立花 孝志 脅迫。 立花孝志が警視庁から脅迫罪で事情徴収される!マツコ発言は正しい?

「NHKから国民を守る党」の立花党首に脅迫の疑い。本人は「この程度のことで」

立花 孝志 脅迫

立花孝志・丸山竹島領土問題 北方領土の返還問題を巡って 『戦争で取り返すしかない』との趣旨を発言し【議員失格】扱いを受け日本維新の会を除名され、衆院で議員辞職を促す【糾弾決議】が全会一致で可決された丸山穂高氏。 無所属となり2019年7月29日には【NHKから国民を守る党】に入党。 丸山氏は入党に付いては 『無所属ではできることも限られている。 受信料を払った人だけが視聴できるNHKのスクランブル放送を実現する1点において共闘する』とし、入党した訳だが・・・ その後に起こった韓国の国会議員の6人が島根県の竹島に上陸した事について、自身のツイッターにて・・・ 『竹島は戦争で取り返すしかないんじゃないですか?』 ・・・とまたまたビックリ投稿をした。 世間からは結局同じ発言を繰り返す丸山氏に 『全く反省してねぇじゃん!!』 ・・・と、当然起こるであろう声が挙がった。 『 丸山氏が 処罰の対象にならない。 今回の発言は表現の自由が優先されるべきで、問題提訴の範疇じゃないかと思う。 』 『「 丸山氏のツイッターの投稿 戦争をしないと取り返せないけども、戦争なんてしたくないですよね?」・・・と言う意味にも取れる訳ですよ。 彼の投稿には【?マーク】だから 語尾に付いていると言う意味 』 と発言後、N国党の行動方針は特定の個人に迷惑がかかる可能性が有り、その迷惑をかけた場合はその者を処罰しなければならない場合もあるとした上で・・・ 丸山氏を【処罰しろ】【除名しろ】という声が一切挙がっていない。 問題ないとしている。 立花孝志が持論を展開 さらにその後の2019年9月10日、立花孝志氏が脅迫疑惑で逮捕に至る?となった問題発覚後に被害者の区議へ面会を求め区議会が入る同区役所に訪問し、取材に応じた際に立花孝志氏が話した内容である。 前述の竹島の丸山氏の発言『戦争で取り返すしかないんじゃないですか?』に対しての事。 立花孝志氏は・・・ 『家でも、所有者に家賃を払わずに20年間勝手に住んでたら、所有権は住んでる人に移る。 』 竹島について不動産の【取得時効】について例えた。 要は70年近く韓国が占有し続けている竹島を『日本の領土じゃあ!!』って言われたら戦争になるでしょ?なので日本の領土では無い!・・・と、はっきり言えば。 戦争は起らない。 丸山氏の発言はこういう意図があったのだと主張した。 そして立花氏は『そういう事も考えましょうよ?』 ・・・と、現状では竹島は実効支配している韓国に所有権があるのは仕方ないと主張。 平和な解決策は【日本が竹島を捨てる事】 丸山氏の発言も【強情な韓国から竹島を取り戻すには戦争しかない、戦争したくなければ竹島は捨てましょう】 と言いたかったのだと立花氏は丸山氏を擁護。 要は【竹島を取り戻すには戦争しかない。 戦争したくなければ竹島を渡しちゃいな!】 ・・・と丸山氏は言いたかっただけで『表現の自由』の範疇だ。 と持論展開した。 丸山氏の発言の真意は・・・ 【そのくらい竹島奪還は難しいと言う比喩表現だったのか?】 少し疑問は残るしこの言い分は丸山氏で無く立花氏が発言しているので・・・頭が切れる立花氏の作り話なのでは?という声も上がっています。 しかし結果的には立花氏の発言はこと問題発言の着地点を決めた内容。 この問題発言にこれ以上、これ以下も無いという、内容で終止符を打った形となった。 この問題に限らず、その他の発言でも 【何かしらの芯】を伴った正論と思える内容なので、その辺で適当なこと言っている芸能人や国会議員よりよっぽど頭の切れる人物である事が良く分かります。 自身のYOUTUBEチャンネルでもありのままを配信していて修羅場やリアルタイム論争の場数も腐るほど体験、論破していて、肝も据わっていて説得力もある。 今回このように丸山氏を擁護した立花氏だが、内容に筋は通っている。 世間からはめちゃくちゃ叩かれ続けているが立花氏が失脚しない限り、丸山氏は今後もN国党内に存続し続けるだろう。 立花孝志の持論展開の理由と思惑。 まとめ まぁ大抵は日本の領土だ!と言う人々からの批判が多い立花氏と丸山氏。 意外と賛成派も多いのだ。 NHKから国民を守る党、党首・立花孝志氏。 韓国からも戦争を起こさせないとし、しっかり守ろうとしている立花孝志氏。 この発言は立花孝志氏自身が 【自分は国民を守る!と言う強い意思表示を国民に見せたい!】 という理由から来るもの。 自身がNHKから国民を守る党党首として【国民を守る人物】と言うイメージを国民に植え付けたい思惑から来るものであるという事は普通に考えて明らか。 今後もこのような似た案件から【国民を守る】事に繋がる案件ならば今回の様に持論を展開し、【国民を守る】ニュアンスを臭わせる発言をしていくでしょう。 それが最終的にNHKから国民を守る党に繋がるのです。 やっぱりあながち否定できない立花孝志氏、やりすぎな過激な部分もかなりある人物だが、今の腐った日本の政界には立花孝志氏の様な人物が今後も必要なのかもしれない。

次の

N国・立花氏を区議脅迫容疑で聴取 「問題ない」と主張:朝日新聞デジタル

立花 孝志 脅迫

任意聴取のため出頭した立花孝志党首 NHKから国民を守る党の立花孝志党首が、マツコ・デラックス提訴を前に刑事事件で訴えられた。 立花氏は9日午後、警視庁月島警察署に任意聴取のため、出頭した。 4月の統一地方選挙の中央区議選で、N国党から出馬・当選した二瓶文徳区議が立花氏から脅迫されたとして、被害届を出したためだ。 この日朝、警視庁から聴取要請を受け、立花氏は午後を指定。 弁護士とともに月島署に入り、約1時間ほどの聴取を受けた。 被害を訴えた二瓶氏は、中央区議選にN国党公認で当選したものの、その後、通告なく離党。 これに激怒した立花氏はユーチューブ上で二瓶氏を何度も糾弾していた。 聴取前、報道陣の取材に応じた立花氏は容疑とされる事実関係を認め、「二瓶氏は党総会を無断欠席し、電話、メールしても返事が来ない。 『ユーチューブで叩き続ける、やり続けたら、街中歩けなくするぞ』と動画で僕が言った証拠が残っていますよ。 それが脅迫にあたるということになれば、最終的に裁判官の判断を待つしかない」と話した。 午後5時から詳細について、会見する。 立花氏によれば、脅迫罪などで起訴され、有罪判決が出たら責任を取って、議員辞職せざるを得ないとし、「今回の件は有権者を裏切るようなことをしていない。 (離党の)説明を何一つしていない二瓶氏の方が有権者を裏切る行為で問題。 刑事事件となったのはむしろ大歓迎」と受けて立つという。

次の

立花党首脅迫罪で訴えられた件について…二瓶文徳お前大丈夫か?

立花 孝志 脅迫

そのYouTubeの内容というのが本当に国会議員なのか?マツコさんの発言は正しいのでは?と注目を浴びています。 という事で今回は、YouTuberのシバターさんを訴える前に逆に警視庁から脅迫罪で事情徴収された立花孝志議員のことについてお届けしていきたいと思います。 出典:立花孝志チャンネル 動画を見てもらえると内容はわかるのですが、元AV男優の久保田学議員が立花孝志議員に名誉毀損で訴えてもらえないかと相談したところ、メールにて名誉毀損で訴えいる旨を伝え『住所・氏名』を教えてくれないかと本気であることを伝えていました。 その後どの様な話になっていたのかは、動画を投稿していないのでわかりませんが、訴えるということを全国に向けて発信していました。 おそらく、N国支持者や立花孝志議員支持者からすれば、早くシバター氏を訴えは、今後どうなるのか行く末が気になっていたところでしょう。 そんな最中、訴えを起こしていたはずの立花孝志議員が元N国党の二瓶文徳議員に当てた動画がに脅迫罪に当たるとして警視庁から事情徴収を受けることになってしまいました。 その動画で語っていた内容というのが、 「25歳の二瓶文徳はこれからもね、徹底的に叩き続けますから。 オレ、奥さん、この子のお母さんも彼女も知ってますよ。 徹底的にこいつの人生を僕は潰していきますからね。 二瓶親子、特に息子、覚悟しとけ。 許さんぞ、ボケ」 この様な内容です。 最後の『ボケ』という発言は関西出身の方なら、許せる範囲の言葉なのかも知れませんが、かなり強い表現だと思います。 さらに、警視庁から連絡があった事を投稿した動画では脅迫をしたつもりはないと再三語っていましたが、8月30日に投稿した二瓶文徳議員の父で江東区議会議員の二瓶文隆議員に会ってきましたと言う動画内で立花孝志議員自ら 『脅してますよ!』と語り、脅迫していることに対し持論で罪にはならないと言っていました。 その持論というのは 『理由があれば脅してもOK』というもの。 国会議員であってもイチ政党の党首であっても理由があれば脅しても良いということらしいのです。 しかもその理由というのがお金のトラブルと報じられています。 いくらお金のトラブルが理由だからといって『人生を潰す』だの『ボケ』だのとその言い方はまさに闇金の手口と同じではないですか! しかも、動画の前文を聞くと二瓶文徳議員が辞職すればネット上で語ることはないが、残るのであれば良いことも批判も語り、その内容は孫の代までいつまでもネット上に残り語り継がれるのですよ!それでも良いんですか?と二瓶文隆議員にも取りようによっては脅迫をしているようにも聞こえます。 まぁ、動画内ではネットの怖さを二瓶文隆議員は知らないと語っていましたが…。 出典:立花孝志チャンネル その後も二瓶文徳議員が弱いので底と叩く!と弱い物いじめをするのが自分のやり方だからといじめを肯定するようななことまで語っています。 N国を除名された人たち、離党した人たちの人間性をちゃんと伝えることが役目ともっともらしいことを語っています。 ですが、逆を返せば、なぜ10名もの人たちがこの短期間に離党したり除名に至ったかの、その理由も抜けていった議員に聞き居てみたいところですが、その点は実現しないでしょう? 個人的にも頑張って欲しい党の1つではあったのですが、目立つことをすればNHKはスクランブル放送をせざる負えない…と、これが政治家としてする行動なのかと残念なところが目に付き、憤りすら感じています。 しかも立花孝志議員の口からこの様な言葉が出ると思ってもおらずマツコデラックスさんの発言があながち間違いではなかったのではないでしょうか? スポンサーリンク マツコ発言は正しいかった? マツコデラックスさんは出演している『5時に夢中』という生放送中にN国の話題を振られ次のようなコメントをしました。 『NHKをぶっ壊すだけの目的のために国政に出られ、これで税金を支払われたら、そっちのほうが迷惑』• 『(NHKをぶっ壊す一択)今のままじゃ、ただの気持ち悪い人たち』• 『フザケて投票した人の相当数いるんだろうなぁ?』• 『宗教的な感じもある』 この発言に対し、立花孝志議員はN国党の事をバカにするのはまだしも、有権者対してバカにするような発言は絶対に許せないと猛抗議! 生放送中にTOKYO MX前に出向き自らのYouTubeチャンネルで生配信をしマツコデラックスさんの出待ちをし、謝罪を求めたりと有権者のためにと尽力していました。 そんな立花孝志議員ですが、今回の警察での事情聴取を受けることに対し、自ら言ってはいけない発言をしているのです。 そのときに信じがたい言葉を発しています。 『有罪になったときには国会議員を辞めます』という発言に対しては、逃げ回る議員と比べて潔く好印象だったのですが、 『議員は正直なんか…、鬱陶しい。 ウダウダ言われるから』と有権者に対して決して言ってはいけない驚きの発言をしているのです。 ウダウダ言われながらでも、自分が掲げた公約は守るのが議員のあるべき姿で、立花孝志議員だったのでは?と思っていたのですが、どうやらそうでは無いようで残念ですよね。 しかも、議員じゃなくても『NHKをぶっ壊す』活動はできるとまで言っていました。 そんな発言をしている立花孝志議員に対して誰も有権者側からのお怒りの言葉は見当たらず、マツコデラックスさんが言っていてようにフザケて投票した人がいるのでしょうか? フザケて投票した人が誰ひとり居ないのであれば、『ウダウダ言われるからなんだ!』と声を上げ、立花孝志議員のケツを叩くべきではないでしょうか? 今後の立花孝志議員の脅迫罪でどうなるのか気になるところですね。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の