フッ素 なし 歯磨き粉。 【厳選】安全性・無添加にもこだわったフッ素なし歯磨き粉12選!

フッ素入り歯磨き粉はうがいの回数で効果と濃度が決まる!上手な4つの使い方。

フッ素 なし 歯磨き粉

だから安心な歯磨き粉を探しているのだと思います。 この記事では、 おすすめNO. 1のフッ素なし子供用歯磨き粉についてお知らせ致します。 だからフッ素なしの子供用歯磨き粉をお探しかと思います。 でも、フッ素さえ入っていなければ大丈夫なのでしょうか? 歯磨き粉にはフッ素以外にも危険な成分がいっぱい 子供用も大人用も同様ですが歯磨き粉には フッ素以外にも危険な成分がたくさんあります。 研磨剤、界面活性剤、殺菌剤、発泡剤、 シリコン、酸化防止剤、他 こんなにも危険な成分が入っているんです。 さらに研磨剤として、とても危険なマイクロビーズが入っている歯磨き粉もあります。 「歯磨き粉は飲み込むものではないので危険ではありません!」 そんな事をおっしゃっている方もいます。 それはごもっともだと思います。 ですが・・・ 子供って歯磨き粉飲み込みませんか? つまり、フッ素なし歯磨き粉を探すのであれば、 先にあげた成分が入っていないもを探した方が良いという事です。 ですが、本当にフッ素なしの歯磨き粉で良いのか? これについて、もう一度考えてみて下さい。 フッ素のメリット フッ素には歯質を強化して虫歯になりにくい強い歯を作ってくれる そういったメリットもあります。 フッ素なし歯磨き粉を使うという事は、このメリットを無くしてしまうという事です。 乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすい歯になります。 フッ素なし歯磨き粉では断トツでコレをお薦めします。 「具体的にどうしてお薦めなの?」 そうですよね。

次の

フッ素なし歯磨き粉のおすすめは?無添加、無配合のハミガキ粉

フッ素 なし 歯磨き粉

お口のトラブル対策が万全なものを選びました やはり、大人であっても子供であっても「口臭」を気にする人は多いですよね。 子供同士の場合、「なんか口くさいよね」という噂がたってしまっては大変。 「口が臭い」と友達に言われたことがきかっけで学校へ行けないという子供も少なくないんです。 もちろん、子供だけじゃなく大人だって口が臭いなんて言われたらショックですよね。 年を重ねれば重ねる程口臭は強くなってしまうので僕としても気になります。 エチケット、マナーとして口臭予防万全の歯磨き粉を選びました。 もちろん、黄ばみが落とせたり、歯茎にも良いものがいいので、その点も踏まえてランキングをつけさせていただきました。 子育て中の父親が選んだフッ素なし歯磨き粉ランキングはこちらです! フッ素なし歯磨き粉を選ぶべき理由とフッ素の害について フッ素は歯を丈夫にする効果が期待できると言って、歯科医院でも塗布する事がありますが、実際には大量摂取すると急性中毒が起きてしまう可能性もあります。 また低濃度であったとしても、長期的に摂取すると骨硬化症や骨肉酒、発がん性等の可能性が出てくるという風に言われています。 勿論歯磨き粉として利用する場合、それを飲みこむ事は殆どありません。 通常は飲みこまずにそのまま吐き出します。 しかし実際には100%吐き出すわけではなく、その一部は飲みこむ事になり、さらに体内に入ると尿中に排出されたり、骨に沈着したりします。 その沈着は大人に比べると子どもの方が多い為、その点に注意すべきだという指摘も存在しているのが現状です。 歯みがきは毎日何度もする為、その時に利用する歯磨き粉に含まれている成分によって体に害があるというのは出来るだけ避ける方が無難です。 フッ素自体は歯みがきだけでは大量に摂取する事にはなりませんが、だからと言って体に全くの影響が長期的に見ても無い、と言う訳ではありません。 その為、安全性について考えた上でも、フッ素なしの物を利用する方法が適していると言えます。 歯磨き粉には様々な成分が配合されていますが、中にはフッ素の無いタイプも存在しています。 それを利用すれば実際にフッ素による害を心配する必要もなくなる為、特に体への蓄積が高いお子さんの利用に関しても、それ程心配する必要が無いというメリットが出て来ます。 歯磨き粉のブリアン(Brian)の特徴 ブリアンはウイステリア製薬が販売している子供用歯磨き粉です。 ニュージーランドで虫歯になりにくい人の研究で発見されたBLISM18という乳酸菌を使用しています。 細かい粒子なので歯と歯茎の間や歯ブラシが届きにくい奥歯にも届くので磨き残しにも効果的です。 特徴は一般的な歯磨き粉と違い粉状になっています。 歯ブラシの毛先を少しだけ濡らして着けて使用します。 磨いたあとは水でゆすがなくてもいいのでうがいの苦手な子供でも大丈夫です。 歯みがきが苦手な子供でも使えるようにイチゴ味を採用しています。 子供が毎日使う物なので成分にもこだわり殺菌剤や発泡剤、界面活性剤等の成分は使用していません。 他の歯磨き粉とも併用可能ですがその場合はブリアンを最後に使うようにすると効果的です。 (フローラ)の特徴と歯周病予防への効果 日本では、様々な歯磨き剤が販売されています。 しかし、市販されている歯磨き剤の中には、体に良くないと言われている添加物が入っている歯磨き剤も少なくありません。 歯磨き剤は毎日使うものなので、天然成分だけで製造された歯磨き剤が人気を博しています。 最近、大きな注目を集めているのが、HA-118。 この製品は、すべて天然由来の成分でできているのが特徴の歯磨き剤です。 口臭と虫歯を防ぐ効果が期待でき、歯垢を除去し、歯を白くします。 また、口の中を浄化するので、虫歯や歯周病の原因となる歯石の沈着も防ぎます。 ヒノキエキスなど4種類の植物成分が、歯と歯茎の健康を守ります。 ヒノキエキスは、森林浴でも有名なヒノキのエキスで、リラックス効果がある香りでも知られています。 プロポデンタルEX( プロポリス健康増進会)の特徴 プロポデンタルEXはプロポリス健康増進会が販売している医薬部外品の歯磨き粉です。 歯科医師と共同研究をし試作を繰り返し開発されました。 1995年の発売以来、リピーターも多くいます。 特徴はミツバチ作る天然物質のプロポリスを日本で初めて配合したことにあります。 プロポリスはフラボノイドやアミノ酸、ミネラル、ビタミン等の有用成分が含まれており抗菌作用が高いといわれています。 また、細胞膜を強化し細胞全体の働きを活性化させる作用もあります。 ブラジル産の高濃度プロポリスを配合しており歯周病等の原因菌を殺菌する薬用成分も配合しているので歯周病予防だけでなく歯肉炎や歯槽膿漏の予防、歯垢の抑制、口臭予防等にも効果的です。 石垣島塩歯みがき(しまのや)の特徴 昔から塩は、口の中の雑菌を消毒し口臭を予防する効果があると言われています。 その塩の良さを存分に活かした歯磨き粉が「石垣島塩歯磨き」です。 この石垣島塩歯磨き粉は、沖縄県石垣島の海からとれた自然海塩のみを使用している為、歯に良いと言われるミネラルとカルシウムをたっぷり含んでいるのが特徴です。 この成分が、口臭と虫歯を防ぎ、歯垢を除去し歯を白く見せる効果をもたらします。 さらに、この塩をサポートする成分のアロエベラ・カンダバー等も含まれています。 そして塩と同様に、無添加にこだわっている為、合成着色料・発泡剤・香料・パラベン・サッカリンは一切含まれていません。 誰でも使う事ができる、安全でお口に優しい歯磨き粉だと言えるでしょう。 モリンガモイストクリーンブレスプラスアクアの特徴 クリーンブレスプラスアクアは、モリンガ、フィトンチッド、フコイダンなど自然由来のハーブ・精油を50種類以上配合した歯磨き粉です。 口臭・ドライマウスに効果があり、商品の製造はすべて国内工場で行われています。 ドライマウスは、唾液が減ることによって起こり、口臭の大きな原因のひとつといわれています。 特に女性に起こりやすく、加齢や生活習慣の乱れなど、要因は様々です。 クリーンブレスプラスアクアはミント味で爽快感があり、口内の潤いを促します。 また、口内環境を整え、口臭の悩みを解消します。 クリーンブレスプラスアクアは、天然美容成分が含まれているのも特徴のひとつで、美容効果も期待できます。 この他、虫歯予防する効果もあります。 なたまめ歯みがき(マイケア)の特徴 なたまめ歯みがきの特徴は、口臭予防効果の高さにあります。 なたまめ歯みがきをつけた歯ブラシを咥えた瞬間から、口の中のネバついていたものが取り除かれていく感覚があり、ブラッシングのあとには爽やかな息の香りが自分自身でもわかります。 そのまま過ごしていても、この爽快感が長続きしてくれるので、繰り返し歯を磨き直す必要はありません。 これらは、なたまめの持つ成分が有効に働いていることによります。 加齢とともに口内環境は劣化しやすくなり、口臭も気になりはじめます。 特に高齢者に注目されていますが、若い世代にとっても、自然な成分を利用して合成界面活性剤が未使用であることでの安心感が魅力になっていますので、利用者が増えています。 なた豆塩はみがきプラス(お茶村)の特徴 なた豆塩はみがきプラス(お茶村 の最大の特徴は、「なた豆」を使用しているという点です。 なた豆は、中国の薬膳の一種で別名「膿取り豆」とも呼ばれており、その中に含まれているアミノ酸を中心とした成分が、歯周ポケットの中に入った汚れを取り除き、歯茎の炎症を抑えてくれる効果があります。 その為、この商品を使い続けるとお口の中のネバネバが取れ、常にさわやかな状態を維持できます。 また、なた豆の効果を引き出す為に、茶エキスやクマザサ、ドクダミ、ブルターニュ塩などが含まれています。 そして、発泡剤・パラベン不使用で、無着色・無香料で安全性が高いこともポイントです。 子供からお年寄りまで末永く使っていける歯磨き粉です。 なたまめ柿渋歯磨き粉(京都やまちや)の特徴 なたまめ柿渋歯磨き粉は、滋養豊かな巨大豆のなたまめのエキスと、京都産天王柿の柿渋のエキス、ミネラルがたっぷりの赤穂の天然塩、薬用成分グリチルリチン酸ジカリウムを配合、研磨剤も天然のサンゴ・貝殻パワーを利用し、合成界面活性剤や合成発泡剤、合成香料、合成着色料などを一切使用していませんので、環境や体に優しいのが特徴の歯磨き粉です。 歯肉炎や歯槽膿漏の予防、口臭の防止、歯の黄ばみに効果を発揮します。 自然派の体に優しい歯磨き粉ですので、お子様でも安心して使えますし、特に、お口の悩みがない方でも、歯周炎や口臭の予防として使うことも出来ます。 もちろん、入れ歯の方、矯正中の方、どなたでも使うことが可能です。 なたまめ柿渋歯磨き粉は、お口のトータルケアに最適な歯磨き粉です。 フッ素の危険性と摂取を続けた場合に現れる症状、リスクについて 虫歯を予防するためや、鍋のこげつきを防止するなど日常生活の中にフッ素はたくさん使われています。 しz年会の中に広く分布する元素なので、海藻や茶葉といった口にする食品の中にも多く含まれています。 人間の体内では作ることができないため、食事などから摂取する必要があり、必須の微量元素としても知られています。 特に、歯にすることで、表面のエナメル質を強化して、虫歯になりにくくする効果が知られているため、歯科医院で多く活用されています。 市販されている歯磨き粉にも、含まれているものがほとんどです。 しかし、毎日口にするものですから、安全かどうかというのは非常に高い関心を持たなければいけません。 フッ素は通常の使い方をしている分には問題はありませんが、過剰な摂取を継続的に行うと、危険性が高まるので注意しましょう。 中毒症状でよく知られるのは、下痢や腹痛、吐き気です。 中毒量は、体重1Kg当たり2mgで、体重30Kgの子供が中毒を起こすには60mgになります。 60mgというのはとても少ない量に感じますが、フッ素が配合されている歯磨き粉であれば、1度にチューブ2本分をまとめて使用し、なおかつ飲み込まなければ起こりません。 虫歯予防のためのうがい薬にも配合されていますが、これも10〜38回分を1度に飲みこまなければ急性中毒は起こりません。 子供の場合、誤ってうがいに使った水を飲んでしまうことはあり得ますが、この量を1度に飲むというのは、現実的ではないでしょう。 また、元々水の中に高い濃度のフッ素が含まれている国や地域があり、その地域の人は歯に白斑といって部分的に白くなってしまうことがあります。 斑状歯と呼ばれる状態で、慢性症状の1つとされています。 日本ではそれほど水道水に含まれている濃度が少なく、心配する必要はありません。 骨硬化症や骨肉腫、発がん性をリスクとしている文献などもありますが、日常的に使う範囲の量では起こる可能性は極めて低いです。 これらのリスクは長期間、大量に摂取することで、発生するものです。 年に数回歯科医院でフッ素を塗ってもらったり、加工されたフライパンや鍋で調理をしても、人体にはほとんど問題がないと言って構いません。 反応しやすい元素なので、単体では存在することができず、歯磨き粉などの中にはフッ化ナトリウムやフッ化リン酸ナトリウム、モノフルオロリン酸ナトリウム、フッ化第一スズといった成分として配合されています。 フッ素が赤ちゃんや子供に与えるリスクについて 日常的に使用する歯磨き粉の中にはフッ素が含まれているものがたくさんあります。 そのフッ素にはいい面と悪い面のどちらも共存しているのです。 フッ素には虫歯の原因ともなる歯垢を作る酸の量を抑えたり、歯を強くするカルシウムの沈着を促す働きがあります。 こういった理由から「虫歯を予防する」というフレーズで様々な歯磨き粉に利用されています。 何も特別なものではなく、大人用であれ子供用であれ、市販されている歯磨き粉の多くがこのフッ素を含んでいます。 しかし、このフッ素には毒性があるということが囁かれています。 発がん性物質であることから、赤ちゃんや子供が摂取すると歯の発育不全が起こると言われているのです。 それを聞くととても危険なもののように聞こえますが、実は1日3回の歯磨きで使用したとしても、体内に蓄積されるほどの量ではないのです。 確かに毒性を持った成分であることに変わりはありませんが、体に害を及ぼすレベルではないため過剰に心配する必要はありません。 それよりもフッ素を使用しないことで虫歯になるリスクが高くなる方が問題だとされています。 そのため歯医者さんに行った場合でもフッ素入りの歯磨き粉をすすめられることがほとんどです。 歯磨き粉の研磨剤の種類とその特徴・効果、摂取の危険性について 現在市販されている歯磨き粉のほとんどには、研磨剤が含まれています。 しかしこれにはメリットもデメリットもそれぞれに存在するため、一概に使えばいいというわけではありません。 まず研磨剤の効果としては、歯の表面に付着した茶渋やくすみを落とすことができます。 白く美しい歯を保つには必要不可欠なものです。 成分には、リン酸水素カルシウムや水酸化アンモニウム、炭酸カルシウムなどが含まれているのが特徴です。 当然口に入れる前提で作られていますので、基本的に過剰に飲み込むようなことがなければ身体に害はありません。 とはいえ研磨剤のせいで、逆に歯のエナメル質が傷付けられてしまう危険性があります。 これは決して軽視はできないことであり、エナメル質が痛むと知覚過敏などの様々な症状を引き起こすキッカケになります。 更には茶渋などの汚れが付着する頻度も高くなり落ちにくくなるリスクまでありますので、本末転倒な結果を招いてしまうことも危惧されるのです。 これを予防するには、少ない歯磨き粉で優しく歯を磨く必要があります。 そもそも歯の汚れは歯磨き粉を使わなくても十分に取れています。 歯磨き粉を大量に使うのではなく、正しい歯磨きの仕方を覚えた方が効率が上がるのだと覚えておきましょう。 特に子どもの乳歯は柔らかいですので、研磨剤が入っていると良くないとされています。 ですからこちらも歯磨き粉を使わずに磨くか、または子ども専用の研磨剤が入っていない歯磨き粉を使ってあげましょう。 研磨剤の良し悪しをしっかりと理解して、健康な歯を保っていってください。 一般的な歯磨き粉に含まれる危険な配合成分と特徴、人体への影響について 市販されている商品は、どれも安全性などの厳しい検査を経たものだから安心と考えている人が多いです。 しかし、口の中に入れる歯磨き粉の中に含まれている成分の中には、危険性の高いものも含まれているので注意が必要です。 まず、一番に知っておかなければいけないのが、フッ素についてです。 フッ素は、歯の表面にあるエナメル質を強化し、虫歯菌を弱める働きがあるので、虫歯予防に効果的です。 大人用はもちろん、子供用にもほとんどの製品に含まれているのがフッ素ですが、とても反応しやすい元素なので単体では存在することができず、フッ化ナトリウムやフッ化第一スズといった化合物として配合されています。 通常の歯を磨くのに使う分には、それほど問題がありませんが、チューブを丸ごと飲むなど、一度に大量の摂取をしてしまうと、急性中毒して、吐き気や腹痛といった症状が出ます。 継続的に高い濃度のフッ素を体内に取り入れていると、慢性化の症状として、歯に白斑としって白い部分がでてきてしまったり、骨が硬くなってしまうなどの症状が出ます。 また、着色料や安定剤として使用されている、酸化チタンという成分も、継続的に取り続けると発がん性があることが知られています。 プロピレングリコールも同様に発がん性があることが知られていて、皮膚や粘膜への刺激が強いため、皮膚炎や湿疹を引き起こすという特徴があります。 ラウリル硫酸ナトリウムは、発泡剤として配合されていますが、とても洗浄力の高い界面活性剤です。 子供の場合は、歯磨き粉を誤って飲み込んでしまうことが多いですが、飲まなくても、口の中の粘膜から吸収されてしまうこともあるので、注意しましょう。 また、最近マイクロビーズといって、とても小さく加工された成分が環境や人体に影響を及ぼしていることが分かってきました。 1mm以下の固形プラスチック粒子のことをマイクロビーズと言いますが、小さいためにフィルターなどを痛快して川や海に大量に流れ込んでいます。 歯磨き粉には、研磨剤として使用されていて、ポリエチレン、ポリプロピレン、コポリマーという成分が当てはまります。 歯茎の中に入り込んでしまったり、眼球に入ってしまうと角膜を傷つけると言ったトラブルにつながります。 歯磨き粉を買う際には、成分表示をよく確認してからにしましょう。 改めて確認してみると、予想より多くの化合物の名称が書かれていて、初めて見ると驚いてしまう人もいます。 歯周病予防には定期的な歯医者さんでのクリーニングが大切な理由と歯医者さんでの処置内容 まず歯周病予防に歯医者さんでのクリーニングが大切な理由ですが、これは歯周病予防には歯垢と歯石の除去が必要不可欠であるためです。 歯垢とはプラークとも呼ばれることがある、細菌の固まりのことです。 そしてその歯垢が、唾液に含まれているミネラル分などによって硬化して歯に付着してしまうのが歯石です。 歯垢は日頃の歯磨きである程度までは除去することが可能ですが、歯石になってしまうと自力での除去は極めて難しくなります。 その状態を放置しておくと、いわば細菌の固まりを放置しているようなものですから、歯周病に罹患するリスクはとても高くなってしまいます。 歯医者さんでのクリーニングを受ければ、専門的な処置によって安全に歯垢、歯石を除去することができるので、歯周病予防にとても高い効果を期待することができます。 また仮に歯周病を発症してしまっていた場合でも、定期的に歯医者さんに口腔内を検査してもらうことで、早期発見、早期治療につなげることも期待できます。 次に歯医者さんでの処置内容についてです。 これは簡単なところで言えば、歯磨きへの指導や、実際に歯科医師や歯科衛生士が正しい歯磨きを実施すると言ったことが挙げられます。 また超音波を利用して付着してしまった歯石を除去すると言った内容や、先の尖った専用道具を利用して細かい部分の歯石を除去すると言うのも処置内容のひとつです。 また歯垢や歯石を除去した後、できるだけ再びそれらが付着しにくいようにするために、PMTCと呼ばれる清掃が行われることもあります。 専用の機具とフッ化物入りの研磨剤を使用して、より歯周病予防に対しての効果を高める狙いがあります。 歯医者さんでのクリーニング以外の歯周病の予防方法とは 歯周病は、日本人の大半が患っていると言われている病気です。 進行すると歯茎が痩せてしまったり、歯が抜けてしまうこともあるなど、深刻な症状が起きる場合もあります。 そこで、日本では歯周病を防ぐために様々な対策方法がとられています。 歯周病を予防する方法として最もメジャーなのは、歯科に行って歯医者さんにクリーニングをしてもらったり、指導を受ける方法です。 歯科医は歯のプロフェッショナルなので、歯に関する疾患・病気のことであれば詳しく、その予防方法なども教えてもらえます。 しかし、歯医者さんでのクリーニング以外でも、歯周病を予防する方法は存在します。 歯周病予防の基本となるのは毎日の歯磨きです。 そのため、毎日しっかりと歯を磨くことが重要です。 菌の温床となるプラーク(歯垢)を取り除くことにより、症状の進行を抑えることができるので、歯を1本1本磨き上げるつもりで、ていねいに磨いていくのが重要です。 歯ブラシでは落ちにくい歯と歯の間の汚れには、歯間ブラシやデンタルフロスを使用して汚れを落とすことも忘れないようにしましょう。 また、食生活を改善することでも歯周病は予防することができます。 食事の際には、口に入れたものをよく噛んで食べ、唾液を出すことで歯周病の予防になります。 唾液は、口の中の汚れを洗い流して、菌が歯に付着するのを防いだり、プラークの中に存在する細菌の作用を抑制する効果があります。 そのため、食事の時によく噛んで唾液を分泌させるようにすることが予防につながります。

次の

わたしが市販のフッ素入り歯磨き粉を使わなくなった理由

フッ素 なし 歯磨き粉

だから安心な歯磨き粉を探しているのだと思います。 この記事では、 おすすめNO. 1のフッ素なし子供用歯磨き粉についてお知らせ致します。 だからフッ素なしの子供用歯磨き粉をお探しかと思います。 でも、フッ素さえ入っていなければ大丈夫なのでしょうか? 歯磨き粉にはフッ素以外にも危険な成分がいっぱい 子供用も大人用も同様ですが歯磨き粉には フッ素以外にも危険な成分がたくさんあります。 研磨剤、界面活性剤、殺菌剤、発泡剤、 シリコン、酸化防止剤、他 こんなにも危険な成分が入っているんです。 さらに研磨剤として、とても危険なマイクロビーズが入っている歯磨き粉もあります。 「歯磨き粉は飲み込むものではないので危険ではありません!」 そんな事をおっしゃっている方もいます。 それはごもっともだと思います。 ですが・・・ 子供って歯磨き粉飲み込みませんか? つまり、フッ素なし歯磨き粉を探すのであれば、 先にあげた成分が入っていないもを探した方が良いという事です。 ですが、本当にフッ素なしの歯磨き粉で良いのか? これについて、もう一度考えてみて下さい。 フッ素のメリット フッ素には歯質を強化して虫歯になりにくい強い歯を作ってくれる そういったメリットもあります。 フッ素なし歯磨き粉を使うという事は、このメリットを無くしてしまうという事です。 乳歯が虫歯になると永久歯も虫歯になりやすい歯になります。 フッ素なし歯磨き粉では断トツでコレをお薦めします。 「具体的にどうしてお薦めなの?」 そうですよね。

次の