秋の彼岸はいつ。 2020年の春と秋の彼岸はいつ?由来や日付、お布施の相場などをご紹介します。

2020年春と秋のお彼岸はいつ?お供えなど、安心してお彼岸にお参りするための全知識を紹介

秋の彼岸はいつ

お彼岸を決める 春分の日・秋分の日というのは、国民の祝日とし定められています。 しかし、春分の日も秋分の日も、他の祝日のように毎年同じ日に決められてるというわけではないのです。 これは、太陽と地球の関係が大きく関わっています。 天の赤道(せきどう・天における地球の赤道の延長線)と、黄道(こうどう・太陽の通り道)が交わる「春分点」・「秋分点」という2点があり、太陽がその点を通過する瞬間をそれぞれに「春分」「秋分」となり、昼の時間と夜の時間がほぼ同じとなるといわれています。 地球は365日と6時間程かかって、公転(こうてん)していているため、毎年ズレが生じるわけなのです。 毎年、国立天文台が官報(かんぽう)で公表した日が、「春分」「秋分」となります。 この 「春分」と「秋分」が、それぞれお彼岸の中日(ちゅうにち)になるわけです。 2020年の春の彼岸の入り〜彼岸明けはいつ? 2020年春のお彼岸は 3月17日(火)から3月23日(月)となります。 春のお彼岸は、 春分の日の前後3日ずつの合わせて7日間となります。 お彼岸の由来 もともとお彼岸の「彼岸」は、サンスクリット語の「波羅密多」(パーラミター)から由来し、到達する・完成する・成就するというという意味合いがあります。 仏教においては、煩悩と迷いの世界である「此岸 しがん 」にいる者が「六波羅蜜 ろくはらみつ 」の修業を修することで、「彼岸(悟りの世界)」へ到達することが出来るといわれています。 お彼岸の頃は昼間と夜の長さがほとんど同じと言われ、東に位置するといわれる「此岸」に対して、西に位置づけられる「彼岸」が一番距離が近いとされるのが彼岸の時期ということから、お彼岸にご先祖の供養をするようになったといわれています。 お彼岸とお盆の違い お盆とお彼岸はどのような違いがあるのか疑問に思う人も少なくないと思います。 どちらも各家の子孫がご先祖様に手を合わせ、感謝の心を運ぶという意味では同じなのですが、少し趣き(おもむき)が違います。 お盆というのは、 お盆の期間に亡くなった方の魂は家に帰るといわれ、そのご先祖様の魂を迎えるという風習です。 お彼岸は、 彼岸と此岸が一番近くになるといわれる期間に、こちらからご先祖様に供養を捧げにいくというような風習となります。 お彼岸でするべきこと お彼岸では具体的にどんなことをして過ごすのが良いのでしょうか? お墓・仏壇・仏具をきれいにする 日本では、お彼岸の日にお墓参りに行くこと慣習になっています。 普段お仕事などで忙しい方は、お彼岸の時期にご先祖が眠っている お墓や仏壇、仏具のお手入れをするのも良いです。 六波羅蜜を意識した生活を送る お彼岸は六波羅蜜を由来としていることを紹介しました。 以下6つの修業を通して、迷いや苦しみの世界から悟りの世界に到達するという、修行者の期間がお彼岸だったのです。 お彼岸の時期には、 六波羅蜜を意識した生活を送るのも良いのではないでしょうか。 お彼岸でするべきこととして、お墓参りをご紹介しましたが、 お彼岸のお墓参りに行く際にはどんなことに気をつければよいのでしょうか? ここではお墓参りをする時間やお供え物について紹介していきます。 お墓参りは何時に行くのがいい? お墓参りに行く時間帯に決まりなく、いつでも問題ありません。 しかし、できることなら 午前中もしくは日の明るい時間帯に行かれることをお薦めいたします。 というのも、ご先祖様を自分たちの用事を先に済ませて、ご先祖様のお参りはその後でというような ついで参りはよくない、という昔からの言い伝えがあるからです。 ご先祖様のことを一番初めにするということは、ご先祖様を敬ったり感謝する心の現われなのですね。 また午前中に行くほうが、掃除もしやすく気持ちもよいと思います。 もちろんお仕事の都合や、いろいろなご事情があり、午後からお参りに行かれる方も少なくないと思います。 そうした場合もなるべく、 墓地の管理人さんにご迷惑をおかけしない時間帯に行くほうがよいと思います。 お彼岸の中日は毎年祝日になっていますので、普段お仕事される方などがご家族と一緒にお墓参りに行かれることもあり、比較的混雑するため、中日を避けて行かれるのが無難です。 お彼岸に適したお供え物 お彼岸のお供え物として代表的なものが、 ぼたもちやおはぎがあります。 これらに使う「小豆」に 魔除けの力があるとされていて、江戸時代頃から当時は貴重だったお餅と、砂糖を使って「ぼたもち」や「おはぎ」が作られるようになったと言われています。 ちなみに「ぼたもち」と「おはぎ」、基本的にどちらも同じ食べ物です。 春のお彼岸の頃には、牡丹の花が咲くことから「ぼたもち」と呼ばれ、牡丹に似せてやや大きめに作られるようです。 秋には萩の花が咲くことから「おはぎ」と呼ばれ、こちらはやや小さめに作られているようです。 お彼岸の期間は計7日ありますので、その他のお供え物としては、日持ちのするゼリーやお菓子など小分けしやすいもので、賞味期限が2週間以上あるものを選ぶほうがよいでしょう。 以下の記事では、お彼岸の墓参りについてさらに詳しく解説しています。 ぜひこちらの記事もあわせてご覧ください。 春のお彼岸は、春分の日の前後3日ずつの合わせて7日間である 秋のお彼岸は、秋分の日の前後3日ずつの合わせて7日間である• 2020年春のお彼岸は3月17日(火)から3月24日(月) 2020年秋のお彼岸は9月19日(土)から9月25日(金)• お彼岸の期間は、お墓参り・仏壇などの手入れや六波羅蜜を意識した生活を送る• お墓参りに行く時間帯に決まりはないが、できれば午前中もしくは日中が好ましい• お彼岸のお供え物として「おはぎ」や「ぼたもち」、その他日持ちのするお菓子などがよい• 2016年〜2019年のお彼岸・彼岸入りの時期をまとめて紹介 ご先祖を大事にする習慣を、これからも大切に伝え残していきたいものですね。 最後までお読み頂きありがとうございました。 終活ねっとでは他にもお彼岸に関する記事を多数紹介しております。 以下の記事では、彼岸の法要について解説しているので、詳しく知りたいという方はぜひご覧ください。

次の

秋の彼岸はいつ?お供えする花や期間中にすることまで徹底解説します|終活ねっとのお坊さん

秋の彼岸はいつ

秋彼岸の意味や由来 秋彼岸とは、秋に行うお彼岸のことです。 秋彼岸にはお墓参りをする風習が今も続いていますが、例年8月13~16日ころにあるお盆に対し、秋彼岸は例年9月19日~25日ころとなっており、1ヵ月程度の間隔しかない中で、「どうして2回もお墓参りをするの?」と疑問に思う方も多いでしょう。 その理由は、お墓参りをする目的が違うからです。 お盆は盂蘭盆会という仏教行事と日本で浸透していた農耕儀礼、祖霊信仰が合わさり現在のような形になったと言われています。 一方で秋彼岸(彼岸)は「波羅蜜多(パーラミター)」が元となっており、僧侶が悟りを開くために行う修行です。 パーラミターの漢訳が至彼岸となることから、お彼岸と呼ばれるようになったと言われています。 2020年の秋彼岸の期間はいつ? 2020年の秋彼岸は、9月19日(土曜)から9月25日(金曜)となっています。 秋彼岸(彼岸)の日程の決め方については、後述しているためここでは詳しくは省略しますが、秋分の日が9月22日(火曜)のため、その日を中日として前後3日間の合計7日間を秋彼岸とします。 なお、秋彼岸となる最初の日を彼岸入り(2020年であれば9月19日)、秋分の日を彼岸の中日、秋彼岸の最終日(2020年であれば9月25日)を彼岸明けと言います。 また、彼岸は年に2回あり、彼岸と言うと春彼岸のことを指す場合もあります。 この場合、秋彼岸は「後の彼岸」と呼ぶこともあります。 お彼岸の意味や由来 彼岸とは、サンスクリット語の波羅蜜多(パーラミター)の漢訳である「至彼岸」を略したものです。 彼岸は仏教の概念では、煩悩や欲から脱した悟りの境地、つまりは極楽浄土のことを指しています。 一方で、私達が暮らす世界は煩悩に溢れた此岸(しがん)と呼ばれます。 仏教の発祥国であるインドでは、彼岸の時期になると、僧侶は布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)の6つの修行を行い、これを六波羅蜜と言います。 修行が行われる期間は、彼岸があると言われている真西と此岸であるこの世がある真東が最も近づく日、春分の日と秋分の日を中日にした7日間になります。 これが日本に伝わると、先祖や故人の霊が暮らす彼岸と、私達の住む此岸の距離が最も近くなる彼岸にお墓参りをすることで、より丁寧な先祖供養になると考えられるようになりました。 なお、彼岸にお墓参りをするのは日本独自の風習であり、仏教の発祥国であるインドや中国では行われていません。 また、彼岸の由来には、日本では仏教が伝わる以前より太陽信仰の「日願」が根付いており、この日願と彼岸が結び付いて今のような形になったという説もあります。 秋彼岸の日程の決め方は? 秋彼岸の日程は毎年変わります。 なぜなら、秋彼岸は秋分の日を中日として、前後3日間の合計7日間となるからです。 秋分の日は前年の2月に国立天文台が作成する「暦象年表」によって日付が公布され、それに基づいて閣議決定されます。 そのため、2年後、3年後の秋分の日はおよその推測はできても確定ではありません。 また、秋分の日は、天球の見かけ上の太陽の通り道(黄道)と、地球の赤道を天球まで伸ばした天の赤道が交わる点(秋分点)を太陽が通過する日である秋分日に基づいています。 秋分日と秋分の日は言葉がとても似ていますが、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々としのぶ」ことを趣旨とした国民の祝日となっています。 秋分日と秋分の日は同じ日ですが、その意味合いは異なり、秋彼岸はあくまでも秋分の日を中日にした7日間となっているため、国民の祝日である秋分の日が閣議決定された後に官報に掲載されて初めて、その年の秋彼岸の日程がわかります。 秋彼岸の風習や行事 秋彼岸に行うことと言えばお墓参りです。 彼岸(極楽浄土)と此岸(現世)が最も近くなるため、先祖供養を行うのがよいとされています。 とは言え、お墓のある地元から離れて、遠くで暮らしている方の場合、お盆とお正月の年に2回実家に帰省するのが精一杯で、秋彼岸や春彼岸にお墓参りに行くのは難しいこともあるのではないでしょうか。 その時は無理にお墓参りをする必要はありません。 自宅に仏壇があれば仏壇に手を合わせ、なければ心の中で手を合わせてもよいでしょう。 大切なのは祖先をうやまう気持ちです。 お彼岸の花について 彼岸にお供えする花は、やはり菊が人気です。 菊には昔から邪気を祓う力があると言われており、彼岸だけではなく弔事にも使われますよね。 菊はハウス栽培されているので通年販売されていますが、本来の旬は9月から12月の秋から冬にかけてと言われているので、秋彼岸にはお勧めの花と言えるでしょう。 菊以外では、ユリやトルコキキョウ、カーネーションもお勧めです。 カーネーションと言えば、母の日に贈る花のイメージがありますが、母の日は1970年のアメリカで、亡き母への追悼の意味を込めて教会で白いカーネーションを配ったのが始まりと言われています。 そのため、彼岸にお供えする花としてカーネーションは人気があります。 カーネーションは赤のイメージがありますが、お墓や仏壇にお供えする場合は白や薄い色のものを選ぶとよいでしょう。 なお、秋彼岸であればケイトウもお勧めです。 ケイトウは鶏の頭に似ていることからその名前がつけられましたが、色のバリエーションが多く、茎が細いので他の花と一緒に飾りやすいなどの特徴があります。 春彼岸と秋彼岸との違い 彼岸には春彼岸と秋彼岸がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 日付が違う 春彼岸は春分の日を中日とした前後3日間の合計7日間なのに対し、秋彼岸は秋分の日を中日にした前後7日間となっており、春彼岸は3月、秋彼岸は9月となっています。 お供え物が違う 春彼岸にはぼた餅、秋彼岸にはおはぎをお供えします。 ただし、この2つは実は同じ物であり、違うのは名前のみです。 ぼた餅は牡丹の咲く春にちなんで付けられ、おはぎは萩の花が咲く秋にちなんでいます。 なお、原料となる小豆の収穫時期が秋であるため、秋彼岸のおはぎは皮がやわらかい小豆をそのまま使ったつぶ餡を使うことが多く、収穫から時間が経っているため春彼岸のぼた餅は皮を取り除いてすりつぶしたこし餡を使っていることが多いと言われています。 まとめ 2020年の秋彼岸は、9月19日から9月25日となっています。 秋彼岸は秋分の日を中日とした前後3日間の合計7日のことを言い、秋分の日は前年の2月に国立天文台が暦象年表に掲載後、閣議により決定されるため、2~3年後以降は現時点ではわかりませんが、毎年9月22日~23日となっているので、秋彼岸もその前後になります。 なお、彼岸には春彼岸もありますが、意味や由来などは秋彼岸と同じで、違うのは日付とお供え物(春彼岸はぼた餅、秋彼岸はおはぎ)くらいです。

次の

「お彼岸」2020年はいつ?意味とお盆との違いについて

秋の彼岸はいつ

秋彼岸の意味や由来 秋彼岸とは、秋に行うお彼岸のことです。 秋彼岸にはお墓参りをする風習が今も続いていますが、例年8月13~16日ころにあるお盆に対し、秋彼岸は例年9月19日~25日ころとなっており、1ヵ月程度の間隔しかない中で、「どうして2回もお墓参りをするの?」と疑問に思う方も多いでしょう。 その理由は、お墓参りをする目的が違うからです。 お盆は盂蘭盆会という仏教行事と日本で浸透していた農耕儀礼、祖霊信仰が合わさり現在のような形になったと言われています。 一方で秋彼岸(彼岸)は「波羅蜜多(パーラミター)」が元となっており、僧侶が悟りを開くために行う修行です。 パーラミターの漢訳が至彼岸となることから、お彼岸と呼ばれるようになったと言われています。 2020年の秋彼岸の期間はいつ? 2020年の秋彼岸は、9月19日(土曜)から9月25日(金曜)となっています。 秋彼岸(彼岸)の日程の決め方については、後述しているためここでは詳しくは省略しますが、秋分の日が9月22日(火曜)のため、その日を中日として前後3日間の合計7日間を秋彼岸とします。 なお、秋彼岸となる最初の日を彼岸入り(2020年であれば9月19日)、秋分の日を彼岸の中日、秋彼岸の最終日(2020年であれば9月25日)を彼岸明けと言います。 また、彼岸は年に2回あり、彼岸と言うと春彼岸のことを指す場合もあります。 この場合、秋彼岸は「後の彼岸」と呼ぶこともあります。 お彼岸の意味や由来 彼岸とは、サンスクリット語の波羅蜜多(パーラミター)の漢訳である「至彼岸」を略したものです。 彼岸は仏教の概念では、煩悩や欲から脱した悟りの境地、つまりは極楽浄土のことを指しています。 一方で、私達が暮らす世界は煩悩に溢れた此岸(しがん)と呼ばれます。 仏教の発祥国であるインドでは、彼岸の時期になると、僧侶は布施(ふせ)、持戒(じかい)、忍辱(にんにく)、精進(しょうじん)、禅定(ぜんじょう)、智慧(ちえ)の6つの修行を行い、これを六波羅蜜と言います。 修行が行われる期間は、彼岸があると言われている真西と此岸であるこの世がある真東が最も近づく日、春分の日と秋分の日を中日にした7日間になります。 これが日本に伝わると、先祖や故人の霊が暮らす彼岸と、私達の住む此岸の距離が最も近くなる彼岸にお墓参りをすることで、より丁寧な先祖供養になると考えられるようになりました。 なお、彼岸にお墓参りをするのは日本独自の風習であり、仏教の発祥国であるインドや中国では行われていません。 また、彼岸の由来には、日本では仏教が伝わる以前より太陽信仰の「日願」が根付いており、この日願と彼岸が結び付いて今のような形になったという説もあります。 秋彼岸の日程の決め方は? 秋彼岸の日程は毎年変わります。 なぜなら、秋彼岸は秋分の日を中日として、前後3日間の合計7日間となるからです。 秋分の日は前年の2月に国立天文台が作成する「暦象年表」によって日付が公布され、それに基づいて閣議決定されます。 そのため、2年後、3年後の秋分の日はおよその推測はできても確定ではありません。 また、秋分の日は、天球の見かけ上の太陽の通り道(黄道)と、地球の赤道を天球まで伸ばした天の赤道が交わる点(秋分点)を太陽が通過する日である秋分日に基づいています。 秋分日と秋分の日は言葉がとても似ていますが、秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々としのぶ」ことを趣旨とした国民の祝日となっています。 秋分日と秋分の日は同じ日ですが、その意味合いは異なり、秋彼岸はあくまでも秋分の日を中日にした7日間となっているため、国民の祝日である秋分の日が閣議決定された後に官報に掲載されて初めて、その年の秋彼岸の日程がわかります。 秋彼岸の風習や行事 秋彼岸に行うことと言えばお墓参りです。 彼岸(極楽浄土)と此岸(現世)が最も近くなるため、先祖供養を行うのがよいとされています。 とは言え、お墓のある地元から離れて、遠くで暮らしている方の場合、お盆とお正月の年に2回実家に帰省するのが精一杯で、秋彼岸や春彼岸にお墓参りに行くのは難しいこともあるのではないでしょうか。 その時は無理にお墓参りをする必要はありません。 自宅に仏壇があれば仏壇に手を合わせ、なければ心の中で手を合わせてもよいでしょう。 大切なのは祖先をうやまう気持ちです。 お彼岸の花について 彼岸にお供えする花は、やはり菊が人気です。 菊には昔から邪気を祓う力があると言われており、彼岸だけではなく弔事にも使われますよね。 菊はハウス栽培されているので通年販売されていますが、本来の旬は9月から12月の秋から冬にかけてと言われているので、秋彼岸にはお勧めの花と言えるでしょう。 菊以外では、ユリやトルコキキョウ、カーネーションもお勧めです。 カーネーションと言えば、母の日に贈る花のイメージがありますが、母の日は1970年のアメリカで、亡き母への追悼の意味を込めて教会で白いカーネーションを配ったのが始まりと言われています。 そのため、彼岸にお供えする花としてカーネーションは人気があります。 カーネーションは赤のイメージがありますが、お墓や仏壇にお供えする場合は白や薄い色のものを選ぶとよいでしょう。 なお、秋彼岸であればケイトウもお勧めです。 ケイトウは鶏の頭に似ていることからその名前がつけられましたが、色のバリエーションが多く、茎が細いので他の花と一緒に飾りやすいなどの特徴があります。 春彼岸と秋彼岸との違い 彼岸には春彼岸と秋彼岸がありますが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。 日付が違う 春彼岸は春分の日を中日とした前後3日間の合計7日間なのに対し、秋彼岸は秋分の日を中日にした前後7日間となっており、春彼岸は3月、秋彼岸は9月となっています。 お供え物が違う 春彼岸にはぼた餅、秋彼岸にはおはぎをお供えします。 ただし、この2つは実は同じ物であり、違うのは名前のみです。 ぼた餅は牡丹の咲く春にちなんで付けられ、おはぎは萩の花が咲く秋にちなんでいます。 なお、原料となる小豆の収穫時期が秋であるため、秋彼岸のおはぎは皮がやわらかい小豆をそのまま使ったつぶ餡を使うことが多く、収穫から時間が経っているため春彼岸のぼた餅は皮を取り除いてすりつぶしたこし餡を使っていることが多いと言われています。 まとめ 2020年の秋彼岸は、9月19日から9月25日となっています。 秋彼岸は秋分の日を中日とした前後3日間の合計7日のことを言い、秋分の日は前年の2月に国立天文台が暦象年表に掲載後、閣議により決定されるため、2~3年後以降は現時点ではわかりませんが、毎年9月22日~23日となっているので、秋彼岸もその前後になります。 なお、彼岸には春彼岸もありますが、意味や由来などは秋彼岸と同じで、違うのは日付とお供え物(春彼岸はぼた餅、秋彼岸はおはぎ)くらいです。

次の