四 天 刃。 【グラブル】四天刃のおすすめ属性!優先すべき属性は?【2018年版】

【グラブル】バフが使えるキャラの前で活躍?[四天刃]カトルの評価

四 天 刃

四天刃のおすすめ属性 正直な話をすると、手持ちを一切考慮しないのであれば「 全属性欲しい」です。 また手持ちによって「 優先度が大きく変わる」ので、一概に言えないのも現実。 ただし、「 特定の武器を所持している」「 この武器を入手するつもり」であれば優先度が下がったり、作らないという選択肢も。 属性ごとに順を追って紹介するので、作る属性の優先度を決める参考にどうぞ。 ただ、斧を使っていて「デバフをちょくちょく外すのが嫌」であれば、最終的に作ると良いです。 ゼノイフ斧の奥義効果が四天刃と同じことから、火属性の優先度が下がりました。 一方、ウォーロックやカオスルーダーで使う武器が無いのも難点。 「ベルセルクだけ使うのか?」「ベルセルク以外も使うのか?」が大きな判断基準になるかと。 ただしミュルグレスは「3凸前提であること」、カトルは「十天衆の最終が困難である」現状を見ると、大体の人は作ってもOK。 最終的に使わなくなる属性ではありますが、そこに行くまでが長い以上、作る価値は高いですね。 「ヴァルナ編成」を考えている人であれば「水属性の九界琴」を採用する手もあるので、エリュシオンで連撃を補うのもあり。 ゼノウォフ琴が優秀なのもあり、エリュシオンのメイン武器として使うことも多々あり。 そのため、琴が既にあれば作る優先度は低くなります。 逆に持ってない人や、土で短剣を使うジョブをやる頻度が多いのであれば、1番優先して作っても良いかもしれません。 「 エリュシオンやるからいらない派」と「 他のジョブも土でやるからいる派」どちらに該当するのかが判断基準になるかと。 そのため「 既に持っている・今後4凸にする」のであれば、不要or優先度がかなり下がります。 ただし万人向けの考え方ではないことを考えると、土と風は同じくらいの優先度になるかと。 逆に持っていても、4凸までの繋ぎ目的で作る考え方もありだと思います。 またオメガ剣を光属性で作る場合も、同様に作る優先度は低くなります。 ただ、「属性変更の手前の性能で十分」「どの属性にすればいいのか分からない」のであれば、とりあえず光属性で作ることをおすすめ。 理由は「 属性変更の手前で、既に連撃率UPの奥義効果がある」から。 すぐに属性を決められない人は、下手に作らずに光属性のまま使うことを強くおすすめします。 既に持っている人や、今後4凸を見据えているのであれば「 不要」になってきます。 HPも増えるので、背水面や「コルタナ・麒麟弓」によるHP減少を補えるのも魅力。 一方で、管理人もどの属性をおすすめするべきか悩みました…。 どの属性も持っていて損はしないですが、あえて優先度を決める基準を挙げるとすれば• そもそも 短剣のメイン武器が無い属性• 短剣はあるけど、 メイン武器としては微妙な属性• 火力はそこそこあるけど、 連撃率が乏しい属性• 短剣以外で連撃率は確保出来るけど「 デバフが安定しない」「 デバフ出来るキャラがいない」属性 といったところでしょうか。 人によって、持っている武器やキャラが違うので、正しい正解がないのが正直なところ。 上で挙げた属性の特徴を見た上で、どの属性にするべきか決めていけると良いですね。

次の

【グラブル】バフが使えるキャラの前で活躍?[四天刃]カトルの評価

四 天 刃

ステータス• 奥義効果• スキル まずはHPと攻撃力の差が歴然です。 パラゾニウムはレベルが150まで上がるので、四天刃と比べてHP・攻撃力の数値が1. 3倍ほどあります。 そして、パラゾニウムと四天刃の一番の差は奥義効果です。 6人で戦っているみたいなものです。 マグナ編成だと通常攻刃なので加護効果は乗りませんが、差は結構大きく、あまり無視はできない数値です。 パラゾニウムの闇の三手の部分に関しては、小であること、そして加護が乗らないので無視しても良いとは思います。 オメガ剣の効果を適用させること、ゼノディア刀ではなく麒麟剣を入れることにより得意武器補正を掛けるためです。 余談 この検証とは話が逸れますが、闇マグナ編成、HP多いですね…… この検証を始めて気づきましたが、プラスなしで主人公HP3万、他キャラ2万5千とは驚きました。 アビススパインの神威中のおかげでしょうが、2本入るだけでこれだけ変わるんですね。 実際に調査してみた 検証方法 検証方法は、• 主人公が他心陣・アンプレディクトを打つ• 闇ジャンヌの1アビを打ち、防御を下限にさせる• 水着ゾーイのコンジャクションを使用する• その後10ターン目まで1回もアビポチせずにターンダメージを算出する 以上の方法で検証します。 実戦だともっとアビポチしたり、召喚石を打ったりとかなり変わってくると思いますが、今回の検証はあくまでパラゾニウムと四天刃の差を出すためとなっております。 ダメージ差表 ターン数 パラゾニウム 四天刃 1 6,864,303(主人公のみ奥義) 5,423,846(主人公のみ奥義) 2 5,301,225 5,408,747 3 8,524,019(オリヴィエ・水着ゾーイ奥義の2チェイン) 8,530,806(オリヴィエ・水着ゾーイ奥義の2チェイン) 4 9,059,139(主人公・闇ジャンヌ奥義の2チェイン) 8,064,725(主人公・闇ジャンヌ奥義の2チェイン) 5 4,675,846 3,687,094 6 4,269,219 3,728,202 7 6,525,352(オリヴィエ・水着ゾーイ奥義の2チェイン) 6,158,536(オリヴィエ・水着ゾーイ奥義の2チェイン) 8 4,194,707(闇ジャンヌのみ奥義) 3,968,072(主人公のみ奥義) 9 6,513,380(主人公のみ奥義) 5,054,414(闇ジャンヌのみ奥義) 10 4,182,285 3,972,915 合計 60,109,475 53,997,357 今回の検証によると、 闇マグナ編成のパラゾニウムと四天刃の差は、平均すると1ターンあたり約60万ダメージが変わってきます。 今回使用した編成が連撃を盛っているのが奥義効果とオメガ剣だけなので、オールド・コルタナなどを入れて連撃を盛るとともう少し変わってくるかもしれません。 この60万のダメージ差をどう取るか人によって変わるでしょうが、私はダマスカス鋼3個分の価値は怪しいと感じました。 まとめ この結果を見て、個人的にはマグナ編成にダマスカス鋼を使ってまで編成に入れるかは好みによるかなと思います。 リミ武器の中では4凸作成優先度がかなり高いのは間違いないとは思いますが、闇属性にそこまで力を入れていなかったり、ダマスカス鋼を取っておきたいのならば、マグナ編成ならば個人的には無理してまで作る必要はないと感じました。 闇属性には他のメイン武器候補として、 ベルセルクのメイン武器として、奥義に四天刃と同じ効果を持ち、奥義ダメージ上限があがりつつ神威でHPも増やせるアヌビス武器の ヘルマニビスや、 グローリーのメイン武器として、剣神解放で連撃バフ、剣神共鳴でウェポンバーストがあり、通常攻撃時に追撃、奥義効果に睡眠がある ゼノディア刀などがあります。 これらの武器でやり繰りができそうと考えるならば、作る必要はないかなと感じます。 勿論、ダマスカスの在庫に余裕があって使い道がないとかならば、現状このゲーム屈指の強力なメイン武器であることは間違いないので作っても良いとは思います。

次の

四天刃・真を四天刃・焔に!

四 天 刃

この記事ではグラブルの十天衆[四天刃]カトルの評価を紹介しています。 また使い方、今後のキャラ性能次第でどう変わるか解説していきます。 [四天刃]カトルの最新評価 評価は低めです。 主人公のジョブがダークフェンサーである場合が多く、アビリティ2:カルネージを使わない場面が多いため評価が低い傾向にあります。 また、強力とはいえランダム効果のデバフを入れるアビリティ1:シュリーヴァトサも評価が分かれます。 評価されるアビリティはアビリティ3:アヴィラティです。 このアヴィラティだけでも手持ちのパーティメンバー次第ではお釣りが出るほどの効果があるため、一部のグラブルプレイヤーの中では一定の評価を得ています。 [四天刃]カトルの長所 他キャラに絶対追加されないアビリティも持っているのがカトルの長所です。 アビリティ3:アヴィラティは味方全体のバフを1ターン延長します。 この1ターン延長が非常に強力で、バフ効果が最大1ターンの効果でなければ召喚効果でも奥義効果でもアビリティ効果でも延長をすることが出来ます。 よって、四天刃の奥義を使った後、アヴィラティを使うことで最大4ターンダブルアタックとトリプルアタック上昇の恩恵を得れます。 [四天刃]カトルの短所 [四天刃]カトルの短所はアビリティ1シュリーヴァトサに安定性がありません。 シュリーヴァトサは攻撃ダウン、防御ダウン、暗闇、毒、麻痺、連続攻撃ダウン、スロウなどの弱体効果から1つ付与します。 攻撃ダウンがほしい時に毒のデバフが入るなどよくあります。 最悪の場合は高難易度マルチバトルにおいて敵のHPが減ってからソーンなどの麻痺を使用するというルールを決めているにもかかわらず、シュリーヴァトサによる麻痺を入れてしまって後半で麻痺が入らないということもあります。 [四天刃]カトルのスキル シュリーヴァトサには敵に2回ダメージを与えた上でランダム弱体効果を付与します。 カルネージはグラビティと同じですが、ターゲットに関わらず4回攻撃を行い、敵全体にグラビティがかかります。 アヴィラティは強化効果を1ターン延長しサポートアビリティは稀に3つのアビリティを使用間隔を無視して再使用にするアビリティです。 また奥義効果にはスロウが付与されています。 [四天刃]カトルの戦い方 バフが使えるキャラが多ければ多いほどアヴィラティによる延長が出来るので、アルタイルやリルル、コルワを編成に入れ主人公はダークフェンサーでは無く別のジョブで戦います。 グラブル [四天刃]カトルについてまとめ グラブル [四天刃]カトルの評価についてまとめました。 バフが使えるキャラが多ければ多いほど真価を発揮することが出来、今後キャラが追加されるほど相対的に強くなるキャラです。

次の