上• 場所は闘技場 最初は闘技場にラージャンが1頭しか出現していませんが、時間経過で2頭目のラージャンが出現します。 クエストクリアの報酬として「 マッスルチケット」を入手することができます。 EXマッスル装備を全て作成するには合計4枚チケットが必要。 ラージャンが2頭揃うと手が付けられなくなるので、エリア中央にあるレバーを動かしエリアを分断させましょう。 もしエリア分断に失敗してハンターだけが取り残されたとしても、闘技場のベースキャンプ付近にある「 翼竜の止まり木」から柵の向こう側に行くことが出来ます。 失敗した時のことを考えて「 モドリ玉」をアイテムポーチに入れておくと良いです。 ラージャン攻略用の装備を紹介している記事があるので参考にしてみてください。 注意点野良で周回してみての感想なのですが、翼竜の止まり木で柵の向こう側に行けるということを知らない人が多いように感じました。 救難で参加する場合はエリア分断はしない方が良いかもしれません。 まとめ 以上、新しく追加された防具「EXマッスルシリーズ」の紹介でした。 ガロン、キリン、テルマエに並ぶ最強装備がまた1つ登場してしまいましたね。 非常に素晴らしいと思います。 見た目だけでなく装備の性能も非常に優秀。 装飾品が揃えば達人芸テンプレ装備並みに強力な装備を作ることも可能です。 よほど優秀な装備が登場しない限り、私はこの装備をメインで使用することに決めました! 最強装備を追い求めることだけがモンハンの楽しさではない、そんな当たり前のことを私に思い出させてくれたように感じます。 重ね着の実装を急いで欲しいですね!.

次の

令嬢マッスル 小説家になろう 作者検索

令嬢 マッスル シリーズ

出発から一時間半程で、ヘリは小牧空港に到着した。 「お世話になりました」 「また後でお会いしましょ~」 パイロットに礼を言って別れ、迎えが待っている筈の空港のロータリーに向かう。 ロータリーの端には真っ赤なポルシェ911が停まっており、その傍らに、TVコマーシャルでおなじみの鷹巣医師がいた。 アルマーニのスーツにレイバンのサングラスで決めている。 「鷹巣先生ですか?」 「おお、待っていたよ! ささ、乗ってくれたまえ」 四十代半ばのナイスガイに見えるのだが、本当は父と同期の六十代半ばである。 若作りはクリニックが手がけているアンチエイジングの効果で、自ら広告塔としてTVコマーシャルに出ているのだ。 自分自身に医療技術を施す事で顧客にも安心感を与えているのが、クリニックが流行っている理由の一つだろう。 僕は鷹巣医師に勧められるまま、ポルシェの助手席に乗り込んだ。 「いやあ、今回は朝から大変だったねえ」 「まさか、鷹巣先生がドクターヘリを運用しているとは驚きました」 「ヘリの運用だけだよ。 搬送先は他院だからねえ。 うちは美容外科専門だし」 「それでも、現場での処置はなさるのでしょう?」 「ああ。 パイロットは医師だよ。 フライング・ドクターって言うのかな」 あのパイロットは医師でもあったのか。 ならば職業柄、ペニスを見慣れていても可笑しくはない。 僕はてっきり、妙な妄想をしてしまっていた。 「これからどちらへ?」 「名駅前の本院だよ」 「お嬢さん、今日もお仕事なのですか?」 「いやいや、今日は休診日でね。 娘とは本院の応接室で会ってもらう」 「応接室?」 「君も俺も、はっきり言って目立つからね。 レストランやホテルでは人目もあるだろう」 確かに、著名人である鷹巣氏と、短身の僕はどちらも目立つ。 週刊誌のゴシップ記事にされるかも知れないし、最近は、素人が著名人のプライベートを勝手に撮影して、インターネットで公開する事も多い。 まして僕は一般人だから、プライバシーに配慮してくれたのだろう。 名古屋駅近くにある、鷹巣クリニックの本院についた。 駅前商業ビルの1フロアを占有する、贅沢な造りである。 自動ドアの前には休診の表示がされており、照明は付いている物の、誰の姿もない。 「済まんが、娘の支度があるのでね。 少々待っていてくれたまえ」 応接室に通され、待つ事およそ十五分。 出されたコーヒーを飲み終わった頃、ノックの音が響いた。 「炉利君、いいかね?」 「どうぞ」 鷹巣医師と共に、若い女性が入室して来た。 何か瑕疵があるのだろうと、ある程度は覚悟していたのだが、彼女の姿は予想を超えたインパクトのある物だった 柔和そうな碧眼の垂れ目に、くっきりとした顔立ち、プラチナブロンドの長髪。 歳は高校生位に見えるのだが、医師である以上、最低でも二十代半ばだ。 顔だけなら美人の部類に入るだろうが、その下の肉体とは全く調和が取れていなかった。 185cm超はあろうかという長身に、筋骨隆々の体格。 さらに身に纏う服は、フランス人形の如きフリルの多い黒基調。 「当院で医師を務めております~ 鷹巣佐保と申します~」 「あ、あなたは、さっきのパイロット!」 口調でようやく気が付いた。 彼女は僕を迎えに来たパイロットだったのである。 「はい~ 失礼とは思いましたけど~ ちょっと悪戯心で~ もしかして気付くかと思ったんですけど~」 佐保さんはいかにもなドヤ顔である。 筋骨隆々な体格で低めの声とはいえ、女性と見抜けなかった僕も大概だが、佐保さんは見かけによらず、結構いい根性をしている人らしい。 「鷹巣先生。 奥様が外国の方だったんですか?」 「いや。 家内は日本人だよ。 子供に恵まれなくてね、佐保は実の娘ではない。 もちろん、今は帰化しているがね」 いわゆる国際養子か。 育てられない訳ありの子供を、国外に養子として送り出す事は実際よくある。 何故にわざわざ国外かと言えば、確実に縁を切りたいが為である。 「お仕事の時は白衣ですから~ お休みの時はこういう~ 女の子らしい格好をするのが~ 楽しいんですよ~」 顔だけならともかく、その体格にゴスロリは全く似合っていない様な気がすると思ったが、口には出さなかった。 「ヘリの方は御趣味では?」 「あれはお父様の趣味です~ 私にとっては~ お仕事なんですよ~ 人助けですから~ やり甲斐はありますけどね~」 鷹巣医師の趣味や政治的な打算はあるにせよ、ドクターヘリの運行自体は立派な公益だ。 ヘリの操縦は高い技量を要するが、それにやり甲斐を感じているというなら、公共心は相応に持っている人なのだろう。 医師として良い特性である。 「炉利先生は~ ご趣味は何ですか~」 「多忙で中々、そういう時間が取れなくて」 冒頭でも述べたが、僕はアニメやコミックが好きな、いわゆる「ヲタク」である。 世間的な嫌悪が薄れたとは言っても、偏見を持つ人が全くいないわけでもないので、うかつにそれを言う事は躊躇われた。 「お仕事熱心なのは結構ですけど~ 大丈夫ですか~」 「君の父上とも話したが。 もし何なら、こちらの方から医師の斡旋をしてもいいのだがね」 佐保さんが気遣いの言葉をかけてくれると共に、鷹栖医師が思わぬ申し入れをして来た事によって、僕は経営者モードに頭を切り換えた。 地方病院の医師不足は深刻である。 鷹巣医師が斡旋してくれるならば願ってもないのだが、それも含めての縁談か。 長身で筋骨隆々の白人女性を妻に迎えようという奇特な人は少ないだろう。 そこで、医師の斡旋を条件の一つとして持ちかけたのではないか。 父は何も言っていなかったが、この話がまとまらなければ親としてのみならず経営者としても大いに落胆するだろう。 「とても有難いお話ですが……」 「そこを含めて、よく考えてくれたまえよ。 さて、後は若い二人に任せようかね」 鷹巣医師は悩む僕に、白い歯をキラリと光らせて微笑むと席を立った。

次の