出水 市 花火 大会。 出水・阿久根・薩摩川内

第37回夏祭りいずみ鶴翔祭

出水 市 花火 大会

ステージイベントや焼酎の振る舞い。 本祭は14日午後3時半、同商店街。 午後6時半、市中流し踊り。 各町を出た四つの山車が浜田屋伝兵衛に集結、競演する。 前日夕、前夜祭があり。 約1500発の花火やステージイベント。 太鼓踊りなどの行列が練り歩く。 国の重要民俗文化財。 夜は川上小学校で納涼大会。 流し踊りや50連発、100連発の花火。 子どもみこし、夜はステージイベント、花火。 同5時40分、ステージイベント。 同8時半、海中・海空など多彩な打ち上げ花火が1000発。 打ち上げ花火や水中花火、湖面に映る大ナイアガラなど約4000発の花火,同7時からステージイベント。 電波望遠鏡などの施設公開や親子科学実験、星空観望会。 船団パレードや船こぎ競争。 夜は盆踊りや打ち上げ花火。 約1万発の打ち上げ花火や長さ1000メートルの巨大ナイアガラ。 約1000発の打ち上げ花火。 3日午後6時から宮之城屋地の八坂神社境内で前夜祭。 4日午後3時半〜9時20分、国道328号沿いで巡行パレードや手踊り、五ツ太鼓、ねぶた巡行、花火。 郷土芸能の披露やちびっこ夏祭り。 午後5時半、パレードとハンヤ総踊り。 27日午後6時、夏祭り納涼大会。 28日はブリつかみ捕り大会 1人2500円 、ビーチバレー大会。 ともに事前申し込みが必要。 新港水揚げ場。 魚のつかみ取りやマグロ解体ショー、水産物の販売、抽選会。 28日は総合運動公園多目的グラウンドで、午後3時半からフリーマーケットと演芸大会、8時から7000発の花火打ち上げ。 雨天時は花火は29日に順延。 午後6時から子どもみこし、総踊り、演芸大会。 花火大会は9時から3000発を予定。 雨天時花火は5日に順延。 午後6時から子どもみこし、総踊り、演芸大会。 花火大会は8時半から500発を予定。 雨天時は花火のみ18日に順延。

次の

第37回夏祭りいずみ鶴翔祭

出水 市 花火 大会

ステージイベントや焼酎の振る舞い。 本祭は14日午後3時半、同商店街。 午後6時半、市中流し踊り。 各町を出た四つの山車が浜田屋伝兵衛に集結、競演する。 前日夕、前夜祭があり。 約1500発の花火やステージイベント。 太鼓踊りなどの行列が練り歩く。 国の重要民俗文化財。 夜は川上小学校で納涼大会。 流し踊りや50連発、100連発の花火。 子どもみこし、夜はステージイベント、花火。 同5時40分、ステージイベント。 同8時半、海中・海空など多彩な打ち上げ花火が1000発。 打ち上げ花火や水中花火、湖面に映る大ナイアガラなど約4000発の花火,同7時からステージイベント。 電波望遠鏡などの施設公開や親子科学実験、星空観望会。 船団パレードや船こぎ競争。 夜は盆踊りや打ち上げ花火。 約1万発の打ち上げ花火や長さ1000メートルの巨大ナイアガラ。 約1000発の打ち上げ花火。 3日午後6時から宮之城屋地の八坂神社境内で前夜祭。 4日午後3時半〜9時20分、国道328号沿いで巡行パレードや手踊り、五ツ太鼓、ねぶた巡行、花火。 郷土芸能の披露やちびっこ夏祭り。 午後5時半、パレードとハンヤ総踊り。 27日午後6時、夏祭り納涼大会。 28日はブリつかみ捕り大会 1人2500円 、ビーチバレー大会。 ともに事前申し込みが必要。 新港水揚げ場。 魚のつかみ取りやマグロ解体ショー、水産物の販売、抽選会。 28日は総合運動公園多目的グラウンドで、午後3時半からフリーマーケットと演芸大会、8時から7000発の花火打ち上げ。 雨天時は花火は29日に順延。 午後6時から子どもみこし、総踊り、演芸大会。 花火大会は9時から3000発を予定。 雨天時花火は5日に順延。 午後6時から子どもみこし、総踊り、演芸大会。 花火大会は8時半から500発を予定。 雨天時は花火のみ18日に順延。

次の

【2019九州の花火大会】鹿児島県の花火大会日程・場所・打上数一覧

出水 市 花火 大会

鹿児島市喜入町 全国160超の花火業者が1日午後8時、新型コロナウイルス収束を願い一斉に花火を打ち上げた。 鹿児島県内は4業者が8会場で実施。 人が集まるのを避けるため事前に場所を公表せず、突如夜空を彩った大輪に多くの人が魅せられた。 「不安の尽きない日々が続くが、心を一つに乗り切りたい」と鹿児島市喜入町の看護師松原美雪さん(43)。 出水市昭和町の自営業平井勝也さん(73)は「励まされた」、肝付町新富の白田利秋さん(58)は「うれしいサプライズ」と喜んだ。 志布志市の志布志小学校2年厚ケ瀬龍斗君は「大きい花火が見られた」。 薩摩川内市の可愛小4年古市愛心(あみ)さんは「休校中は友達と会えずつらかった。 もっと頑張ろうと思った」と語った。 指宿市の指宿いわさきホテルの松重芳拓宿泊部長(51)は「早く日常が戻ってほしい」、南大隅町のねじめ温泉ネッピー館の加治原秀一館長(55)は「営業再開日にいい景気づけ」と歓迎。 西之表市では地元の会社が独自に10発を打ち上げた。

次の