フレンチ ブルドッグ チンスリ。 「ブルドッグ輸送お断り」 JALやANAに愛犬家困惑: J

フレンチブルドッグの魅力や飼い方を解説!性格や寿命、大きさなども

フレンチ ブルドッグ チンスリ

そもそも、は好きな犬なのだろうか。 専門家の方にその真相とおすすめを教えてもらった。 が気持ちよさそうなフレブル「」くん 今、では愛犬などのの生活を投稿するが多くある。 その中でも、フォロワー3万9千人以上いるの「くん」の日常が見られるがある。 洋服を着たくん、切ない表情でのを覗くくん、そして飼い主にを受けるくんなどが数多く投稿されている。 は好き? 特には気持ちよさそうなのが伝わってくる。 もともとブルドックはが好きなのか? 犬のに詳しい日本ドッグセラピスト協会 代表理事 水野圭子さんに聞いてみた。 「くん、本当に気持ちよさそうですね。 よく様に『犬もコリ(肩こり)があるの?』と質問されます。 人間のように『肩こったな~~』という自覚はわんちゃんにあるかどうかはわかりませんが、肩こりを筋肉疲労と考えていただくと、当然ながらわんちゃんにも筋肉疲労はあります。 骨格的にもわんちゃんは鎖骨が退化していたり、四足歩行なので人間とはまた違った筋肉の使い方をしたりするので、人間と違う筋肉疲労もあります。 ですので、どんなわんちゃんもは好きですが、特になどの、鼻ぺちゃさんたちは、呼吸の関係で、胸周り、周りの筋肉が疲労しやすいため、が大好きなわんちゃんが多いと思います」 は好きな傾向があるようだ。 当協会では、を通したスキン、絆作りを『愛情貯金』として、愛犬のシニア期に向けてとても大切です、とお伝えしているのですが、くんは愛情貯金が溢れており、動画を見る人も癒していますね。 です」 「チンスリ」が好きなのも好きと関係しているの? ところで、くんの飼い主さんによると、飼い主の前やで動画撮影している一人のときなどの際だけ「チンスリ」をするという。 チンスリが好きなのもが好きなのも同じ理由からなのか? 「こればっかりは…くんに直接聞くわけにもいかないので…。 厳密にはわかりませんが、チンスリとは少し違う気がします。 は一人でできるものではありませんし、一人のときだけ行うものでもありません。 お店などでをしていると、ドウ越しに人が見ていても、わんちゃんは気持ち良く受けていて、手を止めると前肢を使って催促してくるので、こっそり感はまったくないのです」 ドッグ「」で撮影した動画 くんはチンスリを外ではやらないそうだが、どうしてなのだろうか? 「お家の中ではリラックスをしていて、また安全であることを理解しているからではないでしょうか。 猫でいうところの『(こうばこずわり)』のようなものです。 敵意、脅威を感じてていないからこそできる行動ではないかと思います。 ちなみににも、リラックスしたときなどに行うフレブル座りがあります」 ドッグなどで簡単に撮影できる時代になったからこそ、普段知ることのない愛犬の一面に気づくことができる。 その結果、さまざまな疑問が生まれ、今回の例のように愛犬についてより詳しくなることもできることが分かった。 におすすめの法 最後に、の専門家ならではの、術を教えてもらおう。 にとって嬉しい方法、部位などはあるのだろうか? 「は呼吸と骨格の関係から、首~胸の部位が大好きだと思います。 特に周辺ですね。 この周辺に手の平をピタッと密着させて、に円をかきます()。 このときに背骨側に皮膚を集める力加減で行ってください。 お腹側に下りるときには力は入れません。 の感じがつかめたら、手の平を軽く握ってを作り、同じように上向きの円を描いて、首の付け根をしましょう。 このをしていると特有のフレブル座りをして、そのうち頭を下げはじめて『ぶふ~~っ』と大きな溜息つき、伏せをして眠り始めると思います。 いわゆる『』です。 愛犬さんをさせる目指してがんばりましょう」 またフレブルに限らず、どの犬も大好きだという「」が協会ホームページのページに掲載されている。 業務の中で犬に対するケア、ホリケアの有効性を確信し、度から2階にてを。 さらにドッグセラピストという職業を普及させるため『日本ドッグセラピスト協会』を設立。 『心あるドッグセラピスト』が全国に広がることを願い活動している。 (石原亜香利) 関連ニュース•

次の

フレブル特有?!ちょっと恥ずかしい『チンスリ』の理由とは

フレンチ ブルドッグ チンスリ

JALは2007年7月20日から、フレンチブルドッグとブルドッグの国内・国際線の輸送を全面的に取りやめた。 同社広報部によれば、これまでに同犬種について衰弱する事例が相次ぎ、なかには死亡する例もあったため、獣医師などの専門家のアドバイスに従い、航空機の輸送環境の影響をより受けやすいと判断したという。 ブルドッグなどは「短頭犬種」と呼ばれる犬種に属し、一般的に体温調整が苦手とされる。 貨物室は一般的に客室とほぼ同程度の温度に設定されているが、ペットが貨物として航空機内に収容されると、貨物の出し入れの際などに貨物室の温度が上がるなど、温度の設定状況がやや不安定でペットは温度の変化を機内よりも受けやすい。 ブルドッグなどの「短頭犬種」は熱に非常に弱く、衰弱してしまう可能性があるのだ。 一方、ANAも2007年7月23日、8月1日から9月30日までのあいだ、ブルドッグのほか、ボクサー、シーズー、スパニエル、チャウチャウ、パグ、チンなどの「短頭犬種」の国内線の輸送を取りやめると発表した。 同社広報室によれば、以前からこの犬種の空輸の取り止めを検討していたが06年度に国内線で2件の犬が死亡した事例があり、取りやめることにした。 同社はすでに07年5月18日から、国際線の同犬種の空輸を取りやめていた。 航空各社にとっては、愛犬家に敬遠されかねない策とも思われるが、両社はそろって、 「ペットは家族の一員のように大切な存在で、万が一のことがあればそちらの方が残念なこと」 と述べている。 さらに、これに引き続き、、、も同様の理由でブルドッグを中心とした「短頭犬種」の取り止めを発表するなど、ブルドッグなどの「短頭犬種お断り」の航空会社が相次いでいる。 ネット上でも様々な議論が出る 一見、「愛犬家思い」とも思える航空会社の対応だが、愛犬家には大問題。 一緒に飛行機で旅したいとはいえ、航空機内で愛犬が死んでしまうのも困る。 インターネット上でも様々な議論になっているようで、 「だめなんですねー。 ショックです!」 「困ることが色々出てくるだろうな。 ブリーダーさんで、遠くへ飛行機を使ってワンコを送っていらっしゃる方を知っている」 「難しい問題ですが、いつの日か同席できるようになればな・・・と。 真逆へ動いていきそうですが・・・」 「どんな理由であれ『絶対に一緒に連れて行かないといけない』理由なんてないのですから。。。 」 と意見もさまざまだ。 (KCジャパン)はの取材に対し、 「空輸できないとなれば、ブリーダーがブルドッグなどを供給できなくなり、犬種が少なくなる可能性がある。 (航空会社の空輸取り止めが理由で)こういった犬種を買わなくなってしまう人だっているでしょう。 犬種によって不公平な目に遭うことになる。 特定の犬種を乗せないということでなく、根本的なサービスの体制を考えてもらいたい」 と要望している。

次の

フレブル特有?!ちょっと恥ずかしい『チンスリ』の理由とは

フレンチ ブルドッグ チンスリ

そもそも、は好きな犬なのだろうか。 専門家の方にその真相とおすすめを教えてもらった。 が気持ちよさそうなフレブル「」くん 今、では愛犬などのの生活を投稿するが多くある。 その中でも、フォロワー3万9千人以上いるの「くん」の日常が見られるがある。 洋服を着たくん、切ない表情でのを覗くくん、そして飼い主にを受けるくんなどが数多く投稿されている。 は好き? 特には気持ちよさそうなのが伝わってくる。 もともとブルドックはが好きなのか? 犬のに詳しい日本ドッグセラピスト協会 代表理事 水野圭子さんに聞いてみた。 「くん、本当に気持ちよさそうですね。 よく様に『犬もコリ(肩こり)があるの?』と質問されます。 人間のように『肩こったな~~』という自覚はわんちゃんにあるかどうかはわかりませんが、肩こりを筋肉疲労と考えていただくと、当然ながらわんちゃんにも筋肉疲労はあります。 骨格的にもわんちゃんは鎖骨が退化していたり、四足歩行なので人間とはまた違った筋肉の使い方をしたりするので、人間と違う筋肉疲労もあります。 ですので、どんなわんちゃんもは好きですが、特になどの、鼻ぺちゃさんたちは、呼吸の関係で、胸周り、周りの筋肉が疲労しやすいため、が大好きなわんちゃんが多いと思います」 は好きな傾向があるようだ。 当協会では、を通したスキン、絆作りを『愛情貯金』として、愛犬のシニア期に向けてとても大切です、とお伝えしているのですが、くんは愛情貯金が溢れており、動画を見る人も癒していますね。 です」 「チンスリ」が好きなのも好きと関係しているの? ところで、くんの飼い主さんによると、飼い主の前やで動画撮影している一人のときなどの際だけ「チンスリ」をするという。 チンスリが好きなのもが好きなのも同じ理由からなのか? 「こればっかりは…くんに直接聞くわけにもいかないので…。 厳密にはわかりませんが、チンスリとは少し違う気がします。 は一人でできるものではありませんし、一人のときだけ行うものでもありません。 お店などでをしていると、ドウ越しに人が見ていても、わんちゃんは気持ち良く受けていて、手を止めると前肢を使って催促してくるので、こっそり感はまったくないのです」 ドッグ「」で撮影した動画 くんはチンスリを外ではやらないそうだが、どうしてなのだろうか? 「お家の中ではリラックスをしていて、また安全であることを理解しているからではないでしょうか。 猫でいうところの『(こうばこずわり)』のようなものです。 敵意、脅威を感じてていないからこそできる行動ではないかと思います。 ちなみににも、リラックスしたときなどに行うフレブル座りがあります」 ドッグなどで簡単に撮影できる時代になったからこそ、普段知ることのない愛犬の一面に気づくことができる。 その結果、さまざまな疑問が生まれ、今回の例のように愛犬についてより詳しくなることもできることが分かった。 におすすめの法 最後に、の専門家ならではの、術を教えてもらおう。 にとって嬉しい方法、部位などはあるのだろうか? 「は呼吸と骨格の関係から、首~胸の部位が大好きだと思います。 特に周辺ですね。 この周辺に手の平をピタッと密着させて、に円をかきます()。 このときに背骨側に皮膚を集める力加減で行ってください。 お腹側に下りるときには力は入れません。 の感じがつかめたら、手の平を軽く握ってを作り、同じように上向きの円を描いて、首の付け根をしましょう。 このをしていると特有のフレブル座りをして、そのうち頭を下げはじめて『ぶふ~~っ』と大きな溜息つき、伏せをして眠り始めると思います。 いわゆる『』です。 愛犬さんをさせる目指してがんばりましょう」 またフレブルに限らず、どの犬も大好きだという「」が協会ホームページのページに掲載されている。 業務の中で犬に対するケア、ホリケアの有効性を確信し、度から2階にてを。 さらにドッグセラピストという職業を普及させるため『日本ドッグセラピスト協会』を設立。 『心あるドッグセラピスト』が全国に広がることを願い活動している。 (石原亜香利) 関連ニュース•

次の