アン ハサウェイ。 ノーパン姿がメディアに露出してしまったアン・ハサウェイ「ショックで打ちのめされている」

アンハサウェイが嫌われる理由が酷すぎ!11kg減のダイエット方法と絶対に観たい代表作(hulu無料)!

アン ハサウェイ

アン・ジャクリーン・ハサウェイは1982年11月12日、ニューヨークのブルックリンで生まれました。 父ジェラルド・T・ハサウェイは弁護士、母ケイト・マッコーレー・ハサウェイは舞台女優であり、アンという名前はかの文豪、ウィリアム・シェイクスピアの妻アン・ハサウェイに由来しています。 カトリック教徒として育てられた彼女は修道女になることを目指していましたが、15歳の時に兄がゲイであることを知ったことをきっかけに、家族全員でカトリック教を離れることに。 カトリック教では同性愛は認められていないため、彼のセクシャリティを尊重したのです。 アン・ハサウェイの女優デビューは高校生の頃で、1999年から放送された『ゲット・リアル』というテレビドラマの主人公ミーガン・グリーン役でした。 そんな大抜擢のわずか3日前には、オールイースタン高校選抜合唱団の一員としてカーネギー・ホール ニューヨークにある音楽の殿堂 の舞台に立って2つのコンサートをしていたというのだから驚きです。 デビュー作となった『ゲット・リアル』は高い評価を受け、アン・ハサウェイの演技はティーン・チョイス・アワードやヤング・アーティスト・アワードの女優賞 ドラマ部門 にノミネートされるほど評価されました。 文字通りの華々しいデビューですね。 高校卒業後はニューヨークの俳優養成学校に入学。 しかし女優一本に絞るということはせず、並行してヴァッサー大学にて英文学を学んでから、2005年には名門ニューヨーク大学へ編入しています。 学業への努力も怠らない、知性あふれる人物なのです。 2008年、アン・ハサウェイは『レイチェルの結婚』に主演し、薬物中毒の治療のために10年間、リハビリ施設への入退院を繰り返していた女性キムを演じました。 同作での彼女の演技は絶賛され、ゴールデングローブ賞の主演女優賞 ドラマ部門 だけでなく、アカデミー賞の主演女優賞にもノミネートされています。 ドラマチックな作品の演技だけでなく、コミカルな演技も得意としていることがわかりますね。 『レ・ミゼラブル』で不遇な美しき女性ファンティーヌ役で、見事な演技力や歌唱力を見せたアン・ハサウェイ。 しかし同作のアカデミー賞授賞式に参加した際にはドレスや表情、スピーチ内容までが全て批判の的となりました。 ファンティーヌ役のために11キロ減量し、髪もバッサリ切ったという役作りは「わざとらしい」と批判され、「評論家からの称賛とオスカー狙いなのがバレバレ」などと言われてしまいます。 主演のヒュー・ジャックマンも役作りのために減量をしているのですが、なぜかこういった批判を受けているのはアン・ハサウェイのみ。 それだけでなく、ドレスについても「色合いが老けて見える」「下品だ」など、作品とは全く関係のないようなところでバッシングを受けてしまっています。 受賞スピーチにおける、『レ・ミゼラブル』の舞台でもある19世紀のフランスの売春婦に関する発言に関しても「空気が読めていない」と批判されています。 この背景には、どうにも大衆の嫉妬が透けて見えるようにも思えますが、彼女へのバッシングは止まることはありませんでした。 海外でのアン・ハサウェイへの批判は止まることなく、「Anne Hathaway hate アン・ハサウェイ 嫌い 」で検索すると、なんと1000万ページもヒットするほど。 Facebookには「アン・ハサウェイ大嫌い」というページまで存在したといいます。 アン・ハサウェイとヘイトをかけあわせた造語「Hathahaters ハサウェイを嫌う者たち 」という単語まで生まれ、この単語をハッシュタグにしたツイートも連日投稿されていました。 面白がったゴシップ誌やメディアもこぞって特集を上げ、なぜ嫌われるのかなどという分析合戦まで繰り広げた始末。 批判の主な論調は「わざとらしさが嫌」「何につけ演技がかっている」というようなものでした。 2015年には名優ロバート・デ・ニーロと共演した『マイ・インターン』が公開。 9月25日に全米公開した本作は、日本でもほぼタイムラグなく10月10日に公開しています。 『プラダを着た悪魔』では新入社員役でしたが、本作ではファッションサイトを運営するやり手の女社長を演じています。 順風満帆な生活で大きな壁にぶつかってしまう女性、というアン・ハサウェイにぴったりな役柄と、ロバート・デ・ニーロの名演の見事な掛け合わせが楽しめる作品に仕上がっています。 本作はファッションサイト運営会社の物語なだけあって、ファッションもみどころのひとつ。 本作のファッションは『セックス・アンド・ザ・シティ2』のスタッフが担当しているので、アン・ハサウェイ演じるジュールスのコーディネートにも注目です。 『マイ・インターン』の制作後、アン・ハサウェイとロバート・デ・ニーロは「共演して学んだことは?」というテーマで対談し、"謙虚さ"を学んだといいます。 「あなたは常に謙虚でした。 偉ぶった態度なんてこれっぽっちもなくて。 嬉しい発見でした。 有名で伝説的な人なのに、うぬぼれたりしていなかったんですよ。 仕事に誇りをもって、演技を完璧にしようとするのに、エゴがまったくなかった」 また、ここで彼女は「最近、自分の仕事で学んだことは?」という質問に対してもこのように語っています。 「 2015年の『Grounded』で 一人芝居の舞台に立ったとき、私生活でいろいろあった時期だったから、続けられる自信がなかったんです。 つらい日々でした。 その時はほんとうに続けられると思えなくて。 それで、劇場の支配人に電話をすると、"それでもやらなきゃダメだ。 信じるんだ、答えは舞台にある"と言ってくれたんです」 「その舞台でも忘れられないことがありました。 セリフが出てこなくなって、なんとかしなきゃ!と思ってとっさに、まずは落ち着くために舞台の上で丸くなったんです。 台無しにしたと思ったけれど、観客は演技だと思って感動してくれていて」 「そのときに、自分や自分の考えは関係なく、完璧なセットも必要なく、ただ受け入れること。 脚本を信じて役に入り込んでとにかく稽古して、身を委ねることが大切なんだと学びました」 同年、アン・ハサウェイは『シンクロナイズドモンスター』にも主演。 アルコール依存症の主人公・グロリアが突如現れた巨大怪獣とシンクロしていることに気づき、それをきっかけに断酒をしなくてはと考えるのだが……という筋書きの物語で、これまた振れ幅の大きい役を演じています。 資金調達が難航している段階で出演を決めたアン・ハサウェイ。 彼女は本作について、トロント国際映画祭におけるインタビューで以下のように語っています。 「この作品は"16歳の自分"のために作った映画です。 私は10代の頃、『マルコヴィッチの穴』 2000 が大好きな女の子でした。 この映画の型にはまらない奇抜な脚本は、あの頃を思い出させてくれたんです」 『オーシャンズ11』 2001 をオール女性キャストでリブートした『オーシャンズ8』 2018 で、ターゲットなる目立ちたがり屋のワガママ女優ダフネ・クルーガーを演じたアン・ハサウェイ。 このダフネ・クルーガーは劇中で、滑稽にも見えるほどわざとらしく、神経質に、物語の舞台となるメット・ガラの準備を進めていきます。 これはまさに、かつての大バッシングとゴシップメディアに焚きつけられた「世間のイメージ」を具現化したようなキャラクターで、それを見事に演じてみせた彼女に絶賛の声が集まりました。 余談ですが、本作が公開されたのは"MeToo"に続く"TimesUp"運動が活発化し始めたときであり、アン・ハサウェイが自身の過去のセクシャル・ハラスメント被害について初めて語ったときでもありました。 アン・ハサウェイは、ディー・リースが監督を務めるNetflixオリジナル映画『The Last Thing He Wanted 原題 』への主演も決定しています。 ディー・リースはNetflixオリジナル映画『マッドバウンド 哀しき友情』で絶賛された女性監督。 『The Last Thing He Wanted 原題 』は同名小説を原作とし、ジャーナリストの女性、エレナ・マクマホンが実際に起きた「イラン・コントラ事件」の転換期にも繋がる武器取引の陰謀に巻き込まれていく……という複雑なストーリー。 詳しい情報はまだ不明な部分も多いですが、アン・ハサウェイの父親の役としてウィレム・デフォーが参加することがわかっています。

次の

Chevron

アン ハサウェイ

そして翌日には、多くのメディアがその写真 陰部のボカシなしのものも多く露出 や事実を報道する事態に発展し、アンはショックで打ちのめされているという。 アンは、工場労働者から娼婦になるフォンティーヌ役にオマージュを捧げるべく、トム・フォードのボンテージスタイルの過激なファッションでプレミアに挑み、上機嫌でレッドカーペットを踏んだが、ニューヨーク・デイリー・ニュース紙によれば、「アンは、翌日に行われた昼食会でバニティ・フェア誌のライターがこの事実を話しているのを耳にしたそうで、『車から降りる時、ドレスがとてもきつくて大変だった。 その時は全く気がつかなかった』『本当にびっくりしてショックだった。 彼らに見られちゃったのよね』と語った」という。 そんな打ちのめされたアンに追い討ちをかけるように、12月12日に『レ・ミゼラブル』のプロモーションで出演した米NBCテレビ番組トゥデイで、司会者マット・ロウアーが、「あなたのことをたくさん見てしまいましたよ。 しかし、アンは落ち着き払って、「とてもアンラッキーな出来事でした。 私が悲しく思うことは2つです。 1つは人の弱みをとらえた瞬間を撮影した人が、抹消するのではなく、それを売ってお金にする時代に生きているということです。 また、本人が望まない性が商品化されている文化に生きているという事実です。 『レ・ミゼラブル』で私が演じたフォンティーヌも、子供のために性を売ることを余儀なくされたんです。 彼女は社会的なセイフティーネットを持っていませんでしたから」と語り、自らの失態を自分が演じたキャラクターと結びつけて、作品のプロモーションという仕事を全うしたという。 エマ・ワトソン、ジェニファー・ロペス、ジャネット・ジャクソンなど、セレブの胸ポロ事件は後を絶たないが、下半身が露出してしまうケースは珍しく、打撃も胸ポロとは比較にならないだろう。 あのキャサリン妃でさえも、車を降りる際に下着をパパラッチされる事態が起きており、ニューヨークのエチケット学校のディレクターは「淑女は車から降りる時も座っている時も、絶対に膝と膝を離さないことです。 さもなくば下着をつけることです」とアドバイスしている。

次の

アン・ハサウェイ父、心臓が止まりそうな理由で“娘の友人”を殴りかけたワケ

アン ハサウェイ

そして翌日には、多くのメディアがその写真 陰部のボカシなしのものも多く露出 や事実を報道する事態に発展し、アンはショックで打ちのめされているという。 アンは、工場労働者から娼婦になるフォンティーヌ役にオマージュを捧げるべく、トム・フォードのボンテージスタイルの過激なファッションでプレミアに挑み、上機嫌でレッドカーペットを踏んだが、ニューヨーク・デイリー・ニュース紙によれば、「アンは、翌日に行われた昼食会でバニティ・フェア誌のライターがこの事実を話しているのを耳にしたそうで、『車から降りる時、ドレスがとてもきつくて大変だった。 その時は全く気がつかなかった』『本当にびっくりしてショックだった。 彼らに見られちゃったのよね』と語った」という。 そんな打ちのめされたアンに追い討ちをかけるように、12月12日に『レ・ミゼラブル』のプロモーションで出演した米NBCテレビ番組トゥデイで、司会者マット・ロウアーが、「あなたのことをたくさん見てしまいましたよ。 しかし、アンは落ち着き払って、「とてもアンラッキーな出来事でした。 私が悲しく思うことは2つです。 1つは人の弱みをとらえた瞬間を撮影した人が、抹消するのではなく、それを売ってお金にする時代に生きているということです。 また、本人が望まない性が商品化されている文化に生きているという事実です。 『レ・ミゼラブル』で私が演じたフォンティーヌも、子供のために性を売ることを余儀なくされたんです。 彼女は社会的なセイフティーネットを持っていませんでしたから」と語り、自らの失態を自分が演じたキャラクターと結びつけて、作品のプロモーションという仕事を全うしたという。 エマ・ワトソン、ジェニファー・ロペス、ジャネット・ジャクソンなど、セレブの胸ポロ事件は後を絶たないが、下半身が露出してしまうケースは珍しく、打撃も胸ポロとは比較にならないだろう。 あのキャサリン妃でさえも、車を降りる際に下着をパパラッチされる事態が起きており、ニューヨークのエチケット学校のディレクターは「淑女は車から降りる時も座っている時も、絶対に膝と膝を離さないことです。 さもなくば下着をつけることです」とアドバイスしている。

次の