プライムミュージック 料金。 Amazonプライムの料金・会費はいくら?支払い方法と更新日も解説!

Amazon Musicの料金とは?無料でも使える!Prime,Unlimited,HDを解説!

プライムミュージック 料金

プライムミュージックとアンリミテッドの違い プライムミュージックとアンリミテッドは、同じ音楽配信のサービスにはなります。 違いを見てみましょう。 曲数 プライムミュージックとアンリミテッドの大きな違いは、この曲数になります。 プライムミュージックは100万曲以上の曲が聴き放題になります。 これだけを聴くと多いように感じますが、実は他の音楽配信サービスに比べると、かなり少ないラインナップでした。 そこで、アンリミテッドはプライムミュージックの40倍の4,000万曲以上という曲数に増得たのです。 これで他の音楽配信を専門としたサービスと肩を並べることができる、充実したものとなりました。 料金 聴くことができる曲数が違うので、料金にも違いが大きく現れます。 プライムミュージックは、アマゾンプライム会員の特典の1つなので、プライム会員の会費のみで、追加料金はかかりません。 プライム会員の会費である、月額400円(税込)か年額の3,900円(税込)がかかるだけになります。 アンリミテッドには、個人プラン、ファミリープラン、エコープランと3つのプランから選ぶようになります。 個人プランは月額980円(税込)、ファミリープランは月額1,480円(税込)もしくは年額14,800円(税込)、エコープランは月額380円(税込)となります。 アンリミテッドはプライム会員にならなくても使用することができますが、プライム会員になっていると、月額が200円割引の780円(税込)で使用できます。 年額だと7,800円(税込)となるので、さらにお得に利用することができます。 プラン プライムミュージックには、プランは特にはありませんが、アンリミテッドは3つのプランに分かれています。 個人プランが一般的なプランです。 ファミリープランは、家族6人まで(会員登録した1人と他の家族5人)が個人プランと同じ機能を使えるようになるプランです。 6人まで使えるのに、月額が1,480円というのはとてもお得です。 個別にアクセスができ、ストリーミング再生も一度に6台の端末で行うことができるので、それぞれが違う場所にいても、それぞれの好みの曲を聴くことができます。 個別に使用できるので、履歴が家族に知られることはありません。 エコープランは、アマゾンエコーを通じて音楽再生ができるプランです。 「アレクサ、アマゾンミュージックアンリミテッドに登録して」と言うだけで、エコープランに登録することができます。 登録したアマゾンエコーでしか、音楽を聴くことはできませんが、スマホやパソコンでの再生が必要ないという時には、月額が安いのでお得に使うことができます。 プレイリストやラジオ アマゾンミュージックの機能で便利なのが、豊富なプレイリストやラジオです。 プレイリストは、J-POP、クラシックというようなジャンルの他に、「寒い日に家で聴きたいポップス」「家事がはかどるポップス」など、それぞれの好みや気分、状況に合わせた音楽を選ぶことができます。 ラジオはジャンル別に24時間音楽が流れるミュージックステーションです。 曲を聞き流していたい時、聴きたい曲が分からない時などにおすすめです。 ジャンルに合わせておけばBGMとしても聞くことができます。 プライムミュージックよりもさらにアンリミテッドの方が豊富なラインナップになっているので、楽しむ幅が広がります。 自分の知らなかった分野や新しい好みの音楽が見つかるきっかけになりますよ。 プライムミュージックとアンリミテッドの共通点 プライムミュージックとアンリミテッドには違いもありますが、共通している点もあります。 オフラインで使用できる 曲をダウンロードする時に気になるのが、通信量ではないでしょうか?プライムミュージックでもアンリミテッドでも、ダウンロードをしておけば、インターネット環境になくても、速度制限がかかっていても、オフラインで再生することができます。 スマートフォンやタブレットに「アマゾンミュージック」という専用のアプリをダウンロードしておいて、その中に曲を保存することができるのです。 「設定」のページで「Wi-Fi環境時のみダウンロードする」をオンにしておくと、データ通信量をたくさん使用することがないので安心して音楽をダウンロードすることができるのでおすすめです。 「バックグラウンド再生」もできるので、他のアプリを使いながら、携帯の画面をオフにしておいても、音楽が聴けるので便利です。 広告表示がない 音楽配信サービスに良くあるのが、最初や途中に広告が流れること。 待っている時間がもったいないですし、音楽を聴いている時の気分が変わってしまうこともあり、嫌ですよね。 プライムミュージックでもアンリミテッドでも、広告が流れることはありません。 快適な環境で音楽を聴くことができます。 複数の端末で使用できる パソコンだけでなく、スマートフォンやタブレットなど、他の端末でも最大で10台まで認証させることができます。 家にいる時はパソコンで、外出先ではスマートフォンでというように使いわけが簡単にできます。 ただし、ストリーミング再生は1つの端末でしかできません。 ダウンロードしておけば、他の端末で音楽を聴いていても、同時に聴くことはできます。 音質 プライムミュージックもアンリミテッドも、音質は同じ256kbpdです。 数値が高いほど高音質となります。 これは特に悪い音質ではありません。 しかし、「LINE MUSIC」や「GooglePlay Music」のような他の音楽配信サービスでは、320kbpsの場合もあり、それらと比べると音質は劣るようになります。 音にこだわりがないようであれば、問題なく充分きれいな音で聴けます。 ストリーミングの音質の選択は、設定で変えることができます。 設定をしなければ、「自動」となっていて、インターネット環境によって、自動で調節されるようになっています。 音質にこだわらず、データ量を節約するためには「低」にして、音質にこだわりたい時には、「高」とすることができます。 無料期間がある プライムミュージックもアンリミテッドも、どのようなサービスなのかを最初に試すことができる、30日間の無料期間があります。 無料で試すことができるので、安心してスタートすることができますよね。 現在アンリミテッドは「3か月間99円」というキャンペーンをしているので、さらに長い期間お試しをすることができます。 2018年11月15日~2019年1月4日23時59分までの期間限定になっています。 無料期間、キャンペーン期間が終了すると、自動的に有料プランに移行することになります。 継続したくない場合には、キャンセルの手続きをする必要があります。 アレクサを使うことができる アマゾンの音声で操作する、「アマゾンエコー」を使って音楽を再生することができます。 具体的な曲名が分からない時には、ジャンルを言うだけでも選曲して流してくれます。 アプリにも「アレクサ」というボタンがあるので、そこをタップして話しかければ、その通りの曲を流してくれます。 自分で操作しなくても音楽がすぐに聴くことができたり、選曲までしてくれたりするので、とても便利です。 スリープタイマーがある 音楽を聴きながら寝たいという人も多いのではないでしょうか?プライムミュージックにもアンリミテッドにも、癒し系のヒーリング音楽、オルゴール調の曲などもあるので、リラックスタイムにはピッタリです。 そんな時には、タイマーをしておけば安心です。 15分、30分、45分、60分の区切りから選ぶことができます。 口ずさんだりする時にも歌詞があると楽しめますよね。 パソコンでもアプリでも、再生画面の「歌詞」というところを押すと、歌詞が表示されるようになります。 プライムミュージックがおすすめの人 プライムミュージックは、あくまでもプライム会員の特典の1つです。 よってプライム会員の特典をいろいろと使いながら、毎日の生活の中の彩りの1つとして、音楽を楽しみたいという人に良いでしょう。 プライム会員には他にもお得な特典がたくさんあります。 人気の特典は次のようなものです。 プライム会員の人気特典• 配送料が無料• お急ぎ便や当日お急ぎ便が無料• 動画が見放題(プライムビデオ)• 購入前に試着ができる()• 写真が無制限に保存できる(アマゾンフォト)• 本や雑誌が読み放題(プライムリーディング)• タイムセールやプライム会員限定セールに招待される アマゾンで買い物をお得にしながら、これだけの特典を使いながら、追加料金なしで音楽も聴き放題になるのです。 いろいろなジャンルの曲を聴くことはできるので充分楽しむことができるでしょう。 プライム会員であれば、もしアンリミテッドにバージョンアップしたいと思った時にも月額が200円割引になるのでお得ですよ。 アマゾンミュージックアンリミテッドがおすすめの人 プライムミュージックでは物足りなさを感じる人には、アマゾンミュージックアンリミテッドがおすすめです。 曲数では圧倒的な違いがあります。 他の音楽配信サービスと比べると、料金や曲数がずば抜けて優れているというわけではありませんが、アマゾンをよく利用している人は、登録も簡単ですのでアンリミテッドがおすすめです。 プライム会員でなくても、契約することはできます。 しかし、これを機会にプライム会員にも申し込むという人もいるでしょう。 プライム会員になって、アンリミテッドを申し込めば、アマゾンの特典を受けながら、お得に豊富な音楽を楽しめます。 無料期間やキャンペーン期間があるので、自分に合っているかどうかを見極めてみて下さいね。 アマゾンプライムミュージックとアンリミテッドは自分に合ったものを選ぼう プライムミュージックとアンリミテッドの大きな違いは曲数や料金です。 100万曲以上という楽曲数のプライムミュージックに比べて、アンリミテッドは4,000万曲以上の音楽が聴き放題なのです。 曲のバリエーションにこだわりがあるのであれば、断然アンリミテッドがおすすめです。 プライムミュージックはプライムミュージックの特典がたくさん受けられることがメリットです。 音楽にそこまでこだわりがなければ充分楽しめますよ。 プライム会員になってアンリミテッドに申し込むこともできますし自分に合ったプランを選んで、音楽を楽しんで下さい。

次の

【比較】アマゾン プライムミュージック vs アンリミテッドの違いは?曲数や料金などを比べた

プライムミュージック 料金

追加料金なしで利用できる Amazonプライムミュージックを利用するためには、「 Amazonプライム」の会員になる必要があります。 Amazonプライムの支払いコースは「月間プラン」と「年間プラン」の2つのコースが選べます。 月間プラン 年間プラン 契約期間 1か月単位 自動更新 1年単位 自動更新 会費 月額600円 年4,900円 月額換算325円 1年間契約した場合 計6,000円 計4,900円 1年間でみると、年間プランの方が1,100円もお得になります。 年間プランは1ヶ月換算すると408円となります。 Amazonプライムの他の特典を利用できることも考慮すると、コストパフォーマンスは「最高」の一言。 他にもすごい特典が! 有料会員になる前に、30日間の無料会員期間があります。 この期間ならほぼすべてのAmazonプライムの特典を満喫することができます。 もちろんプライムミュージックも利用できます。 気になる方はまずは無料会員で試してみてはいかがでしょうか。 30日以内に解約をすれば、完全無料です。 スマホで聴ける!パソコンで聴ける! プライムミュージックを利用するために、特別な機器を購入する必要はありません。 お手持ちのスマホやパソコンで楽曲を楽しむことができます。 例えばスマホで音楽を聴くには、専用の「プライムミュージック」アプリが必要です。 アプリを起動させて、Amazonアカウントでログインをするだけ。 面倒な手続きは一切なし。 iPhoneやAndroidの各種端末、「Amazon Fire TV」および「Fireタブレット」でも利用できますよ。 参考 iPhone・iPadやAndroidの各種端末で聴く場合は、アプリのインストールすればOK。 パソコンから聴く場合は、パソコン用アプリの他に「ウェブ版」 ブラウザを使って音楽を聴く を利用できます。 オンライン環境であれば、アプリのインストールなしで利用できます。 私の場合パソコン作業やブログの執筆時なんかにバックグランドでBGMを流しています。 「Amazon Echo(アマゾンエコー)」シリーズを使ってプライムミュージックを利用することもできます。 アマゾンエコーは、スピーカーに話しかけることで操作できるAI 人工知能 を搭載したスマートスピーカーです。 話しかけるだけで、天気、ニュース、時計、家電など簡単操作。 プライムミュージックを利用する時は• ストリーミング再生 インターネットに接続しながら音楽を再生する方式• ダウンロード再生 楽曲データを端末に保存して音楽を再生する方式 ストリーミング再生は、通信料がネックになります。 再生すればするほど、モバイルデータ通信量が増えていきます。 使いすぎれば通信制限がかかってしまいます。 自宅などのWi-Fi環境下では問題ないですが、4GやLTEで接続する際は通信料に注意が必要です。 外出先や通勤・通学途中で聴きたいなら、「ダウンロード再生」がおすすめ。 一旦楽曲のデータを端末にダウンロードしておけば、ネット接続のない場所でも音楽を楽しむことができます。 ウェブ版およびデスクトップ版アプリを使ってパソコンにダウンロードすることはできません。 「Amazonミュージック アンリミテッド」との違いは? Amazonが提供している音楽サービスには、2種類あります。 「Amazon プライムミュージック」• 「Amazon Music Unlimited ミュージック アンリミテッド 」 「 Unlimited アンリミテッド 」とは「制限が無い・無制限の」といった意味です。 特に理解しておくべき、大きな違いは3つです。 楽曲数が違う プライムミュージックは100万曲以上に対し、アンリミテッドは4,000万曲以上。 対象となる会員が異なる プライムミュージックはプライム会員限定、一方のアンリミテッドは全会員を対象 非プライム会員でも利用可能• 料金体系が異なる プライムミュージックはプライム会員の年会費のみ、一方のアンリミテッドは月額980円 割引あり。 楽曲数が全然違う Amazonミュージック アンリミテッドは、楽曲数が4,000万曲とプライムミュージックの40倍以上。 プライムミュージックでも有名曲や過去のヒットアルバムは大体聴くことができます。 でもアンリミテッドを一度使ってしまうと、もうプライムミュージックには戻れないと思います。 洋楽に関してアンリミテッドは、「聴けない曲はない」と言えるくらい充実しています。 邦楽でも若干聴けない曲があるものの、その充実度はプライムミュージックの比ではありません。 百聞は一見にしかず。 2つの音楽サービスの楽曲を見比べてみてください。 参考 参考 対象となる会員が異なる プライムミュージックは、プライム会員でないと利用することができません。 30日間の無料お試し期間中は利用が可能 一方のAmazonミュージック アンリミテッドは、全会員向けのサービスなのでプライム会員でなくても利用することが可能です。 どちらも30日間の間、すべての機能を体験できる「無料お試し期間」が設けられています。 料金体系が異なる Amazonミュージック アンリミテッドは月額制のサービスです。 料金は一般会員で980円です。 Amazonプライム会員なら、割引が受けられ月額780円になります。 1年間の一括払い 年払い では7,800円になり、2か月分1,560円が割引されお得です。

次の

「プライムミュージック」の特徴・ダウンロード再生などの使い方を解説!3つの魅力を紹介します

プライムミュージック 料金

クリックできる目次• Amazonプライムミュージックとは? Amazonのプライム会員になることで、利用することができる音楽ストリーミング配信サービスです。 プライムミュージックはプライム会員の特典の一つなので、 プライム会員費のみの追加料金なしで、200万曲以上が聴き放題になります。 Amazon Musicアプリを使えば、スマホやタブレットで、いつでもどこでも音楽を楽しむことも可能です。 プライムミュージックは、スマートスピーカーのAmazon Echoシリーズにつなぐことで、「アレクサ、音楽かけて」の一言で音楽を聴くことができます。 料金体系 プライムミュージックは、プライム会員の特典の1つなので料金はかかりません。 ですが利用するには、Amazonのプライム会員になることが必要です。 プライム会員には年間プランと月額プランがあり、それぞれ料金が異なります。 月額プラン:500円(税込)• 年間プラン:4,900円(税込) プライム会員 年額 月額 無料体験期間 年間プラン 4,900円 408円 30日間 月額プラン 6,000円 500円 30日間 年間プランは途中で解約した場合、支払った金額は戻って来ないので注意が必要です。 月額プランは月単位で契約出来ますが、年間プランよりも月92円高く、年間にすると約1,000円の差が出ます。 年額を一度に払うのはちょっと、と感じてる人や、数ヶ月試してから続けるか判断したい人におすすめのプランです。 学生はお得に利用できる プライム会員には学生向けのPrime Studentという会員制度があります。 学生であれば、年間プラン2,450円(税込)、月額プラン250円(税込)で入会が可能です。 Amazonを利用するのであれば、入っておいて損のない破格の制度になっています。 主な配信洋楽アーティスト• エド・シーラン• アリアナ・グランデ• テイラー・スウィフト• ヴァネッサ・カールトン• ジャスティン・ビーバー• マルーン5• ブルーノ・マーズ• オースティン・マホーン• サム・スミス• クイーン• レディー・ガガ• ファレル・ウィリアムス• シェリル・クロウ• ビヨンセ• ダニエル・パウター• シャナイア・トゥエイン• ノラ・ジョーンズ• コールドプレイ• マイケル・ジャクソン• ビートルズ• ボン・ジョヴィ• メタリカ• クイーン 洋楽はかなり多くの曲を聴くことができます。 人気アーティストの曲も配信されているので、洋楽好きの方には嬉しい内容です。 アーティストだけで見ると、結構収録されていると感じるのですが、全ての曲が聴けるわけではありません。 昔の曲など、一部の曲しか聴くことができず、新曲はほとんど聴くことができくなっています。 それでもいろいろ探してみると、昔の曲自体は結構聴くことができますよ。 音質 Amazonプライムミュージックの音質は、 最高速度256kbpsの可変ビットレートになっています。 kbpsとは kbpsとはデータ転送レートを表す単位です。 簡単に言うと、数値が大きいほど音質が良いということになります。 音楽配信サービスの音質比較表 サービス名 音質(ビットレート) Amazon Prime Music 最大256kbps Apple Music 最大256kbps Google Play Music 最大320kbps Spotify 最大320kbps LINEミュージック 最大320kbps AWA 最大320kbps (参考)Youtube 128kbps 音質は他のサービスと比べて少し見劣りしますが、普通の人は聴いていても、違いはほとんどわからないくらいの差です。 アプリでは、音質の選択が可能 iosやAndroidアプリでは、音質の選択ができます。 音質は自動、高、中、低から選択が可能です。 初期設定では自動になっていますので、必要に応じて設定して下さい。 音質を低くすると、モバイル回線でストリーミングしているときの通信料を節約できますよ。 通信料が気になる方には、嬉しいサービスですね。 対応デバイス• おすすめ:再生履歴を元に、おすすめの楽曲を選んでくれる• プレイリスト:その日の気分や活動にあったプレイリストを選べる• ラジオ:好きなジャンルの曲を途切れることなく聴ける 洋楽が充実している 楽曲数が少ない中でも、洋楽はけっこう充実しています。 「ブルーノ・マーズ」、「テイラー・スウィフト」、「アリアナ・グランデ」など、人気アーティストの曲も聴くことができます。 洋楽好きの方には大きなメリットです。 洋楽のプレイリストもたくさんあるので、ドライブの時に大活躍しそうですね。 聴き放題配信サイトにハマっている。 筋トレやお風呂で、Bluetoothスピーカーから手頃にかけられるのがいい。 Spotify3ヶ月お試しをやってはいるが、BGMでかけるときはAmazonプライムミュージックのプレイリストのほうが魅力的なのが多く、そちらをかけてしまう。 ソウル特集、かなりよかった。 曲の進行に合わせて歌詞も同期して進むので、歌詞を見ながら曲を聴くことが可能です。 歌詞が分かると、何て言ってるのかが分かりやすくなるのでおススメですよ。 楽曲をダウンロードすればオフラインで聴ける プライムミュージックでは、楽曲を無料でダウンロードすることができます。 ダウンロードした曲はオフラインでも聴くことが可能です。 オフラインモードを使うことでアプリのみオフラインにできるので、wifiでダウンロードしておけば、外出先でも通信料をかけずに聴くことができますよ。 プライムミュージックも入れてみたけど!! これも有能過ぎる!! 無料の範囲でも懐かしの名曲が結構色々入っててダウンロードもできるしオフラインでも聴ける!! もうAmazonさんったら〜〜〜〜💕 — しめお omesimeo 他のプライム特典も利用できる• プライム商品の配送料が無料。 35,000本以上の動画が見放題。 本、雑誌、漫画などが読み放題。 Prime Wordrobeで無料試着ができる。 プライムデー(限定セール)に参加できる。 プライム会員の特典は、プライムミュージックの音楽聴き放題以外にもたくさんあります。 上記と合わせて10個以上の特典があり、普段からAmazonを利用していない方でもお得な内容ばかりです。 プライム会員は、初回登録後に30日間の無料体験期間が用意されています。 期間の途中で解約しても最後まで利用できるので、初めての方でも安心です。 無料期間中に解約すれば料金も一切かからないので、気になっている方は一度試してみてください。 デメリット・注意点• 国内人気アーティスト、人気曲はほとんど聞けない。 複数デバイスで同時再生ができない。 プライムミュージックだけの利用だと料金が割高。 国内人気アーティスト、人気曲はほとんど聞けない 約100万曲という楽曲数の中でも、洋楽が充実している反面、邦楽の楽曲数が少なくなっています。 一部の楽曲を除き、Mr. childrenなどの人気アーティストは、まず聴くことができません。 「」という有料サービスがある以上、仕方がない部分かもしれませんね。 そのため同時に利用することができません。 家族で利用していると、同時に使ったりすることもあると思います。 ですがダウンロードした楽曲に関しては別です。 ダウンロードした楽曲は、同時に別のデバイスでも再生することができます。 聴きたい曲があったら、取り合えずダウンロードしておけば同時再生に引っ掛かることはありません。 プライムミュージックだけの利用だと料金が割高 プライムミュージックはアンリミテッドのお試し要素が強いので、約100万曲という楽曲数では、どうしても割高になってしまいます。 他のプライム特典も利用するのであれば、お得なサービスであることは間違いないです。 プライムミュージックを利用するときは、他の特典も利用するかどうか確認してからの方がいいと思います。 物足りない人は『Music Unlimited』を使おう 「約100万曲だと聴きたい曲がない」、「好きなアーティストの曲が聴けない」 など、プライムミュージックでは物足りない人には、「」という選択肢もあります。 「」は、プライム会員費の他に追加料金がかかりますが、 6,500万曲以上の音楽が聴き放題です。 プライム会員であれば月額980円のところ、 特別価格の月額780円で利用することができますよ。 サービス名 料金(税込) 楽曲数 登録可能 アカウント数 Prime Music プライム会員特典 追加料金なし 200万曲以上 1 Music Unlimited 月額980円 6,500万曲以上 1 Music Unlimited プライム会員の場合) 月額780円 年額7,800円 6,500万曲以上 1 プライム会員でない場合は、月額980円で利用が可能です。 プライム会員の場合は月額780円で利用でき、年間プランも選択できます。 年間プランは年額7,800円で、月額プランよりも2ヶ月分(1,560円)お得です。 もちろん無料期間中に解約すれば一切料金はかかりません。 アカウントサービスより、Amazonプライム会員情報ページを開いてください。 画面左にある、 会員資格を終了する(特典を終了)をクリックします。 ページ下の 特典と会員資格を終了をクリックすると最終確認画面になります。 最終確認画面で会員資格を終了をクリックすれば解約は完了です。 月額408円で聴き放題(年間プラン)。 曲が分からなくても大丈夫。 洋楽がけっこう充実している。 歌詞を見ながら聴ける。 曲をダウンロードすればオフラインでも聴ける。 他のプライム特典を利用できる。 プライムミュージックは200万曲以上が聴き放題になる、プライム会員の特典の1つです。 プライム会員になる必要があるため、プライムミュージックだけの利用では割高感があります。 Amazonで買い物、動画視聴など、他のプライム会員特典も利用するのであれば、メリットのあるサービスです。 無料体験期間も30日間あり、まずは試しに利用してみてから続けるかどうか決められるので、一度試してみるのも良いと思います。 気に入らなかったらいつでも退会することができるし、無料期間であれば料金は一切かからないので安心ですよ。

次の