美味しい 餃子。 パーフェクトな「餃子の焼き方」、守るべきポイントは5つだけ!

宇都宮の餃子をガチで食べ歩き!ホントに美味しい餃子のお店8軒を栃木出身ライターが選んでみた(マップつき)

美味しい 餃子

市販でおすすめの冷凍餃子ランキング第1位は、味の素「冷凍ギョーザ」です。 この商品は年々改良を重ねていて、15年以上冷凍食品で常に売上げトップの商品です。 この餃子は水と油を使わない焼き方で、うす皮でパリッとした羽根つき餃子ができます。 市販の冷凍餃子の中で革新的な商品として今でも根強い人気があります。 「誰が焼いてもブレの少ない焼き方ができる」をコンセプトに開発された商品です。 羽根の素を餃子自体に付け加えた製法は特許出願されました。 価格は12個入りで税込199円です。 下の記事は「市販でおすすめの冷凍餃子ランキングで第6位だった「餃子計画・冷凍生餃子」を紹介しています。 保存方法からアレンジレシピまでとても参考になります。 どんな餃子でも簡単に羽根つき餃子にできます。 手作り餃子や市販の餃子を羽根つきにする焼き方は、まずは水150mlで小麦粉大さじ1を溶かします。 フライパンを強火で熱し、サラダ油や胡麻油をひいて中火にかけます。 フライパンが温まるのを確認し凍ったままの餃子をくっつかない様に並べます。 そのまま1分半温めて、先に作っておいた水で溶いた小麦粉を餃子に回しかけます。 フタをして4分ほど蒸し焼きにし、フタを開けて水分を飛ばす様に焼きます。 上手く焦げ目がつき、さらにフライパンを揺らすと羽根ごと餃子が動けば完成です。 ちなみに小麦粉を使うと片栗粉より焦げやすく、パリパリとした食感になります。 また、片栗粉を使った場合は、小麦粉よりも歯ごたえのある羽根ができます。 しかし、分量を間違うとお餅のようになってしまうため使う分量には注意が必要です。 また、冷凍する際も片栗粉よりも小麦粉がおすすめです。 焼いてよし、煮てよし、揚げてよしの冷凍餃子は、最近コンビニでも、簡単にレンジでチンして食べられる便利な焼き餃子が販売されています。 ただし、フライパンで焼いたパリパリの食感は望めません。 また、生の餃子を冷凍した冷凍餃子は、焼き色がつかないため電子レンジな不向きです。 しかし、電子レンジにオーブン機能が付いていれば焼き餃子として調理が可能です。 また、電子レンジの電磁波を利用して発熱し、焼き目をつけられる発熱プレートを使用すれば可能です。 しかし、電子レンジで作るのは、蒸し餃子や水餃子としてスープにするのがおすすめです。 生の餃子を冷凍した製品は、焼き餃子として調理する前提で作られていると思われるため、蒸し餃子や水餃子、スープにした方が油も使わずおいしくいただけます。

次の

市販でおすすめの冷凍餃子ランキングTOP11|美味しい焼き方のコツも

美味しい 餃子

餃子の像の前で、こんにちは。 県出身ライターの斎藤充博です。 今日来ているのは駅。 と言えば……そう、餃子の街ですね。 餃子と言えばなのです。 (実は市は市に3年連続で餃子購入額で負けています。 でも、なんて他にもうまいものたくさんあるじゃないか~~~! なんて、餃子の他にくらいしか名物がないんだからさ、「餃子の街」くらい名乗らせてくれ~~~!) 僕も小さい頃からよくの餃子を食べていました。 お店で冷凍餃子を買ってきて、家で食べるんですよ。 今日は駅から歩いて行ける範囲にある餃子屋さんを紹介します。 【もくじ】• 超人気店の「みんみん」はホテル アール・メッツ店が穴場 まず最初にオススメしたいのが「みんみん」のホテルアール・メッツ店です。 みんみんはの中でも超有名店。 駅東口店や本店もあるのですが、どこもだいたい混んでいるんですよね。 この店舗はに直結していて、比較的空いているんです(それでも普通の餃子屋さんより全然並んでいますが)。 メニューはこんな感じ。 他県民の人から見るとびっくりされるのですが、本当に餃子とご飯、それから飲み物くらいしかありません。 なぜか「超炭酸水」なんていうナゾのメニューも……。 これは頼んでみるか。 来たっ! 焼餃子と水餃子。 それから超炭酸水。 この時点で餃子のいいにおいがしてきて、たまらん。 焼餃子。 カリカリとした皮をかみきると、中から餃子特有のジュワッとうまい汁があふれ出てくる。 すごく。 水餃子も。 中身は同じなんですが、まるで別物ですね。 ツルンと口の中を滑っていきます。 かむとやっぱりうまい汁がジュワっと出てくる。 焼餃子と水餃子を交互に食べることで、平気で2~3人前食べちゃいますね。 小さい頃からずっと大好きな餃子です。 そうそう、超炭酸水も刺激が強くてうまい。 餃子の油分を全部一度リセットしてくれる感じです。 飲み物が90円というのも、激安で超おすすめ。 店名: みんみん ホテルアール・メッツ店 住所:県市川向町1-23 ビルパセオ3F TEL:028-600-3151 営業時間:月~土 11:00~21:30(L. 20:00) 定休日:不定休あり URL: 2. 餃子を味噌で食べるという発想の「青源」 こちらもの中にあるお店、「青源」です。 こちらの特徴は特製の味噌ダレを餃子に使うこと。 一番人気だという、ネギ味噌焼餃子を注文。 味噌ダレの上に小ネギが載りすぎてて、もう何が何だかわからない状態。 うまい。 うますぎてなぜか鼻の下が伸びました。 味噌タレの味がかなり独特で、味噌の味もするし、酸っぱさもあるんですよ。 でも餃子にとてもよくあう。 餃子も小ぶりで、タレがよくからむようになっています。 水餃子のスープも味噌味。 生姜がものすごく効いています。 一見味噌汁みたいだけれど、全然違う味。 うまい。 店名: 味噌と餃子の青源 パセオ店 住所:県市川向町1-23 パセオ1階 TEL:028-627-8464 営業時間:10:00~19:40(閉店20:00) 定休日:不定休、パセオの休みに準じる 1月1日休 URL: 3. もちもちの餃子を一味マヨネーズで食べる「餃天堂」 駅西口を出て、すぐの所にあるのは餃天堂。 焼餃子と水餃子のセットを注文。 ここには初めてきたのですが、かなり変わった形の餃子……。 焼餃子は 「マヨネーズに一味唐辛子」をつけて食べるのがオススメされます。 そんなの初めて見たよ。 皮がとても特徴的です。 とても分厚くて、モチモチとしています。 味もほんのりついていますね。 餡は肉が多めで、かむと肉汁がじゃんじゃん出てくる。 これは、かなり変わった餃子ですね! スープの中に直接餃子のタレを入れて食べるのは県くらい、って聞いたけど、本当ですかね? 水餃子にはほうれん草が練り込んであって、緑色。 水餃子にした方が皮のモチモチ感が強調される気がしますね。 水の代わりに冷茶が出てきました。 さっぱりしていて、餃子にはすごくよくあう。 一番最初のみんみんの「超炭酸水」といい、飲み物に一工夫してもらえるのはいいなあ。 なんだかんだいって、餃子ってこってりしているからね。 本当にびっくりするジャンボ餃子の「トントン」 駅東口から15分ほど歩いたところにあるのはトントン。 餃子専門店ではなくて屋なのですが、やっぱり目玉は餃子です。 ジャンボびっくり餃子。 これ、本当にジャンボなんですが、この写真で伝わるでしょうか。 ふつうの餃子の3~4倍はあると思います。 いちいち写真写りを気にしてしまうの、よくないですね……。 食べ物は撮られるためにあるんじゃないよ、食べるためにあるんだよ! 箸で持ち上げるのがつらい。 一口では食べることができず、中身がボロボロ落ちてきてしまいます。 食べにくいんだけど、味はうまい。 中身は細かく切られた野菜が主で、案外とさっぱりしていているんです。 これだけ大きくてもペロッと食べられちゃいました。 外の自動販売機で売っている飲み物を自由に持ち込み可能です。 おおらかだ。 ただし、アルコールは持ち込み不可で、お店にも置いてありません。 ゴロゴロの肉とレタスがうまい「豚嘻嘻(とんきっき)」 駅から西口に15分ほど歩いたところにある町通り。 ここには「正嗣」や「みんみん」など餃子の店がたくさんあります。 ここで入ってみたのは豚嘻嘻(とんきっき)というお店。 肉餃子。 肉が塊になってゴロゴロッと入っています。 の餃子って野菜がたくさん入っていることが多いので、こういう食べ応えのある餃子は珍しいですね。 B級グルメっぽくない、リッチな雰囲気のある餃子です。 豚バラレタス巻き餃子。 さっきの肉餃子よりもさらに肉感が強い。 レタスで巻いて特製ドレッシング(マヨネーズみたいな味がする)につけて食べます。 なんだかちょっとオシャレな路線ですね。 こってりした味の餃子にパリパリとしたレタスはよくあいます。 ちなみにお店の入口辺りではレタスを栽培しています。 工場野菜ってやつですかね。 サイバーな雰囲気で、こういうのを見ながら餃子を食べるのおもしろいです。 揚餃子をさっぱり塩で食べる「香蘭」 「餃子の店」という文字がなんだか頼もしい。 東武駅近くの香蘭まで来ました。 ここも餃子の他には飲み物とライスくらいしか置いていない、硬派なお店です。 まあ、餃子専門店に来て「野菜炒め食べたい」なんて気持ちにならないからね。 合理的なメニュー構成です。 餃子なんて日本全国どこでも食べられるけれども、こういうタイプのお店がたくさんあるのって、やっぱりならではじゃないでしょうか。 焼餃子を注文。 ちょっと細長くてスマートな形。 タレをつけた姿もなんだかフォトジェニック。 皮が薄めで、肉感が高い餃子です。 そしてラー油がすごくうまいんです。 揚餃子も注文。 かなり堅めに揚がっています。 他の食べ物で例えるとしたら、カルビーの堅揚げポテトくらい堅い。 塩をつけて食べます。 なんだか高級屋みたいだ。 さっきの堅揚げポテトの印象と合わさって、スナック菓子みたいな雰囲気。 ポリポリ食べられます。 に絶対合いますね、これは……。 店名: 香蘭 住所:県市本町1-24 TEL:028-622-4024 営業時間: 11:30~20:00(閉店) 定休日: 無休(12月31日~翌1月3日休) URL: 7. 「めんめん」の餃子は肉汁飛びすぎ注意 JR駅と、東武駅のちょうど中間地点辺りにあるのが、「めんめん」。 こちらは屋さんで、ラーメンや定食も置いてあります。 を頼むと、ちゃんと突き出しが出てくる。 メニューは豊富なんですが、ほとんどの人が餃子を頼んでいますね。 さすがだ……。 餃子を頼んだら、羽根付きのものが出てきました。 の餃子で羽根が付いている物は珍しいです。 ここの餃子も肉汁がジュワッと出てくるタイプでうまい。 となりの席のカップルも餃子を食べていて「肉汁飛ばしすぎ!」ってもめていました。 注意して食べないと、本当に肉汁が飛び散ります。 店名: めんめん 住所:県市二荒町5-11 TEL:028-638-5298 営業時間:11:30~14:30(L. )、17:00~22:00(L. 、売り切れ次第閉店) 土曜の夜は~21:00(L. )、日曜、祝日の夜は~20:00(L. ) 定休日: 月曜、祝日、祝日の前々日の場合は翌日休 URL: 8. 「正嗣」の冷凍餃子を注文してみた 超有名店、正嗣に来ました。 でも、人が多すぎて全然入れません。 多分100人以上並んでいたと思います。 お盆の昼間に来たのが良くなかったか。 ピークを過ぎれば入れるかな? と思ったので時間をおいて再訪したのですが、売り切れの表示がむなしくの前に立ちはだかります。 しかしこのままじゃ終われない。 そこで、冷凍餃子を通販して家で食べることにしました。 県民的には、冷凍餃子を家で食べるのは全然アリ。 というか、 むしろお店に行って食べるよりもポピュラーな行為です。 フライでかんたんに焼けます。 ごま油とサラダ油を混ぜて焼くのがコツらしい。 いい匂いがしてきました。 餃子のタレも付いてくる。 黒いツブツブはラー油の具ですね。 もうこの時点でだいぶうまそうなんだけど……。 うめー! 県民的には「みんみん派」と「正嗣派」の二大派閥があって、どちらがおいしいかというのはけっこうもめるところなんですよ。 僕は「みんみん派」だったので、正嗣の餃子はしばらく食べていなかったのですが、やっぱり正嗣も相当うまい……。 所属する派閥を、ちょっとここで一度考え直した方がいいかも(小声)。 水餃子。 熱湯で3分ゆでるだけなので、インスタントラーメンなみにカンタンに作れちゃいます。 焼餃子と違って失敗しようがないのもいい。 餃子を買った店名: 正嗣 本店 住所:県市馬場通り4-3-1 TEL:028-622-7058 営業時間:11:30~18:00(売り切れ次第閉店) 定休日:月2日火曜不定休、水曜(1月1~4日休) URL: 9. おまけ・ご飯にかけるギョーザが激ウマ 駅のお土産物屋さんで買いました。 「ご飯にかけるギョーザ」。 これがスーパーや、アンテナショップなど、のいろいろなところで売っているんですよ。 瓶入りの「食べるラー油」の一種みたいに見えますが……。 瓶の蓋を開けた瞬間ただよう強烈な「餃子」の匂い。 ご飯にのせて食べてみると、すごい。 本物の餃子を10倍濃縮したような味がします。 カルピスに例えるとすると、原液をなめているような感じです。 なんだか脳がだまされているような気がするのですが、はっきりいって ものすごくうまいです。 ご飯はいくらでも進みますね。 このままでもうまいのですが、玉子かけご飯や豆腐丼に入れてもおいしそう。 実は、けっこう歩きます というわけで、「駅から歩いて行ける距離にある超オススメの餃子屋さん8店」と、「ご飯にかけるギョーザ」でした。 最後に一つだけ謝らなくてはいけないことが。 実は今回紹介した餃子屋さんのいくつかはJR駅からけっこう歩かないと行けないものもあります。 県って車社会なもので、駅よりも、そこから15分くらい歩いたところにある「」周辺の方が栄えているのです。 でも、ここまで読んでくれたあなたなら、きっと歩いてくれますよね? ぜひぜひでおいしい餃子に出会ってください。 「ふしぎ」を運営しています。 インターネットで記事を書くことをどうしてもやめられない。 ツイッター: ホームページ: はてなブログ: 斎藤さんの過去の記事はこちらから.

次の

美味しい餃子の焼き方は?フライパンで上手に焼く時間やコツも

美味しい 餃子

餃子の像の前で、こんにちは。 県出身ライターの斎藤充博です。 今日来ているのは駅。 と言えば……そう、餃子の街ですね。 餃子と言えばなのです。 (実は市は市に3年連続で餃子購入額で負けています。 でも、なんて他にもうまいものたくさんあるじゃないか~~~! なんて、餃子の他にくらいしか名物がないんだからさ、「餃子の街」くらい名乗らせてくれ~~~!) 僕も小さい頃からよくの餃子を食べていました。 お店で冷凍餃子を買ってきて、家で食べるんですよ。 今日は駅から歩いて行ける範囲にある餃子屋さんを紹介します。 【もくじ】• 超人気店の「みんみん」はホテル アール・メッツ店が穴場 まず最初にオススメしたいのが「みんみん」のホテルアール・メッツ店です。 みんみんはの中でも超有名店。 駅東口店や本店もあるのですが、どこもだいたい混んでいるんですよね。 この店舗はに直結していて、比較的空いているんです(それでも普通の餃子屋さんより全然並んでいますが)。 メニューはこんな感じ。 他県民の人から見るとびっくりされるのですが、本当に餃子とご飯、それから飲み物くらいしかありません。 なぜか「超炭酸水」なんていうナゾのメニューも……。 これは頼んでみるか。 来たっ! 焼餃子と水餃子。 それから超炭酸水。 この時点で餃子のいいにおいがしてきて、たまらん。 焼餃子。 カリカリとした皮をかみきると、中から餃子特有のジュワッとうまい汁があふれ出てくる。 すごく。 水餃子も。 中身は同じなんですが、まるで別物ですね。 ツルンと口の中を滑っていきます。 かむとやっぱりうまい汁がジュワっと出てくる。 焼餃子と水餃子を交互に食べることで、平気で2~3人前食べちゃいますね。 小さい頃からずっと大好きな餃子です。 そうそう、超炭酸水も刺激が強くてうまい。 餃子の油分を全部一度リセットしてくれる感じです。 飲み物が90円というのも、激安で超おすすめ。 店名: みんみん ホテルアール・メッツ店 住所:県市川向町1-23 ビルパセオ3F TEL:028-600-3151 営業時間:月~土 11:00~21:30(L. 20:00) 定休日:不定休あり URL: 2. 餃子を味噌で食べるという発想の「青源」 こちらもの中にあるお店、「青源」です。 こちらの特徴は特製の味噌ダレを餃子に使うこと。 一番人気だという、ネギ味噌焼餃子を注文。 味噌ダレの上に小ネギが載りすぎてて、もう何が何だかわからない状態。 うまい。 うますぎてなぜか鼻の下が伸びました。 味噌タレの味がかなり独特で、味噌の味もするし、酸っぱさもあるんですよ。 でも餃子にとてもよくあう。 餃子も小ぶりで、タレがよくからむようになっています。 水餃子のスープも味噌味。 生姜がものすごく効いています。 一見味噌汁みたいだけれど、全然違う味。 うまい。 店名: 味噌と餃子の青源 パセオ店 住所:県市川向町1-23 パセオ1階 TEL:028-627-8464 営業時間:10:00~19:40(閉店20:00) 定休日:不定休、パセオの休みに準じる 1月1日休 URL: 3. もちもちの餃子を一味マヨネーズで食べる「餃天堂」 駅西口を出て、すぐの所にあるのは餃天堂。 焼餃子と水餃子のセットを注文。 ここには初めてきたのですが、かなり変わった形の餃子……。 焼餃子は 「マヨネーズに一味唐辛子」をつけて食べるのがオススメされます。 そんなの初めて見たよ。 皮がとても特徴的です。 とても分厚くて、モチモチとしています。 味もほんのりついていますね。 餡は肉が多めで、かむと肉汁がじゃんじゃん出てくる。 これは、かなり変わった餃子ですね! スープの中に直接餃子のタレを入れて食べるのは県くらい、って聞いたけど、本当ですかね? 水餃子にはほうれん草が練り込んであって、緑色。 水餃子にした方が皮のモチモチ感が強調される気がしますね。 水の代わりに冷茶が出てきました。 さっぱりしていて、餃子にはすごくよくあう。 一番最初のみんみんの「超炭酸水」といい、飲み物に一工夫してもらえるのはいいなあ。 なんだかんだいって、餃子ってこってりしているからね。 本当にびっくりするジャンボ餃子の「トントン」 駅東口から15分ほど歩いたところにあるのはトントン。 餃子専門店ではなくて屋なのですが、やっぱり目玉は餃子です。 ジャンボびっくり餃子。 これ、本当にジャンボなんですが、この写真で伝わるでしょうか。 ふつうの餃子の3~4倍はあると思います。 いちいち写真写りを気にしてしまうの、よくないですね……。 食べ物は撮られるためにあるんじゃないよ、食べるためにあるんだよ! 箸で持ち上げるのがつらい。 一口では食べることができず、中身がボロボロ落ちてきてしまいます。 食べにくいんだけど、味はうまい。 中身は細かく切られた野菜が主で、案外とさっぱりしていているんです。 これだけ大きくてもペロッと食べられちゃいました。 外の自動販売機で売っている飲み物を自由に持ち込み可能です。 おおらかだ。 ただし、アルコールは持ち込み不可で、お店にも置いてありません。 ゴロゴロの肉とレタスがうまい「豚嘻嘻(とんきっき)」 駅から西口に15分ほど歩いたところにある町通り。 ここには「正嗣」や「みんみん」など餃子の店がたくさんあります。 ここで入ってみたのは豚嘻嘻(とんきっき)というお店。 肉餃子。 肉が塊になってゴロゴロッと入っています。 の餃子って野菜がたくさん入っていることが多いので、こういう食べ応えのある餃子は珍しいですね。 B級グルメっぽくない、リッチな雰囲気のある餃子です。 豚バラレタス巻き餃子。 さっきの肉餃子よりもさらに肉感が強い。 レタスで巻いて特製ドレッシング(マヨネーズみたいな味がする)につけて食べます。 なんだかちょっとオシャレな路線ですね。 こってりした味の餃子にパリパリとしたレタスはよくあいます。 ちなみにお店の入口辺りではレタスを栽培しています。 工場野菜ってやつですかね。 サイバーな雰囲気で、こういうのを見ながら餃子を食べるのおもしろいです。 揚餃子をさっぱり塩で食べる「香蘭」 「餃子の店」という文字がなんだか頼もしい。 東武駅近くの香蘭まで来ました。 ここも餃子の他には飲み物とライスくらいしか置いていない、硬派なお店です。 まあ、餃子専門店に来て「野菜炒め食べたい」なんて気持ちにならないからね。 合理的なメニュー構成です。 餃子なんて日本全国どこでも食べられるけれども、こういうタイプのお店がたくさんあるのって、やっぱりならではじゃないでしょうか。 焼餃子を注文。 ちょっと細長くてスマートな形。 タレをつけた姿もなんだかフォトジェニック。 皮が薄めで、肉感が高い餃子です。 そしてラー油がすごくうまいんです。 揚餃子も注文。 かなり堅めに揚がっています。 他の食べ物で例えるとしたら、カルビーの堅揚げポテトくらい堅い。 塩をつけて食べます。 なんだか高級屋みたいだ。 さっきの堅揚げポテトの印象と合わさって、スナック菓子みたいな雰囲気。 ポリポリ食べられます。 に絶対合いますね、これは……。 店名: 香蘭 住所:県市本町1-24 TEL:028-622-4024 営業時間: 11:30~20:00(閉店) 定休日: 無休(12月31日~翌1月3日休) URL: 7. 「めんめん」の餃子は肉汁飛びすぎ注意 JR駅と、東武駅のちょうど中間地点辺りにあるのが、「めんめん」。 こちらは屋さんで、ラーメンや定食も置いてあります。 を頼むと、ちゃんと突き出しが出てくる。 メニューは豊富なんですが、ほとんどの人が餃子を頼んでいますね。 さすがだ……。 餃子を頼んだら、羽根付きのものが出てきました。 の餃子で羽根が付いている物は珍しいです。 ここの餃子も肉汁がジュワッと出てくるタイプでうまい。 となりの席のカップルも餃子を食べていて「肉汁飛ばしすぎ!」ってもめていました。 注意して食べないと、本当に肉汁が飛び散ります。 店名: めんめん 住所:県市二荒町5-11 TEL:028-638-5298 営業時間:11:30~14:30(L. )、17:00~22:00(L. 、売り切れ次第閉店) 土曜の夜は~21:00(L. )、日曜、祝日の夜は~20:00(L. ) 定休日: 月曜、祝日、祝日の前々日の場合は翌日休 URL: 8. 「正嗣」の冷凍餃子を注文してみた 超有名店、正嗣に来ました。 でも、人が多すぎて全然入れません。 多分100人以上並んでいたと思います。 お盆の昼間に来たのが良くなかったか。 ピークを過ぎれば入れるかな? と思ったので時間をおいて再訪したのですが、売り切れの表示がむなしくの前に立ちはだかります。 しかしこのままじゃ終われない。 そこで、冷凍餃子を通販して家で食べることにしました。 県民的には、冷凍餃子を家で食べるのは全然アリ。 というか、 むしろお店に行って食べるよりもポピュラーな行為です。 フライでかんたんに焼けます。 ごま油とサラダ油を混ぜて焼くのがコツらしい。 いい匂いがしてきました。 餃子のタレも付いてくる。 黒いツブツブはラー油の具ですね。 もうこの時点でだいぶうまそうなんだけど……。 うめー! 県民的には「みんみん派」と「正嗣派」の二大派閥があって、どちらがおいしいかというのはけっこうもめるところなんですよ。 僕は「みんみん派」だったので、正嗣の餃子はしばらく食べていなかったのですが、やっぱり正嗣も相当うまい……。 所属する派閥を、ちょっとここで一度考え直した方がいいかも(小声)。 水餃子。 熱湯で3分ゆでるだけなので、インスタントラーメンなみにカンタンに作れちゃいます。 焼餃子と違って失敗しようがないのもいい。 餃子を買った店名: 正嗣 本店 住所:県市馬場通り4-3-1 TEL:028-622-7058 営業時間:11:30~18:00(売り切れ次第閉店) 定休日:月2日火曜不定休、水曜(1月1~4日休) URL: 9. おまけ・ご飯にかけるギョーザが激ウマ 駅のお土産物屋さんで買いました。 「ご飯にかけるギョーザ」。 これがスーパーや、アンテナショップなど、のいろいろなところで売っているんですよ。 瓶入りの「食べるラー油」の一種みたいに見えますが……。 瓶の蓋を開けた瞬間ただよう強烈な「餃子」の匂い。 ご飯にのせて食べてみると、すごい。 本物の餃子を10倍濃縮したような味がします。 カルピスに例えるとすると、原液をなめているような感じです。 なんだか脳がだまされているような気がするのですが、はっきりいって ものすごくうまいです。 ご飯はいくらでも進みますね。 このままでもうまいのですが、玉子かけご飯や豆腐丼に入れてもおいしそう。 実は、けっこう歩きます というわけで、「駅から歩いて行ける距離にある超オススメの餃子屋さん8店」と、「ご飯にかけるギョーザ」でした。 最後に一つだけ謝らなくてはいけないことが。 実は今回紹介した餃子屋さんのいくつかはJR駅からけっこう歩かないと行けないものもあります。 県って車社会なもので、駅よりも、そこから15分くらい歩いたところにある「」周辺の方が栄えているのです。 でも、ここまで読んでくれたあなたなら、きっと歩いてくれますよね? ぜひぜひでおいしい餃子に出会ってください。 「ふしぎ」を運営しています。 インターネットで記事を書くことをどうしてもやめられない。 ツイッター: ホームページ: はてなブログ: 斎藤さんの過去の記事はこちらから.

次の