あまの が わ め るる。 世界を旅するノマドセラピスト あまのゆうき公式ホームページ

【あまの街道 千年の時間が流れる森を歩こう】アクセス・営業時間・料金情報

あまの が わ め るる

会社概要 社名 株式会社 あまの創健 設立年月日 昭和22年8月1日 資本金 6,325万円 代表者名 代表取締役社長 天野 源之 社員数 103名 事業内容• 昭和25年 株式会社天野慈善堂と取引を開始する。 昭和49年 天野商事株式会社が資本参加する。 昭和50年 高興業株式会社を高天野産業株式会社と社名変更し、 天野商事株式会社から業務ならびに社員の一部を継承する。 昭和52年 医療機関と業務提携し、血液検査のみの成人病検査を健康保険組合に初めて実施。 昭和57年 東京、大阪への営業活動を開始する。 昭和59年 高天野産業株式会社を天野産業株式会社と社名変更する。 名古屋市北区に配送センターを設立。 昭和62年 巡回型主婦健診を初めて実施。 平成 2年 東京営業所を開設。 平成 5年 大阪営業所を開設。 平成 6年 本社ビルを移転、新築する。 旧本社跡地にトータルヘルス研究所(T. )開設。 平成11年 天野産業株式会社を株式会社あまの創健と社名変更する。 平成12年 全豊田巡回健診開始。 平成13年 あまのトータルヘルスシステム THS を構築し、事業展開。 平成14年 共同巡回健診開始。 平成16年 プライバシーマークを取得。 医薬品インターネット斡旋を開始。 平成17年 医療事務代行ビジネスを構築し、インフルエンザ予防接種支払代行業務を開始。 サービスセンターの業務にバーコード検品システムを導入。 平成18年 全国巡回健診開始。 ネットワーク健診開始。 平成20年 スクエアステップマット 特許取得。 平成27年 ポイントサービス事業開始。 平成29年 健康経営優良法人2017 〜ホワイト500〜 認定。 代表取締役社長 天野源之 「社会と共に生きる」 医薬品の卸販売に源を発した私たちは、人々の健やかな生活づくりをお手伝いしてきました。 日本が世界一の長寿国を誇り、平和で豊かな生活を送られるようになった一方で、生活習慣病の増加や環境破壊など深刻な問題も急増し、私たちの使命もより一層大きなものとなっています。 私たちは健康づくり文化を創造し、選ばれる会社になるために、ヘルスケア事業・環境事業のサービス提供を通して、自然と共生した人類の限りない存続に貢献したいと考えています。 商品・サービスの品質や価格はいうまでもなく、安全性や環境への配慮、取扱いの容易さなど、すべてのお客様に満足していただける最良の形でお届けできるよう努力してまいります。 また、プロフェッショナルとして、高い専門性とたゆみない探究心を持って、社会から信頼される良き企業市民をめざします。 何とぞ一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、心からお願い申し上げます。 代表取締役会長兼社長 天野 源之 企業理念 あまの創健は医薬品の卸販売を源を発し70年余にわたり人々の健やかな生活づくりをしてきました。 日本は世界一の長寿国を実現し、それをさらに進化、発展させることが求められています。 私たちは人を大切にし自然と共生する日本文化を基盤に、高い専門性とたゆみない探究心をもって社会に貢献します。 開拓者精神 お客様の声に真摯に耳を傾け、独自の発想を伝統と最新技術の融合により商品化し、新しい価値を社会に提供します。 共生 (ともいき) 社会の持続的な発展のため、「環境・地域社会との共生」「お客様・お取引先との共生」、「社員・株主との共生」の実現に尽力します。 継続成長 常に社会の変化に適応します。 短・中・長期の視点で経営資源を配分し、仕事の質を向上させることにより、健全な企業体質の実現を目指します。 企業倫理基準 あまの創健は社会の良き一員として法令を遵守し、持続可能な成長を実現するため、以下の内容に自発的に取り組みます。 人権への配慮 本人の意思に反した強制労働、ハラスメントなどの非人道的扱い、あらゆる差別を排除します。 従業員の安全と健康 労働安全衛生に関する法令および社内ルールを遵守し、安全第一の職場環境づくりに取り組みます。 社員の心身にわたる健康の維持・増進の活動を推進します。 環境への取り組み 企業活動を通じて、自然環境の保全と資源の保護に貢献すべく、環境方針に従い、継続的な環境改善活動に取り組みます。 公正で透明な取引・腐敗防止 お客様との取引は誠実かつ公正に行い、健全な関係を構築します。 商品、サービス、資材等の購入先は公正に比較、評価して決定します。 いかなる贈収賄・談合にも関与しません。

次の

古新舜が贈る!長編映画「あまのがわ」〜分身ロボットOriHimeと自分探しの旅〜

あまの が わ め るる

教育熱心な両親のもと、自分自身のやりたいことや思ったことを伝えることに萎縮し、家庭の中でも苦しい経験を積んだ。 大学受験で、第一志望を落ちたことで全てを失ったと感じ、 身体と心の両側面がボロボロになり、自殺を考えた。 その時に、自分を救ってくれたのが インターネットのチャットの仲間たちであった。 その後、大手予備校講師に採用されると同時に、 映画の現場の助監督に参加したことで、乏しい自分自身のコミュニケーション力の鍛える機会を得た。 そして、 数々の映画祭で受賞・入賞を果たす。 代表作は 倉科カナ初主演短編映画の「koganeyuki」、犬猫の命の大切さを描いた初の長編映画 「ノー・ヴォイス」をリリースする。 自分自身を見失ってしまった彼女が遭遇したのは 分身ロボットのOriHime。 彼女はOriHimeを全自動で動くAIロボットと思い込み、OriHimeと会話をし始める。 OriHimeの薦めで、 大好きだった祖母が口にしていた屋久島へとOriHimeと共に旅立つこととなる。 人との接し方に悩み、 対人関係に怯える史織は大自然に触れながら、少しずつ開放的な気持ちを取り戻していく。 も、OriHimeが遠隔操作された、 分身ロボットであることに気づき、愕然とする史織。 様々な葛藤を乗り越えて、 彼女は自分自身の抱えている壁を乗り越えるべく、祖母が話してくれた縄文杉に向かうこととなる。 果たして 史織は困難を乗り越えて、縄文杉にたどり着くことはできるのであろうか。 真っ青な大海原、苔に囲まれた大樹林、新鮮な魚介の幸、そして、澄み切った空気。 現代社会にいると忘れがちな生きる上で大切な自然や生き物の息吹や営みを五感を通じて感じることができる。 一人の少女と一人の分身ロボットが壮大な大自然を目の前に立ち向かう勇気、人間の内面の力強さを 監督・古新舜が描き切る。 踏み出す勇気が、自分を大きく成長させてくれることを伝えたい。 「感謝」「愛」「共創」の想いをストーリーに散りばめていく。 その中で、監督・古新が思ったことは、 全国で活動されている様々な方々が、この悲しい現実を変えるために、 小さくても何か具体的な行動を起こしているということだった。 古新自身もイジメに悩み、第一志望に落ちて自殺を考えたことから、 生きることに悩みながらも、一つ一つの 小さなアクションを続けながら、映画監督になった経緯がある。 社会人として培ってきた様々な経験から 「踏み出す勇気が、自分を変える」 ことを伝えていきたいと思い、次回作を作ろうと思った。 吉藤氏も学生時代、 不登校や引きこもりを体験し、孤独の解消を目的とした分身ロボットOriHimeを開発していた。 古新は、完璧な力を備えたロボットの存在に 懐疑的な視点を持っていた。 大切なことは物理的な力のみではなく、 誰かを思う心の存在。 その 心の力を備わったロボットがこのOriHimeだと思ったのだ。 「人は、リアルな場に出向いて出会わなければいけない」 この言葉に、古新は 強い共感を覚えた。 ・古新と吉藤、各々 社会的に追いやられたという過去が似通っていたこと、 ・映画とロボットそれぞれ コミュニケーションのツールだと捉えて活動していること、 が合致したことで、このOriHimeを映画で登場させたいと思うようになった。 そこで見上げた 星空の美しさから、OriHimeのネーミングも決まったとのこと。 そんな想いのある場所であれば、きっと何か魅力的な作品が描けるのではと思い、仲間と共にシナリオハンティング(脚本を作る上での下見)で屋久島に出かけた。 実際に話で聞いていた空間がまさにそこにはあった。 空気が澄んでいて、鬱蒼と茂る樹木があたかもスタッフ一同を呼び寄せているかの感覚に陥り、縄文杉までの往復10時間の登山を通じて、人間は自然と共に生かされているという感じを覚えることとなる。 そして、古新は、満点の星空を見上げた瞬間に、 この感動を映画の中で描きたいという決意が固まったのだった。 彼は、とある憧れのミュージシャンの歌に、生きる希望を授かった。 古新も、そのミュージシャンが大好きであった。 同じ岩手の出身者同士が、同じミュージシャンのファンであることで、友達としての交流を育んでいる。 「映画」「映像」「教育」の3つの分野を軸に、 「地方創生」「社会課題解決」「ブランド力向上」の3つのテーマを掲げたコミュニケーションの創出を行なっている。 本作も、劇場公開だけではなく、学校や地域など様々な方々に 主体性や協調性といった《学び》を育むツールとして活用してもらいたいというグランドデザインを掲げている。 東京屋久島の往復交通費、宿泊費、打ち合わせ費、地元関係者会合参加費、 仮チラシ・HP・脚本制作費、プロモーション映像制作費などに活用させて頂きます。 変えるのは他人ではなく、自分自身。 FAQ Q. 支払い方法は何がありますか? A. クレジットカードの決済はいつ行われますか? A. 「All-or-Nothing」では募集期間中に目標金額を達成した場合、「All-In」では目標金額の達成・未達成に関わらず、プロジェクトは成立となります。 募集期間内にプロジェクトが成立した場合のみ、支援金の決済が実行されます。 募集期間内にプロジェクトが成立しない場合は、支援金の決済は実行されません。 その場合はプロジェクトオーナーに支援金は支払われず、選択したリターンの発送(履行)もありません。 プロジェクトに関する質問はどうすればいいですか? A. プロジェクト内容に関するご質問やご意見は、プロジェクトオーナーへCAMPFIREのメッセージ機能をご利用ください。 間違って支援した場合はどうなりますか? A. 選択したリターンの変更・キャンセル・返金は一切受け付けておりません。 リターンの変更・キャンセル・返金については、各プロジェクトオーナーへ直接お問い合わせください。

次の

【あまの街道 千年の時間が流れる森を歩こう】アクセス・営業時間・料金情報

あまの が わ め るる

諸説の変遷 [ ] 元来、記紀神話では、漂っていた大地を完成させる使命を持った伊邪那岐()と伊邪那美()の夫婦神が天沼矛を渾沌とした大地に突き立てかき回し、矛を引き抜くと、切っ先から滴った雫(あるいは塩)がとなったとされていた()。 しかし中世に到りの影響のもと、この神話には様々な解釈が生み出され、天沼矛の性質も変容していく。 の神道書『』では、天沼矛をの際に発生した霊物でありを化生したとし、と見なされ魔を打ち返す働きを持つとして別名を 天魔反戈というとされている。 更にした(『』では瓊瓊杵尊)を 瓊(宝石)で飾られた 杵(金剛杵)の神と解し、「杵」を武器に地上平定する 天杵尊、別名 杵独王とした。 一方での神道書『』ではオノゴロ島に立てられた金剛杵であるとされ、これらの影響を受けた『』では皇孫尊は天沼矛をとして天下ったとされた。 このため天沼矛=天逆鉾は地上にあると考えられるようになった。 所在 [ ] 天逆鉾の所在については『大和葛城宝山記』では天魔反戈は内宮滝祭宮にあるとされている。 (度会神道)の神道書『』ではの宮処の璽(しるし)とされており、『』ではが天から 天逆鉾をに投げ下ろしたとしに保管されているとした。 いずれも、に保管されていると説く。 なお、は『』の中でオノゴロ島である宝山にあると結論づけている。 高千穂の天逆鉾 [ ] 一方で天逆鉾が、を通してに譲り渡されて国家平定に役立てられ、その後、国家の安定を願い矛が二度と振るわれることのないようにとの願いをこめて高千穂峰に突き立てたという伝承がある。 この天逆鉾はの一社・(鎮座)の社宝である。 この矛の由来は不明であるが、一説によるとには既に存在していたといわれる。 [ ]古来、天逆鉾を詳しく調べようとした者はいなかったが、が妻のと高千穂峰を訪れた際、何を思ったか引き抜いて見せたというエピソードがある。 このエピソードは龍馬自身が手紙で姉に伝えており、手紙も桂浜の龍馬記念館に現存している。 なお、この天逆鉾はのちに火山の噴火で折れてしまい、現在残っているものはである。 オリジナルは柄の部分は地中に残っており、刃の部分は回収され、に献上され、近くの荒武神社(都城市吉之元町)に奉納されたが、その後も様々な人手を転々と渡って現在は行方不明となっている。 は『』などに触発され霧島山降臨の話を作り出したが高千穂峰の山頂に逆鉾を置いたと推察している。 兵庫県高砂市のでは境内のを、天逆鉾、のとともに「」と称している。 脚注 [ ] []• この際、本来長柄武器は刃を上にした状態が通常であるのに対し、刃を下に向けた状態、つまり逆さの向きで使ったため天逆鉾と呼ばれるという(村山 2006)。 参考文献 [ ] 注釈に明記した以外は、ほぼ山本 1998に依っている。 『中世神話』( 1998年)• 『新説 RPG幻想事典』( 2006年) 関連項目 [ ]•

次の