プルーン 食べ 過ぎ。 プルーンの食べ過ぎで下痢になる原因/含まれている成分の危険性

プルーンの食べ過ぎで下痢になる原因/含まれている成分の危険性

プルーン 食べ 過ぎ

Contents• ドライプルーンを食べ過ぎたときに起こる副作用とは? ドライプルーンはドライフルーツの中でも柔らかくて、酸味も少なく食べやすいですよね。 ついつい何個も食べたくなってしまいますが、たくさん食べると体にはどんな影響があるのでしょうか? ドライプルーンを食べ過ぎると・・・• お腹がゆるくなる• おならが溜まる• ダイエットの妨げ• 果糖を摂りすぎる などの影響が考えられます。 お腹がゆるくなる ドライプルーンには ソルビトールと呼ばれる成分が含まれています。 ソルビトールは下剤にも使われている成分で、プルーンが便秘解消に良いとされるのはそのためなのです。 過剰に摂取すると、お腹がゆるくなってしまう可能性があります。 お腹がゆるくなりやすい体質の人は、注意が必要ですね。 おならが溜まる 食物繊維が豊富なプルーンですが、食べ過ぎると食物繊維が腸に長くとどまることで発酵し、ガスがたくさん発生してしまいます。 食物繊維は適量であれば腸内環境の改善に役立ちますが、 摂りすぎると便秘が悪化する可能性もあるのです。 ダイエットの妨げ ドライプルーンはドライフルーツの中では カロリーが高めです。 ドライプルーン100gで、どら焼き1個食べるのと同じくらいのカロリー摂取になります! ドライプルーン1粒がだいたい8g程なので 12粒で約100g。 一度にそれほど多く食べることはないかと思いますが、ダイエット中は摂取量に注意しましょう。 栄養価が高いドライプルーンは、ダイエット中のおやつに最適ですが、食べ過ぎて逆効果になることは避けたいですね。 果糖を摂りすぎる ドライプルーンに含まれる果糖は、血糖値が上がりにくく太りにくいとされる一方で、 摂りすぎると肝臓へ脂肪が蓄積して、負担がかかることがわかっています。 果糖は、 一度に15g以下の摂取に抑えることが推奨されています。 ドライプルーンには100gあたり12. 45gの果糖が含まれているので、 一度に10粒以上食べることがなければ、摂りすぎにはならなそうです。 ドライプルーンは一日どのくらい食べて大丈夫?毎日食べても良い? プルーンは乾燥させることで、栄養素がギュッと凝縮されます。 生で食べるよりも、ドライプルーンにすることで栄養価がアップ! なので、少しの量で充分な栄養を摂ることができるのです。 その栄養価の高さから、スーパーフードとしても知られていますよね。 毎日食べるだけで、貧血予防やアンチエイジング、生活習慣病の予防効果が期待できます。 とはいえ、たくさん食べれば体に良いというわけではなさそうです。 一日の摂取量を目安にして、食べすぎに注意したいですね。 一日の摂取量はどのくらい?毎日食べて骨の健康維持にも ドライプルーンは一日あたり4~5粒程度、40gくらいが目安量です。 食べ過ぎに注意すれば毎日食べることで、子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の健康維持に役立ちます。 食物繊維をはじめ、微量栄養素が不足しやすい現代人も、毎日、ハーフカップ(約40g/4~5粒)のプルーンをとることで、必要な栄養素や不足しやすい食物繊維を簡単に摂取することができます。 引用: 例えば、骨の健康維持にも有効と言われています。 ドライプルーンには骨を形成したり、強くする働きを持つビタミン・ミネラルが豊富に含まれているのです。 思春期には成長のサポート、妊娠中には不足しがちなカルシウムを手軽に補うことができそうです。 高齢になると女性の多くが骨粗しょう症に関わると言われていますが、 ドライプルーンを毎日摂ることでその予防が可能になることが研究で明らかになっています。 毎日積極的に摂取したいドライフルーツですね! ドライプルーンのおすすめ食べ合わせ!一緒に食べると良い食材とは? ドライプルーンの豊富な栄養素を効率良く吸収するためにも、食べ合わせに気を付けたいですね。 注意したいのは、緑茶・コーヒー・紅茶に含まれるタンニンです。 プルーンの鉄分の吸収の妨げになることが分かっています。 せっかく貧血予防のために食べても、一緒にお茶を摂ることで鉄分が吸収されにくくなってしまうのです。 というわけでここでは、ドライプルーンと相性の良い食べ合わせをまとめて紹介していきます。 栄養価アップも期待できるので、ぜひ試してみてくださいね。 スムージーと一緒に食べて美しく いつものスムージーにドライプルーンをプラスすることで、栄養価がアップ! 野菜や果物のビタミンにプラスしてドライプルーンの食物繊維で、 美容効果や整腸効果が期待できそうです。 牛乳と一緒に食べて骨を健康に ドライプルーンはビタミンKやマグネシウムが豊富で、骨のカルシウムの吸収を助けてくれます。 牛乳はカルシウムが豊富なので、ドライプルーンと組み合わせることで効率よくカルシウムを取り込むことが可能になるのです。 成長期の骨の成長をサポートしたり、骨粗しょう症の予防に役立つとされています。 ヨーグルトと一緒に食べて腸をキレイに ヨーグルトの乳酸菌とドライプルーンの食物繊維で、腸内環境の改善が期待できます。 ドライプルーンには、便を柔らかくする作用を持つマグネシウムが含まれているので、便秘でお悩みのときにはぜひ試してみてくださいね。 ドライプルーンはヨーグルトに漬けるとぷるぷるとした食感に! おすすめは、夜にドライプルーンをヨーグルトに漬けておく方法です。 朝にはヨーグルトの水分を吸ったドライプルーンが、生のような食感に変化しています。 忙しい朝でも、ドライプルーンで栄養たっぷりの朝食を摂ることができますよ。 赤ワインと一緒に食べて血液サラサラ効果 ドライプルーンや赤ワインに含まれるポリフェノールには抗酸化作用のほか、血液をサラサラにする効果があるとされています。 また、ドライプルーンには利尿作用があるカリウムが含まれているので、むくみ解消にも有役立ちます。 まとめ 私は妊娠中、ひどい便秘に悩まされていました。 そんなとき、便秘解消にドライプルーンを試してみたところ、効果は抜群! ・・・でもおいしくて食べ過ぎてしまった時は、やはりお腹がゆるくなってしまいました。 食べ過ぎるとお腹がゆるくなるほかに、• おならが溜まる• ダイエットの妨げ• 果糖を摂りすぎる などの副作用が考えられます。 ドライプルーンは食べる量に気を付ければ、毎日食べても大丈夫でしょう。 むしろ、毎日4~5粒食べることで健康維持をサポートしてくれます。

次の

プルーンの効果と食べ過ぎないための摂取量と食べ方8つ

プルーン 食べ 過ぎ

スポンサーリンク 下痢になりやすいプルーンの栄養成分は? プルーンにはソルビトールと食物繊維が含まれていて、 食べ過ぎると下痢を引き起こす可能性があるのです。 プルーンに含まれているソルビトールと食物繊維について解説していきます。 ソルビトールとは? プルーンには「 ソルビトール」という甘味料が含まれています。 ソルビトールの甘さは砂糖の約6割ほどですが、 緩やかにお腹を緩くして排便させる作用( 緩下作用)を持っているのです。 「一度に食べ過ぎるとお腹が緩くなります」という説明が、ソルビトールやキシリトール入りのお菓子のパッケージの裏に書かれていますよね。 緩下作用があるためです。 ソルビトールは緩下作用があるため、一部の下剤や便秘薬に使われているほどです。 ガムや飴と同じように、プルーンを食べすぎると下痢になるのも納得ですね。 食物繊維は? 生プルーン100gには、 食物繊維が約1. 9g含まれています。 これは果物の中ではやや多いくらいですが、 食べ過ぎると下痢の原因となり得ますよ。 生プルーン100gに含まれている食物繊維は、 1gの 不溶性食物繊維と0. 9gの 水溶性食物繊維の2種類があります。 水溶性とは簡単にいえば、水に溶けるという意味ですね。 下痢の原因になるのは、 不溶性食物繊維のほうです。 不溶性食物繊維は、水を含むと何倍にもふくれる性質があります。 この結果、消化のときに腸を刺激してしまい、 排泄をうながす効果があるのです。 下痢とは便が固くなる前に排泄されている状態なので、不溶性食物繊維を取ると、さらに排泄が早くなり下痢がひどくなってしまいますよ! 体には食物繊維は間違いなく必要なんですが、取りすぎると下痢の原因になりかねません。 プルーンをほどほどに食べることが大切ですよ。 では、プルーンを一日何個食べるのが適量なんでしょうか? 次で説明します。 スポンサーリンク プルーンは一日何個くらい食べるとよい? 体質にもよりますし諸説ありますが、 一日 2~5粒ほど食べるのがいいですよ。 便秘がちな方は、10個ほど食べても問題ないですね。 ソルビトールは一日20グラム以上取ると、お腹が緩くなると言われています。 生プルーン一個あたりにソルビトールは約3グラム含まれているので、7個以上食べるとお腹が緩くなってしまいますね。 お腹が弱い人は、一日2~5個に抑えておくのがよいです。 カロリーや糖分もそこそこありますので、食べ過ぎは避けたほうがいいですね。 まとめ プルーンは食べ過ぎると下痢になりやすいです。 ソルビトールと食物繊維が下痢を引き起こす原因になります。 一日 2~5個ほどが適量です。 スポンサーリンク•

次の

プルーンで快適お通じ!※食べ過ぎはゲリラの恐れ

プルーン 食べ 過ぎ

スポンサーリンク 妊婦の便秘にはプルーンがおすすめ 妊娠前は、お腹の調子がよかった方でも、妊娠をきっかけに便秘になることがあります。 便秘症の方は、さらにひどくなったりとか... でも、妊娠中はなるべく薬を飲みたくないですよね。 そんなときは、食品で便秘を解消しませんか。 その食品は、便秘にいいとされている「プルーン」です。 生のプルーンもありますが、ドライフルーツのプルーンがおすすめです。 生よりドライのほうが、ビタミンB6やカリウムなどの栄養価が高いのです。 そして、 便秘解消に役立つ「食物繊維」と「ソルビトール」という糖質の一種が含まれています。 「ソルビトール」というのは、下剤の成分にもなっているのです。 この2つの成分のおかげで、プルーンは便秘解消にいいとされています。 しかし、妊婦さんが下剤を飲むと、場合によっては流産の危険もあるので食べ過ぎには要注意です。 普段から、お腹がゆるめの方は、少量からはじめてください。 気になる方は、医師に相談してみてください。 便秘のときプルーンは何個食べればいいの? では、何個ドライプルーンを食べればいいのでしょうか? これは、個人差が大きいです。 1個食べただけで、お腹がゆくなる体質の方もいます。 10個食べてもぜんぜん効果なしという方もいるかもしれません。 (食べ過ぎ注意です) ドライプルーンは、食べればわかりますが、かなり甘いです。 砂糖が使われていないものがほとんどなので、プルーン自体の自然の甘みと言えます。 が、食べ過ぎには注意が必要です。 妊娠中の糖分の取り過ぎは、体重増加につながってしまいます。 なので、 1日2、3個を目安にドライプルーンを食べてください。 でも、プルーン2、3個では、便秘解消に効果がなかったという方は、次の食べ方を参考にしてみてください。 スポンサーリンク 便秘のときはプルーンをいつ食べるのが効果的か 便秘対策として、プルーンを食べるときは、いつ食べるのが効果的か。 それは、夕食後です。 夕食後に、水分と一緒によく噛んで、2、3個を食べてください。 寝ている間に、水分+食物繊維+ソルビトールが体内で作用して、翌朝の排便につながりやすいのです。 朝は、排便の動きが活発と言われています。 なので、朝ゆったりと過ごせる時間を確保しておいてください。 でも、朝は、バタバタと忙しくて、トイレに行く時間がない!という場合もあります。 そういう時は、朝食と一緒に食べてください。 そして、夕方から夜にかけてトイレタイムを取ってください。 ドライプルーンを水分と一緒に取るといいのですが、気を付けてほしいことがあります。 それは、コーヒーやお茶などのタンニンが含まれるものと一緒に摂取しないことです。 タンニンは、鉄分の吸収を悪くしたり、うんちを固くする作用があります。 逆にプルーンと一緒に取りたい食品は、ヨーグルトやオリゴ糖です。 整腸作用があるので、さらに便秘解消に効果が持てます。 ヨーグルトは、それぞれの製品で使われている菌が違うので、いろいろ食べてみて、自分の体質に合うものを探してください。 妊娠中なら、脂肪分0のヨーグルトがおすすめです。 オールブランなど、食物繊維の豊富なシリアルをプラスしてもいいですね。 固形のドライプルーンが苦手という方は、市販のプルーンエキスやプルーンジュースを利用するのもアリです。

次の